小澤征爾 入院とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
小澤征爾さん入院へ 歌劇降板 | 2018/3/8(木) 15:11 - Yahoo!ニュース
世界的指揮者の小澤征爾さんが、「大動脈弁狭窄(きょうさく)症」と診断された。精密検査と治療のため約1カ月の入院を要するという。指揮する予定だった歌劇などを降板する。
小澤征爾さん、オペラ指揮を降板 大動脈弁狭窄症で入院:朝日新聞 ...
小澤征爾さん、オペラ指揮を降板 大動脈弁狭窄症で入院

■2018年11月02日
ごま油産地偽装、加工販売会社に鹿児島県が立ち入り検査


■2018年11月02日
工芸エキスポ開幕、福岡で30年ぶり 伝統工芸品一堂に


■2018年11月02日
免震不適合疑い、KYB自らの工場でも 新たに20件


■2018年11月02日
琵琶湖の厄介者、CoCo壱カレーに 限定発売中


■2018年11月02日
和歌山北部で震度4 地震の規模M5.4


■2018年11月02日
あなたと見る、合言葉だった「花火」 メッセージ秘めた


■2018年11月02日
入浴中の心肺停止、最多は香川 北海道で少ない理由は


■2018年11月02日
湯温41度以下・同居者に一声 入浴時の死を防ぐために


■2018年11月02日
元日の朝、浴槽で見つかった母 ヒートショックどう防ぐ


■2018年11月02日
湯船で声も上げられず失神 入浴時の死、交通事故の5倍


■2018年11月02日
<CNET Japan>パナソニックホームズ、都市型IoT住宅「カサート アーバン」発売--「HomeX」搭載


■2018年11月02日
クリンスマンも認めた名コーチ J1神戸を支える


■2018年11月02日
坂本花織「勝ったるぞ!」 視線はGPファイナル出場


■2018年11月02日
巨人の橋本到、楽天へ金銭トレード 今季1軍出場なし


■2018年11月02日
東京出身、異色のジャンパー優勝 車数百キロ運転し練習


■2018年11月02日
ホッカイドウ競馬で着順取り違え 追加の払戻金は1億円


■2018年11月02日
<ZDNet Japan>マイクロソフト、英国で2つの人材育成プログラムを発表


■2018年11月02日
ゾゾスーツどうなる? 前沢社長、突然の配布縮小方針


■2018年11月02日
日立化成、また検査不正 半導体素材など1900社出荷


■2018年11月02日
日経平均終値、500円超上昇 貿易戦争の懸念和らぎ


■2018年11月02日
減る住宅手当、重心は医療や健康に 福利厚生見直し進む


■2018年11月02日
スーツ売り場の片隅に「カレー」 大阪の百貨店に珍光景


■2018年11月02日
<CNET Japan>世界初の折りたたみスマホ「FlexPai」、中国メーカーのRoyoleから登場


■2018年11月02日
首相動静―11月2日


■2018年11月02日
菅氏、沖縄知事と会談の意向「虚心に話を聞いてほしい」


■2018年11月02日
辺野古の工事再開「希代の悪手」 立憲・福山氏


■2018年11月02日
「奄美・沖縄」を世界遺産に再推薦へ 最短で20年登録


■2018年11月02日
「年金暮らしジジイ」青森市議当選者、ツイッターで差別


■2018年11月02日
安田純平さんの「謝罪」、ジャーナリストはどう見た


■2018年11月02日
中国バス転落、原因は運転手と乗客のけんか 幼児も犠牲


■2018年11月02日
「あきらめたら試合終了」 安田純平さん、記帳の意図は


■2018年11月02日
「紛争地に入る存在は必要」 安田純平さん会見詳報


■2018年11月02日
安田さん、語った1時間50分 体調考慮フラッシュ禁止


■2018年11月01日
<鉄道コム>大船渡線BRTと気仙沼線BRTに新駅を設置、JR東


■2018年11月02日
「いきものがかり」活動再開へ 来春、FC限定ツアー


■2018年11月02日
先代は「幽霊」とまで言われ…西郷どん、たくましく復活


■2018年11月02日
長州ファイブ、漫画で描く 研究者絶賛「後世に残せる」


■2018年11月01日
いじめで役者辞めようと…若き松本白鸚を救った「見え」


■2018年11月01日
「駅伝から勇気」月間300キロ走る山中伸弥・京大教授


■2018年10月26日
がん治療の新手法「パネル検査」とは 来春にも保険適用


■2018年11月02日
漫画家のあさぎり夕さん死去 代表作「なな色マジック」


■2018年11月02日
俳優の江波杏子さん死去 映画「女の賭場」で人気博す


■2018年10月31日
森田雄三さん死去 イッセー尾形さんの一人芝居を演出


小澤征爾さんが大動脈弁狭窄症で入院 - 西日本新聞
指揮者の小澤征爾さん(82)が入院のため、今月13日から始まる「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト」への出演を取りやめることになった。所属事務所が8日、発表した。病院で検査を受けたところ大動脈弁狭窄...- 朝日新聞デジタル- 41分前

■2018年11月02日
空自戦闘機同士が接触、自力で帰還 築城基地所属


■2018年11月02日
佐賀県上峰町で建物火災発生か


■2018年11月02日
長崎県立大学長に木村氏


■2018年11月02日
沖縄知事と来週にも面会と官房長官


■2018年11月02日
業務などに関係なくカッターナイフ携帯 容疑で会社員の男逮捕 福岡県警


■2018年11月02日
酒気帯び運転容疑でパートの女逮捕 福岡県警宗像署


■2018年11月02日
女優の江波杏子さんが死去


■2018年11月02日
サッカーJ3北九州の柱谷監督が退任へ


■2018年11月02日
「緊急時に備え家族構成を教えて」 大分県宇佐市で消防署員名乗る不審電話


■2018年11月02日
刃物の様な物を持ち歩く 不審な男の目撃情報 熊本県宇土市


■2018年11月02日
トイレ修繕装い金をだまし取ろうとする 容疑で男再逮捕 福岡県警小倉北署


■2018年11月02日
自転車の男が深夜の路上で帰宅中の女性に卑わいな言葉 福岡県太宰府市


■2018年11月02日
奄美・沖縄の世界自然遺産への推薦決定


■2018年11月02日
福岡県遠賀町で民家全焼 家屋内から1遺体発見


■2018年11月02日
活動休止中の人気グループ「いきものがかり」が活動再開


■2018年11月02日
女性の脱衣所を男がのぞく 福岡県志免町


■2018年11月01日
ソフトバンクが王手


■2018年11月01日
架空請求詐欺で613万円被害 福岡市の66歳女性


■2018年11月01日
「株で失敗した」 息子かたる男らから250万円だまし取られる 福岡県内


■2018年11月01日
男性刺殺、暴力団幹部に逆転無罪 福岡高裁宮崎支部


■2018年11月01日
女性宅に忍び込み衣類など盗む 容疑で会社員の男逮捕 福岡県警博多署


■2018年11月01日
収穫して保管中の米が盗まれる 熊本県あさぎり町


■2018年11月01日
スバルが10万台リコール


■2018年11月01日
長崎市議が辞職 政務活動費を不正受給


■2018年11月01日
水産庁、クロマグロ漁獲枠の地域間融通ルール作りを提案


■2018年11月01日
学生支援機構が奨学金の支払い義務半額と説明せず


■2018年11月01日
男性の太ももをシャープペンシルで突き刺す 容疑で女逮捕 福岡県警八女署


■2018年11月01日
集団暴走容疑で男子高校生逮捕 福岡県警田川署


■2018年11月01日
覚せい剤使用の疑いで無職の女を逮捕 福岡県警飯塚署


■2018年11月01日
JR筑肥線車両不具合の影響で福岡市地下鉄空港線・箱崎線も遅延


小澤征爾さんが入院 大動脈弁狭窄症で|全国のニュース|佐賀新聞LiVE
小澤征爾氏、大動脈弁狭窄症で1ヶ月入院 オペラ指揮...- オリコン- 0分前

■2018年11月02日
火災鎮火のお知らせ


■2018年11月02日
鎮火のお知らせ


■2018年11月02日
火災発生のお知らせ


■2018年11月02日
火災発生のお知らせ 上峰町


■2018年11月02日
排水予定情報


■2018年11月02日
いとしの花々鮮やかに 杉本弘子さん個展


■2018年11月02日
わが家のエコ自慢コンテスト


■2018年11月02日
=平成この日=11月2日 平成15年 


■2018年11月02日
佐賀銀行「えるぼし」最高位


■2018年11月02日
平成最後の年賀はがき販売開始


  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小澤征爾 入院に関連のある画像ばかりではありません。
小澤征爾 入院の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

小澤 征爾(おざわ せいじ、1935年9月1日 - )は、日本人指揮者。
2002-2003年のシーズンから2009-2010年のシーズンまでウィーン国立歌劇場音楽監督を務めた世界的な指揮者である。
栄典・表彰歴として、文化勲章受章など。
主な称号は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団名誉団員、ボストン交響楽団桂冠音楽監督、セイジ・オザワ 松本フェスティバル総監督、新日本フィルハーモニー交響楽団桂冠名誉指揮者など 「小沢征爾さん ウィーン・フィル名誉団員に 「どんな勲章よりうれしい」」『読売新聞』2010年11月3日東京朝刊33頁参照。

満洲国奉天市(中国瀋陽市)生まれ。
父小澤開作は歯科医師、満州国協和会創設者の一人で、同志で満州事変の首謀者となった板垣征四郎と石原莞爾から一字ずつ貰って第三子を「征爾」と命名した岡崎久彦『百年の遺産:日本近代外交史73話』産経新聞ニュースサービス、2002年、181頁。
1941年3月、父を満州に残したまま母や兄と日本に戻り、東京都立川市の若草幼稚園に入園。
1942年4月、立川国民学校(現・立川市立第一小学校)に入学。
1945年、長兄の小澤克己(のち彫刻家になる)からアコーディオンとピアノの手ほどきを受ける。
才能を感じた一家は、征爾に対して本格的にピアノを学ばせようと決意し、横浜市白楽の親類から安価に譲ってもらったピアノをリアカーに縛りつけ、父と長兄と次兄(小澤俊夫)とで3日かけて立川市の自宅まで運搬した。
1947年、父が友人とミシン会社を始めた関係で神奈川県足柄上郡金田村(現・大井町)に転居。
1948年4月、成城学園中学校に入学。
当時、小田急小田原線で新松田から成城学園前まで片道2時間かけて通学していた。
中学ではラグビー部に所属する傍ら、豊増昇にピアノを習う。
当時はピアニスト志望だったが、ラグビーの試合で大怪我をしたためピアノの道を断念。
1950年秋、東京都世田谷区代田に転居。
以後、東京都世田谷区経堂(1951年から1952年)、東京都渋谷区笹塚(1952年から1955年)、神奈川県川崎市幸区戸手町(1955年から1959年)で育つ。
1951年、成城学園高校に進んだが、齋藤秀雄の指揮教室に入門したため、1952年、齋藤の肝煎りで設立された桐朋女子高校音楽科へ第1期生として入学。
同門に秋山和慶、山本直純、羽仁協子、久山恵子がいる。
当時、癇癪持ちの齋藤から指揮棒で叩かれたりスコアを投げつけられたりするなどの体罰を日常的に受けていたため、あまりのストレスから小澤が自宅の本箱のガラス扉を拳で殴りつけ、大怪我をしたこともあった。
1955年、齋藤が教授を務める桐朋学園短期大学(現在の桐朋学園大学音楽学部)へ進学、1957年夏に同短期大学を卒業小澤征爾『ボクの音楽武者修行』。
4月に卒業できなかったのは、肺炎で卒業試験が受けられなかったためであり、のちに追試を受けて卒業が認められたが、療養期間中には仲間がどんどん仕事をしたりマスメディアに出演したりするのを見て焦りと嫉妬に苦しんだという広中平祐との対談『やわらかな心をもつ』p.54-55。
ただし、このとき父から「嫉妬は人間の一番の敵だ」と言われて嫉妬心を殺す努力をしたことが、後になって大変役立ったと語っている。
短大卒業後、1957年頃から齋藤の紹介で群馬交響楽団を振りはじめ、群響の北海道演奏旅行の指揮者を担当。
1957年12月には、日本フィルハーモニー交響楽団の第5回定期演奏会におけるラヴェル『子供と魔法』にて、渡邉暁雄のもとで副指揮者をつとめる。
1958年、フランス政府給費留学生の試験を受けたが不合格となる。
しかし、成城学園時代の同級生の父である水野成夫たちの援助で渡欧資金を調達。
1959年2月1日から、スクーター、ギターとともに貨物船で単身渡仏。
このとき、小澤というアシスタントを失うことを恐れた齋藤からは渡欧について猛反対を受けたが、桐朋の父兄会や水野成夫たちの支援を得て、1200ドル(約45万円)の餞別を受けた。
1959年パリ滞在中に第9回ブザンソン国際指揮者コンクール第1位。
ヨーロッパのオーケストラに多数客演。
カラヤン指揮者コンクール第1位。
指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンに師事。
1960年アメリカボストン郊外で開催されたバークシャー音楽祭(現・タングルウッド音楽祭)でクーセヴィツキー賞を受賞。
指揮者のシャルル・ミュンシュに師事。
1961年ニューヨーク・フィルハーモニック副指揮者に就任。
指揮者のレナード・バーンスタインに師事。
同年ニューヨーク・フィルの来日公演に同行。
カラヤン、バーンスタインとの親交は生涯に渡り築かれた。
1961年にNHK交響楽団(N響)の指揮者に招かれ指揮活動を開始するが、感情的な軋轢のためN響からボイコットを受ける。
小澤はたった一人で指揮台に立つという苦い経験をさせられ、指揮者を辞任(これはN響事件、小澤事件、N響小澤事件などと呼ばれる=後述)。
このため日本では音楽活動をしないと決め、渡米した。
その後、NHK交響楽団とは32年の歳月を経て1995年1月に共演を果たしている。
1964年シカゴ交響楽団(当時の指揮者はジャン・マルティノン)によるラヴィニア音楽祭の指揮者が急病により辞退。
急遽、ニューヨークにいた小澤が開催数日前に招聘され音楽監督として音楽祭を成功に収め、小澤の名声は全米に知れ渡る。
シカゴ交響楽団とはRCAレーベル、EMIレーベルに複数の録音を残した。
日本人指揮者が海外の一流オーケストラを指揮して海外の一流レコード会社からクラシック音楽録音を海外市場向けに複数発売したことは画期的な出来事であった。
1964年からはトロント交響楽団の指揮者に就任し1968年まで務める - ユニバーサルミュージック・ジャパンWebサイト内、小澤征爾アーティスト・サイトより《2017年11月23日閲覧》。
1966年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を初指揮。
1970年にはタングルウッド音楽祭の音楽監督に就任。
同年サンフランシスコ交響楽団の音楽監督に就任し1976年まで務めた。
1972年には、フジサンケイグループによる突然の日本フィルハーモニー交響楽団の解散後、楽員による自主運営のオーケストラとして新日本フィルハーモニー交響楽団を創立。
小澤は指揮者として中心的な役割りを果たし、1991年に名誉芸術監督に就任、1999年9月から桂冠名誉指揮者となっている。
1972年に日本芸術院賞を受賞している『朝日新聞』1972年4月12日(東京本社発行)朝刊、23頁。

1973年、38歳のとき、前出のニューヨーク・フィルおよびシカゴ響と共にアメリカ5大オーケストラの一つに数えられるボストン交響楽団の音楽監督(第13代)に就任。
当初はドイツグラモフォンとの契約でラヴェルのオーケストラ曲集、ベルリオーズのオーケストラ曲集など、ミュンシュの衣鉢を継ぐフランス音楽の録音を続けた。
その後グスタフ・マーラーの交響曲全集(『大地の歌』を除く)など、フィリップスへの録音を行った。
日本のクラシックファンにとっては、日本人指揮者の演奏をアメリカから逆輸入する形で聴くこととなり、また日本人指揮者の演奏が国際的に有名なレーベルから発売されるのは初めてであった。
またボストンでの活動が進むにつれウィーン・フィル、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとするヨーロッパのオーケストラへの出演も多くなる。
< />ボストン交響楽団の音楽監督は2002年まで務めたが、一人の指揮者が30年近くにわたり同じオーケストラの音楽監督を務めたのは極めて珍しいことといわれる - マサチューセッツ州政府観光局・日本語版サイトより《2017年11月23日閲覧》。
その30年近くに及ぶ音楽監督期間中、少なくとも1978年3月、1981年秋、1986年、1989年にはボストン響を率いて来日し、日本公演を実施したほか、1979年3月には中国でも同楽団を率いての公演を行っている。
タングルウッドには、小澤征爾の功績を記念して日本の電気メーカーNEC、ソニー元社長の大賀典雄などの援助により“SEIJI OZAWA HALL”が建設された。
< />なお、アメリカを本拠にしての音楽活動が長かったため、アメリカ国内及び海外のマスコミでは、小澤征爾を日系アメリカ人(Japanese-American)とするケースも見受けられる。
1984年9月、恩師である齋藤秀雄の没後10年を偲び、小澤と秋山和慶の呼びかけにより、世界中から齋藤の門下生100名以上が集まり、齋藤秀雄メモリアルコンサートを東京と大阪にて開催。
このコンサートが後のサイトウ・キネン・オーケストラとなる。
1987年に第1回ヨーロッパ楽旅を行い、ウィーン、ベルリン、ロンドン、パリ、フランクフルトにて成功をおさめる。
1992年からはサイトウ・キネン・オーケストラの音楽監督として活動を開始。
このオーケストラでもフィリップスへの録音を多く行っており、今までにベートーヴェン、ブラームスの交響曲全集などを完成させている。
1998年に長野オリンピック音楽監督を務め、世界の国歌を新日本フィルハーモニー交響楽団と録音。
長野オリンピック開会式では、小澤指揮によるベートーベン第九を演奏。
開会式会場と世界5大陸の都市(北京、ニューヨーク、シドニー、ベルリン、ケープタウン)を衛星中継で結び、歓喜の歌を世界同時合唱で結ぶ。
同年、フランス政府からレジオンドヌール勲章を受賞。
2002年1月、日本人指揮者として初めてウィーン・フィルニューイヤーコンサートを指揮。
このコンサートは世界同時生中継され、CDの売り上げ枚数は100万枚を超えた。
2002年シーズンにウィーン国立歌劇場音楽監督に就任。
作曲家の武満徹と親交を持ち、深い友情関係を築いた。
武満の死後も武満作品を演奏する機会が多い。
小澤と武満との対談は『音楽』(新潮文庫 1984年)他、写真集でも発表されている。
2005年暮れに体調を崩し、同年12月に白内障の手術を受けた。
2006年1月半ばには、東京都内の病院で帯状疱疹、慢性上顎洞炎、角膜炎と診断され、通院しながら静養していた。
2006年1月27日にアン・デア・ウィーン劇場で上演される予定であったモーツァルトの歌劇『イドメネオ』の指揮はキャンセルされた。
2006年2月1日、ウィーン国立歌劇場音楽監督としての活動を一時休止。
東京のオペラの森で指揮予定であったヴェルディ『オテロ』の公演もキャンセルすると発表した。
2006年6月、スイス西部モントルー近郊ブロネで開催された「スイス国際音楽アカデミー」にて指揮活動を再開。
また、7月20日には「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトVII」愛知県芸術劇場コンサートホール公演にてマーラーの交響曲第2番『復活』を指揮し、日本国内での指揮活動を再開した。
2006年度のサイトウ・キネン・フェスティバル松本、2007年4月にベルリン・フィルを指揮をしている。
2007年、ウィーン国立歌劇場総監督ホーレンダーの2010年勇退に伴い、音楽監督小澤征爾の同時退任が発表された。
2010年シーズンからの総監督はドミニク・マイヤー、音楽監督は、ウェルザー=メストの就任が発表された。
2008年、世界の音楽界に多大な影響を与えたことや、若手音楽家育成に尽力した功績が認められ、文化勲章を受章した。
2010年1月、人間ドックの検査で食道癌が見つかり治療に専念するために、同年6月までの活動を全てキャンセルすることを発表した。
食道全摘出手術を受け、同年8月に復帰。
同年開催のサイトウ・キネン・フェスティバル松本は一部プログラムで代役を立て総監督として出演。
2010年11月、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団により、名誉団員の称号を贈呈された。
2011年1月、悪化した腰の手術を受ける。
2012年3月7日、体力回復のため、1年間の指揮活動の中止を発表。

2012年8月31日、『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(村上春樹との共著、新潮社)で小林秀雄賞受賞。
2013年4月1日、前年死去した吉田秀和の後任として水戸芸術館の2代目館長に就任緒方優子 「きょうの人 小澤征爾さん(77) 水戸芸術館館長に就任」 『産経新聞』 2013年4月5日付け、東京本社発行15版、2面。

2014年8月4日 長野県松本市の音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(SKF)」が翌2015年から、小澤征爾の名を冠した「セイジ・オザワ松本フェスティバル」に生まれ変わることになったことを、実行委員会が東京都内で記者会見して明らかにした。
2015年7月、ケネディ・センター名誉賞を受賞。
日本人では初の受賞となる。
同年8月、セイジ・オザワ松本フェスティバル開催。
腰椎棘突起および横突起骨折により、ベルリオーズ・オペラ『ベアトリスとベネディクト』を降板。
長野県名誉県民栄誉賞の第1号を受賞。
2016年2月、自らが指揮する歌劇『こどもと魔法』(ラヴェル作曲)を収めるアルバムがグラミー賞最優秀オペラ録音賞を受賞した 時事ドットコム、2016年2月16日閲覧。

2016年3月、成城大学初となる名誉博士号を贈呈された。
記念式典ではサイトウ・キネン・オーケストラや水戸室内管弦楽団メンバー、成城学園にゆかりのアーティスト達が集結し、『S.オザワ祝典アンサンブル』を結成した。
2016年4月、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団により、名誉団員の称号を贈呈された。
2016年10月、名誉都民に顕彰される。
2016 GQ Men of the Yearを受賞。

引用:Wikipedia:データベース

小澤征爾 入院に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小澤征爾 入院に関連のある動画ばかりではありません。

小澤征爾 入院に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング