山口真由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
勉強法がバカ売れの東大首席弁護士・山口真由はなぜイタいのか? 高 ...
「山口真由」という女性をご存知だろうか。『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」 勉強法』という本が注目を集め、昨年からテレビ番組などでもちらほら見かける機会が 増えたタレント弁護士だ。この方、とにかく経...(1/6)
山口真由オフィシャルブログ
人物- 経歴- 著作- 出演作品

■2017年7月10日
アメリカと日本の弁護士資格――違いと共通点
 アメリカから帰ってきて1週間経った。サマータイムの時期のニューヨーク州と日本は13時間の時差がある。ほとんど昼夜逆転の時差ボケもすっかり治ってしまった。今回は、アメリカと日本の司法試験の違いについて

■2017年7月04日
トランプのアメリカ
アメリカでは、まず出鼻からトランプの洗礼を受けました。ニューヨークのJFK国際空港についてから、入国審査が進まない、進まない。入国ゲートの前では幾重にも列ができて、まるでティズニーランドのアトラクショ

■2017年6月29日
ニューヨーク州弁護士資格
ニューヨーク州の弁護士資格が取得できました! 昨年、ハーバード・ロースクールを卒業した後、ニューヨーク州の弁護士試験を受けました。日本の弁護士試験も難しかったけれど、英語の試験はさらにハードルが高くて

■2017年6月25日
アメリカへ
久しぶりの更新になってしまいましたが、今日から1週間、ニューヨークに行ってきます! アメリカで法律を学んだ経験の集大成になるセレモニーで、少しナーバスになっているのですが、早くいいご報告ができたらと思

■2017年2月16日
トランプに抵抗するハーバードとイェール
 ハーバードとイェールというのは、アメリカの名門ロースクール(法科大学院)の中でも、特別な地位を占める。アメリカのエリート法曹を輩出するのが、この二つのロースクールだからだ。1987年以降、U.S.

■2017年2月14日
仕事と家族を両立する、イヴァンカ・トランプ
 前回のブログで、イヴァンカ・トランプの夫であるジャレッド・クシュナーについて書いた。今回は、仕事と家族を両立するイヴァンカ・トランプについて、書いていこう。 1. イヴァンカ・トランプとジャレッド・

■2017年2月13日
イヴァンカ・トランプの夫ジャレッド・クシュナーとは?
 大統領に就任したら、意外とマトモになるのではないかと思われていたドナルド・トランプは相変わらずだ。そこで、トランプ周辺で、唯一リベラルとされる長女イヴァンカ・トランプとその夫のジャレッド・クシュナー

■2017年2月05日
トランプが最高裁判事を指名。民主党はどう対応すべきなのか?
前回、前々回のブログで、トランプが最高裁判事の空席にニール・ゴーサッチ氏を指名したこと、それに対して民主党が抵抗するであろうことを書いた。今回は、民主党がどうやって抵抗するのか、それが得策なのかを見て

■2017年2月03日
最高裁判事の指名をめぐって、共和党と民主党が対立する見込み
1.ニール・ゴーサッチ氏の指名をただでは受け入れられない民主党この前のブログで、トランプ大統領が、連邦最高裁判事の空席にニール・ゴーサッチ氏を指名したと述べた。この後の手続きとして、上院がゴーサッチを

■2017年2月02日
トランプ大統領が、ニール・ゴーサッチ氏を、連邦最高裁判事に指名
1. ニール・ゴーサッチ氏とはどんな人物?2017年1月31日、トランプ大統領が、ゴーサッチ氏を連邦最高裁判事に指名した。ゴーサッチは、超エリートのコンサバだ。ゴーサッチの母親は、女性初の環境保護庁の

山口真由 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comに関するニュース
2017年2月16日 - ハーバードとイェールというのは、アメリカの名門ロースクール(法科大学院)の中でも、 特別な地位を占める。アメリカのエリート法曹を輩出するのが、この二つのロースクール だからだ。 1987年以降、U.S. ニュースが順位を毎年更新して ...

■2017年8月18日
「米朝危機は決して回避されていない」ことを示す、ある重要なサイン
北朝鮮は8月10日、米領グアム近海に中長距離弾道ミサイル4発を発射する計画を発表し、緊張が高まった。ところが金正恩氏は14日、一転して「米国の行動をしばらく見守る」と表明した。なぜ金正恩氏は急に態度を

■2017年8月18日
「毒タマゴ」1070万個!ドイツメディアをジャックした騒動の顛末
7月後半から2週間、ドイツでは、ニュースをつければ卵の話ばかりだった。フィプロニルという殺虫剤で汚染された卵が出回っているとかで、ニュースの見出しには「毒タマゴ」というおどろおどろしい言葉が踊る。

■2017年8月18日
司法書士にあり得ない暴力を振るわれた、被後見人の悲劇
知られざる問題点をいくつも抱えた成年後見人制度。今回は、弁護士や司法書士など専門職後見人の中に混じる”不届き者”たちの闇を追う。

■2017年8月18日
GPIFが一兆円を運用すると決めた「ESG投資」その判断は適切か
公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、国内株式への投資の3%程度にあたる資金1兆円を、「ESG投資」で運用し始めたことを発表した。経済評論家として、これをどう見ればよいだろう

■2017年8月18日
妻が怖くて家に帰れない!「帰宅恐怖症」の男性が急増中
あなたは、「帰宅恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? そして、あなたが男性なら、こんなことを感じたことがありませんか?

■2017年8月18日
20年後、人間が「マクドの肉焼き係」を奪い合う日がやって来る
30年後までに知的労働を含めた50%から90%の仕事がなくなるという試算を多くの研究機関が発表している。そんな中どんな仕事が生き残るのか、またなぜ多くの人々は危機感を持てないのかを経営戦略コンサルタン

■2017年8月18日
なぜ日本人はこんなにハイデガーが好きなのか、その「もや」を晴らす
20世紀最大の哲学者のひとり、マルティン・ハイデガー。彼の理論はその後のポストモダン構造にまで影響が及ぶものだった。ハイデガーの名著の『存在と時間』はその中でも多くの人々に熱狂的に愛されている書物だが

■2017年8月17日
日本経済は今、デフレ脱却まで「もうひと押し」のところにいる
8月14日に発表された2017年4-6月期のGDP速報値では、実質GDPの季節調整済前期比(年率換算)が+4.0%と、大きく上振れた。

■2017年8月17日
63億円「地面師事件」警察が追う「成りすまし女」の新写真を入手!
積水ハウスが63億円を騙し取られた「地面師事件」。その続報をお届けします。

■2017年8月17日
東京大学で起こった、非常勤職員の「雇い止め争議」その内幕
日本の大学の雄である東京大学が、約8000人の非常勤教職員を5年で雇い止めする方針を、去る8月7日に開かれた組合との団体交渉で明確にした。このままでは、大半の非常勤教職員は2018年4月以降雇い止めさ

■2017年8月17日
Iターン夫妻があえて「自宅出産」を選んだワケ
ノンフィクション作家の川内有緒さんが、岡山県の棚田広がる山村の保育園に移住したアーティスト夫婦を紹介した前編。取材を終えようとしたら、奥様のリンダさんから「ここで次男を産んだ」と聞き、俄然興味が湧き…

■2017年8月17日
パリで出会ったアーティスト夫妻が、山奥の元保育園に移住したワケ
岡山県の中北部、久米郡美咲町。360度ぐるりと棚田が広がる清らかな集落の一角に、カラフルな絵がぎっしりと描かれた奇抜な建物がある。こうして改めて見ると、なかなかのインパクトだ。「元々は保育園だったんだ

■2017年8月17日
まもなく「遺伝子改変ベビー」が現実となる可能性
先頃、ヒト受精卵をゲノム編集して、深刻な病気を引き起こす遺伝子変異を修正することに米韓中の共同研究チームが成功した。同様の研究はこれまで中国の研究チームが3度挑戦して何れも失敗しており、今回のケースが

■2017年8月17日
気をつけろ!「真夏のダイエット」が死を招く
夏は痩せやすいから、ダイエットのはじめ時――そう思った人はご用心。流行りの横文字痩身法に飛びついて、極端な食事や運動を続けると、脳梗塞や寝たきりにつながるケースもある。

■2017年8月16日
働き方改革の「本気度」を測る「新たな会議」に注目せよ
将来に向けた自由な働き方を広げ、生産性を高めていくことに力点を置いた場合、これまでの労働法制の枠組みを超えた改革が必要になる。その会議体の名は、労働政策審議会「労働政策基本部会」。どう活用するかどうか

■2017年8月16日
日本が太平洋戦争に総額いくらを費やしたか、知っていますか
無茶な戦争だった――とはよく言われている話だが、いったいどれくらい無茶だったのか。経済という切り口で太平洋戦争を振り返って見る。

■2017年8月16日
元メジャー・長谷川滋利がゴルフでも結果を出せた理由
元メジャリーガー・長谷川滋利さんが、ゴルフ「全米アマチュア選手権」の予選会を通過し、本大会に挑む。オリックスのシニアマネージャーを勤める多忙な日々ながら結果を出せた理由を、本人が分析!

■2017年8月16日
中国で起こった「AIの乱」は、民衆の共産党への不満の表れか
中国のAIチャットポッドが、「政治的に不適切」な発言を連発する事件がおきた。AIのプログラムはネットユーザーとのやりとりの中で調整されるため、共産党への不満を抱くが、それを吐き出す場所がない人がこの機

■2017年8月16日
伝説の刑事たちが実名で語る「警視庁 捜査二課」その栄光と蹉跌
未曾有の公金詐取事件に挑んだ刑事を克明に取材した『石つぶて』が話題だ。汚職摘発に執念を燃やす無名の士たちの生き様は胸をつく。著者の清武英利氏が、最前線にいた刑事たちを訪ね歩いた。

■2017年8月16日
住宅ローン、安易に「変動金利型」を選ぶのはNGだった
金利が安いからと安易に変動金利型を選ぶのはNG! 安心感のある全期間固定金利型でも、それ以下の金利で借りられるローンがある。超低金利の今だからこそ、おトクに住宅を購入しよう。

東大首席の乙女心 ヒラリー敗北に結婚観も大揺れ|出世ナビ|NIKKEI ...
「東大法学部」に異変、定員割れも! 「首席女子」も悩むキャリ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山口真由に関連のある画像ばかりではありません。
山口真由の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

山口 真由(やまぐち まゆ、1983年7月6日- )は、日本の弁護士、タレント、元財務官僚である。
札幌市に生まれ、両親と妹は医師である。
中学卒業後に上京して筑波大学附属高等学校で学び日本経済新聞電子版2016/10/9、東京大学法学部を卒業した。
大学在学中は、東京大学運動会男子ラクロス部でマネージャーを務め、履修科目は全ての評価が優で、3年時に旧司法試験合格し、4年時に「法学部における成績優秀者」として総長賞を受け、2006年3月に首席で卒業した。
卒後財務省へ入省し主税局に配属されたが2008年に退官し、弁護士登録後2014年まで長島・大野・常松法律事務所にでアソシエイト弁護士として勤務した。
2016年にハーバード大学法科大学院で全科目A評価を受け最優秀のディーン・スカラー・プライズを受賞し、LL.M.の学位を取得日本経済新聞電子版2016/10/9日経ビジネススクールした。
現在は東京都港区赤坂の山口法律事務所に所属https://www.nichibenren.jp/member_general/lawyerandcorpsearchselect/lawyerInfoSearchInput/;jsessionid=C3E20CBF96804941C37A6A53DDEC58C9 弁護士連合会HP弁護士検索2015年6月閲覧するほかにタレントとしてテレビ番組へ出演するなどしているが、博士号取得などして大学研究者を目している日本経済新聞電子版2017/4/1。

引用:Wikipedia:データベース

山口真由に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも山口真由に関連のある動画ばかりではありません。

山口真由に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング