太田光 裁判開始とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
裏口報道 太田光さん裁判開始 | 2018/10/10(水) 7:26 - Yahoo!ニュース
太田光さんが、「日大裏口入学」記事を巡って新潮社を名誉毀損(きそん)で提訴し、9日に裁判が始まった。太田さん側は約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めている。
太田光さん 新潮社を提訴 | 2018/10/5(金) 23:01 - Yahoo!ニュース
2018年10月5日 - 爆笑問題の太田光さんが日大に裏口入学したとの虚偽の記事を週刊新潮などに掲載され名誉を傷つけられたとし、新潮社に損害賠償などを求め東京地裁に提訴。編集部 ... 週刊新潮編集部は「記事は真実と確信しており、裁判で証明していく」.
爆笑問題の太田光が新潮社を提訴 週刊新潮編集部「真実は裁判で証明 ...
2018年10月6日 - 太田光は週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたなどとして、新潮社を提訴した。「記事の内容は事実無根で、社会的評価を低下させた」と主張した太田。一方で新潮社側は「 記事は真実と確信しており、裁判で証明していく」とした.

■2018年10月15日
【受諾一問一答】阪神・矢野新監督「今年の金本監督の大変な姿を見ていたので」
阪神・矢野燿大2軍監督(49)が15日、兵庫・西宮市内の球団事務所で取材に対応。監督要請を受諾し、来季から1軍監督を務めることを発表した。以下一問一答。◇「いろいろ考える時間をいただきましたけど、タイ

■2018年10月15日
阪神・矢野新監督が誕生 就任要請を受諾「悩んだが、やるべきだと思った」
阪神から来季1軍監督を要請されていた矢野燿大2軍監督(49)が15日、受諾の意向を球団に伝えた。「本当に悩んだが、やるべきだと思った」と話した。金本知憲監督(50)の辞任に伴い、揚塩健治球団社長から1

■2018年10月15日
慶大が立大を下す 高橋佑が3安打完封/東京六大学
東京六大学野球秋季リーグ戦第6週第3日は15日、東京・神宮球場で行われ、第1試合は、慶大が立大を2-0で下し、2勝1敗とし、勝ち点を4に伸ばした。慶大は、七回二死二塁で、8番・瀬戸西純内野手(2年)の

■2018年10月15日
【球界ここだけの話(1421)】松坂人気は連覇を果たした落合竜を超えていた?!
松坂効果は落合竜の連覇を超えていた?!中日は今季の全日程を終えた13日、本拠地主催試合の観客動員は214万6406人(71試合、平均3万231人)だったと発表した。昨季の201万772人(72試合、平

■2018年10月15日
オリックス・川端育成コーチが退団 本人からの申し入れを受理
オリックスは15日、川端崇義育成コーチ(33)から退団の申し入れがあり、受理したと発表した。全文サンケイスポーツ 10月15日 12時06分

■2018年10月15日
高畑充希の大食いシーンに萌えた/芸能ショナイ業務話
女優、高畑充希(26)がテレビ東京系「忘却のサチコ」(金曜深夜0・17)の記者会見をするというので取材に出かけた。過去の傷を美食で忘却するアラサー編集者を描いた同名人気ドラマの連続ドラマ化で、今年1月

■2018年10月15日
2戦連続欠場のヤクルト・青木、来季へ「プラスに」
(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、ヤクルト0-4巨人、巨人2勝、14日、神宮)2日のDeNA戦で左太ももを痛めた青木は2試合連続で欠場。CS敗退をベンチで見届け、「やっぱり負けた

■2018年10月15日
帰国の中日・ガルシア、残留交渉順調「ブルーの血が流れている」
来日1年目でチームトップの13勝を挙げた中日・ガルシアが14日、自宅のある米アリゾナ州に帰国した。来季に向けて、球団との交渉も順調に進んでおり、「僕もビシエドと同じで(チームカラーの)ブルーの血が流れ

■2018年10月15日
今季限りでヤクルト引退の松岡が入閣へ
ヤクルトが今季限りで現役引退した松岡健一投手(36)の入閣を検討していることが14日、分かった。球団歴代5位の通算491試合に登板し、球団最多の通算150ホールドポイントを達成した右腕に投手部門のコー

■2018年10月15日
巨人の捕手・小林、菅野と今度は味方として8年前の“再現”
(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、ヤクルト0-4巨人、巨人2勝、14日、神宮)菅野とバッテリーを組んだ捕手の小林は「こういう緊迫した中でも自分をコントロールできていた」と堂々たる

東京地裁:太田光さん名誉毀損訴訟 新潮社は棄却求める - 毎日新聞
16時間前 - お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さん(53)が、大学に裏口入学したとの虚偽の記事を週刊新潮に掲載され名誉を毀損( ... 広告の掲載を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、東京地裁(沖中康人裁判長)であり、新潮社は請求棄却を求めた。
新潮の裏口入学報道、太田光さん「全て虚偽」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ...
16時間前 - 日本大学に裏口入学したと報じた「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして、 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さん(53)が発行元の新潮社に3300万円の損害賠償などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、東京地裁(沖中康人裁判 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも太田光 裁判開始に関連のある画像ばかりではありません。
太田光 裁判開始の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

太田 光(おおた ひかり、1965年5月13日 - )は、お笑いタレント、漫才師、作詞家、文筆家。
田中裕二との漫才コンビ爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。
埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身。
タイタン所属。
;芸風 公の場で無軌道な言動・行動・ボケ・意見をすることが多く、それが批判されることが多いにもかかわらず、あまりにもそうしたことを繰り返すため、「バカッター芸人」とも呼ばれている。
自身の過激な言動・行動が原因で妻の光代から叱責されることもよくあり - J-CASTニュース 2015年4月、自身のラジオでたびたび反省の弁を述べることもあるライブドアニュース。
漫才や雑誌の連載で他人の失言を批判する発言やボケをすると、田中から「日頃から失言しているお前に言われたくない」と突っ込まれることもよくある爆笑問題名義、町山智浩との共著『爆笑問題の日本原論 自由にものが言える時代、言えない時代』太田出版 p133より。

太田はこれらの振る舞いや自分の意見を番組で述べることについて「自分は憧れているビートたけしとは別物である」といった思いの表れであることも述べている Yahoo!ニュース 。
漫才で時事ネタを扱う理由として「ネタがつきないから」「社会に対して言いたいことなど何もない」「私のネタにはメッセージなどない。
ウケればそれでいい」と述べている『爆笑問題の日本原論2000』メディアワークス、1999年、P237。
古館伊知郎は太田のボケを「あたかも意味のある興味深いトークをしているようで、どこまで意味があるの?っていう思いが募った時に、完全にその意味のあるテレビサイズのトークを無意味化する。
これって気持ちいいんですよ」と評している - スポニチ Sponichi Annex 2016年9月18日。
お笑い評論家のラリー遠田は太田のボケには、「シンプルボケ」「毒舌ボケ」「ナンセンスボケ」という3つの種類が存在すると評しており エキサイトニュース、とくに「ナンセンスボケ」については爆笑問題の漫才の隠し味になっているとし、「毒舌ボケ」よりも高く評価している エキサイトニュース。
共演する女性に対しては太田独自のあだ名を付けるが、「ワンちゃん」(番組で顔立ちが犬に似ているとされたTBSアナウンサー・外山惠理)、「アプリ子ちゃん」(スマートフォンアプリを紹介する「アプリソムリエ」として活動する石井寛子)、「イランちゃん」(イラン出身のサヘル・ローズ)など単純なものが多い。
;代表的ギャグ一部のフレーズは「新語・流行語大賞のノミネートを狙う」としながら思いつきで乱発していたものであるが、現時点ではノミネートされたことはない。
*(中指と人差し指を額につけ、相手に向けて)ピップ*:2005年頃に行なったギャグ。
『爆笑問題カーボーイ』でも「私もピップやってみました」というコーナーをつくって、リスナーに流行させようとした。
*(親指と人差し指でメガネを作ったあと両人差し指を前に出し)プシュー!*プーライ!*:その前はプレイ!というフレーズを述べていたが、のちにこれに定着した。
*どゆこと!?*:2010年頃に『笑っていいとも!』でタモリと行ったギャグで、2010年女子中高生ケータイ流行語大賞にもノミネートされ - 日経トレンディネット 2010年12月15日、若者が使用する略語の元となった。
このフレーズは爆笑問題が司会を務める『世界の日本人妻は見た!』(MBS系)でも多用されていた。
*とても楽スミダ*:2011年に行なわれていたギャグ。
*こっちかんぴょう巻き、この人かっぱ巻き*:2013年頃に『笑っていいとも!』でタモリと行っていたギャグ。
2014年3月26日放送ではこれをベースにした漫才をタモリと行っている - Sponichi Annex 2014年4月2日。
*ションベンちびるかと思った〜!!*:2013年頃に行なっていたギャグ。
事務所の後輩の日本エレキテル連合もこのギャグをコントで使用したことがある - シネマトゥデイ 2014年9月29日。
しかし、流行語大賞を先に獲られてしまうという皮肉な結果になった"".お笑いナタリー(2014年12月1日).2017年2月20日閲覧。

*はい、こちらポンポコ商事です*:2015年に『爆笑問題カーボーイ』のコーナー「太田流行語大賞」をきっかけに行っていたギャグ。
このギャグを流行させたいため、田中が山口もえと再婚した際にはこの結婚を「ポンポコ婚」と勝手に命名していた- デイリースポーツ 2015.10.4。
同年のガジェット通信主催のネット流行語大賞2015にノミネートされていた - ガジェット通信 2015.11.24(ノミネートの表記は「ハイ!こちらポンポコ商事です。
」)。
また、『カーボーイ』のリスナーでもある - ザテレビジョン 2017/08/31女優の真木よう子が自身のInstagram(2015年6月11日)などで使用したことがある。
*替え歌*:太田が思い付きで述べるもの。
これらがきっかけで『爆笑問題カーボーイ』ではリスナーに替え歌を募る「私も卒業歌ってみました」「私も福山歌ってみました」が作られたこともある。
*:「家族になろうよ」(福山雅治)の替え歌で「明日おいらが出てきたときにはお前は誰だ」「いつか坊さんみたいに愉快にハゲた頭で」*:「15の夜」(尾崎豊)の替え歌で「盗んだパンツで走り出す」*:「千の風になって」(秋川雅史)の替え歌で「私のお墓にニスを塗らないでください」「私のお墓の前で死なないでください」*:など。
*存在しない架空の人物を勝手に作る*:おさだはるこ(自身が『ボキャ天』で「王貞治」を捩ったダジャレを作ろうとしたが、ダジャレのセンスが全くなかった故に出来たフレーズ)*:のり山ピー子(2009年に酒井法子の話題が多く報じられた際の漫才で使っていた)*:すどうまほ(スマホが流行した頃の漫才で多用していた)*あけおめ、ことよろ、○○*:基本的に年末年始に行っており、○○には「ユニクロ」「キャバクラ」「チャゲアス」「豊丸」「マナカナ」などのセリフが入っており、基本的に太田が思いつきで述べたものが多い。
*他の芸能人のギャグ・ネタ・話題となったフレーズを発する*その時々に流行っている楽曲をビートたけし口調で歌う*後述する「横山コノヤロー!」など、本筋とは全く関係のない言葉を発するなど。
; 映画鑑賞映画鑑賞が趣味であり敬愛する映画監督にチャールズ・チャップリン、ウディ・アレン、ジョージ・ロイ・ヒル週刊プレイボーイ 2014年9月22日号「爆笑問題の笑えるニュース解説」、テリー・ギリアム、黒澤明などを挙げている。
自らの指揮での映画製作を目標に挙げており、制作に向けて映画製作会社と共に内容に関して打ち合わせをしているが、「シナリオがつまらない」という理由でことごとく否決されていることを明かしている テレビドガッチ。
; 読書・文学への造詣読書家で、年100冊を超えるペースで本を読む。
敬愛する作家にヴォネガット、アーヴィング、サリンジャー、カポーティ、太宰治、宮沢賢治、向田邦子、司馬遼太郎、板倉俊之など。
高校時代の愛読書は亀井勝一郎、島崎藤村。
ヴォネガットファンとして有名で、事務所の名前「タイタン」や飼っていたオカメインコの名前「キルゴア」はヴォネガットの作品に由来するもの。
アーヴィングとは新潮社出版『対談の七人』にて対談を行ったこともある。
村上春樹については『羊をめぐる冒険』などの初期の作品については肯定しているが、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』以降の作品から否定的で「会話が翻訳的であり、登場人物に人間味がない」と意見を述べている。
一方で村上作品についてはすべて読んでいる。
『知るを楽しむ・私のこだわり人物伝』(NHK教育、2005年6月)では、向田邦子とドラマ『阿修羅のごとく』を語った「女と男の情景」と題した講義を担当し、2006年元日には村松友視とお互いの講義した人物について語る特別番組が放送された。
2009年から文藝春秋社で刊行されている『向田邦子全集〈新版〉』の月報をはじめ、向田邦子関連のコラムを多く執筆している。
『小説新潮』1997年12月号に近未来SF短編『終末のコメディ』が掲載された。
また、2010年には短編集『マボロシの鳥』、2012年には短編集『文明の子』を出版している。
太田の父親・三郎が文学青年だったころ、小説持ち込みのために太宰治のもとを訪ねたことがあるといっている。
; 落語への造詣 父親の影響もあり落語鑑賞も好んでおり、好きな落語家として立川談志、三遊亭圓生、古今亭志ん朝、古今亭志ん生を挙げているほぼ日刊イトイ新聞。
太田は落語の魅力を「落語を知らない人は、たぶん、「笑わしてくれる話なんだ」って単純に思ってるじゃないですか。
でも、じつは落語って、すべての気持ちがあるんですよね。
笑いたい人も、泣きたい人も受け入れる。
だから、誰にでもお勧めできる娯楽だと思うんですよね。
だって、「落語好きなんです」っていう人はいろんな分野にいるじゃないですか。
だから、ほんとに、いろんなタイプのものがそろってるんですよ」と述べている - ほぼ日刊イトイ新聞。
; アニメ・ゲームマニア本人によると、アニメマニアで、テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の脚本家の虚淵玄を『爆笑問題の日曜サンデー』のゲストに呼んで対談もした。
アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
』には、切なくて立ち直れなかったと語っている。
『ど根性ガエル』のファンである。
テレビ・ライブの出演時を除くラジオなどの仕事中や就寝中を含むプライベートでは、主人公が着用するTシャツを模した「ピョン吉Tシャツ」を着用することが多く、そのために同じ「ピョン吉Tシャツ」を多数所有している - Smart FLASH 2017.11.17。
スタジオジブリ作品に関しては、『未来少年コナン』以外の宮崎駿作品は説教臭くて嫌いで、高畑勲を好むことを公言しており、2014年には高畑の『かぐや姫の物語』の映像ソフト化に際して、スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫から新しいキャッチコピーを創出する「特命コピーライター」に任命された - CinemaCafe.net(2014年10月17日)。
ゲーム『MOTHER』の大ファンで、製作者の糸井重里の公式ウェブサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』では対談が掲載された。
『ドラゴンクエスト』もプレイしており、製作者ともゲームについて語っている。
; 政治・社会への関心自らの番組、エッセイ等で政治的信条を語ることがある。
これについては前述の通り「自分はビートたけしとは別物である」といった思いの表れであるとともに、そうした事をしない方がかっこいいと思っている旨と、自らの主張の表現方法を「稚拙ですよね」と自己評価する発言をしている毎日放送。
自らの政治的立場については右派でも左派でもない中道と述べている中沢新一との共著『憲法九条を世界遺産に』より。

また、政界進出の噂がささやかれることもあるが、太田本人は否定的な発言をしている。
『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。
』(日本テレビ系)で、「太田総理」を担当した頃は自身が極端なマニフェストを提案し、石破茂をはじめとした政治家にかみつく姿がネット上で賛否両論になっていたブッチニュース。
太田も『太田総理』放送当初や『憲法九条を世界遺産に』出版時にはネット上の批判などを気にしていたが、次第に慣れてきたといい ぴあ映画生活ぴあ映画生活、自らの発言がネット上で話題となることについては「気にならない」と述べている爆笑問題名義、町山智浩との共著『爆笑問題の日本原論 自由にものが言える時代、言えない時代』太田出版 p6より。
『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)でたびたび共演した大橋巨泉とは時折意見の違いで、太田と論争になることも多かった。
ただし、両者とも一定の信頼関係の下で議論をしており、そのやりとりを端で見ていた田中は「口調も親子のケンカみたいになってくるので、楽しかったです」とコメントしている - スポニチ Sponichi Annex 2016年9月5日。
*タイタン所属で、大阪市長などを務めていた橋下徹とメールで親交を持っているが、太田は公の場では橋下を揶揄する発言や異論などを述べている - デイリースポーツ。
*在日米軍の撤退を意識した主張をした事もあってJ-CASTニュース、ネット上で「反米」と言われた事があるが、上述の通り映画・小説・音楽など、アメリカ文化の影響も受けており、曰く「むしろ親米家と言ってもらいたいぐらいだから(笑)」と述べている違和感 (2018年 扶桑社 P219)。
*憲法九条に関しては堅持する立場を示しているが、仮に国民投票の過半数で改正された場合は「そうした日本に忠誠を誓う」としているライブドアニュース 2018年3月28日 11時43分。
*2006年に「太田が靖国神社の取り壊しを求める発言をした」「侮日発言をした」と2ちゃんねるでデマを流され、真に受けた右翼の若島和美らに事務所へ押しかけられた事があるzakzak。
なお、後に太田は靖国神社への参拝やA級戦犯の合祀に理解を示す発言をしており、対談相手の大橋巨泉と対立している J-CASTニュース 。
また、太田は「なにより、東京や日本が好きだ」「やっぱり俺は日本という国が好きだ」といった発言もしている - ぴあ映画生活 1頁 - ぴあ映画生活 3頁。
*皇室や天皇陛下に対しては畏敬の念があることを述べている ライブドアニュース 2013年11月5日 14時40分。
; 好きな芸能人・交友関係ビートたけしの大ファンである。
たけしのファンになる前は萩本欽一や三波伸介 (初代)のファンだった。
サザンオールスターズの大ファンで、2008年のラジオ共演をきっかけに桑田佳祐とメールでの親交もある,中京テレビ。
他に好きな歌手はアリス デイリーニュースオンライン、ジャニス・ジョプリン、スティーヴィー・ワンダー、エルヴィス・コステロ、石野真子、さだまさし、佐野元春、Mr.Children、エレファントカシマシ、SMAP、GLIM SPANKY、藤岡みなみ&ザ・モローンズ、ASKAなど。
『ボキャブラ天国』に出演中、爆笑問題の優勝が多く、嫉妬されていた事もあり、太田が楽屋の電気を急に消すや、奇行で笑いを取ろうとすると周囲は「またか」と呆れて無視していたが、ネプチューン・名倉潤とくりぃむしちゅー(当時は海砂利水魚)・上田晋也だけは「何やってるんだよ!」と毎回ツッコミを入れたり、太田を無視する風潮を嫌っており、嫉妬する事はなく友達として接していた。
2人は太田の事を「ピーちゃん」と呼んでおり、太田は名倉の事を「関西一のツッコミ」と呼ぶほどである。
SMAPの大ファンであることを公言しており、メンバーの仲の良さなどをラジオやテレビで熱く語ることが多かった。
また、元メンバーの木村拓哉とメールで親交を持っている,中京テレビ 。
そうした事が縁で「We are SMAP!」の作詞も担当したほどであり、それゆえに同グループが解散することが発表された際にはショックを受けたことと、内情について「本人たちにしかわからない事」と前置きをし、メンバー全員を心配する発言をしている,デイリースポーツ ,ライブドアニュース 。
解散後も太田は、木村が主演を務めたドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』を絶賛したり - ライブドアニュース、ジャニーズ事務所を退所した直後の香取慎吾と『おじゃMAP!!スペシャル』で共演したり - グノシー、稲垣吾郎・草彅剛・香取の主演した映画『クソ野郎と美しき世界』のエピソード「光へ、航る」で監督を務めるなど、メンバー達と交流を続けている。
2016年以降、radikoのエリアフリー機能を利用して地方ラジオ局のローカル番組を聞くことを日課としており、そのことを『カーボーイ』などで話題にすることが多いが - ORICON NEWS 2017-08-01、特に広島県ローカルのRCCラジオ『平成ラヂオバラエティごぜん様さま』や同番組のパーソナリティであるRCCアナウンサー・横山雄二についてはほぼ毎回話題にしている。
『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)や『初笑い東西寄席』(NHK総合テレビ)など、広島県やラジオとは無関係の番組に出演した際にも「横山コノヤロー!」などと叫んだことがある - ORICON NEWS 2017-11-04。
また、『サンデージャポン』(TBSテレビ)で広島県を含む西日本で大きな被害があった平成30年7月豪雨を取り上げた際には、横山の発言を引用してコメントしたことがある - RBB TODAY 2018年7月15日。
横山と共演したのは話題にするようになって以降数回程度ではあるが、プライベートでメールの親交がある(2018年7月18日)。
; その他*ヘビースモーカーでタバコを多い時には1日に40本を吸うことがある。
しかし、2008年の人間ドックでの肺検査(呼吸機能・胸部CT・喀痰細胞診)では異常が見られなかった共著『禁煙バトルロワイヤル』。
*携帯電話を所有していない*身長は170cm平均的だが、田中の身長が154cmと低いため、「爆笑問題の大きい方」とも言われている(出典『爆笑問題太田光自伝』。
*尊敬する落語家・立川談志から「(相方の)田中だけは切るなよ」「別れなさんな(コンビを解消するな)」と忠告された立川談志、太田光、ビートたけし『最後の大独演会』新潮社、2012年。

*田中編と太田編で特集された『情熱大陸』(MBSテレビ・TBS系、2010年5月16日・5月23日)では田中編の方が視聴率が高く、「ショック隠しきれないですから」と発言した - アメーバニュース 2010年5月30日(田中編は5月16日に、太田編は5月23日にそれぞれ放送された)。
*前述のとおり、地方ラジオ局のローカル番組を聞くことを日課としており、そのことを『カーボーイ』などで話題にすることが多い。
その際に、横山雄二に他のローカル番組のパーソナリティとの交流を一方的に持ちかけることがあり、それをきっかけにローカル番組同士の交流が生まれている(平成ラヂオバラエティごぜん様さま#「太田光被害者の会」を参照)。
*『あまちゃん』、『ひよっこ』といったNHK『連続テレビ小説』の作品を視聴しており、見たうえで内容を酷評することもある,リアルライブ,2016年3月16日。
1965年5月13日、埼玉県上福岡市に生まれる。
父親の三郎は建築士で、書道も嗜んでおり文学やお笑いにも興味を持っていた。
「光」と命名したのは父三郎で、正しい「right」と明るい「light」という意味を掛けて「ライト」と名付けたかったが、漫才師のコロムビア・トップ・ライトと同じになるのでそれは避けて「光」としたといい、光り輝くように、という意味も込めたという。
母親の瑠智子は女優志望で、俳優養成所に所属していた事があり、光は幼少時より母に連れられて舞台を観にいっていた母親は永井一郎と同じ養成所に属していたことがあったので、永井の舞台を観に行っていた。
なお、永井が爆笑問題のラジオにゲスト出演するまで、光と顔を合わせた事はなかった。

女優志望であった母は発声が得意だったため寝る時には必ず光に本を毎晩読み聞かせており、光は楽しみにしていた。
その事がきっかけで自ら児童文学を読むようになり、父親も文学に興味があるため家には大量に本があり、光が欲しがるならば本を買い与えた。
1972年 上福岡市立第二小学校(現:ふじみ野市立上野台小学校)入学し、1975年に上福岡市立第六小学校(現:ふじみ野市立元福小学校)へ転入、1978年3月同校卒業。
同年4月上福岡市立第二中学校(現:ふじみ野市立葦原中学校)入学、1981年3月同校卒業。
同年大東文化大学第一高等学校入学、1984年3月同校卒業高校時代は友達が一人もいなかったが、学校を休まず皆勤賞を取った。
休み時間は、図書室に入り浸り、「図書室の不良」を自称していた。
修学旅行では約10冊の小説を持参し、1人で全部読みきった。
大学に進学すると初対面の学生にもハイテンションに振る舞い、友達を作ろうと必死であった、という。

同年4月日本大学芸術学部入学、1985年公式プロフィールよりに中退(退学届を出していないため、その後に除籍扱い)。
日本大学芸術学部演劇学科で田中裕二と知り合う。
二人で1988年3月に爆笑問題を結成し現在に至る。
(→爆笑問題#過去の出演番組、#出演番組)1990年9月26日、当時同じ事務所(太田プロダクション)だった元芸人、タレントで現在のタイタン社長である太田光代(当時は松永光代)と結婚。
恐妻家。
妻は豪快な人物で、彼女との奇妙な結婚生活はエピソードに事欠かない『爆笑夫婦問題』。
光代との間に子供はいない。

引用:Wikipedia:データベース

太田光 裁判開始に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも太田光 裁判開始に関連のある動画ばかりではありません。

太田光 裁判開始に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング