小川直也 プロレス引退とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
小川直也 プロレス引退を表明 | 2018/6/11(月) 14:51 - Yahoo!ニュース
28分前 - バルセロナ五輪柔道男子95キロ超級銀メダリストで「暴走王」こと小川直也が、プロレス ・格闘技から引退することを明らかにした。長男を指導するため、柔道界への正式復帰を目指す。
小川直也がプロレス&格闘技引退 - ライブドアニュース
28分前 - 小川直也が10日、プロレス&格闘技から引退すると明かした; 1997年4月の衝撃デビューから21年、50歳となった節目の年にリングを去る; 今後は男子100キロ超級代表の長男を指導するため、柔道界への復帰を目指す. LINEで送る. Twitter.

■2018年6月17日
「GENERATIONS」らが宮崎で野外フェス
7人組ダンス&ボーカルユニット「GENERATIONS」らが所属する芸能事務所「LDH」が16日、宮崎・フェニックス・シーガイア・リゾートで野外フェス「LDHLAND」を開催した。GENERATION

■2018年6月16日
【AKB48世界選抜総選挙】松井珠理奈が地元・名古屋で悲願の女王に!「48グループをアイドルのトップに」
「第10回AKB48世界選抜総選挙」の開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)で、SKE48・松井珠理奈(21)が19万4453票を獲得し、初の女王に輝いた。2位・須田亜香里(26)とのワンツーフィ

■2018年6月16日
【AKB48世界選抜総選挙】SKE48須田亜香里は2位「覚悟を決めればファンは気づいて応援してくれる」
「第10回AKB48世界選抜総選挙」の開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)で、1位を目指していたSKE48・須田亜香里(26)は15万4011票で2位にランクイン。念願のトップには立てなかったが

■2018年6月16日
【AKB48世界選抜総選挙】宮脇咲良は3位 HKT4連覇ならず「さっしー、ごめんなさい」
「第10回AKB48世界選抜総選挙」の開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)でHKT48・宮脇咲良(20)は3位にランクイン。福岡・博多を拠点とするHKT48メンバーによる4連覇はならなかった。初

■2018年6月16日
青木真也&藤田和之が引退→柔道界復帰の小川直也にエール
プロレス・格闘技からの引退を表明したバルセロナ五輪柔道男子95キロ超級銀メダリストの“暴走王”小川直也(50)に、かつてIGFで激闘を繰り広げた“バカサバイバー”青木真也(35)と“野獣”藤田和之(4

■2018年6月16日
【GI高松宮記念杯競輪】本紙記者の最終日(17日)決勝戦予想
【GI高松宮記念杯競輪】大阪府岸和田市の岸和田競輪場で開催中の「第69回高松宮記念杯競輪」(G?)は17日、最終日を迎える。決勝に進んだのは以下の9人。12R決勝◎1脇本雄太(29)福井・94期2武田

■2018年6月16日
【AKB48世界選抜総選挙】SKE松村香織 選抜入りにあと一歩及ばず
「第10回AKB48世界選抜総選挙」の開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)で、上位16人までの選抜入りを目指したSKE48・松村香織(28)は3万8399票で17位。2015年以来の返り咲きに8

■2018年6月16日
【GI高松宮記念杯競輪】“ダービー王”三谷竜生は堅実に決勝へ
【GI高松宮記念杯競輪】大阪府岸和田市の岸和田競輪場で開催中の「第69回高松宮記念杯競輪(GI)」は16日、3日目準決勝戦を行い、決勝戦に出場するファイナリスト9人が決まった。5月の平塚でダービー連覇

■2018年6月16日
【GI高松宮記念杯競輪】脇本雄太がついにGⅠタイトルを手にする
【GI高松宮記念杯競輪】大阪府岸和田市の岸和田競輪場で開催中の「第69回高松宮記念杯競輪(GI)」は16日、3日目準決勝戦を行い、決勝戦に出場するファイナリスト9人が決まった。脇本雄太(29)は難しい

■2018年6月16日
【GI高松宮記念杯競輪】村上博幸 狭すぎる門を突破して決勝進出
【GI高松宮記念杯競輪】大阪府岸和田市の岸和田競輪場で開催中の「第69回高松宮記念杯競輪(GI)」は16日、3日目準決勝戦を行い、決勝戦に出場するファイナリスト9人が決まった。村上博幸(39)は準決勝

小川直也 プロレス引退を表明 - goo ニュース
2018年5月31日 - バルセロナ五輪柔道男子95キロ超級銀メダリストで「暴走王」こと小川直也(50)が10 日、本紙の取材に応じ、プロレス・格闘技から引退することを明らかにした。199...
小川直也がプロレス&格闘技引退!柔道界正式復帰へ = 写真で早見 一日 ...
gooニュース。写真で早見 一日のニュース写真。小川直也がプロレス&格闘技引退! 柔道界正式復帰へ.
小川直也 プロレス引退を表明(東スポWeb) バルセロナ五輪柔道男子95 ...
28分前 - 小川直也 プロレス引退を表明(東スポWeb) バルセロナ五輪柔道男子95キロ超級銀メダリストで「暴走王」こと小川直也(50)が10日、本紙の取材に応じ、プロレス・格…
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小川直也 プロレス引退に関連のある画像ばかりではありません。
小川直也 プロレス引退の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

小川 直也(おがわ なおや、1968年3月31日 - )は、日本のプロレスラー、総合格闘家、元柔道家。
全日本柔道選手権優勝7回(5連覇、2連覇)は山下泰裕に次ぐ歴代2位。
明治大学経営学部卒業。
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程コーチング学専攻修了。
元JRA職員。
血液型B型。
長男の小川雄勢も柔道選手で2014年の高校選手権無差別で優勝 スポーツニッポン 2014年3月20日。
* バルセロナオリンピックでは銀メダルに終わったことで、表彰台では終始俯き加減な態度だったために、マスコミや世間から激しいバッシングを受けたことがある IGFプロレスリング。
* 柔道家時代は寡黙で口数の少ない印象で知られた。
プロレスラーとなってからは積極的なパフォーマンスでイメージ・チェンジに成功したが、普段は大変温厚で「クソ真面目」と言われるほどであり、小川と同様に柔道家から格闘家に転向した吉田秀彦も「派手なパフォーマンスとかギャグとか、あんなに話せる人だとは思わなかった」と柔道家時代とのギャップに驚いた旨を語っている。
* 前述の通り、JRA時代は競馬場の警備担当として開催中の場内の巡回を主な業務としていたが、1990年の第35回有馬記念での警備巡回では、当時のアイドルホースだったオグリキャップの引退レースとなったため、集まった観客の余りの多さに動けずに立往生し、一緒に巡回していた上司らとともにレース終了直後まで警備巡回を一旦中止した。
しかし立往生した場所がコースの見える位置であったことから、立往生を逆手に取って上司らと一緒にレースを観戦し、そのままスタンドでオグリキャップの優勝を目撃する。
小川はそれまで成績不振だったオグリの激走を目の当たりにし、自身の柔道の励みになったと後日述懐している 「Sports Graphic Number」917・918合併号記事内「夢の有馬記念 Dream Race 1990-2016」でのロングインタビュー『オグリキャップ&武豊 奇跡1990 「26年目のオグリコール」』。
* 2004年にPRIDEに参戦して連勝した後、世間の注目が上がりCMの依頼も殺到した。
同年、JRAゴールデンジュビリーキャンペーンのメインイベント・ジャパンカップ当日には東京競馬場に退職後初めてJRA主催のイベントに訪れてスピーチを行った。
* 2005年2月11日、ハッスルでインリン様に敗戦した時は、「プロレスとはいえ元柔道世界チャンピオンの面汚しだ」等の批判も聞かれた。
* 2007年現在、高額納税者番付のスポーツ選手部門に公示ランクインした最後のプロレスラーである。
納税額からその年の小川の年収が億単位にも上っていたことが推定されたため、小川の(特にハッスルにおける)ギャラが当時のファンやプロレスマスコミの間で話題となった。
* 大のディズニー好き・ディズニー通として知られており、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーの特集番組などにしばしば出演している。
ディズニー・チャンネルの『ディズニーパラダイス』では番組の最終回に出演した。
* 巨人ファンである(特に清原和博のファン)。
* また出身地ではないが、現在居住している茅ヶ崎市を愛しており、2006年4月には市内に小川道場を開設したのを始め、市主催の成人式やサザンオールスターズの茅ヶ崎凱旋ライブ(茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜)にゲストとして参加している。
2013年5月には全国少年柔道大会団体戦で優勝を勝ち取るまでになった 読売新聞 2013年5月5日。
* 後に2008年北京オリンピックの柔道男子100キロ超級で金メダルを取ることになる石井慧が高校生時代、稽古をつけてもらいに小川の元を訪ねたことがある。
小川は当初、石井に口も利かなかったが、そのうちに「ハートがいい」と認めた。
以後石井とは親交が続いており、北京オリンピック直後には、石井に「『破壊なくして創造はなし』という橋本の精神を継いで欲しい」として「真・破壊王」の称号を与えたほど東京スポーツ・2008年8月30日付 1面。
しかし、石井が総合格闘技に転向した際、「お前が石井をそそのかしたんだろうと周囲の人間に言われたが、俺が一番(石井の総合転向に)反対した」とコメントしている東京スポーツ 小川直也連載「暴走レッドゾーン」2008年8月24日。
* 2008年9月28日には石井慧が北京オリンピックで獲得した金メダルを小川道場に寄贈した。
寄贈後に石井が大外刈りを披露すると、小川は石井の大外刈りを「STI(スペース・トルネード・イシイ)」と命名した 産経新聞 2008年9月29日付。
* 橋本真也の死因はファースト・オン・ステージにあるという疑念を持っており、ZERO1とは二度と絡みたくないことをGENOME13に不参戦を表明した際ブログで明かしている。
一方、FOS側は中村祥之がブログ上でGENOME13に参戦オファーはない表明しており、その上で「プロレスのことは忘れてもらって大学に通っててください」とコメントを返している。

引用:Wikipedia:データベース

小川直也 プロレス引退に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも小川直也 プロレス引退に関連のある動画ばかりではありません。

小川直也 プロレス引退に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング