安室奈美恵 感涙とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
安室 ラスト紅白歌い終え感涙 | 2018/1/1(月) 8:05 - Yahoo!ニュース
今年9月16日をもって引退する安室奈美恵が紅白歌合戦で「Hero」を熱唱、「私らしく 引退の日を迎えたいと思います」とファンにメッセージを送った。ラストツアーが2月に 開幕。
【紅白】安室奈美恵、14年ぶり&“最後”の紅白出場 熱唱後には感涙 ...
15時間前 - ニュース|□『第68回紅白歌合戦』(31日、東京・NHKホール) 来年9月で引退する安室 奈美恵(40)が「特別枠」で14年ぶりに『紅白』出場した。デビュー当時の映像から過去の 『紅白』出演シーンなどの25年の活動軌跡を紹介するVTRに続いて...
安室奈美恵、感涙「充実した25年になった」14年ぶり紅白で「Hero」披露 ...
【紅白】安室奈美恵、14年ぶり&“最後”の紅白出場 熱唱後に...

■2019年4月28日
ヨンア、YouTube開設 韓国での日常を発信
【ヨンア/モデルプレス=4月28日】モデルのヨンアが、公式YouTubeチャンネル「YounYounTV」を開設した。【さらに動画を見る】ヨンア、韓国での日常をYouTubeで発信◆ヨンア、YouTu

■2019年4月28日
kemio(けみお)、ゲイを告白 セクシュアリティへの考えに称賛広がる
【kemio/モデルプレス=4月28日】SNSで女子中高生を中心に人気を集める人気クリエイターのkemio(けみお)が28日、自身のTwitterを更新。ゲイであることを告白した。【さらに写真を見る】

■2019年4月28日
松本人志、AAA浦田直也の謝罪会見にコメント
【松本人志/モデルプレス=4月28日】お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、28日放送のフジテレビ系バラエティ番組「ワイドナショー」(毎週日曜10時~)にて、女性に暴行したとして19日に警視庁に逮捕

■2019年4月28日
TOKIO国分太一、平成最後の日に“ガチンコ”生中継
【国分太一/モデルプレス=4月28日】TOKIOの国分太一がTBSで4月30日よる7時から放送される『生放送!平成最後の日』に出演。平成という時代を駆け抜けてきた国分が「平成最後の日」を中継で伝える。

■2019年4月28日
「あなたの番です」翔太(田中圭)、菜奈(原田知世)に自身の推理を披露<第3話あらすじ>
【あなたの番です/モデルプレス=4月28日】女優の原田知世と俳優の田中圭がW主演を務める日本テレビ4月期・7月期日曜ドラマ「あなたの番です」(毎週日曜よる10時30分~)の第3話が28日、放送される。

■2019年4月28日
香取慎吾「ビストロSMAP」振り返る
【香取慎吾/モデルプレス=4月28日】タレントの香取慎吾が27日放送のTBS系グルメトークバラエティー番組『人生最高レストラン』(毎週土曜よる11時30分~)に出演。フジテレビ系「SMAP×SMAP」

■2019年4月28日
「あなたが初カレ」と言われた男性の気持ち厳選2選 ぶっちゃけどう思う?
【恋愛コラム/モデルプレス】もし、気になっている女性が今まで、交際経験がないとしたら?男性はやはり「面倒くさい」と思うのでしょうか。“恋愛草食期”と呼ばれる今、このようなことを気にしている女性は意外と

■2019年4月28日
【2019年版】GWに行きたい!東京近郊フードフェス10選
【フードフェス/女子旅プレス】今年のGWは最大10連休ですが、そんなに休みが取れない人や、まだ予定が決まってない人もいるはず。そんな人のために今回は、美味しいグルメをたらふく楽しめる東京近郊のフードフ

■2019年4月28日
乃木坂46白石麻衣、約1年ぶり「Ray」カムバックで歓喜の声
【白石麻衣/モデルプレス=4月27日】乃木坂46の白石麻衣が、発売中の雑誌「Ray」6月号の表紙に登場。約1年ぶりに同誌出演とあり、ファンからは歓喜の声が上がっている。【さらに写真を見る】白石麻衣「R

■2019年4月28日
Hey! Say! JUMP中島裕翔、高木雄也からプレッシャー 初主演舞台、楽屋のれんを依頼した先輩とは
【中島裕翔/モデルプレス=4月28日】Hey! Say! JUMPの中島裕翔が27日、東京グローブ座にて行われた初主演舞台「WILD」の囲み取材に、共演の太田緑ロランス、斉藤直樹と出席した。【さらに写

【紅白】安室奈美恵、14年ぶり&“最後”の紅白出場 熱唱後には感涙 ...
つばきファクトリー 最優秀新人賞に感涙- デイリースポーツ- 1日前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも安室奈美恵 感涙に関連のある画像ばかりではありません。
安室奈美恵 感涙の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

安室 奈美恵(あむろ なみえ、1977年9月20日 - )は、日本過去に活動していた元歌手、元ダンサー。
本名同じ。
身長は158cm、血液型はO型。
沖縄県那覇市出身。
愛称は安室ちゃん・奈美恵ちゃん。
引退前の所属事務所はstella 88。
レコード会社はavex。
レーベルはDimension Point。
1990年代に数多くのヒット曲を生み出し、アムラー等の社会現象を引き起こし、平成を代表する歌姫としての地位を築いた。
40歳の誕生日を迎えた2017年9月20日、公式サイトにアップしたメッセージにて、芸能界を引退することを発表(詳細後述)。
2018年9月16日をもって引退した - 毎日新聞 2017年9月20日。
従って、平成初期に歌手人生を開始し、平成末期に歌手人生を終えている。
*小室哲哉は第一印象について、「たまたま見た『THE夜もヒッパレ』でTRFの楽曲を歌っていた事から、『TRFの曲は楽勝で歌って踊れるんだ』とプレゼンしていると勝手に感じた」「イメージは『TRFの10代バージョン』『渋谷の109で見かけそうな感じ』でやったらすごくはまるだろうな、と考えた」「シャイな感じだけど『とにかく大きい所でコンサートをやりたい、ジャネット・ジャクソンみたいなブラックミュージックをやりたい、コーディネーションはこのスタイルでいきたい』と明確なイメージを一人で用意し、話せる子だった」文藝春秋刊「週刊文春」1998年4月2日号より。
飛鳥新社刊 『プロデューサーは次を作る』:中谷彰宏・小室哲哉著より。
マガジンハウス刊 『GINZA』 2017年4月号111Pより。
と話している。
姿勢に対しては「僕は安室さんのプライベートとビジネスの両方を見ているわけではありませんが、プロフェッショナルなパフォーマーとしての彼女と普段の彼女というのはどの瞬間に変わるのか、いつも不思議に思っていました。
彼女は実際に仕事では淡々としていて、喜怒哀楽を表に出す方ではないと思います。
だから彼女はレコーディングやステージを『言葉ではなく、本能的な集中力でやっているのではないか?』と感じました。
アドレナリンが分泌するというか、本能的に頭がスッと指令を出す時があるのではないでしょうか。
レコーディング等では、曲の時間軸、つまりイントロからエンディングまで曲が進んでいくプロセスがあります。
彼女にはそういった時間軸に乗った集中力を感じます。
音楽が始まると窓を開き、音が消えると閉じるような感覚。
そこが彼女の魅力だと思います」ソニー・マガジンズ刊 『WHAT's IN?』 1998年1月号より。
「本当にあまり喋らない子でした。
10割あったとしたら2割しか話さない様な子で。
でも、その残りの8割が逆にインスパイアを受けたり、彼女の姿を想像しながら書けた曲が多いんです」「最初から芸能人というよりアーティスト。
テレビ出演等を頑張ってやっていた時期もあったけど、奈美恵ちゃんは『歌とダンスがやりたい』『自分のことを喋りたくない』という意思を首尾一貫していました。
女の子としての隙は全く見せなかったです。
プライベートもわからないし、そこは徹底していたと思います」講談社刊「FRaU」2017年12月号125P-132Pより。
と語っている。
*マーク・パンサーは「皆と飲んで騒ぐような子ではなくて、真面目。
当時の小室さんの周りには、ごまをする人や言いなりの人が多い中、安室ちゃんだけは自分を貫いていた」「『TK PAN-PACIFIC TOUR '97 IN TAIPEI』の時、アーティスト・スタッフ全員が高級ホテルの1フロアの全部屋を貸切にして泊まる中、安室ちゃんだけ別の場所に泊まっていた。
徹底して距離をとって媚びない彼女は近くで見ていても格好良かった」と語っている新潮社刊『週刊新潮』2019年1月3・10日新年特大号178Pより。

*Nao'ymtは「ストーリー性のあるライブを行う方でした。
MCを出さないのも生々しさを出したくないからであって、ファンタジーなエンターテイメントの世界を表現している」「お互いほとんど話さずに淡々と作業していました。
リクエストはあっても一言ぐらい。
私は制作に徹して、安室さんは歌に徹した関係性が良かったです。
ダメなものはダメだし、良かったらそう言ってもらえるから、作っていて楽しい」と語っている。
*田家秀樹は「1990年代の女性アーティストの特徴は、女性の支持の割合が大きいことだろう。
女性アーティストのステージに女性の歓声が飛ぶという光景は決して一般的ではなかったことを思うと、それは正に時代を反映していた。
消費マーケットの主体が女性になるという1990年代の傾向でもあった。
そういう意味での影響力は安室奈美恵を置いて語れないだろう」「安室奈美恵は、『お茶の間から生まれなかった始めてのアイドル女性歌手』と言っていいのではないだろうか。
どこにでもいる女の子が、ブラウン管の中で輝いている。
誰でもそんな風にスポットライトを浴びる可能性がある。
スター性とは対極にあるそんな『普通さ』は、お茶の間とどこかでつながる価値観を持っていた。
安室奈美恵はそうではなかった。
彼女が発散していたのは、『どこにでもいる女の子』というお茶の間っぽさではなかった。
彼女が好んだファッションはお茶の間よりストリートに良く似合った。
彼女に自分を託す女の子はまず、ストリートに身を晒すことから始めた」「R&Bという音楽は従来は『子供の音楽』ではなかった。
そこに彼女の歌いこなしや感情の抑制、激しい踊りがついた。
少女達にとって安室奈美恵はアイドルと言うより、『憧れの大人』の象徴だったのではないだろうか。
彼女は1990年代の少女達にとっての『書を捨てよ町へ出よう』だったのかもしれない」「1990年代の女性アーティストを取り巻く環境と、それ以前との最大の変化は『出産』や『結婚』をめぐるものだろう。
『スターである』という虚像性と『人間としての幸せ』という実像性の両立。
かつては二者択一しかありえず、どちらかを捨てることでしか手に入れられないとされてきたものが両立する。
安室奈美恵があれだけセンセーショナルに騒がれたのは、それまでのアイドルがそうでなかったという背景もあると思う」と評している朝日新聞社刊「読むJ-POP 1945-2004」田家秀樹著311P-313Pより。

*日本一と言える程に熱烈なファンであるイモトアヤコに対して感謝したいとして『イッテQ!』のドッキリに参加し、その後のホテルでの対談中は『イッテQ!』におけるイモトの挑戦や安室ファン振りを日常的に視聴している事を語ったが、その後のイモトとの交流は一切行っていない。
本件はあくまで『イッテQ!』のサプライズ企画でしかなく、イモトに対してプライベートな連絡先は一切教えていない上に、イモト自身もそのような軽々しい関係は望んでいない。
*引退日の2018年9月16日に出身地の沖縄県で行われた「We♥ NAMIE HANABI SHOW」ではサプライズ出演を行うことはなく、浴衣を着てファンと同じ客席からひっそりと花火を眺めていた。
ファンとの一体感を何よりも大切にして来た、安室奈美恵らしい活動の締め括りであり、明日から一般人として過ごすことを自覚した姿がそこにはあった。
*引退後の2019年1月20日に放送されたNHK系列「平成史スクープドキュメント 第4回 『安室奈美恵 最後の告白』」内にて、引退の理由について、活動を継続する上での身体的な不安を挙げており、「ちょっと声帯もいろいろと壊してしまって、そういう不安もあったりもしていたので。
そろそろ声帯も限界なのかなとか、声もうまく出ないなとか、そういうのもあったので」と2010年頃から喉に異変を感じていた事を公表し、「いい状態の安室奈美恵をファンの思い出に残したい。
」と語っていた。
声帯を壊し患っていたことについては、この番組で初めて公表した。
namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~におけるライブのラスト曲が小室哲哉による16年振りの新曲であったことについては、「最後に新しい自分を示して終わりたかった。
」としている。
*引退後もマスメディアにより復帰の可能性が語られているが、デビュー当時から引退の時期を継続的に考え続けた結果として、活動25周年かつ年齢が40歳という記念すべき年に引退するという結論を出したことや、ブレない信念を売りにしていた事実を考えると、まず有り得ないと言える。
*週刊誌などに取り上げられることを嫌っており、ラストコンサートの数日前に、本人の代理人弁護士から取材自粛要請が出されている。
その中で「安室のプライバシーに関する記事や名誉を棄損する記事等が掲載された場合には、一般私人への権利侵害行為として、しかるべく法的措置を講じることになります」としているため、取材リスクが大きく、本人の引退後の動向について新しい情報が出る可能性も無くなった。
取材自粛要請は芸能界において過去に前例がない要請である。

引用:Wikipedia:データベース

安室奈美恵 感涙のツイート

安室奈美恵 感涙に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも安室奈美恵 感涙に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング