大谷翔平 復帰とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
大谷翔平、1年目にして異例の信頼。首脳陣から「復帰時期は任せた ...
17時間前 - 大谷翔平が打者として戻ってくる。右肘靭帯の損傷でPRP(多血小板血しょう)注射を受け、3週間も右手を使うことを制限されてきた。日米の野球ファンは、やきもきしながらこの期間を過ごしていたのではないだろうか。

■2019年1月07日
菊池雄星、10年前の涙を越えて。「やっと行けるという気持ち」
西武からポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を目指していた菊池雄星が、シアトル・マリナーズと契約した。日本時間の4日未明には入団会見が行われ、ほとんど英語を使っての記者会見に彼のメジャーへの熱

■2019年1月06日
2019年、メジャーが欧州初進出。「世界戦略」は100年以上前から。
1876年に発足したメジャーリーグは、今後、どこへ向かい、どんな発展を遂げていくのだろうか。過去「ブラック・ソックス」などの八百長事件、ストライキ、ステロイド時代など数々の事件を経験してきたものの、そ

■2019年1月05日
H・ベインズとM・リベラ。メジャー殿堂入りの基準を見直すと。
今年も、野球殿堂入りの選手が発表される時期が近づいてきた。BBWAA(全米野球記者協会)の投票による発表は1月22日だが、昨年12月初旬には、それに先立ってヴェテラン委員会による推薦選手2名の殿堂入り

■2019年1月01日
ホームランと奪三振だけじゃない!大谷翔平が全米で“So cute!”な理由。【2018年 野球部門1位】
2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。野球部門の第1位はこちら!

■2018年12月28日
イチローが考える大谷翔平の超才能。速球や長打力より大事な能力とは?【2018年 野球部門5位】
2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。野球部門の第5位はこちら!

■2018年12月25日
大谷翔平に読者の質問をぶつけてみた。「三振の多さをどう考えている?」
「大谷翔平選手のインタビュー、いつも楽しみに読んでいます。そこでお願いなのですが、次回のインタビューで大谷選手に『三振についてどう考えているか?』を聞いて欲しいです。大谷選手は三振の多いバッターだと思

■2018年12月25日
イチロー、マリナーズ本拠地への愛。「当たり前にあることが本当に最高」
マリナーズの本拠地として知られてきた「セーフィコ・フィールド」が、1999年7月15日の開場以来、20年にも及ぶネーミングライツ契約満了した。"19年1月1日からはその名を「Tモバイル・パー

■2018年12月24日
メジャーで守備シフト制限の議論。戦術に対処してこそ知恵比べでは。
試合を見ているファンの方々は、どう感じているのだろうか。昨今のメジャーでは、打者が変わるたび、さらにカウント別で、守備シフトが目まぐるしく変更される。基本的には、「引っ張り打者」への対策とはいえ、かな

■2018年12月23日
プロ野球は12球団のままでいいか。「選手の雇用機会」という観点。
日本プロ野球(NPB)の球団保有を目指すと表明していたファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長が12月11日、自身のTwitterで「近々での球団保有はいったん断念す

■2018年12月22日
菊池雄星の渡米とS・ボラスの思惑。解体中のマリナーズが最有力候補。
菊池雄星が渡米し、代理人のスコット・ボラスがウィンター・ミーティングの会場に姿を現したことで、アメリカのメディアがなにかと騒がしい。

■2018年12月20日
篠山紀信が語る大谷翔平撮影秘話。「大谷は天から舞い降りた鶴のよう」
12月20日に発売された年末特大特集の968・969号「スポーツブーム平成史 熱狂を超えろ」では、表紙を2018年に「二刀流」で全米を沸かせたエンゼルスの大谷翔平選手が飾ってくれた。

■2018年12月15日
菊池雄星の交渉を仕切る「大物」が、人気の理由を語った3つのポイント。
ネバダ州ラスベガス。カジノとショービジネスで賑わう街で今年のウインターミーティングは行われた。

■2018年12月09日
日本人に縁深いマリナーズの改革、イチロー&菊池雄星にも影響が?
まさに、腹を括ったかのような動きの連続だった。長年低迷の続くマリナーズが、文字通り「オフの主役」として、アグレッシブな動きを見せている。

■2018年12月08日
解体セールの増加とマリナーズ。このギャンブルは成功するのか。
シアトル・マリナーズが、本格的な解体セールに突入した。左腕エースのジェームズ・パクストンをヤンキースに売ったあたりから怪しい臭いは立ち込めていたのだが、ここへ来て主力のトレードが相次いでいる。

■2018年12月02日
日本での開幕戦でスタメンが濃厚。イチローの「その後」が楽しみだ。
早いもので今年も師走の時期を迎えた。野球界の師走と言えば、ストーブリーグ真っ盛り。フリーエージェント選手の獲得、トレード交渉とまさに各球団の編成担当責任者は忙しく走り回る時期となる。

■2018年11月26日
大谷翔平が社食で牛丼を食べた夜。「時間の使い方」こそ一番の才能。
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。

■2018年11月23日
菊池雄星は「プレミアムな存在」。メジャー10球団、交渉の争点。
西武からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す菊池雄星の争奪戦が、年末にかけて本格的にスタートする。11月19日には、自主トレ先の米ロサンゼルスから帰国。

■2018年11月23日
冬の争奪戦とハーパーの行方。急浮上したフィリーズの戦略とは。
ワールドシリーズが終わり、新人王やサイ・ヤング賞が決定し、2018年の大リーグもこれで一服という時期になったが、早くもウィンター・ミーティングの行方が注目を集めている。

■2018年11月22日
18勝をさしおいてなぜ10勝投手が?サイヤング賞・デグロムの突出度。
拍子抜けしたというのが、正直な感想だ。今年、全米野球記者協会シカゴ支部から、ナ・リーグの最優秀投手賞=サイヤング賞投手の投票を依頼された。2016年に次ぐ2度目のことだった。

■2018年11月14日
大谷翔平のメジャー新人王に思う、イチロー以来の日本人受賞の意義。
祝! ア・リーグ新人王に大谷翔平が輝く!!

■2018年11月12日
レッドソックス世界一への戦略は、データ+オールドスタイルの回帰。
名門レッドソックスが、2013年以来、5年ぶり9回目となるワールドシリーズ制覇を果たした。

■2018年11月10日
コーラの頭脳と勝利への総力戦。レッドソックス圧勝劇の舞台裏。
レッドソックスの圧勝劇でワールドシリーズが終わり、メディアは一斉に、賞レースとFA選手の行方に注目しはじめている。

■2018年11月10日
メジャー選抜に大物が皆無でも、日米野球がアメリカで話題な理由。
全盛期のバリー・ボンズみたいなスーパースターが皆無の「日米野球」なんて、アメリカ人は誰も気にしてない――。そんな風に決めつけていたのは、間違いだった。

■2018年11月03日
ドジャース“マン振り野球”の中でマエケンの好守にプロの技を見た。
114回目のワールドシリーズはレッドソックスが4勝1敗でドジャースを破り、5年ぶり9回目のワールドチャンピオンに輝いた。

■2018年10月29日
大谷翔平を預かる新監督の履歴書。失敗からの再起はフロント主導か。
大谷翔平が所属するロサンゼルス・エンゼルスの新監督に、49歳のブラッド・オースマス元捕手が就任した。

■2018年10月28日
大リーグ連覇はなぜ至難の業なのか。アストロズが見せた脆さの本質。
またしても、連覇はならなかった。昨季、球団創設以来、初めてワールドチャンピオンの座に就いたアストロズが、ア・リーグ優勝決定シリーズでレッドソックスに1勝4敗で屈した。

■2018年10月26日
ドジャースの勝機と球場要因。ワールドシリーズの結末を占う。
ワールドシリーズがはじまった。レッドソックス対ドジャースの顔合わせは、1916年以来、なんと102年ぶりだ。そのときは、レッドソックスが、当時ブルックリン・ロビンスと名乗っていたドジャースを、4勝1敗

■2018年10月23日
ドジャース連覇とフライボール。データ至上主義野球への違和感。
ちゃんとした野球をやろうよ。今に始まったことではないのだが、昨今のメジャーリーグの野球はなにかとよろしくない。ドジャースとブルワーズのナショナルリーグ優勝決定シリーズを取材していても首を捻るシーンが多

■2018年10月20日
MLBにあって日本にないもの。「ラジオ文化」と名物アナの存在。
メジャーリーグにあって、日本プロ野球にないものの1つが「ラジオ文化」だと思う。日本のプロ野球でも実況中継はやっているが、その規模は比較にならない。

■2018年10月14日
シャンパンと落胆が交錯する季節。ダルビッシュ有も苦さを噛み締めて。
今年もメジャーリーグに、シャンパンの季節がやって来た。一発勝負のワイルドカード・ゲーム、3戦先勝の地区シリーズ、4戦先勝の優勝決定シリーズ、そしてメジャーリーグの頂点を決めるワールドシリーズ。

■2018年10月13日
メジャーの流行「ブルペンゲーム」。ポストシーズンは継投策が主流。
ポストシーズンに入って以来、「ブルペンゲーム」という耳慣れないフレーズが、頻繁に聞こえてくるようになった。意味としては、救援勝負、というところだろうか。

■2018年10月13日
ブルペンの腕比べと一発勝負。ドジャースとブルワーズの優劣は?
ポストシーズンが折り返し点を通過した。思ったよりも順当な展開で、波瀾といえば、ナ・リーグのワイルドカードでカブスがロッキーズに敗退したことぐらいだろうか。

■2018年10月12日
今季22本塁打の超詳細データから、打者・大谷翔平の弱点を探してみた。
読書の秋、食欲の秋、芸術の秋。でも今年は、データの秋……。Number963号の大谷翔平特集に掲載する「大谷翔平2018全ホームラン」ページ作成のため、この秋はMLBのデータ解析システム「スタットキャ

■2018年10月12日
昨季逃した世界一になるために。セットアッパー前田健太の心意気。
前田健太が入団から3年連続でリーグ優勝決定シリーズ進出を果たした。過去、日本人選手として、3年連続でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた選手はいなかった。

■2018年10月11日
イチローの調整と復帰への本気。岩隈からの一打、実戦映像を凝視。
シーズン最終戦後、マリナーズのイチロー会長付き特別補佐が「ずっと変わっていない」と現役続行の意思を表明すると、翌10月1日に行われた恒例のシーズン総括会見でディポトGMはその見解を示した。

■2018年10月08日
イチロー、来季現役復帰への自信。「それは言うまでもないです」
9月30日、今季最終戦。本拠地シアトルでレンジャーズを下した瞬間、イチロー会長付き特別補佐は颯爽とベンチから飛び出した。

■2018年10月08日
番記者アンケートでは1位返り咲き。大谷翔平が新人王になる現実味は?
二刀流の挑戦でアメリカでも大きな話題になった大谷翔平選手。4月にアメリカンリーグの月間新人賞を受賞で幸先のいいスタートを切り、9月にも同賞を受賞し、鮮やかにルーキーイヤーの幕を閉じた。

■2018年10月05日
「カープの歴史に名を残すチーム」マエケンが語る3連覇とプレーオフ。
アリゾナ・ダイヤモンドバックスの本拠地チェイス・フィールドのビジターチーム用トレーニングルームは、とても小さい。

■2018年10月03日
大谷翔平のメジャー1年目、活躍は予想通りだった?
日本中に衝撃を与えた大谷翔平のメジャー1年目が終了しました。開幕前のオープン戦こそ数字が伴わなかったものの、いざレギュラーシーズンが始まると投手で奪三振、打者でホームランを連発。二刀流での活躍ぶりが大

■2018年9月30日
日本球界“追放”でもメジャーへ。吉川峻平「甘い決断はしていない」
23歳の決意は固かった。元社会人野球・パナソニックの吉川峻平が、ダイヤモンドバックスとマイナー契約を交わした。9月24日(日本時間25日)、アリゾナ州スコッツデールのキャンプ施設で記者会見に臨んだ吉川

■2018年9月29日
焦るな! そして皆で我慢しよう。大谷翔平の投打の復帰時期を考える。
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が現地時間の9月25日(日本時間同26日)、トミー・ジョン手術(肘靭帯再建手術)を受ける決断をしたことを発表した。

■2018年9月29日
短期決戦とブルペンの勝負。ポストシーズン展望、前田健太は?
今年も、大リーグのレギュラーシーズンが終わる。9月24日現在、ポストシーズンに進出する球団もほぼ固まった。ナ・リーグ2枚目のワイルドカードだけは、たぶん最後の最後までわからないが(現在2位のカーディナ

■2018年9月28日
大谷翔平が持つ30-30の可能性。肘の手術を前向きに考えると……。
エンゼルスの大谷翔平が、右肘の手術をすることになった。来季(2019年)は「投打二刀流」を封印することになる。

■2018年9月26日
日本人新記録のシーズン74登板。平野佳寿のフル回転を支える人物。
9月24日(日本時間25日)、ダイヤモンドバックスの平野佳寿がドジャース戦の9回に救援登板。これが今季74試合目の登板となり、2004年の大塚晶則(パドレス)と2013年の上原浩治(レッドソックス)を

■2018年9月25日
大谷翔平が日本の医師団からのセカンドオピニオンを望む理由。
おそらく多くの人が覚悟をしているだろう。大谷翔平はシーズン終了後にトミー・ジョン手術を受けるだろう、と。

■2018年9月23日
打者・大谷翔平の進化が急激な分、ブランクの発生がなんとも口惜しい。
大谷翔平がエンゼルスのチームドクターから「トミー・ジョン手術を受けたほうがいい」とアドバイスされたのは日本時間9月6日のことだ。その判断は本人に委ねられているようだが、大谷は結論を出さないまま試合に出

■2018年9月22日
イチロー、大谷翔平への思い入れ。「サイヤング賞翌年に本塁打王を」
会長付特別補佐となり、早4カ月半が過ぎた。試合前のフリー打撃では、今も打球がポンポンと右翼フェンスを超えていく。今季最後のマリナーズとエンゼルスの4連戦。最初の2日間でイチローは21本の柵越えを放った

■2018年9月20日
田中将大はMLBでも負けない投手。デビュー後5年連続12勝は5人だけ。
「マー君、神の子、不思議な子」――野村克也(元東北楽天イーグルス監督)ヤンキースの田中将大投手は、「記憶に残る選手」でありながら、「記録に残る選手」でもあると思う。

■2018年9月17日
田中将大、10月の大一番で先発か。ヤンキースのエースとして信頼度大。
重圧に強い、というより、重圧のかかる試合に適した選手がいる。ヤンキース田中将大は、間違いなく、そのタイプの投手である。

■2018年9月15日
大谷翔平と抜群の潜在能力。トミー・ジョン手術は怖くない。
大谷翔平が、今季2度目のア・リーグ週間MVPに輝いた。対象期間は、9月3日から9日までの1週間。約3カ月ぶりに登板し、2回3分の1でマウンドを降りたのが9月2日のことだから、まるでその憂さ晴らしだ。

■2018年9月13日
久保康友を生き残らせた頭の使い方。松坂世代の「できない子」の視線。
テキサス州シュガーランドは、合衆国第4位の人口約209万人の都市ヒューストンから車で30分程度の郊外にあるベッドタウンである。

■2018年9月11日
大谷翔平の復帰登板と“自制心”。イチロー、野茂、黒田からの教訓。
右肘の靭帯に新たな損傷が見つかったのは復帰登板から3日後の9月5日のことだった。医師団からはトミー・ジョン手術の勧告を初めて受けた。

■2018年9月10日
イチローに憧れた少年がMVP候補。ブルワーズ進撃の中心イエリッチ。
穏やかな西海岸の夏の午後。刈られたばかりの芝の上で少年たちが歓声を上げながらベースボールに夢中になっている。

■2018年9月07日
トミー・ジョン手術ちょっと待った!大谷翔平、完全復活へ熟慮すべき。
いい話と悪い話と両方あるけど、どっちから聞きたい? 9月6日(現地時間5日)のロサンゼルス・エンゼルス・大谷翔平投手のことを伝えるととすれば、こう聞かなければならないだろう。

■2018年9月03日
大谷翔平の投手復帰は成功なのか。2014年の田中将大から考える。
右肘の靭帯損傷で6月6日以来、マウンドを遠ざかっていたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が現地時間9月2日(日本時間同3日)のヒューストン・アストロズ戦の先発でマウンド復帰を果たした。

■2018年9月02日
松井秀喜とヤンキースの幸福な関係。“日本の”野球殿堂入りを祝う式典。
温もりに溢れた拍手を背に、濃紺のスーツに身を包んだ松井秀喜氏は、にこやかな笑みを浮かべていた。8月27日、ヤンキースタジアムでのホワイトソックス戦の試合前、松井氏の「日本野球殿堂入り」を祝福するセレモ

■2018年9月02日
大谷翔平が打者でフル出場したら。松井の31本塁打を超える可能性?
もしかしたら本当に、大谷翔平はベーブ・ルースの再来なのかも知れない―。そう思ったのは彼が投手と打者の「投打二刀流」だからではない。

■2018年9月01日
大谷翔平とM・アンドゥーハー。ア・リーグ新人王は熱い争いに。
大谷翔平の打撃が好調だ。8月に入ってからの21試合(現在は8月27日。先発出場は12試合)で、62打席54打数18安打6本塁打6四球19三振。

■2018年8月28日
ダルビッシュの肘に起こった真実。「やっぱり、野球が好きなんやな」
あ、ヤバい――。思わず、口走っていた。8月19日のよく晴れた日曜日。カブス傘下のマイナーリーグA級サウスベンドの本拠地フォーウインズ・フィールドのマウンド。

■2018年8月25日
投手・大谷翔平がもうすぐ復帰?復帰時期と故障騒動の真相。
投手・大谷翔平が戻ってくる。8月20日、アリゾナ州テンピのキャンプ施設で、右肘の故障後初めて打者に対し実戦的な投球練習を行った大谷は、メジャー復帰の時期について言葉を選びながらも、自らの意思をしっかり

■2018年8月19日
ドラ1候補の社会人投手がまた1人。メジャー直行という吉川峻平の決断。
今年の日本プロ野球(以下NPB)のドラフト上位候補で、社会人野球のパナソニックに所属する2年目の吉川峻平投手(23)がメジャーリーグに挑戦するという。

■2018年8月18日
レッドソックスと年間最多勝。爆発的攻撃力で王座奪回を狙う。
レッドソックスの勢いが止まらない。8月14日現在、121試合を経過したところで86勝35敗。勝率7割1分1厘はもちろん大リーグトップだが、残り41試合をこのペースでこなしていくと、年間勝利数は115に

■2018年8月13日
15年前の松井秀喜と似ている?大谷翔平、2打席連発での大変貌。
2018年8月3日、クリーブランド。この日、「3番・DH」で出場した大谷翔平は“初づくし”の大活躍を見せた。

■2018年8月12日
二刀流こそが大谷翔平のリズムだ。打つと投げるの好循環が復活中。
「投手か。野手か」もはや、そんな論議や、その能力に疑問符を付ける必要もないだろう。

■2018年8月11日
大谷翔平は1年目でどこまでいくか。イチロー、松井、城島の記録超えは?
8月9日現在、「打者・大谷」は62試合に出場して223打席に立ち、198打数54安打、12本塁打32打点、31得点5盗塁、打率.273、出塁率.351、長打率.535と非凡な才能を発揮している。

■2018年8月10日
大谷翔平の本塁打量産を支える“最強アオダモバット”の秘密。
事件”は5月1日の練習中に起こった。シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が翌日のコロラド・ロッキーズ戦に備えて打撃練習を行なっていたとき、バットがグリップのちょっと上からヘッドに向けて斜めに大きくひび割

■2018年8月07日
大谷翔平がトレードされる可能性は?メジャーでよくある大型移籍の話。
エンゼルスの大谷翔平がトレードされる――。いつか、そんな日が来るかも知れない。このままアストロズの黄金期が続き、マリナーズやアスレチックスが互角の勝負を展開し、エンゼルスだけが優勝の気配すら感じさせな

■2018年8月04日
大谷翔平に左投手の壁はある?監督「彼の才能ならば間違いなく」
今も昔も変わらない。野球には日米に限らず、古くから同じ概念が存在している。「左対左の対戦は左投手有利」

■2018年8月04日
ハーパーの残留と終盤の叩き合い。戦乱のナ・リーグで生き残るのは?
7月31日16時(東部時間)に、大リーグのサマートレードが期限を迎えた。大物選手をめぐる締切り直前の商談成立は、今年もいくつか見られた。ブライアン・ドウジャーが、ツインズからドジャースへ。

■2018年7月27日
最多は黒田、追う田中&マエケン。メジャーで二けた勝利を続ける価値。
エンゼルスの大谷翔平を中心にメジャーリーグを眺めてしまうと、他の日本人選手の活躍は他のニュースに飲み込まれてしまう。

■2018年7月22日
ダルも経験、締切直前の電撃移籍。今季のMLBトレード戦線はいかに?
「ミッドサマー・クラシック」と呼ばれるオールスターが終わり、メジャーのペナント争いも、いよいよ終盤戦を迎える。

■2018年7月21日
10代投手は年間50イニング制限。結城海斗が挑む米マイナーって?
また1人、日本の前途有望な若手選手が海を渡ることになった。日本人としては史上最年少の16歳でロイヤルズとマイナー契約した結城海斗投手である。

■2018年7月19日
イチローも「地味すぎて……」。平野佳寿の“滋味”溢れる大活躍。
6月の終わりのことだった。マリナーズの会長付特別補佐になったイチローが苦笑交じりに言った。「地味すぎてわかんない……」

■2018年7月18日
大谷翔平の凡打に見る後半戦の鍵。さらなる1/100秒単位の時間短縮。
メジャー二刀流1年目の前半戦が終了した。投手では9試合、4勝1敗、防御率3.10。49回1/3を投げ三振61、奪三振率は11.1を記録した。打者としては43試合で155打席。打率2割8分3厘、7本塁打

■2018年7月15日
肘の痛みにもダルが前向きな理由。「やっぱり、原因あったやん」
このトンネルはいったい、どこまで続いているのだろう――。5月26日に右腕の上腕三頭筋の腱炎で故障者リスト(DL)に入ったカブスのダルビッシュ有投手の復帰が、当初の予定より遅れている。

■2018年7月12日
野茂や大谷が切り開いた道の先へ。16歳で渡米する結城海斗に幸あれ。
野球界の新しい発展の扉が開かれようとしている。カンザスシティ・ロイヤルズが16歳の日本人、結城海斗選手とマイナー契約を結んだ。

■2018年7月11日
中学卒業時点でメジャーから契約の話が……あなたならどうする?
16歳でメジャー球団ロイヤルズとのマイナー契約をした結城海斗選手が話題になりました。

■2018年7月11日
平野佳寿は大学時代から匠だった。メジャー強打者も封じる低めの技。
野球雑誌『野球小僧』(現『野球太郎』)の「流しのブルペンキャッチャー」を始めて3年目ぐらい経った頃だ。「京都産業大の平野のボールを受けたい」と編集部に申し出たら、「誰ですか、それ?」と言われて、ボツに

■2018年7月04日
打者・大谷翔平の復帰を急いだ理由。エンゼルス打線で際立つ勝負強さ。
大谷翔平は、エンゼルスの「救世主」になれるのだろうか。こんなにも苦戦しているチームの調子が、たった1人の選手の活躍だけで急上昇するとは思えないが、エンゼルスは「打者・大谷」を「投手・大谷」の犠牲にはで

■2018年7月03日
大谷翔平、1年目にして異例の信頼。首脳陣から「復帰時期は任せた」。
大谷翔平が打者として戻ってくる。右肘靭帯の損傷でPRP(多血小板血しょう)注射を受け、3週間も右手を使うことを制限されてきた。日米の野球ファンは、やきもきしながらこの期間を過ごしていたのではないだろう

■2018年7月01日
ダルが称賛された「Class Act」。マイナー登板後の弱気と感謝の印。
カブス傘下のシングルA級のマイナーリーグ球団は、インディアナ州サウスベンドという人口10万人を少し超える田舎町に本拠地を置く。

■2018年6月28日
大谷翔平、岩隈久志らが要求される「ストロング・フィニッシュ」とは。
終わり良ければ、すべて良し――。日本でしばしば使われる言葉である。目指すべき道の途中、様々な困難や苦境に立たされても、最終的に好結果へたどり着けば、それらの労苦も報われる。

■2018年6月23日
3時間待たされ停電中止、翌日先発。マエケンはツイてなくても前向き。
いい事ばかりはありゃしない――。昔、そんな歌が好きだった。さえない自分を励ましていたのか。苦い思いを不運のせいにしていたのか。

■2018年6月18日
大谷翔平、憂鬱な3週間の先に希望を!靭帯損傷「グレード2」を徹底精査。
大きな夢を与えてくれる存在。それが大谷翔平だ。近年では前例のない二刀流挑戦で投打ともにメジャー屈指の活躍を見せ、彼は開幕から2カ月であっという間に日米のファンをとりこにした。

■2018年6月16日
イチローは盗塁記録もやっぱり別格。伝説に残る強肩捕手との一騎打ち。
思えば、イチローには本当に長い間楽しませてもらっている。1995年の日本シリーズ第4戦、野村克也監督率いるヤクルトは、オリックスの3番イチローを徹底的にマークし、延長12回まで6打数1安打に抑えた。古

■2018年6月16日
大谷翔平がしたPRP注射ってつまり?手術が腱の交換なら、注射は治癒。
エンゼルスの大谷翔平投手が、右肘の内側側副靭帯を損傷して多血小板血漿(Platelet-Rich Plasma=以下PRP)注射をしたというけれど――。

■2018年6月14日
肘靭帯損傷でDL入りした大谷翔平。2月から指摘されていた“兆候”とは。
まさかの早期離脱だった。ベーブ・ルース以来とも言われる「二刀流」で全米中から注目を集めてきたエンゼルス大谷翔平が6月8日、右肘の側副靱帯(じんたい)の損傷のため、メジャー移籍後初めて故障者リスト(DL

■2018年6月10日
打撃投手イチロー、華麗なるデビュー。監督も絶賛するWIN-WINの関係とは?
6月5日、テキサス州ヒューストン。灼熱の太陽が照りつける午後2時過ぎにもかかわらず、開閉式ドームであるアストロズの本拠地ミニッツメイド・パークの屋根は開いていた。

■2018年6月09日
田澤純一に3度目の復活はあるか。MLB復帰への執念と「田澤ルール」。
打球の行方を見届けた田澤純一は一瞬、天を仰いで踵を返し、ホームプレート周辺で歓喜の輪を作る相手チームの選手たちを横目に、ベンチに向かってゆっくりと歩き出した。

■2018年6月09日
大谷翔平の世界と大谷以外の世界。彼が戦う強者たちを検証する。
大谷翔平のことを思うと、映画のロングショットが頭に浮かぶ。いわゆる「長玉」(超望遠レンズ)を使って大谷だけに焦点を合わせれば、周囲の風景はぼんやりとかすんで像を結ばない。だが、パンフォーカスのレンズを

■2018年6月02日
大谷シフトに、1回限定の先発投手。メジャーは野球の常識を常に疑う。
大谷翔平が「投打二刀流」でプロ野球の概念を変えるずっと前から、メジャーリーグは―まったく違う方法で―既成概念への挑戦を続けてきた。

■2018年5月31日
大谷翔平は日々アメリカを学習中!「打たれても打たれなくても経験」
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が現地時間5月30日(日本時間同31日)のデトロイト・タイガース戦に今季8度目の先発。4回には降雨で試合が中断するアクシデントもあったが、5回もマウンドに上がると

■2018年5月31日
NYの子供達まで絶賛する“二刀流”。「大谷翔平は偉大な選手になるよ!」
開幕から投打で活躍するエンジェルスの大谷翔平選手。5月28日まで7試合に登板し4勝1敗、打率2割9分1厘、30安打、20打点、本塁打6、盗塁1というすばらしい成績を挙げている。

■2018年5月30日
大谷翔平を2奪三振で抑えた田中将大のプライドと貫禄。
表情ひとつ変えないところに、ヤンキース田中将大のプライドがにじんだ。田中が求めたのは、結果だけだった。相手の打者を1人ずつ抑え、チームに勝ちを呼び込む。思考は、極めてシンプルだった。

■2018年5月29日
魔術師マエケンが奪三振マシンに。秘密は「技」と「力」のバランス。
奪三振率、11.72。(5月27日現在)マエケンが今、ちょっと、凄い。この数字は先発投手としてナ・リーグ4位を誇り、大谷翔平の11.60、ダルビッシュ有の11.03、田中将大の8.37を抑え、日本人投

■2018年5月28日
まるで黒澤映画の剣豪対決!大谷翔平×田中将大、初対決の真実。
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手とニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手との直接対決が、現地時間5月27日(日本時間同28日)にニューヨークのヤンキースタジアムで実現した。

■2018年5月27日
大谷翔平の登板回避はむしろ朗報だ。メジャーならではの早めの疲労対策。
大谷翔平と田中将大の投げ合いは、エンゼルスのマイク・ソーシア監督が「シーズン全体を考えている」ために実現しなかった。イチローがマリナーズの会長付き特別補佐になって対決が流れたのに続く、「悲報」である…

■2018年5月26日
大谷翔平の好調とトーレスの台頭。新人王争いに強力な対抗馬出現か?
大谷翔平が順調に活躍の場を広げている。怪我に見舞われず、この調子で進んでいけば新人王はまず堅いと見るが、気になる部分が少しだけある。

■2018年5月24日
ベーブ・ルースと比べるより未来を!大谷翔平に続く二刀流選手に期待。
エンゼルス大谷翔平の活躍に日本のみならず全米も沸いている。とりわけ注目を集めているのは、投手として2ケタ勝利、打者として2ケタホームランを記録し、ベーブ・ルース以来ピッタリ一世紀ぶりにメジャーで『二刀

■2018年5月21日
どこまでも“気づかいの人”大谷翔平。全米が夢中になった振る舞いって?
日本時間の21日(月)に今季4勝目を記録した大谷翔平。自己最長の7回2/3、110球を投げて5安打2失点9奪三振と堂々の投げっぷりで、スタンディングオベーションを受けてマウンドを後にした。単なる数字以

大谷翔平の復帰時期を地元紙予想 「悪いことなければ1週間以内に戻れる ...
大谷翔平、約1カ月ぶりに打者復帰 「6番・DH」でマリナーズ...

■2019年1月10日
日本ハム・吉田輝星、清宮斬りで1軍だ!栗山監督が2・16紅白戦での実戦デビュー明言
 日本ハムの新人合同自主トレーニングが9日、千葉・鎌ケ谷市の2軍施設で始まり、ドラフト1位・吉田輝星投手(17)=金足農高=ら全8選手が参加した。大きな注目の中で初日を迎えた右腕に対し、視察した栗山英

■2019年1月10日
【新人合同自主トレ初日 一問一答】日本ハムD1・吉田、呼び名は「よっしー、輝星」
 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(17)=金足農高=が9日、新人合同自主トレ初日を迎えた。約700人のファン、34社83人の報道陣が集まる中、初々しい笑みを浮かべてプロの第一歩となった1日を振り

■2019年1月10日
甲子園マウンドをメジャー仕様に改修検討!阪神・藤浪、メッセ、ガルシアに追い風
 足元が揺らいでは、踏み出せない。2019年こそは“地の利”を得て戦えるよう、矢野阪神に「米大リーグマウンド」の導入が検討されていることが判明した。掘れにくい硬質の土を味方に、多くの投手が甲子園という

■2019年1月10日
阪神D6・湯浅、ブルペン一番乗りアピール!ドラフト最下位から下克上へ
 阪神新人合同自主トレ(9日、鳴尾浜)ドラフト最下位からの下克上へ“一番乗り”でアピールだ。D6位の湯浅が、9日、ルーキー一番乗りのブルペン入りへ名乗りを上げた。

■2019年1月10日
阪神D1・近本、几帳面に自己管理します!食事の量や体重など逐一メモ
 阪神新人合同自主トレ(9日、鳴尾浜)阪神の新人合同自主トレが9日、鳴尾浜でスタート。ドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=はダッシュのメニューで持ち味の快足を披露。激しい競争に勝ち抜くため

■2019年1月10日
「野球博士」になれ!巨人・原監督の“金言”にD1・高橋、即応えた
 巨人の新人合同自主トレーニングが9日、川崎市のジャイアンツ球場で始まり、体調不良の2選手を除く8選手が参加した。視察した原辰徳監督(60)は、練習前に約3分間の訓示を行い「野球博士」になることをルー

■2019年1月10日
意識“タカ”~い!鷹D2・杉山、初日ブルペン入り パ新人で一番乗り
 ソフトバンクの新人合同自主トレが9日、タマホーム筑後で始まり、ドラフト2位・杉山一樹投手(21)=三菱重工広島=が初日からブルペン投球を行った。昨年末から球団に“予約”していた投球練習は、パ・リーグ

■2019年1月10日
DeNA・D1上茶谷、12日にも「アピール」投!ローテ入りへ競争意識


■2019年1月10日
ロッテD1位・藤原を守れ!自主トレに“異例”の警備員配置


■2019年1月10日
巨人・阿部、15日グアムで野球教室


■2019年1月10日
超異例!オリD2・頓宮、ウエートトレに重点置かない「筋肉に柔らかさ出したい」


■2019年1月10日
阪神・植田、“源田流テニスノック”で逆境跳ね返す!


■2019年1月10日
右手首違和感の日本ハム・清宮、春季キャンプ2軍スタートも


■2019年1月10日
巨人・原監督、D3直江&D4横川に好印象!


■2019年1月10日
オリD1・太田、父譲りの強肩魅せた!


■2019年1月10日
阪神・福原投手コーチ、ルーキーに「まずは慣れてほしい」


■2019年1月10日
3季ぶりVへ始動!日体大・北山、目標は春5勝


■2019年1月10日
『吉田輝星』タオルが売り上げNO・1!日本ハム関係者「まだまだ在庫はあります」


■2019年1月10日
ボルシンガー、ロッテ残留 年俸1億8500万円


■2019年1月10日
中日D1・根尾は休日返上


■2019年1月10日
巨人・宮本コーチ、D1高橋の2段モーションに「意識が高い」


■2019年1月10日
西武D1・松本航、新人合同自主トレで持久力をアピール


■2019年1月10日
【虎のソナタ】若い選手は大目に見てあげて


■2019年1月10日
高野連、球数制限には否定的


■2019年1月10日
昨季日本ハム所属のトンキンがレ軍と契約合意


■2019年1月10日
ソフトバンク・松田宣がグアムへ


■2019年1月10日
ヤクルトD1・清水、“12球団最速”のブルペン入りで自覚


■2019年1月10日
ヤンキース・サバシアが復帰へ


■2019年1月09日
巨人D4位・横川、屈強な下半身を原監督に評価され「ありがたいです」


■2019年1月09日
巨人・岡本、同学年のD1位・高橋と共闘誓う「一緒に頑張りたい」


■2019年1月09日
巨人D1位・高橋、ファンに丁寧にサイン「子供に夢を与えられたら」


■2019年1月09日
巨人D1位・高橋、合同自主トレ開始で新たな一歩「いい感じで練習ができた」


■2019年1月09日
西武・増田が病院訪問「子どもたちから勇気もらいました」


■2019年1月09日
巨人、新人合同自主トレスタート!原監督「新鮮さを感じる」


■2019年1月09日
ソフトB・松田「ほとんどしゃべったことがない2人」とグアム自主トレに出発


■2019年1月09日
高岡商が選抜の推薦辞退 日本高野連は処分を上申


■2019年1月09日
センバツの入場料金値上げ 高野連が承認、中央特別自由席は2500円に


■2019年1月09日
ホリエモン、センバツ入場料金値上げに「それでも安いだろ」


■2019年1月09日
広島・緒方監督、長野に期待大「実績もあるし、力もある」


■2019年1月09日
楽天・島井、昨年に左すね手術 復帰まで3カ月の見込み


■2019年1月09日
阪神D1・近本、汗流し気持ち新た 新人合同自主トレが開始


■2019年1月09日
センバツ行進曲に「世界に一つだけの花」など 91回大会、平成を象徴


■2019年1月09日
西武D1・松本航、持久力アピール ダッシュで先頭走り「1位を取りたいと」


■2019年1月09日
日本ハムD1・吉田輝、プロへの第一歩 新人合同練習が開始


■2019年1月09日
オリD1・太田、充実の始動 8新人が合同練習開始


■2019年1月09日
ジ軍左腕エース、移籍先はブルワーズが有力 公式サイト伝える


■2019年1月09日
日体大が練習始め、上西嵐満主将が決意/首都大学


■2019年1月09日
西武・源田「日本一が一番」3年目へ守備向上目指す


■2019年1月09日
巨人D1・高橋「いい練習できた」原監督ら見守る中、新人合同練習開始


■2019年1月09日
楽天D1・辰己「けがしない体力を」新人合同練習始まる


大谷翔平、早ければ4日にも打者で復帰 地元紙報じる「マリナーズ3連戦で ...
右肘内側側副靱帯の損傷で故障者リスト(DL)入りしていたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が復帰する。3日(日本時間4日)に行われる敵地シアトル・マリナーズ戦 に「6番・指名打者(DH)」で先発...- ベースボールチャンネル- 5分前

■2019年1月10日
日本ハム・吉田輝星、清宮斬りで1軍だ!栗山監督が2・16紅白戦での実戦デビュー明言
 日本ハムの新人合同自主トレーニングが9日、千葉・鎌ケ谷市の2軍施設で始まり、ドラフト1位・吉田輝星投手(17)=金足農高=ら全8選手が参加した。大きな注目の中で初日を迎えた右腕に対し、視察した栗山英

■2019年1月10日
【新人合同自主トレ初日 一問一答】日本ハムD1・吉田、呼び名は「よっしー、輝星」
 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(17)=金足農高=が9日、新人合同自主トレ初日を迎えた。約700人のファン、34社83人の報道陣が集まる中、初々しい笑みを浮かべてプロの第一歩となった1日を振り

■2019年1月10日
甲子園マウンドをメジャー仕様に改修検討!阪神・藤浪、メッセ、ガルシアに追い風
 足元が揺らいでは、踏み出せない。2019年こそは“地の利”を得て戦えるよう、矢野阪神に「米大リーグマウンド」の導入が検討されていることが判明した。掘れにくい硬質の土を味方に、多くの投手が甲子園という

■2019年1月10日
阪神D6・湯浅、ブルペン一番乗りアピール!ドラフト最下位から下克上へ
 阪神新人合同自主トレ(9日、鳴尾浜)ドラフト最下位からの下克上へ“一番乗り”でアピールだ。D6位の湯浅が、9日、ルーキー一番乗りのブルペン入りへ名乗りを上げた。

■2019年1月10日
阪神D1・近本、几帳面に自己管理します!食事の量や体重など逐一メモ
 阪神新人合同自主トレ(9日、鳴尾浜)阪神の新人合同自主トレが9日、鳴尾浜でスタート。ドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=はダッシュのメニューで持ち味の快足を披露。激しい競争に勝ち抜くため

■2019年1月10日
「野球博士」になれ!巨人・原監督の“金言”にD1・高橋、即応えた
 巨人の新人合同自主トレーニングが9日、川崎市のジャイアンツ球場で始まり、体調不良の2選手を除く8選手が参加した。視察した原辰徳監督(60)は、練習前に約3分間の訓示を行い「野球博士」になることをルー

■2019年1月10日
意識“タカ”~い!鷹D2・杉山、初日ブルペン入り パ新人で一番乗り
 ソフトバンクの新人合同自主トレが9日、タマホーム筑後で始まり、ドラフト2位・杉山一樹投手(21)=三菱重工広島=が初日からブルペン投球を行った。昨年末から球団に“予約”していた投球練習は、パ・リーグ

■2019年1月10日
DeNA・D1上茶谷、12日にも「アピール」投!ローテ入りへ競争意識


■2019年1月10日
ロッテD1位・藤原を守れ!自主トレに“異例”の警備員配置


■2019年1月10日
巨人・阿部、15日グアムで野球教室


■2019年1月10日
超異例!オリD2・頓宮、ウエートトレに重点置かない「筋肉に柔らかさ出したい」


■2019年1月10日
阪神・植田、“源田流テニスノック”で逆境跳ね返す!


■2019年1月10日
右手首違和感の日本ハム・清宮、春季キャンプ2軍スタートも


■2019年1月10日
巨人・原監督、D3直江&D4横川に好印象!


■2019年1月10日
オリD1・太田、父譲りの強肩魅せた!


■2019年1月10日
阪神・福原投手コーチ、ルーキーに「まずは慣れてほしい」


■2019年1月10日
3季ぶりVへ始動!日体大・北山、目標は春5勝


■2019年1月10日
『吉田輝星』タオルが売り上げNO・1!日本ハム関係者「まだまだ在庫はあります」


■2019年1月10日
ボルシンガー、ロッテ残留 年俸1億8500万円


■2019年1月10日
中日D1・根尾は休日返上


■2019年1月10日
巨人・宮本コーチ、D1高橋の2段モーションに「意識が高い」


■2019年1月10日
西武D1・松本航、新人合同自主トレで持久力をアピール


■2019年1月10日
【虎のソナタ】若い選手は大目に見てあげて


■2019年1月10日
高野連、球数制限には否定的


■2019年1月10日
昨季日本ハム所属のトンキンがレ軍と契約合意


■2019年1月10日
ソフトバンク・松田宣がグアムへ


■2019年1月10日
ヤクルトD1・清水、“12球団最速”のブルペン入りで自覚


■2019年1月10日
ヤンキース・サバシアが復帰へ


■2019年1月09日
巨人D4位・横川、屈強な下半身を原監督に評価され「ありがたいです」


■2019年1月09日
巨人・岡本、同学年のD1位・高橋と共闘誓う「一緒に頑張りたい」


■2019年1月09日
巨人D1位・高橋、ファンに丁寧にサイン「子供に夢を与えられたら」


■2019年1月09日
巨人D1位・高橋、合同自主トレ開始で新たな一歩「いい感じで練習ができた」


■2019年1月09日
西武・増田が病院訪問「子どもたちから勇気もらいました」


■2019年1月09日
巨人、新人合同自主トレスタート!原監督「新鮮さを感じる」


■2019年1月09日
ソフトB・松田「ほとんどしゃべったことがない2人」とグアム自主トレに出発


■2019年1月09日
高岡商が選抜の推薦辞退 日本高野連は処分を上申


■2019年1月09日
センバツの入場料金値上げ 高野連が承認、中央特別自由席は2500円に


■2019年1月09日
ホリエモン、センバツ入場料金値上げに「それでも安いだろ」


■2019年1月09日
広島・緒方監督、長野に期待大「実績もあるし、力もある」


■2019年1月09日
楽天・島井、昨年に左すね手術 復帰まで3カ月の見込み


■2019年1月09日
阪神D1・近本、汗流し気持ち新た 新人合同自主トレが開始


■2019年1月09日
センバツ行進曲に「世界に一つだけの花」など 91回大会、平成を象徴


■2019年1月09日
西武D1・松本航、持久力アピール ダッシュで先頭走り「1位を取りたいと」


■2019年1月09日
日本ハムD1・吉田輝、プロへの第一歩 新人合同練習が開始


■2019年1月09日
オリD1・太田、充実の始動 8新人が合同練習開始


■2019年1月09日
ジ軍左腕エース、移籍先はブルワーズが有力 公式サイト伝える


■2019年1月09日
日体大が練習始め、上西嵐満主将が決意/首都大学


■2019年1月09日
西武・源田「日本一が一番」3年目へ守備向上目指す


■2019年1月09日
巨人D1・高橋「いい練習できた」原監督ら見守る中、新人合同練習開始


■2019年1月09日
楽天D1・辰己「けがしない体力を」新人合同練習始まる


大谷 最短7・7打者復帰 投手は再検査待ち - MLB : 日刊スポーツ
エンゼルス・大谷「6番・DH」約1か月ぶりに復帰- スポーツ報知- 42分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも大谷翔平 復帰に関連のある画像ばかりではありません。
大谷翔平 復帰の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、岩手県奥州市出身のプロ野球選手(投手、外野手)。
右投左打。
MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。
マネージメント契約はホリプロ(2016年12月 - )。
投手と打者を本格的に両立する二刀流であり、2014年にはNPB史上初となる「2桁勝利・2桁本塁打」(11勝、10本塁打)を達成。
翌2015年には最優秀防御率、最多勝利、最高勝率の投手タイトルを獲得。
翌2016年には、NPB史上初の「2桁勝利・100安打・20本塁打」を達成。
投打両方で主力として日本ハムのリーグ優勝と日本一に貢献し、NPB史上初となる投手と指名打者の2部門でのベストナインの選出に加え Sponichi Annex、リーグMVPに選出された。
球速160km/hの日本のアマチュア野球最速投球記録、更に165km/hのNPB最速投球記録保持者である。
MLBに移籍した2018年には全米野球記者協会によるア・リーグ最優秀新人選手賞(新人王)に選出された。
日本人選手としては史上4人目。
* 靴のサイズは28.5cm2017年1月1日の嵐にしやがれの放送内容より。
* 血液型はB型大谷翔平23弾 - プロ野球オーナーズリーグ AkaWiki。
* 父の徹は岩手県立黒沢尻工業高等学校時代は外野手で卒業後は三菱重工横浜でプレーしていた元社会人野球選手。
現在は金ケ崎シニアの監督。
* 母の加代子は元バドミントン選手として国民体育大会に出場した実績を持つ。
* 7学年上の実兄・龍太は、かつて独立リーグの高知ファイティングドッグスに所属していた。
現在はトヨタ自動車東日本でプレーしており、身長187cmのコーチ兼外野手。
* 2学年上の姉(一般人)もいる。
* 好きな選手にはダルビッシュ有とクレイトン・カーショウを挙げている日刊ゲンダイ、2016年2月18日。
* 高校時代には野手としても高い評価を受けていたが、本人は投手に対する拘りが強く「世界一の投手」を目標に掲げていた。
「誰もやった事が無い様な事をやりたい。
野茂英雄さんもそうですし、成功すれば高校からメジャーへという道も拓けると思う。
160km/hの目標を掲げた時には「無理じゃないか」と言う声もあったが、そう言われると、絶対やってやるという気持ちになる。
刺激というか、やる気になる」という考えから、高校3年時には日本のプロ野球を経ずに直接メジャーリーグ球団との契約を目指す意向がある事を明かし、「日本を選択した場合でも、肉体的ピークだという25歳でメジャーに挑戦していたい」「日本人投手として最初のアメリカ野球殿堂入りを果たしたい。
メジャーで殿堂入りする為にはメジャーで最低15年はやらないといけないという話なので、30歳近くになってからメジャーに挑戦するのは遅いと思う」「マイナーリーグから這い上がってメジャーに行く事も魅力」と話し、日本ハム入団を表明した後も「やっぱり最終的にはメジャーリーグに行ってみたいと思いますし、自分の憧れている場所」と話した。
アメリカで生活していく覚悟についても「その気持ちはあります」と話し、日米の文化や言語、野球の違いについては「合うかどうかというより慣れだと思っています。
そういう意味も含めて、若いうちに慣れた方がいいと思うんです。
だから不安はありません」と話した。
* 日本ハム時代にチームメイトだった上沢直之は「僕のほうが1学年上なのに平気でいじってくる。
タメ口で話し掛けて来る時もある。
クソガキみたいな部分もある。
でも、普段は礼儀正しい」と語っている。
同じく鍵谷陽平は「投手と野手をやっているので全員に隔てなく接して話す事が出来ている。
誰とでも気さくに話すし、言いたい事もしっかり言える性格。
皆んなから親しまれている」と話している。
* プライベートでは外出を殆どせず、「二刀流をやろうとしている事を考えたら、我慢しなくてはいけない事が一杯ある」という方針から外出する際は監督の栗山英樹に許可を得なければならないが、本人は「制限されてもされなくても変わらないと思う。
何したいとか特に無いですし、いいのかなと思います」と話している。
「無趣味」とも公言しており、強いて挙げている趣味は読書とDVD鑑賞。
読書については「その時にもよりますけど、読める時は1日で一気にいっちゃいますし、移動の際とか、時間があって眠くない時に読んでいます」と話し、漫画では井上雄彦の『リアル』や『スラムダンク』、寺嶋裕二の『ダイヤのA』等を読んだ事があると語っている。
* グローブには験担ぎでウェブに揚羽蝶をあしらったり刻印を施している。
* 好物はクレープ。
本人は洋菓子が大好物と語っているが、栄養管理のため比較的油分の少ない和菓子を食べる様にしているという。
* 高校時代の好きな教科は歴史で、「特に幕末が好きですね。
日本が近代的に変わっていく為の新しい取り組みが多くて、歴史的に見ても大きく変わる時代。
革命や維新というものに惹かれるんです」と語っている。

引用:Wikipedia:データベース

大谷翔平 復帰に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも大谷翔平 復帰に関連のある動画ばかりではありません。

大谷翔平 復帰に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング