大橋純子 がん公表とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
大橋純子 食道がんを公表 | 2018/3/15(木) 15:17 - Yahoo!ニュース
歌手の大橋純子が、定期検診で早期の食道がんがみつかったことを明かした。4月以降の仕事をキャンセルするという。
大橋純子 早期の食道がんを公表「本当か、という気持ち」「私を応援して ...
歌手・大橋純子(67)が15日、都内で会見し、定期検診で早期の食道がんがみつかったことを明かした。「ステージ1ぐらい」という。これまで食欲が落ちるなど、自覚症状はなかったという。手術するか、抗がん剤で治療するかは今後決めていく。治療に専念するため、4月以降の仕事をキャンセルすることも明かした。
大橋純子 初期の食道がん公表 4月以降の仕事を治療のためキャンセル ...
王将戦“もぐもぐタイム”豊島八段は「フルーツ盛り合わせ」8連投! [ 2018年3月15日 15:09 ]. 芸能 · 大橋純子 初期の食道がん公表 4月以降の仕事を治療のためキャンセル. [ 2018年3月15日 15:05 ]. 芸能 · 独立決断の相方・たけしにエール ビートきよし「思った通りにやった方がいい」. [ 2018年3月15日 14:50 ]. 芸能 · “タキシード仮面”千葉雄大サプライズ登場にキャー!!「この格好は…」 [ 2018年3月15日 14:34 ]. 芸能 · 小籔千豊、山中慎介の足引っ張った!?カレー話でまさかの告白「ずっと ...
大橋純子 早期の食道がん公表|au Webポータル芸能ニュース
食道がんを患った事を公表する大橋純子=東京都内(撮影・中田匡峻) 歌手・大橋純子 (67)が15日、都内で会見し、定期検診で早期の食道がんがみつかったことを明かした。「ステージ1ぐらい」という。これま.
大橋純子 初期の食道がん公表 4月以降の仕事を治療 ... - au Webポータル
「シルエット・ロマンス」の大ヒットで知られる歌手の大橋純子(67)が15日、都内で会見を開き、初期の食道がんを発表した。 食道がんが見つかったことを公表する大橋純子 年明けの定期検診で食道がんが見つか.
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも大橋純子 がん公表に関連のある画像ばかりではありません。
大橋純子 がん公表の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

大橋 純子(おおはし じゅんこ、1950年4月26日『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.502 - )は、日本の歌手である。
所属事務所はオフィスウォーカー。
1970年代後半から1980年代前半にかけて、北島音楽事務所に所属していたこともある。
所属レコード会社は日本フォノグラム(フィリップスレーベル、現ユニバーサルミュージック)、エピックレコードを経て、現在はバップ。
;1952年北海道夕張市で食堂を営む実家の4人兄弟の末っ子で、長女として生まれた。
血液型はA型である。
子供の頃より洋楽を中心とした環境で育った。
;1969年北海道夕張北高等学校に進学。
;1972年藤女子短期大学に進学。
放送研究会に所属しながら、北海道大学の軽音楽クラブバンドで地元の注目を集める。
当初はハードロックを歌っていたが、後にセルジオ・メンデス&ブラジル'66、ジャニス・ジョプリンなどの影響でソウルフルな歌唱に傾倒し、その頭角を現した。
地元・北海道のHBCラジオで深夜放送のディスクジョッキーも行っていた。
;1974年上京し、ヤマハ音楽振興会でアルバイトをしながらその仲間とバンドで活動を開始する。
日本人離れした歌唱力と音楽性が関係者の耳に止まり、レコード会社のオーディションを受けて合格。
アルバム『フィーリングナウ』でソロデビュー。
;1976年2作目のアルバム『ペイパームーン』のタイトル曲が、最初のヒットとなる。
;1977年『大橋純子&美乃家セントラル・ステイション』(ギタリストは後の一風堂の土屋昌巳)名義でバンド活動し、「シンプル・ラブ」がヒットした。
;1978年「たそがれマイ・ラブ」がTBS系ドラマ『獅子のごとく』主題歌に採用。
大橋自身最大のヒットとなり、同年末『第20回日本レコード大賞』金賞(大賞ノミネート)を獲得。
その後「サファリナイト」もヒットした。
;1979年作曲家の佐藤健と結婚、現在に至るまで夫婦関係にある。
大晦日『第30回NHK紅白歌合戦』へ「ビューティフル・ミー」で初出場を果たした。
;1982年前1981年11月発売の「シルエット・ロマンス」が同年に入ってからロングヒットを果たし、同年末の『第24回日本レコード大賞』では最優秀歌唱賞を受賞。
;1992年「愛は時を越えて」をリリース20万枚のヒット。
;2004年デビュー30周年を記念し、アルバム『trinta』をリリース。
斎藤ノブ、土屋昌巳、中西圭三など、親交のあるミュージシャンたちが参加している。
;2005年ディック・リーの楽曲提供によるシングル「残響」をリリース。
;2007年大橋自身の出身地である夕張市が財政再建団体に認定されたことを受けて、夕張応援チャリティカヴァーアルバム『Terra』をリリース。
初の邦楽カヴァーにチャレンジし、中島みゆき、松山千春、安全地帯、DREAMS COME TRUE、YUKI、GLAYの楽曲を歌った。
;2008年club circuit tourと題し、名古屋ブルーノート、ビルボードライブ大阪、東京で行っているライブツアーが恒例となる。
;2009年邦楽カヴァー第2弾『TERRA2』をリリース。
;2010年ニッポン放送主催『歌姫コンサート』に出演。
5年ぶりのシングル『大人の恋をしましょう』をリリース。
NHK『ラジオ深夜便』のテーマソング。
初のPiano Duo Tourを名古屋ブルーノート、ビルボードライブ大阪、東京で開催。
;2011年中京テレビ主催『イナザワサウンドサーカス』に出演。
;2018年早期の食道がんと診断されたことを公表。

引用:Wikipedia:データベース

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング