小平奈緒 高木美帆とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
スピードスケート女子初の金なるか 小平奈緒・高木美帆 - 2018平昌 ...
3時間前 - 14日夜の平昌五輪スピードスケート女子1000メートルは、31歳の世界記録保持者、 小平奈緒(相沢病院)と、12日の女子1500メートルで銀メダリストとなった23歳の高木 美帆(日体大助手)の日本勢によ…

■2018年2月21日
生活援助ヘルパーの養成 「通常」研修時間の半分以下に


■2018年2月21日
担任「いじめ見て見ぬふりした」 神奈川の小学生不登校


■2018年2月21日
契約社員との手当格差「不合理」 大阪地裁、日本郵便に


■2018年2月21日
駅伝で警官が規制中、交差点で乳児死亡事故 鹿児島


■2018年2月21日
山健組の資金獲得拠点が撤収 使用禁止の仮処分、和解


■2018年2月21日
厚労省「高齢者の薬、減らして」 医師ら向け使用指針


■2018年2月21日
ATM不正引き出し容疑、男を逮捕 首謀者の1人か


■2018年2月21日
キルギスで歌う「未来へ」 あの「Kiroro」はいま


■2018年2月21日
元警官、子ども2人殺した容疑で再逮捕 福岡母子殺人


■2018年2月21日
予定は病院だけ…高齢者の「地域デビュー」どう後押し?


■2018年2月21日
<CNET Japan>TATERU bnb、ICTを活用したスマートチェックインサービス


■2018年2月21日
スケート女子団体追い抜き、日本が決勝へ 銀以上が確定


■2018年2月21日
不和騒動の韓国、順位決定戦で敗れる 女子団体追い抜き


■2018年2月21日
「金」に挑む高木菜那・美帆姉妹 兄が知る正反対の2人


■2018年2月21日
高木菜那・美帆がメダル姉妹に 冬季五輪の日本勢で初


■2018年2月21日
手を離した瞬間「違う」 カーリング男子、にじむ悔しさ


■2018年2月21日
<ZDNet Japan>スマホ決済で銀行口座から直接引き落とし可能に--日本ユニシスとOrigamiが連携


■2018年2月21日
17年のマンション平均価格、過去最高4739万円


■2018年2月21日
プレ金前は「ノンフライデー」 日清、自社麺20%割引


■2018年2月21日
伝統の角形ランプ、パナが復刻 初のナショナル商標


■2018年2月21日
日経平均は小幅な値上がり 円安傾向受け


■2018年2月21日
マイナス金利「異常な状態を戻して」 みずほFG社長


■2018年2月21日
<CNET Japan>楽天LIFULL STAYとクラウドリアルティ、宿泊施設の開発・供給で業務提携--京町家へ出資


■2018年2月21日
「働き方改革」など集中審議 22日に衆院予算委


■2018年2月21日
沖縄県議会、強さ増す抗議決議 米軍トラブル頻発で


■2018年2月21日
首相動静―2月21日


■2018年2月21日
来年のG20、大阪開催を発表 財務相会議は福岡で


■2018年2月21日
不妊手術の強制、自公が救済策協議へ 議員立法を視野


■2018年2月21日
日韓慰安婦合意「本質を忘れた交渉」 韓国外相が批判


■2018年2月21日
北朝鮮、米副大統領との会談ドタキャン 五輪で訪韓時


■2018年2月21日
トルコ軍、アサド政権側民兵組織を砲撃 シリア内戦


■2018年2月21日
特別検察官、虚偽供述巡り弁護士起訴 米政権ロシア疑惑


■2018年2月21日
トランプ氏、銃の連射化装置の規制指示 乱射事件受け


■2018年2月21日
<鉄道コム>難波駅のホームドア設置計画を変更、南海


■2018年2月21日
「あさイチ」後任に華丸・大吉さん 近江アナとコンビ


■2018年2月20日
ラベルはがした方がいいですか?羽生戦を前に驚きの配慮


■2018年2月19日
藤井六段に「大変刺激を受けている」 囲碁の井山七冠


■2018年2月18日
彼女と結婚しない息子 石田純一さんへの相談


■2018年2月19日
ボランティアのデータベース化やアプリ開発も 東京五輪


■2018年2月16日
ディキノドン類の化石、国内初の発見 山口・美祢


■2018年2月16日
飛べないテントウムシで害虫駆除 高校生の技術、実用化


■2018年2月21日
ドラマ共演中の遠藤憲一さんらコメント 大杉漣さん死去


■2018年2月21日
大杉漣さん死去 66歳、急性心不全で


■2018年2月21日
「戦争の怖さ知る大事な人亡くした」ドナルド・キーン氏


スピードスケート・小平奈緒、親友の死で立ち直れず? 高木菜那・美帆も ...
「平昌五輪・スピードスケート女子1000メートル」(14日、江陵オーバル) 世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が金メダルを逃し1分13秒82。高木美帆(23)=日体大助手=は1分13秒98...- デイリースポーツ- 15分前
小平奈緒 高木美帆1000m結果は?平昌オリンピック滑走順&放送時間 ...
女子1000に小平、高木美=スピード〔五輪・スピー...- 時事通信- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小平奈緒 高木美帆に関連のある画像ばかりではありません。
小平奈緒 高木美帆の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。
バンクーバー五輪女子団体追い抜き銀メダリスト。
信州大学教育学部生涯スポーツ課程卒業。
相澤病院所属。
* 新谷純夫(新谷志保美の父親)を師とし、茅野市立北部中学校(2年)で500mの中学記録を樹立。
** 2001年(中学2年時)には全日本ジュニア(スプリント部門)で当時高校生の吉井小百合を破り「文部両道のススメ」『Sports Graphic Number』2011年4月21日号、文藝春秋、2011年、雑誌26853・4・21、97-99頁。
、史上初の中学生王者に輝く。
* 伊那西高等学校ではインターハイで500mと1000mの2冠獲得、全日本ジュニアでも優勝を飾る。
* 高校卒業後に富士急行と三協精機から勧誘されたが、教員になる夢を捨てず、清水宏保を育てた結城匡啓監督がいる信州大学教育学部へ進学。
1年時に第25回日本学生氷上競技選手権大会500mと1000mの2冠も達成。
** 2年時の2006年10月には全日本スピードスケート距離別選手権大会1000m優勝。
** 4年時の2008年10月24日、全日本スピードスケート距離別選手権大会1500m優勝。
** この間大学から履修へ特別な配慮は受けず、単位を取得した。
* 2009年、信州大学教育学部生涯スポーツ課程を卒業。
卒論は『有力選手のカーブワーク動作解析の研究』。
社会医療法人財団慈泉会 相澤病院にスポーツ障害予防治療センターのスタッフとして採用される。
実際には「長期出張」扱いとして競技に打ち込む傍ら、所属病院のスポーツ障害予防治療センターの医学面のサポートも受け2010年バンクーバーオリンピックを目指して選手としての活動を行う。
* 2009年の第16回全日本スピードスケート距離別選手権大会では500m、1000m、1500mの三種目で優勝した。
中-長距離の3冠(1000m、1500m、3000m)は田畑真紀が第8回大会で達成しているが、短-中距離の3冠は小平が初めてであり、スピードとスタミナを併せ持つ選手との評価を得る。
* 2009年11月7日のISUワールドカップ・ベルリン大会で500m3位、1000m2位に入った。
いずれも日本人選手最高位。
* 2010年2月、初の冬季五輪出場となったバンクーバーオリンピックで、500mは12位だったが、1000mと1500mでは5位入賞を果たした。
女子団体パシュートでは、穂積雅子、田畑真紀とともに日本女子スピードスケート界史上初となる銀メダルを獲得した。
小平は大卒初の女子メダリストとなった。
* ソチオリンピックでは、500mで5位入賞、1000mでは13位だった。
* ソチオリンピック後、相澤病院に籍を置いたまま、オランダに1年間の予定で練習の拠点を移した。
ヘーレンフェーンに本拠を置くプロチーム「Team continu」で活動する。
オランダに2年間滞在し、オランダ語を習得している。
* 2014年11月22日のISUワールドカップ・ソウル大会の500mでワールドカップ初優勝。
参戦開始から9年目で達成した。
* 2015年2月に行われた世界距離別選手権の500mで3位入賞。
この種目での日本人女子のメダル獲得は、2007年の大菅小百合以来8年ぶり。
* 2014/15シーズンのワールドカップ500mで総合優勝した。
日本の女子選手がこの種目で総合優勝するのは島崎京子以来24年ぶり。
* 2017年2月に韓国・江陵で開催された世界距離別選手権で、500mを37秒13で優勝、1000mを1分14秒43でヘザー・リチャードソン・ベルグスマに次ぐ2位。
500mでの37秒13は、ふたつの高速リンク(オリンピック・オーバルとユタ・オリンピックオーバル)で出た記録を除いた、世界最速の記録であるオリンピックプラス 2017年2月14日閲覧。

* 2017年2月、カナダのカルガリーで行われた、スピードスケートの世界スプリント選手権、第1日の500メートル(36秒75)、1000メートル(1分12秒51)ともに日本新記録で総合首位、最終日も500メートルは1位、1000メートルは3位で総合優勝を果たした時事通信社(2017年2月27日)、2017年2月27日閲覧。

* 2017年3月11日、ノルウェーのスタバンゲルで行われた、スピードスケートのワールドカップ今季最終戦、女子500メートルで37秒14のタイムで優勝し、2季ぶり2度目の種目別優勝を果たした読売新聞(2017年3月11日), 2017年3月11日閲覧。

* 2017/18シーズン、11月10日から12日に行われたワールドカップ・ヘーレンフェイン大会で500mを37秒29(11月10日)、37秒33(11月11日)、1000mを1分13秒99(11月12日)のタイムで、いずれも優勝。
ワールドカップでの1000mの優勝は、この大会が初めて。
1000mでは高木美帆が2位に入り、日本人ワンツーフィニッシュ。
* 2017/18シーズン、11月17日から19日に行われたワールドカップ・スタバンゲル大会の初日、500mを37秒08、1時間後の1000mを1分14秒33のタイムで、いずれも優勝。
ここでも1000mで美帆が2位に入り、日本人ワンツーフィニッシュ。
500mでの37秒08は、ふたつの高速リンクで出た記録を除いた、自身が2017年2月に江陵で出した37秒13を100分の5秒上回る、世界最速の記録である。
また、500mは全勝だった昨季からの国内外における連勝記録を19に伸ばした。
ワールドカップ通算勝利数は岡崎朋美を超え、1000mと合わせ、日本女子歴代最多の14勝となった。
** 同大会の2日目の500mで、自身が前日に出した平地世界最高記録を100分の1秒上回る37秒07で優勝。
1000mと合わせ、通算15勝目。
* 2017/18シーズン、12月1日から3日に行われたワールドカップ・カルガリー大会の2日目、1000mに出場したが、転倒により最下位に終わった。
** 同大会の最終日に行われた500mで、世界歴代2位となる36秒53で優勝。
前日の転倒の影響が心配されたが、同走で2位に入った韓国の李相花に0秒33の差をつける圧勝だった。
世界記録は相花が2013年11月16日にユタ・オリンピックオーバルで出した36秒36。
* 2017/18シーズン、12月8日から10日に行われたワールドカップ・ソルトレイクシティ大会の初日、500mで自己記録を100分の3秒更新する36秒50で優勝。
翌日の500mでも36秒54で優勝、同走で2位に入った相花に0秒25の差をつける圧勝で、この種目ワールドカップ15連勝。
** 同大会の最終日に行われた1000mで、これまでの記録を0秒09更新する1分12秒09の世界新記録をマークして優勝、同走で2位に入った美帆に0秒54の差をつける圧勝だった。
なお、日本の女子選手が個人単種目で世界新記録をマークするのは小平が初めてである。
* 女子500m・1000mの現日本記録保持者。
* あこがれの選手はカナダのシンディ・クラッセン。

引用:Wikipedia:データベース

小平奈緒 高木美帆に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小平奈緒 高木美帆に関連のある動画ばかりではありません。

小平奈緒 高木美帆に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング