天気の子 米アカデミー賞出品とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
「天気の子」が米アカデミー賞出品作品に決定(デイリースポーツ) - Yahoo ...
第92回米国アカデミー賞国際長編映画賞部門(旧外国語映画賞)への日本代表の出品 作品に、新海誠監督の「天気の子」が決定したと26日までに、日本映画制作者連盟が公式HPで発表した。今後、世界各国の代表作品から候補作が絞 ...

■2020年3月04日
渡辺謙、映画「Fukushima50」は「国難の岐路に何をすべきかヒントになる」
 俳優、佐藤浩市(59)と渡辺謙(60)が4日、東京・丸の内の日本外国特派員協会で6日公開の映画「Fukushima50(フィフティ)」の会見を行った。

■2020年3月04日
杏樹「生きていく自信を失っていた」ラジオ復帰で不倫を謝罪
 俳優、喜多村緑郎(51)との不倫が発覚した女優、鈴木杏樹(50)が4日、水曜パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」(月~木曜後10・0)をに出演。今回の騒動を謝

■2020年3月04日
桂文枝、創作落語を無観客で上演 ユーチューブで配信
 落語家の桂文枝(76)が4日、通算300作目の創作落語「ハッピー・エンジェル」を無観客の大阪・なんばグランド花月で上演し、吉本興業のユーチューブ公式チャンネルで配信した。

■2020年3月04日
新型コロナに二つの型 中国英字科学誌が発表、感染力に差
 中国の研究者チームは4日までに、新型コロナウイルスは二つの型に分類でき、感染力に差があることが分かったと中国の英字科学誌「国家科学評論」に発表した。中国メディアが伝えた。

■2020年3月04日
「中国ウイルス」に反発 中国副報道局長が一部メディア批判
 中国外務省の趙立堅副報道局長は4日の記者会見で、一部メディアが新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と称していると指摘し「極めて無責任で断固反対だ」と反発した。

■2020年3月04日
高柳明音、卒業ライブ中止は苦渋の決断
 SKE48の高柳明音(28)が4日、東京都内で写真集「いつか、思い出したいこと。」(光文社、2000円)の発売記念会見を行った。

■2020年3月04日
川上麻衣子、松屋銀座でガラスデザイン展
 ガラス工芸作家としても活躍する女優、川上麻衣子(54)が4日、東京・松屋銀座でガラスデザイン展の初日を迎えた(10日まで)。

■2020年3月04日
マスク6400枚盗まれる 埼玉の美容サロン、売却目的か


■2020年3月04日
藤村D、「水どう」2年目で大泉洋が「日本一おもしろいと思った」


■2020年3月04日
東京事変が大阪など計5公演を中止「現在の国内の状況に鑑み」


■2020年3月04日
「ふるさと納税」返礼品、トイレ紙に寄付殺到 一部自治体は取り扱い停止


■2020年3月04日
声優の岸野一彦氏死去 「キン肉マン」のキン肉大王役など


■2020年3月04日
重機のドリル落下し男性死亡 新名神高速


■2020年3月04日
芥川賞・直木賞の選考委員 平野啓一郎さん、三浦しをんさん就任へ


■2020年3月04日
満里奈「恐怖や不安にあおられる気持ちはわかるけど…」マスクなどの品薄に言及


■2020年3月04日
上野公園などでの花見宴会自粛を 桜シーズン前に都が要請


■2020年3月04日
槇原敬之被告側が東京地裁に保釈請求


■2020年3月04日
川崎希、自身を誹謗中傷した容疑の主婦らに「バレなければ人を傷つけてもいいと…」


■2020年3月04日
加藤浩次、吉本興業に提案「会社として経費を削減できるのでいいのでは」


■2020年3月04日
国会図書館が16日まで臨時休館、新型コロナ感染拡大受け


■2020年3月04日
田代まさし被告に有罪判決 覚醒剤と大麻


■2020年3月04日
有吉弘行、“猿岩石”時代の写真を投稿するも みちょぱ「めちゃくちゃキメてる」


■2020年3月04日
田中みな実の独特な男性の見方に共演者驚き…菊地亜美「そっちタイプか~」


■2020年3月04日
テレ朝・松尾由美子アナ、「グッド!モーニング」卒業へ 後任は新井恵理那アナ


■2020年3月04日
ぜんじろう、イギリスで「静か~な差別」「一番こたえます」…新型コロナ感染拡大で


■2020年3月04日
突発性難聴のたむけん、脳のMRI検査 結果は「すこぶる良かった」


■2020年3月04日
菊地亜美が第1子妊娠「母になる準備を全力で」


■2020年3月04日
新型コロナ感染の神戸40代女性はアフラック生命コールセンターに勤務


■2020年3月04日
羽生結弦、3年ぶり王者奪還なるか 「世界フィギュア」マルチメディア中継


■2020年3月04日
川崎希をネットで侮辱、容疑で主婦ら2人を書類送検


■2020年3月04日
デラスキッパーズがナゴヤドーム場外リポーター「名古屋出身芸人としての1つの夢でした」


■2020年3月04日
大前りょうすけ、東海ラジオでパーソナリティー「本当の意味でここがスタート地点」


■2020年3月04日
ヒゲダンが14、15日の北海道公演を延期 8月に振替公演


■2020年3月04日
国内最高齢マレーグマ死ぬ、悩むポーズで人気 山口


■2020年3月04日
組員の左目失明させた疑い、山口組直系会長ら6人逮捕


■2020年3月04日
新型コロナ検査、1時間で 島津製作所、3月中にキット提供へ


■2020年3月04日
和歌山の男性首刺されけが 大阪で男逃走、殺人未遂か


■2020年3月04日
SNSで「トイレットペーパー品薄」鳥取の医療生協職員投稿


■2020年3月04日
国保有のマスク743万枚 政府、民間供給量は調査中


■2020年3月04日
「財布盗難」と虚偽容疑、ユーチューバーら2人逮捕


■2020年3月04日
全日空と日航、新型コロナで6日から国内線減便へ


■2020年3月04日
橋下徹氏、政府はイベント自粛解除時期示せ「政治行政の無責任」


■2020年3月04日
【WEEKDAYはグラドル日記(218)】生徒と密かに、いろいろしちゃう女教師に扮した白河優菜!


■2020年3月04日
車が線路を500メートル暴走 運転の74歳「どうして」


■2020年3月04日
「おかもとまり」岡本麻里さん、離婚していた 元夫・naoが報告


■2020年3月04日
女性初の空挺団員誕生 陸自精鋭、習志野で修了式


■2020年3月04日
金正恩氏妹、異例の韓国非難 「3歳児並み」と初談話


■2020年3月04日
トランプ氏、渡航規制強化「日本も注視している」


■2020年3月04日
山口で40代男性会社員が新型コロナ感染、中国地方初


■2020年3月04日
新井恵理那がメインMC昇格!テレ朝系「グッド!モーニング」で坪井アナと新タッグ


米アカデミー賞 「天気の子」が日本代表 選考に出品 - 毎日新聞
第92回米国アカデミー賞国際長編映画賞部門(旧外国語映画賞)への日本代表の出品作品に、新海誠監督の「天気の子」が決定したと26日までに、日本映画制作者連盟が公式HPで発表した。今後、世界各国の代表作...- デイリースポーツ- 42分前
「天気の子」が日本代表 米アカデミー賞選考に出品― スポニチ Sponichi ...
第92回米アカデミー賞国際長編映画賞(旧外国語映画賞)部門の日本代表に、新海誠監督のアニメーション作品「天気の子」が決まったと、日本映画製作者連盟が26日、発…
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも天気の子 米アカデミー賞出品に関連のある画像ばかりではありません。
天気の子 米アカデミー賞出品の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

天気の子』(てんきのこ、英題:Weathering With You)は、新海誠監督による日本のアニメーション映画作品。
2019年7月19日公開。
キャッチコピーは「これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語」。
; 森嶋 帆高(もりしま ほだか): 声 - 醍醐虎汰朗公式ビジュアルガイド p.127: 本作の主人公。
都立神津島高校1年生。
: 本作冒頭で東京本土にフェリーで家出した。
家出の理由について劇中では詳しい説明は無い。
東京に来るも、家出中であり身分証を提示できないためアルバイトに就けず、ネットカフェに泊まる日々が続いていた。
そんな中、偶然ヤクザの「シバタ」が捨てた拳銃を拾った。
その後、マクドナルドから解雇され職を探していた陽菜を風俗バイトに勧誘した木村とトラブルになり、誤って発砲した。
: 須賀圭介に雇ってもらい食と住を確保し、順風満帆な生活を送っていたが、発砲したところが防犯カメラに映っていたことと家族が行方不明届を提出したことの2つの理由で警察に追われることになった。
:; 特徴/性格:: 家出時の持参品として自身と同齢の家出少年が主人公の小説『キャッチャー・イン・ザ・ライ(村上春樹訳)』を携えており、蒸らし中のカップヌードルの重しに使用していた公式ビジュアルガイド p.88。
なお、カップヌードルは3分待たずに2分で食べる習慣がある。
外出時は常に黄色の公式ビジュアルガイド p.9,16を身に着けており、拾った拳銃もこの中に入れて持ち歩いていた。
圭介の事務所で雇われている間は、携帯通信料は事務所が支払っていた。
:: 何かわからないことがあるとすぐにスマートフォンを介してYahoo!知恵袋に質問し、回答を得ようとする癖がある公式ビジュアルガイド p.4,19。
圭介からビールを勧められても突き返してジュースを手に取るなど普段は律儀な性格であるが、憧れの女の子である陽菜が絡むと法律違反も躊躇しない性格に変貌する。
::圭介、陽菜、凪からは「帆高」、夏美からは「帆高くん」と呼ばれる。
一人称については、人と話す時は「俺」、モノローグでは「僕」で統一されている。
:; 制作初期の設定:: 制作初期の企画の段階では中学2年生の設定だった公式ビジュアルガイド p.60。
; 天野 陽菜(あまの ひな): 声 - 森七菜: 本作のヒロイン。
8月22日生まれ。
中学3年生。
: 代々木に存する廃ビル屋上に鎮座する小さな鳥居をくぐったことで、局地的な範囲を祈りによって一時的に晴れにする能力を手に入れた。
しかし、その能力を行使するごとに身体が徐々に透明化していく代償を抱えることにもなった。
当初はそのことを自覚しておらず、「100%の晴れ女」業を天職だと考えたほどであるが、後に気象神社の神主が天気の巫女伝承を語る動画を夏美から見せられて気づくことになった。
:歌舞伎町のマクドナルドで年齢を偽ってバイトしている最中に、お金を使い果たしてひもじそうにしている帆高を見つけビッグマックをおごった。
このことが縁で後に帆高と知り合うことになった。
帆高に最初に出会った時点では14歳だったが、次の誕生日で18歳になると彼に伝えた。
:; 特徴/性格:: 髪型は黒髪の二つ結び。
JR田端駅周辺の高台のアパートの2DKの一室にて弟(凪)と二人で暮らしている。
1年前に母親を病気で亡くしており、母親の形見のブレスレットを、チョーカーに加工して首に付けていた。
自身の住む部屋の装飾品(サンキャッチャー等)を手作りしたり、スナック菓子などのありあわせの食材を上手く用いて料理を作るなど、器用な一面も持つ。
携帯電話、スマートフォンを所持していないため、外部から通話、メール、SNSなどで連絡が取れない。
::帆高からは「陽菜さん」もしくは「陽菜」と呼ばれる。
凪からは「姉ちゃん」、圭介、夏美、萌花からは「陽菜ちゃん」と呼ばれる。
:; 制作初期の設定:: 制作初期の企画の段階では「陽咲(ひなた)」という名前であり、年齢も14歳ではなく18歳。
弟の代わりに妹が二人いる設定だった。
また、祈ると雨雲に晴れ間を作るのではなく、的中率100%の天気予報を行うという設定だった。
実際には天気予報を当てるのではなく、本人が天気を操作していたという種明かしをストーリー後半に入れる予定であった。
; 天野 凪(あまの なぎ): 声 - 吉柳咲良: 陽菜の弟。
小学5年生。
:当初は陽菜と一緒に居る帆高に対して嫌な印象を持ったが、陽菜が「晴れ女」のサービスを始めるに際し、早期に帆高と打ち解けた。
また、萌花(圭介の娘)とも初めて会ったその日に仲よくなった。
:; 特徴/性格::恋愛経験の豊富さゆえに小学生らしからぬ大人びた発言をする。
::帆高からは「センパイ」、圭介、陽菜からは「凪」、夏美、アヤネ、カナからは「凪くん」と呼ばれる。
; 須賀 圭介(すが けいすけ): 声 - 小栗旬: 有限会社K&Aプランニングを経営し、雑誌記事の寄稿を生業とする中年男性。
:家出中の帆高が船から落ちそうになるところを救い、船内の食堂で食事とビールを奢らせた。
その後、下船時に渡した名刺をもとに訪ねて来た帆高をアシスタントとして採用した。
帆高がアシスタント業務と並行して「晴れ女」サービスの仕事も始めたことに気付くと、これを不愉快に感じた。
しかし、祖母(間宮夫人)に引き取られなかなか会わせてもらえない娘(萌花)との面会のため、迷信嫌いにもかからわず藁にもすがる思いで利用することになった。
:; 特徴/性格:: 10代の時、地方から家出の形で上京し、そこで知り合った間宮明日花と大恋愛の末に結婚した公式ビジュアルガイド p.21。
明日花が他界した後も彼女への愛情は深く、彼女との間に生まれた娘の萌花を溺愛している。
::仕事では主にオカルト雑誌の記事を執筆しているが、迷信などについては馬鹿にしており、読者も自身と同じように記事内容を信じていないという前提で仕事に取り組んでいる。
::帆高、陽菜からは「須賀さん」、夏美からは「圭ちゃん」、間宮夫人からは「圭介さん」、萌花からは「パパ」と呼ばれる。
:; 制作初期の設定:: 制作初期の企画の段階では、雑文ライター兼、気象AI研究者という設定だった。
; 須賀 夏美(すが なつみ): 声 - 本田翼: 圭介の姪。
大学4年生。
圭介の事務所のバイト従業員。
: その妖艶な容姿、圭介を「圭ちゃん」と呼ぶ言動、帆高初対面時に圭介との関係を説明する折に小指を立てたことなどから、帆高に圭介の愛人と勘違いされた。
事務所での勤務と並行して就職活動に勤しんだが、成果は出せなかった。
なお、事件の二年半後に帆高が事務所を訪れた際に、夏美のヘルメットが置かれており、結局大学卒業後も事務所で働いていることが仄めかされている。
:; 特徴/性格:: バイク運転のスキルが高く、パトカーの追跡をかわすため、タンデム走行のスーパーカブ110で階段を駆け下りる場面も存在する。
父(圭介の兄)とは仲が悪い。
オカルト雑誌の取材にて相手の胡散臭い話を聴く時も真剣に耳を傾けるなど、聞き上手である。
::帆高、陽菜からは「夏美さん」、圭介からは「夏美」、萌花からは「なっちゃん」と呼ばれる。
; 須賀 明日花(すが あすか): 圭介の妻。
故人。
旧姓:間宮。
:10代の時に出会った圭介と大恋愛の末、結婚した。
萌花を生んだ後、事故により夭逝した。
; 須賀 萌花(すが もか): 声 - 香月萌衣: 圭介と明日花の娘。
:喘息持ちのため、雨天に弱く晴れた日でないと外出時に発作を起こしやすい。
間宮夫人に引き取られており、圭介とは会える日が限定される。
; 間宮夫人(まみや): 声 - 島本須美: 明日花の母。
須賀萌花の祖母で養育権者。
:近年の異常気象についての不満を持っており、「最近の子供達は可愛そう。
昔は春も夏も素敵な季節だったのに」等と発言した。
また、圭介に対し、喫煙の習慣を指摘するなど難癖をつけて萌花と会わせることを渋っている。
; 立花 冨美(たちばな ふみ): 声 - 倍賞千恵子: 老婦人。
後述する立花瀧の祖母。
:「晴れ女サービス」のWebサイトに自身の夫の初盆の日を晴れにして欲しいという依頼を書き込んだ。
そして、仕事で訪れた帆高と陽菜に「空の上に死者が住まう彼岸が有る」という内容の話をした。
:その後、大雨により自宅が水没したため、水没地域以西(高島平駅周辺)のアパートの一室に引越した。
さらにその後、再びWebサイトに依頼を寄せた。
この依頼が受けられないことを伝えに家を訪れた帆高に対し、「水没地域は江戸時代以前には海だった場所であり、それが元に戻っただけ」という考えを伝えた。
また、このシーンでの冨美の右手には組紐のブレスレットが装着されているのが確認できる。
; 安井刑事(やすい): 声 - 平泉成: 高井と共に捜査を行う老刑事。
: 比較的穏やかな人物であり、説得重視の方針を採る。
終盤の代々木の廃ビルシーンでは、高井刑事と同様に帆高に対して銃口を向けたものの、長年の経験により冷静な判断で行動していた。
; 高井刑事(たかい): 声 - 梶裕貴: 安井と共に捜査を行う若い刑事。


リーゼントヘア。
: 警察官としての使命感は高いが若さゆえに血が上り易く、逮捕するためには手段を選ばない。
抵抗する帆高に銃口を向けたり、殴るなどの実力行使も辞さない。
; 佐々木巡査(ささき): 声 - 市ノ瀬加那: 婦人警官。
:保護された凪の世話をしつつ、逃亡しないように監視していた。
しかし、カナの演技に騙され、凪から目を離すこととなり、逃亡される失態を犯した。
; アヤネ: 声 - 佐倉綾音: 凪の元彼女。
小学5年生で凪と同い年。
髪型はショートヘア。
:帆高が圭介の事務所を訪ねるために都営バスに乗車しているシーンにて、凪と仲良く会話していた。
凪が児童相談所に収容された際には、カナ共々、逃亡の手伝いをした。
その際の訪問者記帳時に「花澤綾音」と記名していた。
; カナ: 声 - 花澤香菜: 凪の彼女。
小学4年生で凪の1つ年下。
髪型はロングヘア。
:帆高が圭介の事務所を訪ねるために都営バスに乗車しているシーンにて、アヤネと入れ替わりでバスに乗り込んで来て凪と仲良く会話していた。
そのしばらく後で、神宮外苑花火大会の時に凪とデートする姿が映された。
凪が児童相談所に収容された際には、アヤネ共々、逃亡の手伝いをした。
; スカウトマン木村(きむら): 声 - 木村良平:新宿歌舞伎町で働く風俗嬢のスカウトマン。
: 店の前で休んでいた帆高にちょっかいをかけるなど悪辣な行為を働いた。
後に店に陽菜をスカウトしようとしているところを偶然居合わせた帆高に邪魔されたため、彼に暴行した結果、帆高が持っていた拳銃で発砲されてしまう(弾は当たっていない)。
陽菜消失時で東京に晴れが戻るシーンにて家族とともに登場した。
その際、妻帯者であり子どももいること確認できる。
; 占いおババ: 声 - 野沢雅子:占い師の老婆。
:オカルト雑誌向けの「100%の晴れ女」記事取材のため、夏美と帆高からインタビューを受けた。
「天の気のバランスが崩れると晴れ女が生まれやすい」「天候系の力を使いすぎると神隠しに会う」等、気象神社の神主が語った「天気の巫女伝承」に通じる話を夏美と帆高に伝えた。
; 荒木研究官(あらき): 声 - 荒木健太郎日経サイエンス2019年10月号 p.43:気象庁気象研究所の研究官。
:オカルト雑誌の取材のためにやって来た夏美と帆高に対し、最初はインタビューを受けるのを渋るが、いざインタビューが始まると雲の中の魚や龍に関するオカルトじみた仮説を熱っぽく語った。
; 神主(かんぬし): 声 - 柴田秀勝: 気象神社の神主。
:取材で訪れた圭介と夏美に「天気の巫女伝承」を伝えた。
100年程度しかない気象観測結果に対して例外的な気象状況が発生する度に「異常気象」という言葉を使う世間の風潮を嫌っている。
; アメ: 野良猫。
黒のハチワレ。
:帆高が歌舞伎町の路地裏で拾い、後に圭介が引き取った。
劇中後半までは瘦せていたが、帆高が再上京した時には、以前より肉付きがよくなり、目つきも圭介そっくりになっていた。
;前作『君の名は。
』から3年ぶりとなる、新海の7作目の劇場用アニメーション映画。
離島から東京に家出してきた少年、帆高と、“祈るだけで晴れにできる“力を持つ少女、陽菜が出会い、運命に翻弄されながらも自らの生き方を「選択」していくストーリー。
2018年12月に製作発表会見で主演、メインスタッフと公開日を発表した。
翌年4月9日には予告編が公開された。
また、完成したのは公開直前のため、試写会は一切行われなかった。
東宝配給作品史上最大級の359館448スクリーンの規模での公開となり、初日には午前0時に世界最速上映が行われ、午前9時に全劇場で一斉に初回が上映された。
9月14日には劇場パンフレットの第2弾が発売された。
9月27日から4D版(MX4D、4DX)が上映開始された。

引用:Wikipedia:データベース

天気の子 米アカデミー賞出品に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも天気の子 米アカデミー賞出品に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング