小平奈緒 13連勝とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
小平奈緒500m日本新記録でW杯13連勝|日テレNEWS24
スピードスケートのワールドカップ第3戦、女子500メートルに出場した小平奈緒選手は 、自身の持つ日本記録を0秒22更新する36秒53の日本新記録で優勝、昨シーズン から続くこの種目でのワールドカップ連勝記録を13に伸ばした。
小平、500m日本新で13連勝 スピードスケートW杯 - ライブドアニュース
小平、500m日本新で13連勝 スピードスケートW杯

■2018年10月27日
五輪会場、業者破綻で工事とまる「途中でほったらかし」
2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場の一つで、東京都が改修している「有明テニスの森公園」(江東区)などの一部工事が、建設会社の経営破綻(はたん)で1日から中断している。小池百合子都知事は26日

■2018年10月27日
猫15匹とたわむれながら…三陸鉄道に「にゃん鉄」登場
東日本大震災の津波で被害に遭い、一時不通となっていた岩手県の三陸鉄道・南リアス線の釜石―盛駅間(大船渡市)で27日、「にゃん鉄」列車が運行された。猫好きの乗客25人はカーペットが敷かれた車両内で猫15

■2018年10月27日
震災で危機感、僧侶らがアマ無線ネット 熊本
地震や洪水などの災害で通信機器が使えなくなったときのために、熊本県の僧侶たちがアマチュア無線のネットワークを構築した。被害状況を把握し、救助したり救援に赴いたりできるようにする。「すべての人を救いたい

■2018年10月27日
GPシリーズ初挑戦の山下真瑚、堂々の演技 フィギュア
(26日、フィギュアスケート・スケートカナダ女子SP)女子SPで、GPシリーズ初挑戦の山下真瑚が堂々の演技を見せた。今季シニアデビューした愛知県出身の15歳。「緊張はしない方です」と度胸満点で、冒頭の

■2018年10月27日
ブドウの天井画80枚、産地の寺に 住職の妻が描いた
大阪有数のブドウ産地である大阪府柏原市のお寺の本堂に、ブドウの天井画がある。住職の妻が日本画の技術を学び、1年がかりで2年前に完成させた。ワイナリーを訪れた国内外の観光客や校外学習の小学生ら千人ほどが

■2018年10月27日
皇居外苑、12月にライトアップ 投光器・LED照明で
皇居外苑(東京都千代田区)が12月にライトアップされる。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、皇居周辺の観光への活用を求める政治の声を受け、環境省が工事を進めていた。堀の石垣や橋を投光器で浮かび上

■2018年10月27日
中居正広さんへ思い届いた 日大三の応援曲、番組で放送
今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会で4強入りを果たした西東京代表の日大三。その躍進を支えた同校吹奏楽部のオリジナル応援曲が、元SMAPの中居正広さん(46)のラジオ番組で紹介された。一般に販売

■2018年10月27日
湘南、ルヴァン杯初V 決勝で横浜マ下す サッカー
サッカーのルヴァン杯は27日、埼玉スタジアムで決勝があり、湘南ベルマーレが1―0で横浜Fマリノスを破り、初優勝を飾った。湘南のタイトル獲得は、ベルマーレ平塚時代の1994年度の天皇杯以来で、2000年

■2018年10月27日
「脱出不能」のイノシシ、残る1頭も捕獲 山へ戻る
北九州市門司区の砂防施設の底に転落して脱出できなくなっていた2頭のイノシシのうち、残っていた1頭が27日午後、施設を管轄する福岡県と北九州市の職員が仕掛けたわなで捕獲され、山に放たれた。近所の住民が1

■2018年10月27日
清泉女学院に最高賞 全日本合唱コン・高校部門
第71回全日本合唱コンクール(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)の高校部門が27日、長野市のホクト文化ホールで開幕した。全国9支部の代表として前半のAグループ(8~32人)に14校が出場。5校が金賞に輝

小平奈緒、日本新でW杯13連勝…女子500m- 記事詳細|Infoseek ...
スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦、カルガリー(カナダ)大会最終日は3日、女子500メートルがあり、小平奈緒(相沢病院)が36秒53の日本新記録で優勝した。今年2月の世界スプリント選手権...- 朝日新聞デジタル- 42分前
小平奈緒、日本新でW杯13連勝…女子500m (読売新聞) - Yahoo ...
小平奈緒、日本新でW杯13連勝…女子500m- 読売新聞- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小平奈緒 13連勝に関連のある画像ばかりではありません。
小平奈緒 13連勝の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。
相澤病院所属。
オリンピック日本女子スピードスケート史上初の金メダル獲得。
主な成績は、2010年バンクーバーオリンピック団体パシュート銀メダル、2018年平昌オリンピック500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界距離別選手権500m金メダル・1000m銀メダル、2017年世界スプリント選手権総合優勝、ISUワールドカップ総合優勝(500m)、他。
* 新谷純夫(新谷志保美の父親)を師とし、茅野市立北部中学校2年時に500mの中学記録を更新し、全日本ジュニア(スプリント部門)では吉井小百合を破り「文部両道のススメ」『Sports Graphic Number』2011年4月21日号、文藝春秋、2011年、雑誌26853・4・21、97-99頁。
、史上初の中学生王者に輝く。
* 伊那西高等学校進学コース入学。
スケート部は無く同好会で活動し、インターハイで500mと1000mの2冠獲得、全日本ジュニアでも優勝を飾る。
*信州大学教育学部に進学。
同級生には住吉都がいる。
** 1年時に第25回日本学生氷上競技選手権大会500mと1000mの2冠も達成。
** 2年時の2006年10月には全日本スピードスケート距離別選手権大会1000m優勝。
** 4年時の2008年10月24日、全日本スピードスケート距離別選手権大会1500m優勝。
** この間、大学から履修へ特別な配慮は受けず、単位を取得した。
* 2009年、信州大学教育学部生涯スポーツ課程地域スポーツ専攻卒業。
社会医療法人財団慈泉会相澤病院にスポーツ障害予防治療センターのスタッフとして採用される。
「長期出張」扱いとして競技に打ち込む傍ら、医学面でもサポートも受ける。
* 2009年の第16回全日本スピードスケート距離別選手権大会では500m、1000m、1500mの三種目で優勝した。
短-中距離での3冠は小平が初めてであり、スピードとスタミナを併せ持つ選手との評価を得る。
* 2009年11月7日のISUワールドカップ・ベルリン大会で500m3位、1000m2位に入った。
いずれも日本人選手最高位。
* 2010年2月、初の冬季五輪出場となったバンクーバーオリンピックでは1000mと1500mで5位入賞。
女子団体パシュートでは、穂積雅子、田畑真紀とともに日本女子スピードスケート界史上初となる銀メダルを獲得した。
* ソチオリンピックでは、500mで5位入賞、1000mでは13位だった。
* ソチオリンピック後、相澤病院に籍を置いたまま、オランダに1年間の予定で練習の拠点を移した。
ヘーレンフェーンに本拠を置くプロチーム「Team continu」で活動する。
オランダに2年間滞在し、オランダ語を習得している。
* 2014年11月22日のISUワールドカップ・ソウル大会の500mでワールドカップ初優勝。
* 2015年2月に行われた世界距離別選手権の500mで3位入賞。
* 2014/15シーズンのワールドカップ500mで総合優勝した。
日本の女子選手がこの種目で総合優勝するのは島崎京子以来24年ぶり。
* 2017年2月、世界距離別選手権で、500mを37秒13で優勝、1000mを1分14秒43で2位。
500mでの37秒13は、ふたつの高速リンク(オリンピック・オーバルとユタ・オリンピックオーバル)で出た記録を除くと、当時世界最速の記録であるオリンピックプラス 2017年2月14日閲覧。

* 2017年2月、スピードスケートの世界スプリント選手権、第1日の500メートル(36秒75)、1000メートル(1分12秒51)ともに日本新記録で総合首位、最終日も500メートルは1位、1000メートルは3位で総合優勝を果たした時事通信社(2017年2月27日)、2017年2月27日閲覧。

* 2017年3月11日、ワールドカップ同季最終戦、女子500メートルで37秒14のタイムで優勝し、2季ぶり2度目の種目別優勝を果たした読売新聞(2017年3月11日), 2017年3月11日閲覧。

* 2017年11月10日から12日に行われたワールドカップ・ヘーレンフェイン大会で500m、1000mで、いずれも優勝。
ワールドカップで1000mでの優勝は自身初。
* 2017年11月17日から19日に行われたワールドカップ・スタバンゲル大会の初日、500m、1000mで、いずれも優勝。
500mでの37秒08は、自身が2017年2月に江陵で出した37秒13を100分の5秒上回る、ふたつの高速リンクで出た記録を除いた中で当時世界最速の記録である。
また、500mは全勝だった昨季からの国内外における連勝記録を19に伸ばした。
ワールドカップ通算勝利数は岡崎朋美を超え、1000mと合わせ、日本女子歴代最多の14勝となった。
** 同大会の2日目の500mで、自身が前日に出した当時の低地世界最高記録を100分の1秒上回る37秒07で優勝。
1000mと合わせ、通算15勝目。
* 2017年12月1日から3日に行われたワールドカップ・カルガリー大会の2日目、1000mに出場したが、転倒により最下位に終わった。
最終日に行われた500mで当時世界歴代2位となる36秒53で優勝。
* 2017年12月8日から10日に行われたワールドカップ・ソルトレイクシティ大会の初日、500mで5日前に出した自己記録を上回る36秒50で優勝。
翌日の500mでも優勝し、この種目ワールドカップ15連勝連勝中欠場した大会もある (2016年12月のアスタナ大会 (カザフスタン)は欠場)。
2017/18シーズンは最終2大会を欠場し惜しくも同種目総合優勝を逃した。

最終日に行われた1000mで、1分12秒09の世界新記録をマークして優勝。
日本の女子選手が個人単種目で世界新記録をマークするのは小平が初。
* 2018年春の褒章で紫綬褒章を受章 時事ドットコム、2018年4月28日。

引用:Wikipedia:データベース

小平奈緒 13連勝に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小平奈緒 13連勝に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング