家政夫のミタゾノ 続編とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」続編4月に放送へ - ドラマ : 日刊スポーツ
16年10月期に放送されたTOKIO松岡昌宏(41)のテレビ朝日系主演ドラマ「家政夫の ミタゾノ」の続編が、4月から放送されることが2月28日、分かった。タイ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。
TOKIO 松岡昌宏『家政夫のミタゾノ』続編で再び女装姿「何でも来い ...
「松岡ミタゾノ」帰ってくる 女装に自ら「おかえり!」ノリノリ...
松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」続編4月に放送へ - 日刊スポーツ芸能 ...
TOKIO・松岡昌宏(41)が女装で家政婦を演じ人気を博したテレビ朝日系人気ドラマ「家政夫のミタゾノ」が1年半ぶりに復活することが2月28日、分かった。2016年10月の連続ドラマの続編となる第2弾...- デイリースポーツ- 6時間前
松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」続編4月に放送へ|ニフティニュース
松岡昌宏「案外すんなり」ミタゾノで1年半ぶり女装- 日刊スポーツ- 3時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも家政夫のミタゾノ 続編に関連のある画像ばかりではありません。
家政夫のミタゾノ 続編の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

家政夫のミタゾノ』(かせいふのミタゾノ)は、テレビ朝日系で放送の日本のテレビドラマである。
主演はTOKIOの松岡昌宏。
第1シリーズは、2016年10月21日から12月9日まで、第2シリーズは、2018年4月20日から6月8日まで、ともに毎週金曜日23時15分 - 翌0時15分の「金曜ナイトドラマ」枠で放送された。
;三田園 薫(みたぞの かおる):演 - 松岡昌宏:むすび家政婦紹介所所属の派遣家政夫。
女装している男性だが、女性として勤務。
口癖は「痛み入ります」。
紹介所内では男だと全員に認識されているが、各派遣先ではまちまち。
常にクールかつ無表情。
神出鬼没で何を考えているのか分からず不気味な面もあるが、家事全般を完璧にこなせる"スーパー家政夫"で、依頼主の信頼を得るのは早い。
:洞察力・観察力が鋭く、派遣先の様子を見て、その家の問題を炙り出すのが得意。
ひとたび家庭内の秘密を知ると、それを暴いて家庭を崩壊させたくなる性分である。
家族の行動を覗き見し、誰にも気付かれないうちに周到な罠を張り巡らせて秘密を探り出す。
依頼主の私物を物色したり、盗撮をして証拠を押さえたり、金庫の鍵を開けて中身を持ち出したりもする第2シリーズ第1話。
知り得た秘密をネタに家族を脅す第1シリーズ第1話、第2シリーズ第1話といったことも平気で行う。
プライバシーを暴く依頼を持ちかけられると「考えたこともない」とうそぶくが、言い回しを変えさせた上で引き受けることもある。
:家事全般の知識が豊富なほか、多数の資格を所持していて、英語も堪能第2シリーズ第7話。
手先が器用で、鍵の解錠が得意。
施錠されているアタッシュケースからダイヤル式の金庫まで、様々な鍵を数秒で開けることができる第1シリーズ第1話、第6話、第2シリーズ第1話、第7話、最終話等。
家の中に仕掛けられた盗聴器を見つけるための盗聴器発見器を自作したり第4話、止まった柱時計を修理する第7話技術も持っている。
:身体能力が非常に高く、俊足であり持久力が高く走っても息が切れない。
なお、走る時は両手でスカートを少したくし上げ、と呼ばれる独特な走り方をする。
、格闘術も身に付けている第1シリーズ第5話、第2シリーズ最終話。
片手で車を止めることができるほどの人間離れしたを持つ第1シリーズ第3話、第7話、第2シリーズ第2話、第6話。
:常にセミロングのカツラを被り、クラシカルな白のブラウス、黒のスカートを着用し、眼鏡を掛け、一昔前の淑女然としている。
:普段は高めの声を出し上品な言葉遣いで話すが、時々、素に戻るとドスの利いた男性口調の地声を発することがある。
:麻琴の頭にブラジャーをかけたり、えみりの口から「ペチャパイ」と言わせる等、意地悪も仕掛ける。
:実はオバケが苦手という弱点がある。
霊的なことに遭遇すると悲鳴を上げて極度に怯え、パニックに陥る第1シリーズ第7話では、夜中に物音が響く度に驚き大きく飛び上がって奇声を発する等、普段の冷静さとは正反対で感情を露わにした。
第2シリーズ第4話では恐怖で目を開いたまま失神した。

:趣味は「一人ジェンガ」。
自分で壊すのが良いのだと言う第1シリーズ第1話。
オープニングアニメーションでは「家」からパーツを引き抜き壊している。
:三田園が秘密を暴露して崩壊させた家庭は、金銭的には苦しくなるものの、バラバラだった家族の絆が深まるなど、何らかの形で再生していく。
:劇中、指を鳴らしたり 第1シリーズ第1話、第2話、第6話、最終話、第2シリーズ第1~最終話、手を叩いたり第1シリーズ第4話、第7話すると時が止まり、場面が停止する。
そして彼が自己紹介と共にその日の家事のポイントを紹介する第3話、第5話では人気のない所で行った。
第6話は紹介をしていないが、えみりの言うことは聞こえており、その内容は「62点」と採点していた。

「フライング」と称し、クライマックスで登場する家事のポイントをほのめかす第6話におけるえみりも同様。

時が止まっている間に三田園自身が移動したり物を動かすと、周囲の人間には瞬間移動したように見える。
:第1シリーズ第3話の終盤にて初めて女装を解いた男装の姿を見せた。
第6話ではえみりによって仕事中にカツラを奪われ、派遣先に男性であることがバレそうになり、咄嗟に近くにあった麦わら帽子を被ってカムフラージュした。
紹介所に戻ってきた時は、予備として持っていたボブカットのカツラを被っていた第1シリーズ最終話の写真の中や、第2シリーズ最終話でもボブカットのカツラを被っている。

:第1シリーズ最終話で、過去に三田園がジャーナリストであったこと、生前に家政婦を務めていた妹・康江が居たこと(三田園が大物政治家とアイドルの密会現場を追跡中、脅迫状を渡され調査に行き詰まり、妹の康江に相談。
彼女が家政婦として政治家宅に潜入するよう誘導した。
康江は兄のために政治家宅に潜り込んだが、1カ月後に不自然な事故死を遂げてしまった。
以後、彼は姿を消し、そして家政夫・三田園薫が誕生した…という真偽不明の又聞きの話)が藤川より語られるが、後にそれは三田園自身が藤川に吹き込んだ作り話であることが明らかになったただし、その後のエンディングで三田園が、康江が死亡した場所に献花をしていたため、妹の存在は真実の可能性がある。

: 第1シリーズ最終話から第2シリーズ第1話で五味と初めて会うまでの経緯について、紹介所のメンバー間に様々な噂が流れていたものの、詳細は不明。
家事テクの知識の豊富さや身体能力の高さなどは健在だが、前述の「オバケ嫌い」については克服できていない模様第2シリーズ第4話にて、とある理由で「死んだフリ」をしていた住人と遭遇した際、ショックで目を開けたまま気絶する等。

: 第2シリーズ第6話にて、占い師の望月ルナによって、「大切な人を失ったこと」が家政夫となった理由である事や、これまで派遣先の住人達の秘密を暴露して家庭を崩壊させてきた事を言い当てられ、また「近い将来、(派遣先の住人達の秘密を暴いた)報いを必ず受ける」等の警告を受けた。
;結 頼子(むすび よりこ):演 - 余貴美子:むすび家政婦紹介所の所長。
元派遣家政婦。
従業員たちに「派遣先に深入りするな」とたびたび口にはするが、紹介所内でされる派遣先の噂話にはいつも加わっており、あっけらかんとした性格。
また、三田園が派遣先の住人達の私物を勝手に持ち出して来ても「三田園が、間違えて(住人達の私物を)持ってきてしまった」と、あまり厳しくは咎めていない。
:三田園が女装をして働いている理由について、何らかの事情を知っている模様。

引用:Wikipedia:データベース

家政夫のミタゾノ 続編に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも家政夫のミタゾノ 続編に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング