山口高志とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
山口高志×江夏豊「史上最速の投手は誰か、今日こそ決めようやないか ...
山口 高志(やまぐち たかし、1950年5月15日 - )は、兵庫県神戸市長田区出身の元 プロ野球選手(投手)、野球指導者。 目次. [非表示]. 1 経歴. 1.1 プロ入り前; 1.2 阪急 時代; 1.3 現役引退後. 2 選手として...

■2018年4月29日
南北首脳会談「対話全文」から見えた金正恩の野望と対日方針


■2018年4月29日
「体育会系体質がないと外科医には向かない」は本当か
お医者さんになるには、難関である医学部の入学試験と医師国家試験に合格しなければならず、最もインテリのイメージが強い職業だが、外科医の世界だけはどうも雰囲気が違うらしい。手術を成功させる基本は、切る、縫

■2018年4月29日
ついに最終決戦…麻原逮捕「Xデー」名もなき検事たちの死闘
「あの人に、こんな大事件の指揮ができるのか?」。検察官たちも初めは、そう囁いた。地下鉄サリン事件で日本が騒然とする中、オウム真理教の闇に切り込んだ検察官たち。その指揮官に抜擢された、"傍流検事"・甲斐

■2018年4月29日
上野動物園の動物は8割が絶滅危惧種だった~この地図で「一目瞭然」
2017年12月から上野動物園でお披露目されているジャンアントパンダの子ども「シャンシャン」。その人気でGW中も大混雑が予想され、5月3~6日のシャンシャンの観覧は、またも抽選だ。しかし、シャンシャン

■2018年4月29日
日本人が知らないモスクワの「驚くべき噂と都市伝説」に迫る
ロシア連邦の首都、モスクワ。ソ連崩壊から四半世紀を経た現在でも、モスクワには様々な噂や都市伝説がつきまとう。しかも、その多くがどうも全くの「伝説」ではないらしい。その一部をご紹介したい。

■2018年4月29日
ハリルホジッチ「反論会見」を見て抑えきれない違和感の正体
ワールドカップ開幕まで半年を切って電撃解任されたハリルホジッチ元日本代表監督が、反論のために来日し会見を行った。4月9日の解任発表以降、混迷を続けるサッカー日本代表に対する世間の反応は薄い。日本がワー

■2018年4月29日
「勲章」を受け取ることを拒んだ人たちの意外な理由
勲章はいつ、何のために生まれ、どんな変遷をたどってきたのか。人選や等級はどんな基準と手順によるのか。人間の序列化、官尊民卑の助長など、批判はどう展開されてきたか。勲章の製造現場や売買の実情もまじえて、

■2018年4月29日
DeNAであり得ない損失を出した新人OLが起業家になるまで
DeNAで減給処分を受けたダメOLの「逃げる」戦略。

■2018年4月29日
タイでゴーゴーボーイをお持ち帰りする日本人女性の「目的」
「ボーイズゴーゴーバー」という場所に初めて足を踏み入れたのは、おおよそ15年くらい前のことだったと思う。日本でSMクラブに勤めている女友達と、タイ旅行に行った時のことで、どうしてボーイズゴーゴーバーに

■2018年4月29日
米国帰りのあの人が「アメリカ人っぽくふるまう」のには理由があった
アメリカ帰りの知人の様子に驚いたことはないだろうか。アメリカに数ヵ月から数年の間暮らして日本に帰国した人が、英単語を会話にまぜたり、服装が変わっていたりというようなふるまいである。これは、単に「アメリ

■2018年4月28日
「米朝会談」トランプが席を蹴って立つ可能性
ドナルド・トランプ米大統領は、実に分かりやすい人物である。その仕草、いわゆるボディランゲージから同氏の心情を推しることができるからだ。果たしてトランプ氏は金正恩氏と初対面した時にどのようなボディランゲ

■2018年4月28日
いま、あえて言おう「大谷翔平は二刀流を捨てるべきだ」と
いま、絶好調のエンジェルス大谷翔平を見て、「二刀流はやめよ」と呼びかける人物がいる。広岡達朗氏。選手、コーチ、監督とあらゆるステップで実績を残してきた広岡氏が、野球界の現状について語った。

■2018年4月28日
サッカー西野ジャパンに圧倒的に必要なのは「休息」だ
いかにして6月に開幕するロシアワールドカップに、トップコンディションに持っていくことができるか。戦術やチームワークもさることながら、コンディションのコーディネートもまた重要になってくる。

■2018年4月28日
「空気を読む」あなたが英語が苦手になる究極の理由、教えます
「英語は単語が9割」と、思い切った英語の家庭教育で、娘のすみれさんの公立校・塾なし現役ハーバード合格を支えた廣津留真理さん。廣津留さんの英語教室では、そのときの家庭教育を生かした学習法で、小学生低学年

■2018年4月28日
「パワーセックス」で議員を籠絡? 米国「ロビイスト」日中韓の実力
米国では、外国の利益を代表するいわゆる「外国ロビイスト」は、1938年に施行された外国代理人登録法(FARA)によって米司法省に登録することが義務づけられています。司法省が米議会に提出した報告書には、

■2018年4月28日
中退、引きこもり、貧困、発達障害…暗闇のなかの歩き方を支援する
現代ビジネスの好評連載を書籍化した『されど愛しきお妻様』、おかげさまで再び重版出来です! お祝いを兼ねて、書籍『暗闇でも走る』を上梓したばかりの安田祐輔さんをゲストにお迎えして、スペシャル対談を行いま

■2018年4月28日
世界一孤独? 日本の中高年男性が絶対無視できない「悲しき未来」
近未来の日本において、孤独と社会的孤立は無視できない問題となる。実は出版界でも、孤独はちょっとしたブームのようで、岡本純子『世界一孤独な日本のオジサン』(角川新書)、橘木俊詔『男性という孤独な存在』(

■2018年4月28日
いま、女子は「ていねいなくらし」を求めていることに気づいてますか
女の子たちが、当たり前のように、オシャレに精を出していた時代は終わった。では今女の子たちは何にお金を使っているのか。流行を読み解いてみると……。

■2018年4月28日
体調が良くなる「朝・昼・晩」の最適体温、教えます
人間の体温は、一日のうちにも0.6~1℃変化している。普段、それほど意識することはないかもしれないが、体温変化のリズムを整えることは、気力に溢れた人生を送るための重要な要素だ。前橋氏が続ける。

■2018年4月28日
もう騙されない!医者が教える「トンデモ健康情報」の見抜き方 
明快な実験結果や、それをまとめたわかりやすいグラフ。そんな「エビデンス(科学的根拠)」らしきものが示された健康情報を見ると、つい信じてしまいたくなるのが人情。しかし、そこには大きな落とし穴があることも

山口高志 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
1970年代左右の速球王として活躍した山口高志氏と江夏豊氏. いつの時代もプロ野球 ファンを沸かしてきた剛速球投手たち。彼らの真っ向勝負に、その直球の威力に、観客 たちは胸を熱くさせてきた。では、その中で最高は誰なのか。二人の「豪腕」が語り尽くし  ...
【1月26日】1975年(昭50) 222勝右腕よりスゴイ!剛速球山口高志、3球 ...
山田久志氏や高田繁氏、元パ・リーグ審判部長の村田康一氏が一番速かった投手に 挙げたのは山口高志氏(写真)だった. スピードガンの球速と、ボールの威力は別物だ。 いくら速くても打たれてしまう投手を速球投手とは言わない。高めに ...
「伝説の豪速球投手 君は山口高志を見たか」(鎮勝也) - 一日一冊一感動 ...
プロ野球で1球も投げていないうちから“新人王確実”といわれた右腕が、肩慣らしながら 初めて投げることになった。自主トレ中の阪急ドラフト1位、松下電器から入団した山口 高志投手がこの日ブルペン入り。上田利治監督以下、通算254勝 ...

■2018年4月29日
「干物のある風景」(新野大 写真集)
干物のある風景―View of Dried Fish この写真集はイイっ!!!ずっと見ていたいなあ!ありそうでなかった干物の風景のみを集めたもの。 ・海辺の旅館で朝食に必ずといっていいくらい添えられる

■2018年4月28日
「芦原英幸伝 我が父、その魂」(芦原英典 小島一志)
芦原英幸伝 我が父、その魂 ワタシの尊敬する「ケンカ十段」芦原英幸。「空手バカ一代」の後半のヒーロー。大山倍達もスゴいけど、超えているよね。(・∀・) 「夫婦喧嘩でも手裏剣が飛び、息子の学校に来れば先

■2018年4月27日
「伝説の英国人記者が見た 日本の戦争・占領・復興 1935-1965」
伝説の英国人記者が見た日本の戦争・占領・復興 1935--1965 はあ〜!またスゴい本に出会いました〜!近現代史の“基本線”となる名著復刊!(・∀・) 「2・26事件、満州国建国、軍政下の検閲、日中

■2018年4月26日
「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」(テリー伊藤)
なぜ日本人は落合博満が嫌いか? (角川oneテーマ21) 日本が誇る右の大打者、落合博満。史上三度の三冠王は未だに破られていない。だが高感度という点ではイマイチかもしれない。(・o・) さてこの本。「

■2018年4月25日
「巨人軍は非情か」(清武英利)
巨人軍は非情か 今年のペナントレース、我がジャイアンツは4連勝で3位といっても、まだまだ借金生活(汗)。なかなかスッキリしないなあ…ヨシノブ、頼むよー!(・o・)! さて元巨人軍代表の清武英利氏。育成

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山口高志に関連のある画像ばかりではありません。
山口高志の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

山口 高志(やまぐち たかし、1950年5月15日 - )は、兵庫県神戸市長田区出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者。
現役時代は日本球界でも屈指の速球投手として、関西大学や阪急ブレーブスで優勝に貢献した。
大学時代以来、酒が好物で鎮、2014年、p.28、酒豪と言える量を飲んでいた。
福本豊は「オレが次の日に気分が悪くて、ゲーゲーしてても、あいつはケロッとしとった」と述べている鎮、2014年、pp.220 - 221。
山口は父親譲りの「酒に強い体質」(アルコール分解能力の高い肝臓)の持ち主で、この点から鎮勝也は、「酒量の多さが選手寿命の短さにつながった」という見方に否定的な結論を下している。
プロ入り2年目からゴルフを始め、「それまで趣味らしい趣味がなかった」という山口はその年オフの三分の二をゴルフに費やしたという鎮、2014年、p.195。
1975年の日本シリーズMVPで自動車を獲得したのを機に、今井雄太郎とともに教習所に通ったが、数日でやめてしまい、2014年時点に至るまで運転免許は所持していない。

引用:Wikipedia:データベース

山口高志に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山口高志に関連のある動画ばかりではありません。

山口高志に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング