小泉今日子 告白とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
小泉今日子、不倫告白の目的は豊原功補の妻に対し ... - 週刊女性PRIME
2018年2月5日 - 2月3日、緊急会見を開いた豊原功補は神妙な表情だった。小泉今日子との“不倫”を 改めて告白したのだーー。
【小泉今日子が独立と不倫告白】マスコミのバーニングタブーで事実を ...
「スッキリは全然、していません。 スッキリしたくてした行動ではなくて――。『やっぱり、自分の真意はなかなか伝わらないのかな』という気持ちはありますけれど、でも、それがキッカケだったといいますか……。『...- FRIDAY- 1時間前
【小泉今日子が豊原功補との不倫告白】マスコミは優し目だがネット上は ...
笑顔で対応「不倫」楽しむ? 小泉今日子に“逆風”も...- 夕刊フジ- 15時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小泉今日子 告白に関連のある画像ばかりではありません。
小泉今日子 告白の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

小泉 今日子(こいずみ きょうこ、1966年2月4日 - )は、日本の女優、歌手、および制作事務所「株式会社明後日」代表取締役。
80年代アイドル。
身長153cm。
血液型O型。
1980年代のアイドルとしては松田聖子と中森明菜の2強に続いた存在であり別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.2.、歌手としては筒美京平や馬飼野康二の作曲した作品でヒットを連発した。
KYON2(キョンキョン)の愛称で知られる2は2乗の表記。
愛称としてだけでなく、ヤマトナデシコ七変化(12インチ)とハートブレイカーでは名義として使用された。

音楽レーベルはビクターエンタテインメント、所属事務所はバーニングプロダクション系列の明後日である。
* 子供のころに父親の会社が倒産し、夜逃げ同然の経験をしたことがある。
その影響で金銭感覚がシビアになったという。
アイドルとして働き出して潤沢な収入を得るようになっても不必要な出費はあまりしなかった。
そのため日常生活する分にはお金に困ったことがないと話している。
3姉妹の末っ子であるが、中学の時は家庭の事情で父親と2人暮らしをしていた。
* デビュー当初より賞レースや音楽祭などに多くノミネートされて出演していたが、1984年頃から大きなタイトル(レコード大賞や有線放送大賞など)をも辞退するようになり、我が道をゆくアイドルになった。
NHK紅白歌合戦には出場していたが、1989年からは辞退するようになった。
* デビューよりバーニングプロダクション所属であり、グループ事務所を含め他事務所からの移籍が多い同社のタレントでは珍しい生え抜きタレントである。
デビュー3年目の1984年、所属事務所の方針に嫌気が差し、精神的な疲れから数週間の休養期間をとる。
休養明けに事務所に現れた時には、その当時流行っていたパーマのかかったヘアスタイル(聖子ちゃんカットの変形)を無断で刈り上げて、スタッフを慌てさせたとされる。
その時期、女性アイドルグラビア雑誌『DUNK』の創刊イメージキャラクターに決定しており、女の子らしいアイドル路線で表紙を飾る方向で編集部は準備を進めていたが、急遽コンセプトの変更を余儀なくされた。
ボーイッシュな刈り上げに合うよう応援団のような学生服を着用させ「コイズミよろしく!」のキャッチコピーを添えた(結果的に成功を収め、アンケートはがきでも好評であったという)。
また、自分自身を「コイズミ」と苗字で称するようにもなった。
* 『アンアン』に連載していたショートエッセイ「パンダのアンアン」中で、身長153cmと小柄であるため、アイドル時代は他のアイドルとバランスをとるため事務所の方針で常にハイヒールを履かされており、転ばないようにいつも前のめりに踏ん張っていたのでふくらはぎに立派な筋肉がついてしまった、と述べている。
* アイドル時代から衣装の奇抜さも有名であり、中には自らがデザインをして製作した衣装や、スタイリストをつけず独自のセンスで衣装を選ぶことも多かった。
ファッションについて厳しい視点を持っていた芳村真理からも「自分をちゃんと主張していて素晴らしい」と称賛された。
芳村司会の『夜のヒットスタジオ』出演時には他の歌番組とは異なる特注の奇抜な衣装を身に着けて歌を披露することが多かった。
* 『ザ・ベストテン』で小泉が愛読書として吉本ばななの作品を挙げた。
また、ラジオ番組でJ・D・サリンジャーの小説『ライ麦畑でつかまえて』を紹介し、ベストセラーになったこともあった。
* 写真集において、全裸で魚拓ならぬ人拓を披露したこともあった(後に、これは自身の付き人の物と告白した)。
永瀬正敏との結婚の際には入浴中の写真などを含むプライベート写真展を開催。
愛煙家であり、喫煙している姿も特に隠すことはない。
* 1980年代後半から1990年代前半にかけて、数多くのCMに起用された。
“小泉をCMで起用した商品は売れる”といわれ、雑誌の記事などでは「売上10%増」とも書かれることもしばしばあった。
当時、企業の広報・宣伝担当者や広告代理店の中には「神様仏様小泉様」という言葉まであったという。
それだけに企業との契約期間も長く、特に資生堂のCMには、商品こそ替わるものの、1988年から2010年まで延べ20年以上断続的に出演していた。
* 黒柳徹子とは『ザ・ベストテン』で共演してから長く交友があるが、『徹子の部屋』には2016年6月24日の放送まで一度も出演した事がなかった。
これは、所属事務所が小泉をトーク番組に出さない方針を長い間貫いてきたためであり、デビュー35年目にしてようやく解禁され、初出演が叶った。
* 女性歌手の中では浜崎あゆみ、モーニング娘。
、倉木麻衣、安室奈美恵に次いでオリコンベスト10入りの曲数では歴代5位である(「春風の誘惑」(1983年2月発売)から「潮騒のメモリー」(「天野春子(小泉今日子)」名義で、2013年7月発売)まで34作)。
ザ・ベストテンでは、120週以上ランクインしていた。
歴代9位。
* タレントのYOUや飯島直子、米倉涼子、中森明菜、中山美穂、荻野目洋子、松田聖子、とんねるず、二宮和也、松岡昌宏、堤真一、吉高由里子、マツコ・デラックス、アルフィー、高畑充希、古田新太、水川あさみ、観月ありさ、石原さとみらと親交がある。
深浦加奈子(故人)を実姉のように慕っていて非常に仲が良かった。
観月ありさは20年以上に渡って妹のように可愛がっており親友の一人でもある。
交流はほぼなかったが女優の沢村貞子の芯の通った凛とした姿勢に憧れを抱いているという。
連続テレビ小説『あまちゃん』で共演した能年玲奈(2016年に「のん」に改名)を役柄そのままに娘のように可愛がっており、また能年も小泉のことをドラマ終了後も「ママ」と慕っている。
* 恋愛について、「やっぱり同業者には仲間意識しか持てないのかも。
だから私、共演者と付き合ったことは一度もないんですよ」「プロポーズしてくれて自然な流れで結婚した」と語っている。
* 神奈川県厚木市出身。
厚木市立三田小学校、厚木市立睦合中学校卒業、神奈川県立津久井高等学校中退。
* 1981年1 - 3月、日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』に出場、石野真子の「彼が初恋」を歌って合格。
その石野が当時所属していた芸能事務所(バーニングプロダクション)およびレコード会社(ビクター音楽産業)と契約する。
* 1982年3月21日にシングル「私の16才」でアイドル歌手としてデビュー。
キャッチフレーズは「微笑少女。
君の笑顔が好きだ」。
* 同期に、堀ちえみ、三田寛子、石川秀美、松本伊代、早見優、中森明菜、シブがき隊らがおり、「花の82年組」と呼ばれるアイドルの一人に数えられた。
* 髪をショートカットにイメージチェンジした5作目のシングル「まっ赤な女の子」でブレイクし、月曜ドラマランドで主演ドラマに抜擢された『あんみつ姫』が放送され一気に女優としても話題となり、高視聴率を獲得しながら多忙ながらに続編シリーズが放送された。
なお、月曜ドラマランドの人気が出たのも『あんみつ姫』が放送されてからである。
人気絶頂期時の1984年にリリースした9作目の「渚のはいから人魚」で初のオリコン週間チャート1位を獲得、33万枚を越える売上となった。
このヒットにより、第35回NHK紅白歌合戦に初出場を果たし、後半戦のトップバッターに抜擢された。
第39回NHK紅白歌合戦まで5年連続出場を果たす。
明るくキュートな容姿が広く支持され、天真爛漫な明るさと新しいアイドル像を作り上げ、その人気は不動のものとなり、歌手活動以外にも、ドラマや映画に出演して一躍トップアイドルに躍り出た。
また、この年はキョンキョンカットが流行り正にキョンキョン疾風な年でもあった。
従来型のアイドルと比べて女優としての活動に重きを置いていた経緯があった。
* 新曲をリリースするごとにザ・ベストテンやザ・トップテンにランクインされたが、女優としても活動していたために映画やドラマの撮影場所からの中継も多かった。
年末に発表される年間ベストテンにも100位以内にほぼ全曲がランクインされ、女性歌手では松田聖子、中森明菜に続く勢いであった。
なお、アイドルの中では数少ない日本レコードセールス大賞のTOP10の中に輝く記録をしている。
別冊宝島の調査によると、1980年代のシングル総売上げは年間ベスト50位以内のものに限っても279.1万枚、年間50位以内ランクイン曲数は10曲と、どちらも当時の女性アイドル中3位であった別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.39.。
* 1985年に主演した連続テレビドラマ『少女に何が起こったか』は好評を博し、毎回20%以上越える高視聴率を獲得し、彼女の代表作ともなる。
同年11月、17枚目のシングル「なんてったってアイドル」をリリース。
オリコンチャートでは1位を獲得しつつ、約30万枚のヒットになり、歌詞のなかで「私はアイドル」と堂々と歌い上げて話題になった(それまでのアイドルは自らをアイドルと呼称することは殆どなかった)。
親交のあった秋元康が、「アイドル・小泉今日子」をイメージして作詞をし、アイドルであることを楽しむ、あるいは遊ぶ、新時代のアイドルの形が創り出された。
* 一方、アルバムも40万枚近い売上を記録。
1989年にリリースした『KOIZUMI IN THE HOUSE』では、当時まだあまりメジャー扱いされていなかったハウスミュージックを取り入れられた。
楽曲や衣装などスタッフ任せだけでなく、自分の意見を述べるようになった。

* 1989年に月9で放送された『愛しあってるかい!』では学園ドラマで陣内孝則の相手役に抜擢され、コミカルな内容でトレンディドラマとして代表作ともなるヒットとなり、平均視聴率が22.6%をマークし最高視聴率では26.6%を越えるヒットとなる。
* 1991年5月にリリースされた自身の主演ドラマ『パパとなっちゃん』の主題歌に起用され、自身が作詞を手掛けた「あなたに会えてよかった」はミリオンセラーを記録(累計出荷枚数158万枚)、自身最大のヒット曲となる(80年代アイドルで初めてのミリオンセラーでもある)。
また、第33回日本レコード大賞では作詞賞とゴールドディスク賞を受賞する。
* 1993年には、自身主演のドラマ『愛するということ』の主題歌としてリリースされた「優しい雨」がオリコン2位を獲得し、累計出荷枚数143万枚にもなる大ヒットを記録した。
* 私生活では、1995年2月22日、俳優・永瀬正敏と結婚したが、2004年2月22日に離婚。
2006年公開の映画『さくらん』が離婚後の初共演となった。
* 2005年1月、読売新聞の読書委員に就任。
日曜読書面で書評を執筆。
同年7月より、テレビ朝日系列で放送されていたテレビアニメ『あたしンち』のオープニングテーマ曲が「あたしンちの唄」に変更された。
当初のクレジットタイトルには歌手名に「あたし仮面(仮)」と記され正体が隠されていたが、同年8月27日の同番組の放送でその正体が小泉であると発表された。
* 2008年、『空中庭園』以来3年ぶりの映画単独主演作『グーグーだって猫である』に出演。
* 2011年2月公開の映画『毎日かあさん』で、離婚後6年の歳月を経て元夫の永瀬正敏と夫婦役で共演して話題を呼んだ。
永瀬は同映画で第20回日本映画批評家大賞の主演男優賞に選ばれ、同年5月28日に行われた授賞式で、小泉「『主役とは何だ』ということを非常によく分かっている女優さん。
現場をすべて背負って走り抜ける覚悟がある大した人だなあと思いました」と絶賛した。
* 2013年には連続テレビ小説『あまちゃん』に出演し、劇中歌「潮騒のメモリー」もヒットして話題となった。
* 2016年、舞台、映像、音楽、出版などを企画製作するプロジェクト「明後日」を立ち上げ、第1弾作品として舞台『日の本一の大悪党』で初めて演出とプロデュースを手掛ける。
また、6月24日には『徹子の部屋』に初出演を果たした。
* 2016年10月には株式会社明後日主催でフジテレビオンデマンド初のオリジナル音楽番組「PARK」と連携した音楽イベント「」を開催。
* 2017年10月にはTBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』で主演を務める。
小泉にとってTBS系連続ドラマの主演は、2001年の『恋を何年休んでますか』以来16年ぶり日刊スポーツ 2017年7月26日。
* 2018年1月31日付を以てデビュー以来36年間所属していたバーニングプロダクションから独立。
今後の活動は2015年に小泉自身が立ち上げていた制作会社明後日で舞台の制作やプロデュース業等を行う。

引用:Wikipedia:データベース

小泉今日子 告白に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小泉今日子 告白に関連のある動画ばかりではありません。

小泉今日子 告白に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング