山形新幹線 25周年とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
とれいゆ 山形新幹線開業25周年記念号(ツアー)(2017年7月1日 ...
JR東日本仙台支社、びゅうトラベルサービス東北支店は、「山形新幹線開業25周年 記念号で行く 東京日帰りの旅」を開催。旅行日は、2017年7月1日(土)。使用車両は リゾート新幹線「とれいゆ つばさ」で、運転区間は新庄(6:45頃発)~東京(11:36頃着) の片道。記念乗車証明書などをプレゼント。乗車には、旅行商品の申込が必要。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山形新幹線 25周年に関連のある画像ばかりではありません。
山形新幹線 25周年の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

山形新幹線(やまがたしんかんせん)は、狭義にはミニ新幹線方式により福島県の福島駅から山形県の山形駅を経て、同県の新庄駅まで奥羽本線を走行する東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線電車を使用した列車の通称およびその列車が走行する同区間の通称である。
ラインカラーはオレンジ東京、上野、大宮の3駅では誤乗防止のため、発車標で6方面(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸)を識別する色を独自に用いており、山形新幹線ではオレンジを採用する。
なお、フルカラーLED式の行先表示器を採用する車両(E3系2000番台、E2系1000番台J70番台編成、E5系、E6系、E7系、ならびにJR北海道所有のH5系、JR西日本所有のW7系)では、行先表示器の列車名もこれらの路線色で表示される。

「山形新幹線」はあくまで通称であり、正式にこの名称を与えられた路線は存在しない。
東京駅 - 福島駅間で東北新幹線との直通運転を行っているため、広義には当新幹線の列車「つばさ」の走行区間である東京駅 - 山形駅 - 新庄駅間が山形新幹線と案内される。
以下、特記なき場合は狭義の山形新幹線(福島駅 - 新庄駅間)について記述する。
1992年、全国新幹線鉄道整備法に基づかない新在直通方式のミニ新幹線として開業した。
名称の通り、福島駅 - 新庄駅間のほとんどが山形県内である。
「新幹線」と案内されているものの、この区間は正式には在来線である奥羽本線の一部であり、この区間で運転される特別急行列車「つばさ」も在来線列車の扱いである。
山形新幹線の在来線区間は設備的制約(踏切の存在、130km/hを超える速度での安全設備が未整備、福島・山形県境の急勾配区間の存在)のため、最高速度は130km/hである。
また、この区間を走る普通列車には山形線の愛称が付いている。

引用:Wikipedia:データベース

山形新幹線 25周年のツイート

山形新幹線 25周年に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山形新幹線 25周年に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング