孤独のグルメ 新シーズンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
孤独のグルメ:テレビ東京
テレビ東京「孤独のグルメ」番組公式サイトです。ドラマに登場したグルメや主人公である 井之頭五郎の名言など全シーズンの情報が簡単に検索できます!これであなたも孤独 のグルメマニアに。
「孤独のグルメ Season4」:テレビ東京
「孤独のグルメ」新シーズン4月放送!谷口ジローさんに原作者が...
【制作決定】孤独のグルメ Season 6の最新情報・スケジュール【随時更新 ...
テレビ東京系の人気テレビドラマ「孤独のグルメ」Season6の放送が4月7日に決定。本作の原作の作画や「「坊っちゃん」の時代」(共著)などで知られ、2月11日に死去した漫画家の谷口ジローさんに原作者...- シネマトゥデイ- 2時間前

■2018年4月20日
「孤独のグルメseason7」第3話|東京都港区南麻布でメキシコの世界を堪能
[画像出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/] シーズン7第...

■2018年4月13日
「孤独のグルメseason7」第1話|初回からトンカツとステーキに喰らい付く
こんにちは、孤独のグルメファンのmongomeです。 ついにやってきました孤独のグルメシーズン7。シーズン5あ...

■2018年3月25日
アルコールが飲めるスターバックスがカフェの行き着くところである理由
スターバックスは、シアトル本社の1Fに「リザーブ」をオープンしたことを発表しました。 このリザーブ店舗は、ビー...

■2018年3月21日
定時で帰って何をする?定時退社が当たり前になったらわかったこと
こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。 今日はただの雑記です。 私が所属する会社もお陰様で世の中...

■2018年2月26日
モカマタリとモカシダモの違いは?コーヒーの元祖、モカを考える
こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。 皆さんはコーヒーのモカと聞くと何を思い浮かべるでしょうか...

■2018年2月06日
コーヒーの効能|飲んだ翌朝のズキズキも吹き飛ばす特効薬?
こんにちはmongomeです。 皆さん、コーヒーはその昔、薬として飲まれていたことはご存知でしょうか? &nb...

■2018年1月22日
野菜高騰の2018年冬|高品質な野菜を安く購入する意外な方法とは?
こんにちは、mongomeです。 「今年の冬は野菜が高すぎる!!」 とお困りの皆さん。朗報です。 スーパーで白...

■2018年1月20日
雑記|私がコスパの悪いスターバックスに通い始めた理由
こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。 いきなりですが、 「最近、都内のカフェは混みすぎではない...

■2018年1月19日
美味しさだけじゃない「ペットボトルコーヒー クラフトボス」が売れる理由
こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。 ペットボトル飲料といえば、普通は水や炭酸飲料ですよね。 ...

■2018年1月16日
【感想】バターコーヒー生活を一年続けてた効果はあったのか。
こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。 昨年の1月から、朝食をバターコーヒーに置き換える「バター...

再びあの男が帰ってくる…! 「孤独のグルメ」新シーズン制作決定にファン ...
2017年1月3日 - こんにちは、井之頭五郎ファンのmongomeです。 ついに孤独のグルメシーズン6の制作 決定が発表されました。時期やスケジュールについての発表はまだですが、これから 楽しみですね。このブログでどんどん情報をまとめていきたいと思い ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも孤独のグルメ 新シーズンに関連のある画像ばかりではありません。
孤独のグルメ 新シーズンの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

孤独のグルメ』(こどくのグルメ)は、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画。
扶桑社の『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載された。
その後、『SPA!』2008年1月15日号に読み切りとして復活し、以後『SPA!』上で2015年まで新作が掲載されていた。
食品会社とコラボレーション企画と称して、商品を食する漫画を掲載することもある。
2012年1月期からテレビ東京系においてテレビドラマシリーズ化されている。
2015年5月期から台湾においてウェブドラマシリーズ化されている。
; 井之頭 五郎(いのがしら ごろう): 本作の主人公。
輸入雑貨の貿易商を個人で営んでいる。
孤高で自由な生き方をモットーとし、結婚や店を構えることについては「人生が重たくなる」として敬遠している。
: 現在、特定の恋人はいない。
回想では「小雪(さゆき)」という名の女優を始め、数人の女性と交際経験がある。
父親はすでに他界、母親については記述無し。
その他の詳しい家族構成は不明だが、離婚して出戻った姉がおり、その姉の子、太(ふとし)は高校球児。
普段はやや人見知りで消極的。
初めての店に入るのをためらうこともある。
: 自分なりの食事に対する信念をいくつも持っており、これに則って食事を楽しんでいる。
例えば食い合わせを気にしたり、同じ食材を使った料理を選ばないように注意したりし、その選択を「うんうんバランスいいぞ」などと自賛することも多いが、いざ食べ始めてみるとメニューの食材のダブり(豚肉炒めと豚汁、卵焼きとおでんの卵、ポテトサラダと肉じゃがなど)に気づき、度々後悔している。
空腹の勢いから後先考えずに注文し食べ過ぎたり、食べきれず残してしまうこともしょっちゅうである。
: 愛煙家で、食事が終わった後にたばこを一服つけるのが癖。
アルコールに関しては全くの下戸(酒呑みや彼らの醸す雰囲気を嫌っているわけではない)で、テレビドラマ版では飲み物としてウーロン茶を注文しているシーンが多い。
甘党であり、特に和菓子系の甘い物に目がない。
: 普段は背広姿で、家に居る時でもネクタイすら外さない。
テレビドラマ版Season1の第五話でのみ、昔なじみの常連に誘われたというストーリーの設定上、私服姿で登場している。
:かなりの筋肉質。
これは祖父が古武術の館長であり、高校まで古武術を叩き込まれていたことに由来する。
気に入らない店主や店の客に文句を付け、武術の技を掛けたこともある。
: 輸入車を好んでおり、初期はBMWのセダン、後にボルボのステーションワゴンに乗る。
テレビドラマ版ではBMW・5シリーズのセダンと535iツーリングに乗っている。
個人で輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画である。
主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどである。
出先での食事がメインのため、出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東京を中心とする関東の店となっている。
料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴である。
ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々と物語が進行する。
久住のデビュー作『夜行』は夜汽車で男が独り弁当を食べる漫画であるが、これを読んでいた『月刊PANJA』の編集者から「絵柄を変えて大人向きの漫画が描けないか」と持ちかけられたことがきっかけである。
その頃のグルメブームに辟易していた久住と編集者は、打ち合わせを行い「孤独にグルメを楽しんでいる漫画」の方向性を得てタイトルも決まった。
作画を谷口にすることは、編集者の希望であった。
1996年連載終了時までの作品(1話 - 18話)をまとめた単行本が出版されている。
当初は3刷で絶版になるなど、けっしてヒット作とは言えなかった。
2000年になり文庫版が出版されてから年2回の増刷がかかるようになり、その実績から2008年に新装版が発売されている。
2007年の時点で文庫版は21刷、8万8千部とロングセラーで、女性読者が4割を占める朝日新聞2007年11月25日の記事より。
文庫版は2013年2月の時点で47刷を数え、帯に「単行本&文庫 累計35万部突破」と記されている。

主人公の井之頭五郎を輸入雑貨商にした理由は、『月刊PANJA』編集者の知り合いに実在していた、時間が自由になる、の2点による。
独身であることは、先行するグルメ漫画『美味しんぼ』『クッキングパパ』との差別化のためである。
下戸であることは主人公に弱点を設ける意味合いもあるが、連載の8ページに収めるために食事と酒を組み合わせる話題を避けるためであると、久住は語っている。
2014年9月10日の読売新聞夕刊誌上にて「待望の漫画第2弾!『孤独のグルメ2』2014年10月発売予定」と掲載されたが、2014年以内に発売されず、以降順延し、2015年9月27日に発売された。
2016年11月時点でイタリア(Gourmet)、フランス(Le Gourmet solitaire)、スペイン(El Gourmet Solitario)、ブラジル(?)、台湾、韓国(고독한 미식가)、ドイツ(Von der Kunst allein zu genießen (Der Gourmet))、中国、ポーランド、デンマークで翻訳版が発売されており、久住昌之が自身のブログで言及した所によれば、イタリアでは10万部が売り上げられたという。
前述のように台湾版が発売されており、タイトルは『孤獨的美食家』。
これは直訳ではあるが、久住は違和感を覚えていた。
TVドラマ版が台湾で放送された際のタイトルは『美食不孤單』。
「おいしいものがあれば孤独ではない」との意味になり、久住はこのほうが内容にあっているとコメントしている。
2017年2月に作画の谷口ジローが死去,毎日新聞,2017年2月11日。
久住は本作の今後については、「絵を描く人がもう旅立ってしまった」「3巻が出ることはありません」とコメントしている。
久住によれば、谷口が描かなかった最後の1話の未発表エピソードが存在するという。

引用:Wikipedia:データベース

孤独のグルメ 新シーズンのツイート

孤独のグルメ 新シーズンに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも孤独のグルメ 新シーズンに関連のある動画ばかりではありません。

孤独のグルメ 新シーズンに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング