大和堆 北漁船とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
大和堆に押し寄せる北漁船 さらわれるイカ「死活問題」 (産経新聞 ...
大和堆を漁場とする日本の漁業者からは、傍若無人に振る舞う北朝鮮漁船に対する 憤り.
EEZ内大和堆にまた北漁船 先月以降700隻排除 - 産経ニュース
大和堆に押し寄せる北漁船 さらわれるイカ「死活問題」
海上保安庁、大和堆で違法操業の北漁船1100隻を排除 - SankeiBiz ...
大和堆を漁場とする日本の漁業者からは、傍若無人に振る舞う北朝鮮漁船に対する憤りの声が相次いでいる。 「東シナ海は中国、北はロシアの漁船に好きなようにやられる中、大和堆は日本の漁業者にとって『最後の豊...- 産経新聞- 24分前

■2018年10月30日
中国企業が半年で撤退通告、和歌山市の「シェアサイクル」存続の危機
 複数の場所で自転車を借りたり返したりできる「シェアサイクル」事業で和歌山市が提携し、運営を任せてきた中国企業「ofo(オフォ)」が突然、今月末で撤退すると市側に通告してきた。今年3月のスタート時には

■2018年10月30日
食品業界のプラごみ削減後押し 農水省、有識者懇談会で方策検討
 農林水産省は29日、農林水産・食品業界のプラスチック削減に向けた取り組みを促進するための有識者懇談会を開催した。外食チェーンや飲料業界の自主的な取り組み事例を集め、それらを後押しするための方策を検討

■2018年10月30日
世界文化賞顧問「力尽くしたい」 ケネディ前駐日米大使、日枝会長と面会
 今年30回目を迎えた「高松宮殿下記念世界文化賞」の国際顧問に11月から就く前駐日米大使のキャロライン・ケネディさん(60)が29日、東京・台場のフジテレビを訪問し、賞を主催する日本美術協会会長の日枝

■2018年10月30日
世界最小メガネザル保護へ 比の絶滅危惧種 関係団体が啓発促進
 フィリピン南部ボホール島の山中に、世界最小といわれるメガネザル「ターシャ」が生息している。体長は成長しても12センチほど。主に同国南部の島々にすむとされるが、森林伐採や密猟が原因で絶滅が危ぶまれてお

■2018年10月30日
タイ プラユット首相、続投への布石着々 民政移管の行方懸念
 タイ軍事政権を率いるプラユット首相が、来年実施予定の総選挙後も首相を続投する意欲を示している。最大のライバル、タクシン元首相派を切り崩そうと同派の支持基盤へ地方行脚を展開し着々と布石を打つ。しかし、

■2018年10月30日
絢子さま 守谷さん ご結婚 「父と母のような夫婦になれるよう努力」
 高円宮妃久子殿下の三女、絢子(あやこ)さまと日本郵船社員の守谷慧(けい)さん(32)との結婚式が29日午前、東京都渋谷区の明治神宮・神楽殿で執り行われた。皇族のご結婚は2014年10月の久子さまの次

■2018年10月30日
【新社長】ウインテスト 姜輝氏
 姜輝氏(しょう・き)中国・復旦大卒。1992年上海中和軟件。97年ウインテスト。取締役などを経て2012年8月から副社長。50歳。中国出身。奈良彰治社長は代表権のある会長。25日就任。

■2018年10月30日
北海道地震 救援金受け付け
 産経新聞社(産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ)とフジサンケイビジネスアイ、ラジオ大阪、産経新聞厚生文化事業団は、北海道地震災害の救援金を、10月31日まで受け付けます。「北海道地震」と明記し、現

■2018年10月30日
【訃報】三宅良彦氏(元戸田建設副社長)
 三宅良彦氏(みやけ・よしひこ=元戸田建設副社長)22日、老衰のため死去、102歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は孫、雄一郎(ゆういちろう)氏。

■2018年10月29日
三菱電機、通期予想を下方修正 スマホ設備需要の低迷影響
 三菱電機は29日、平成31年3月期の通期業績予想を下方修正したと発表した。営業利益を当初予想比100億円減の3050億円(前期比約7%減)、最終利益を50億円減の2400億円(同6%減)にそれぞれ引

■2018年10月29日
レオパレス21、赤字転落へ…アパート施工不良で損失拡大
 賃貸アパート大手のレオパレス21は29日、平成31年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終損益が50億~70億円の赤字に転落する見通しだと発表した。前期は148億円の黒字だった。アパートの施工不良に

■2018年10月29日
北海道地震 救援金受け付け
 産経新聞社(産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ)とフジサンケイビジネスアイ、ラジオ大阪、産経新聞厚生文化事業団は、北海道地震災害の救援金を、10月31日まで受け付けます。「北海道地震」と明記し、現

■2018年10月29日
「終活読本ソナエ」2018年秋号 好評発売中
 特集は「おひとりさまの安心終活術」。急増する1人暮らしの高齢者の住宅探しから葬儀の出し方まで徹底解説します。主婦の保護を手厚くした法改正で「変わる相続10のポイント」や、ライフスタイルに合った「おう

■2018年10月29日
【生かせ!知財ビジネス】プロパティ、インド・中国の事業者と相次ぎ提携
 知財情報関連サービスのプロパティ(東京都新宿区)は、インドの大手調査会社サイテック・パテント・アート(SPA)、中国の大手知財保護サービス会社サイノフェースと業務提携し、日本でのサービスを開始した。

■2018年10月29日
【終活の経済学】こだわりの家族葬(3)充実する葬儀社サービス 専用の貸し切り会場新設
 故人を気持ちよく見送るため、葬儀社も専用会場やプランを新設している。小さな空間に充実のサービスを提供している実例を紹介する。

■2018年10月29日
【寄稿】GCASからJCASへ 2019年G20に向け、脱炭素化の潮流を確実なものに
 米カリフォルニア州サンフランシスコで9月14日までの3日間、「グローバル気候行動サミット(GCAS)」が開催された。これは、各国政府の代表が参加する通常のサミットとは異なり、非国家アクター(企業、自

■2018年10月27日
免震不正、価値に影響? 民間物件の公表停滞
 KYBは不正やその疑いがある免震・制振装置が設置された物件名を順次公表するとしていたにもかかわらず、26日の追加公表は18件にとどまり、公表ペースが停滞している。装置は各地の施設に採用され、民間のマ

■2018年10月27日
西日本豪雨 3県に救援金 産経新聞社など寄託
 西日本豪雨の被災者支援のため、産経新聞社とフジサンケイビジネスアイ、産経新聞厚生文化事業団は26日、全国から寄せられた救援金2億5740万8079円全額を、甚大な被害が出た岡山、広島、愛媛の3県に3

■2018年10月27日
北海道地震 救援金受け付け
 産経新聞社(産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ)とフジサンケイビジネスアイ、ラジオ大阪、産経新聞厚生文化事業団は、北海道地震災害の救援金を、10月31日まで受け付けます。「北海道地震」と明記し、現

■2018年10月27日
【新社長】明光ネットワークジャパン 山下一仁氏
 山下一仁氏(やました・かずひと)北海学園大卒。2007年明光ネットワークジャパン。常務、専務などを経て15年11月から副社長。58歳。北海道出身。11月22日就任。田上節朗社長は退任。

■2018年10月27日
【訃報】河合徳太郎氏(元大和ハウス工業常務)
 河合徳太郎氏(かわい・とくたろう=元大和ハウス工業常務)24日、肝内胆管がんのため死去、88歳。葬儀・告別式は30日午前10時半、東京都世田谷区砧2の4の27、東京メモリードホールで。喪主は次男、泰

■2018年10月27日
【新社長】千趣会 梶原健司氏
 梶原健司氏(かじわら・けんじ)龍谷大卒。1988年千趣会。執行役員を経て2015年3月から取締役。57歳。兵庫県出身。星野裕幸社長は顧問。11月1日就任。

■2018年10月27日
【人事】JESCOホールディングス
 ◇JESCOホールディングス(11月27日)取締役 村口和孝▽監査役 畑中達之助▽退任 取締役奥村晴英、監査役向井久志

■2018年10月27日
【訃報】平賀一次氏(元秩父小野田〈現太平洋セメント〉社長)
 平賀一次氏(ひらが・かずつぐ=元秩父小野田〈現太平洋セメント〉社長)24日、老衰のため死去、85歳。葬儀・告別式は近親者で行う。

■2018年10月27日
【人事】ティーライフ
 ◇ティーライフ(25日)取締役(常務)萩原俊彦

■2018年10月26日
北海道地震 救援金受け付け
 産経新聞社(産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ)とフジサンケイビジネスアイ、ラジオ大阪、産経新聞厚生文化事業団は、北海道地震災害の救援金を、10月31日まで受け付けます。「北海道地震」と明記し、現

■2018年10月26日
【人事】JPホールディングス
 ◇JPホールディングス(24日)取締役 関昭太郎、王厚龍、穴田卓司▽監査役 関博文、勝又英博、竹内大和、佐原忠一、戎正晴

■2018年10月26日
【人事】トランザクション
 ◇トランザクション(11月29日)取締役 猪口祐紀子、櫟本健夫▽退任 取締役富田直也

■2018年10月26日
【訃報】田口昭二氏(元東亜道路工業会長)
 田口昭二氏(たぐち・しょうじ=元東亜道路工業会長)23日、肺炎のため死去、91歳。告別式は近親者で行った。喪主は長男、正之(まさゆき)氏。

■2018年10月26日
【人事】大庄
 ◇大庄(11月27日)取締役 野間信護、市川誠一▽退任 専務水野正嗣

大和堆で北漁船1100隻を排除 海保:イザ! - iza(イザ!)
大和堆に押し寄せる北漁船 警告・威圧…緊迫の取り締...- 産経新聞- 3時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも大和堆 北漁船に関連のある画像ばかりではありません。
大和堆 北漁船の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

大和堆(やまとたい)とは、日本海中央部に位置する浅い部分(堆、海底山脈)である。
最も浅い部分で水深236mであり、日本海有数の好漁場となっている。
大和堆の中央部は北東から南西方向に深さ2000mに及ぶ渓谷によって分割されており、日本に近い側を大和堆、反対側を北大和堆と呼ぶ。
大和堆は日本の排他的経済水域(EEZ)に当てはまる北朝鮮漁船による違法操業が相次いでおり、海上保安庁が巡視船による放水などで排除・取り締まりを行っている。
『産経新聞』朝刊2017年9月1日。
が、北大和堆はそうではない。
大和海嶺の一部であり、北は日本海盆、南は大和海盆に接している。
大和堆は、1924年に水産講習所(現在の東京海洋大学)の調査船「天鴎丸」によって発見された。
1926年、日本海軍水路部の測量艦「大和」が精密測量を行い、大和堆と命名した。
この発見まで、日本海は一様に深い海と考えられていた。
ユーラシア大陸東縁に沿って直線的な形でくっついていた古日本列島が、新第三紀に入って大陸から分離される際、日本海の拡大のために発生した海嶺の跡である。
現在は活動していない。

引用:Wikipedia:データベース

大和堆 北漁船に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも大和堆 北漁船に関連のある動画ばかりではありません。

大和堆 北漁船に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング