小平奈緒 13連勝とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
小平奈緒500m日本新記録でW杯13連勝|日テレNEWS24
スピードスケートのワールドカップ第3戦、女子500メートルに出場した小平奈緒選手は 、自身の持つ日本記録を0秒22更新する36秒53の日本新記録で優勝、昨シーズン から続くこの種目でのワールドカップ連勝記録を13に伸ばした。
小平、500m日本新で13連勝 スピードスケートW杯 - ライブドアニュース
小平、500m日本新で13連勝 スピードスケートW杯

■2018年4月30日
松山刑務所から逃走容疑、男逮捕 JR広島駅付近で確保
愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の男が逃走した事件で、広島県警は30日、広島市南区のJR広島駅付近で男の身柄を確保し、単純逃走容疑で逮捕した。逃走から23日目だった。男は窃盗罪で有罪と

■2018年4月30日
アパートに男性遺体、複数の切り傷 長野県警が捜査
長野県小諸市滋野甲のアパートで29日午後8時35分ごろ、「家の中で男性が亡くなっている」と、知人の男女2人が県警小諸署に通報した。署員が駆けつけたところ、部屋で男性が倒れており、死亡が確認された。署に

■2018年4月30日
工場で爆発、作業員1人死亡1人けが 佐賀・武雄
29日午後11時ごろ、佐賀県武雄市山内町鳥海の九州製鋼佐賀工場の地下室で爆発があった。男性作業員(28)が全身やけどで死亡、助けようとした男性作業員(45)が右半身にやけどを負った。県警が30日朝から

■2018年4月30日
拉致被害者の家族、米国へ出発 米朝会談前に働きかけへ
6月初めまでに予定される米朝首脳会談を前に、北朝鮮による拉致被害者の家族らが30日、問題解決への協力を米政府関係者らに訴えるため米国に向けて出発した。横田めぐみさん(拉致当時13)の弟拓也さん(49)

■2018年4月30日
小田原線、線路陥没で運転見合わせ 本厚木―伊勢原間
小田急電鉄によると、30日午前10時35分ごろ、小田原線の愛甲石田―伊勢原間で線路の近くが陥没し、点検をしているため、本厚木―伊勢原間で運転を見合わせている。ロマンスカーは全線で運休している。運転再開

■2018年4月30日
正恩氏、大いに飲んでご機嫌に?文氏と2人で共同作業も
金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は大いに酒を飲み、顔を赤くした――。27日の南北首脳会談後の夕食会の模様を、韓国大統領府関係者が29日明らかにした。「どんな国賓の夕食会よりも、自由に会話が交わ

■2018年4月30日
中国外相、北朝鮮を訪問へ 南北会談受け中国の立場伝達
中国外務省は30日、北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相からの要請に応じて、王毅(ワンイー)国務委員兼外相が5月2~3日、北朝鮮を訪問すると発表した。27日の南北首脳会談で合意した内容の詳細について説明を受

■2018年4月30日
「幸せならば物も速く探せます」 実験で明らかに
人は幸せを強く感じている時ほど視覚的に目標を速く見つけられる――。国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、東京都小金井市)の研究員らが、そんな研究結果を明らかにした。「物を探し出す速さを測れば幸福

■2018年4月30日
店舗併設、「eスポーツスタジオAKIBA」がオープン
対戦型のコンピューターゲームとして世界で人気が高まる「eスポーツ」の体験スタジオが30日、東京都千代田区外神田3丁目の「ソフマップAKIBA(2)号店」にオープン。「eスポーツスタジオAKIBA」で、

■2018年4月30日
北朝鮮、標準時を韓国と同じに 5月5日からと報じる
北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、最高人民会議常任委員会が同日、北朝鮮の標準時間を30分早める政令を採択し、5月5日から適用すると報じた。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が27日の南北首脳会談で、

小平奈緒、日本新でW杯13連勝…女子500m- 記事詳細|Infoseek ...
スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦、カルガリー(カナダ)大会最終日は3日、女子500メートルがあり、小平奈緒(相沢病院)が36秒53の日本新記録で優勝した。今年2月の世界スプリント選手権...- 朝日新聞デジタル- 42分前
小平奈緒、日本新でW杯13連勝…女子500m (読売新聞) - Yahoo ...
小平奈緒、日本新でW杯13連勝…女子500m- 読売新聞- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小平奈緒 13連勝に関連のある画像ばかりではありません。
小平奈緒 13連勝の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。
信州大学教育学部生涯スポーツ課程卒業。
社会医療法人財団慈泉会相澤病院スポーツ障害予防治療センター所属。
学位は学士(教育学)、資格は中高教員免許(保健体育)。
その独特な言い回しから『氷上の詩人』と称される。
主要な戦績として、2010年バンクーバーオリンピック団体パシュート銀メダル、2018年平昌オリンピック500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界距離別選手権500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界スプリント選手権総合優勝、ISUワールドカップ総合優勝(500m)、ユニバーシアード冬季大会1500m金メダル・1000m銀メダル、2017年冬季アジア競技大会500m・1000m金メダル。
世界記録は500m×2、1000m、スプリント複合で保持している。
過去にはチームスプリントで世界記録を達成している。
500mで低地36秒台を世界で初めて記録した。
オリンピック記録は500m、ユニバーシアード記録は1500m、アジア競技大会記録は500m、1000mで保持している。
オリンピックで日本女子スピードスケート史上初の金メダル獲得。
また、夏季・冬季を通じ女子初の1大会金を含む個人種目複数メダル、オリンピック日本選手団主将として女子初の金メダル、旗手として冬季女子初のメダル獲得。
1大会で主将と旗手両方を務めるのは日本人初である。
冬季日本人最年長で金メダル獲得(平昌、31歳8ヶ月)。
2018年平昌オリンピックの閉会式 では国際オリンピック委員会トーマス・バッハ会長より、フェアプレーと友好を世界に伝えた選手代表としてマルタン・フォルカードらと共に紹介され登壇した。
* 新谷純夫(新谷志保美の父親)を師とし、茅野市立北部中学校(2年)で500mの中学記録を樹立。
** 2001年(中学2年時)には全日本ジュニア(スプリント部門)で当時高校生の吉井小百合を破り「文部両道のススメ」『Sports Graphic Number』2011年4月21日号、文藝春秋、2011年、雑誌26853・4・21、97-99頁。
、史上初の中学生王者に輝く。
* 伊那西高等学校(女子高)進学コース入学。
スケート部は無く同好会で活動し、インターハイで500mと1000mの2冠獲得、全日本ジュニアでも優勝を飾る。
* 全国大会で活躍した選手の多くが練習環境の整った実業団に進む中で自身も富士急行と三協精機から勧誘されるが、保健体育の教員免許取得と、長野五輪で清水宏保を金メダルに導いた結城匡啓コーチ(現教育学部教授)の下で学ぶため信州大学教育学部に進学。
当時、国立大学の信州大にはスポーツ推薦が無かったため一般入試を経て入学した。
同級生にはソチ五輪を共に戦った住吉都がいる。
** 1年時に第25回日本学生氷上競技選手権大会500mと1000mの2冠も達成。
** 2年時の2006年10月には全日本スピードスケート距離別選手権大会1000m優勝。
** 4年時の2008年10月24日、全日本スピードスケート距離別選手権大会1500m優勝。
** この間、大学から履修へ特別な配慮は受けず、単位を取得した。
* 2009年、信州大学教育学部生涯スポーツ課程地域スポーツ専攻卒業。
卒論は『有力選手のカーブワーク動作解析の研究』。
社会医療法人財団慈泉会相澤病院にスポーツ障害予防治療センターのスタッフとして採用される。
「長期出張」扱いとして競技に打ち込む傍ら、所属病院のスポーツ障害予防治療センターの医学面のサポートも受け2010年バンクーバーオリンピックを目指して選手としての活動を行う。
* 2009年の第16回全日本スピードスケート距離別選手権大会では500m、1000m、1500mの三種目で優勝した。
中-長距離の3冠(1000m、1500m、3000m)は田畑真紀が第8回大会で達成しているが、短-中距離の3冠は小平が初めてであり、スピードとスタミナを併せ持つ選手との評価を得る。
* 2009年11月7日のISUワールドカップ・ベルリン大会で500m3位、1000m2位に入った。
いずれも日本人選手最高位。
* 2010年2月、初の冬季五輪出場となったバンクーバーオリンピックで、500mは12位だったが、1000mと1500mでは5位入賞を果たした。
女子団体パシュートでは、穂積雅子、田畑真紀とともに日本女子スピードスケート界史上初となる銀メダルを獲得した。
小平は大卒初の女子メダリストとなった。
* ソチオリンピックでは、500mで5位入賞、1000mでは13位だった。
* ソチオリンピック後、相澤病院に籍を置いたまま、オランダに1年間の予定で練習の拠点を移した。
ヘーレンフェーンに本拠を置くプロチーム「Team continu」で活動する。
オランダに2年間滞在し、オランダ語を習得している。
* 2014年11月22日のISUワールドカップ・ソウル大会の500mでワールドカップ初優勝。
参戦開始から9年目で達成した。
* 2015年2月に行われた世界距離別選手権の500mで3位入賞。
この種目での日本人女子のメダル獲得は、2007年の大菅小百合以来8年ぶり。
* 2014/15シーズンのワールドカップ500mで総合優勝した。
日本の女子選手がこの種目で総合優勝するのは島崎京子以来24年ぶり。
* 2017年2月に韓国・江陵で開催された世界距離別選手権で、500mを37秒13で優勝、1000mを1分14秒43でヘザー・リチャードソン・ベルグスマに次ぐ2位。
500mでの37秒13は、ふたつの高速リンク(オリンピック・オーバルとユタ・オリンピックオーバル)で出た記録を除いた、世界最速の記録であるオリンピックプラス 2017年2月14日閲覧。

* 2017年2月、カナダのカルガリーで行われた、スピードスケートの世界スプリント選手権、第1日の500メートル(36秒75)、1000メートル(1分12秒51)ともに日本新記録で総合首位、最終日も500メートルは1位、1000メートルは3位で総合優勝を果たした時事通信社(2017年2月27日)、2017年2月27日閲覧。

* 2017年3月11日、ノルウェーのスタバンゲルで行われた、スピードスケートのワールドカップ今季最終戦、女子500メートルで37秒14のタイムで優勝し、2季ぶり2度目の種目別優勝を果たした読売新聞(2017年3月11日), 2017年3月11日閲覧。

* 2017/18シーズン、11月10日から12日に行われたワールドカップ・ヘーレンフェイン大会で500mを37秒29(11月10日)、37秒33(11月11日)、1000mを1分13秒99(11月12日)のタイムで、いずれも優勝。
ワールドカップでの1000mの優勝は、この大会が初めて。
1000mでは高木美帆が2位に入り、日本人ワンツーフィニッシュ。
* 2017/18シーズン、11月17日から19日に行われたワールドカップ・スタバンゲル大会の初日、500mを37秒08、1時間後の1000mを1分14秒33のタイムで、いずれも優勝。
ここでも1000mで美帆が2位に入り、日本人ワンツーフィニッシュ。
500mでの37秒08は、ふたつの高速リンクで出た記録を除いた、自身が2017年2月に江陵で出した37秒13を100分の5秒上回る、世界最速の記録である。
また、500mは全勝だった昨季からの国内外における連勝記録を19に伸ばした。
ワールドカップ通算勝利数は岡崎朋美を超え、1000mと合わせ、日本女子歴代最多の14勝となった。
** 同大会の2日目の500mで、自身が前日に出した平地世界最高記録を100分の1秒上回る37秒07で優勝。
1000mと合わせ、通算15勝目。
* 2017/18シーズン、12月1日から3日に行われたワールドカップ・カルガリー大会の2日目、1000mに出場したが、転倒により最下位に終わった。
** 同大会の最終日に行われた500mで、世界歴代2位となる36秒53で優勝。
前日の転倒の影響が心配されたが、同走で2位に入った韓国の李相花に0秒33の差をつける圧勝だった。
世界記録は相花が2013年11月16日にユタ・オリンピックオーバルで出した36秒36。
* 2017/18シーズン、12月8日から10日に行われたワールドカップ・ソルトレイクシティ大会の初日、500mで自己記録を100分の3秒更新する36秒50で優勝。
翌日の500mでも36秒54で優勝、同走で2位に入った相花に0秒25の差をつける圧勝で、この種目ワールドカップ15連勝。
** 同大会の最終日に行われた1000mで、これまでの記録を0秒09更新する1分12秒09の世界新記録をマークして優勝、同走で2位に入った美帆に0秒54の差をつける圧勝だった。
なお、日本の女子選手が個人単種目で世界新記録をマークするのは小平が初めてである。
* 2018年春の叙勲で紫綬褒章を受章 時事ドットコム、2018年4月28日。
* あこがれの選手はカナダのシンディ・クラッセン。

引用:Wikipedia:データベース

小平奈緒 13連勝に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小平奈緒 13連勝に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング