増嶋竜也 退団とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
仙台増嶋が今季限りで退団、柏から期限付き移籍満了 - J1 : 日刊スポーツ
ベガルタ仙台のDF増嶋竜也(32)が今季限りで退団することが12日までに明らかに なった。 柏レイソルからの期限付き移籍が満了する増嶋は、今季20試合に先発出… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。
増嶋が仙台退団 潮田さんの夫 | 2017/12/13(水) 14:56 - Yahoo!ニュース
柏レイソルから期限付き移籍していたベガルタ仙台のDF増嶋竜也が今季限りで退団。 元女子バドミントン日本代表の潮田玲子さんの夫。
#増嶋竜也 • instagram photos and videos - instagram viewer - invi.club
仙台増嶋が今季限りで退団、柏から期限付き移籍満了
Images about #増嶋竜也 on Instagram - Imgrum
ベガルタ仙台のDF増嶋竜也(32)が今季限りで退団することが12日までに明らかになった。 柏レイソルからの期限付き移籍が満了する増嶋は、今季20試合に先発出場し、11月のホーム大宮アルディージャ戦で...- 日刊スポーツ- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも増嶋竜也 退団に関連のある画像ばかりではありません。
増嶋竜也 退団の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

増嶋 竜也(ますしま たつや、1985年4月22日 - )は、千葉県千葉市出身のプロサッカー選手。
Jリーグ・ジェフユナイテッド市原・千葉所属。
ポジションはディフェンダー(DF)。
セント・フォースとマネジメント契約。
*母校市立船橋や藤枝MYFCでコーチを務めた増嶋真也は実弟 (2015年11月20日)。
*2012年9月30日、元バドミントン日本代表・潮田玲子との入籍を発表 スポーツニッポン 2012年9月30日閲覧 柏レイソル 2012年9月30日閲覧。
*2015年、潮田も所属する芸能事務所・セント・フォース 増嶋竜也オフィシャルブログ (2015年2月20日) のスポーツ・文化人セクションである「セント・フォースZONE」とマネジメント契約。
*ロックバンド・10-FEETのファンであることを公言しており (2014年7月13日) 日立台広報日記 2014年7月10日付、メンバーとも交流がある (2012年3月19日) 増嶋達也 旧公式ブログ (2011年4月9日)。
彼らが主催している音楽フェス「京都大作戦」にも足を運んだことがある。
小学2年生の時に兄に誘われてサッカーを始める。
1999年度の全国高校選手権を制した市立船橋高校に憧れ、2001年に同校へ進学。
センターバック(CB)にコンバートされ 182ch、同年のインターハイで優勝に貢献。
1年生で唯一優秀選手に選出された。
2年時には全国高校選手権、3年時には高円宮杯で優勝し、高校生年代の3大タイトルを獲得した。
高校No.1DFとして Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2003年12月13日) 日刊スポーツ (2003年) 多くのJリーグクラブが獲得に名乗りを上げる中、2003年10月にFC東京への加入内定が発表された FC東京 (2003年10月29日)。
また、この年には主将としてチームを牽引し、同期の石井秀典、カレン・ロバート、佐藤優也、鈴木修人、高橋昌大らと共に冬の天皇杯で3回戦に進出 Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2003年12月14日)。
J1で優勝したばかりの横浜F・マリノスを相手に互角以上の闘いを演じたが スポーツナビ (2003年12月14日)、増嶋は後半終了間際に2度目の警告を受けて退場。
その後PK戦までもつれチームは敗退。
なお、この試合の退場による出場停止処分は、2週間後の全国高校選手権の初戦に課された。
2004年よりFC東京に加入。
第1節の新潟戦で早速公式戦デビューを果たした Jリーグ (2004年6月26日)。
同年開催のAFCユース選手権ではU-19日本代表の主将を務め、3バックの中央に入り守備を統率 スポーツナビ (2004年9月24日)。
翌年のワールドユース出場権を確保したものの、増嶋にとってはPK失敗やオウンゴールなど苦い経験を味わった 東京中日スポーツ (2004年10月22日)。
大熊清U-20代表監督からの信頼は厚く、ワールドユースでも代表主将を務め、全試合に出場した。
2006年、J1第6節横浜FM戦でFC東京での初得点を記録。
後半ロスタイムに今野泰幸のヘディングからの落としをボレーで蹴りこんだ Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2006年4月1日)。
同年8月より2008年のオリンピックを目指す日本代表が新たに発足し、増嶋も名を連ねたが J's GOAL (2006年8月29日)、FC東京では茂庭照幸・ジャーンのCBコンビに阻まれ Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2007年6月19日)、起用は彼らの負傷時などに限定され Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2006年11月10日)、レギュラー奪取には至らなかった。
2007年、日本代表から遠ざかりつつあった状況に危機感を抱き、出場機会を求め 東京中日スポーツ (2008年1月8日)ヴァンフォーレ甲府へ1年間の期限付き移籍 FC東京 (2007年1月9日) ヴァンフォーレ甲府 (2007年1月9日)。
中心選手との一角となり空中戦の強さを見せた。
2008年は京都サンガF.C.へと期限付き移籍 FC東京 (2008年1月8日) ヴァンフォーレ甲府 (2008年1月8日) 京都サンガF.C. (2008年1月8日)。
レギュラーを確保したが、代表復帰は果たせなかった。
京都では右サイドバック(SB)でも起用され、新たな武器としてロングスローを放ち好機を演出した スポーツ報知 (2008年12月10日)。
2009年からは京都へ完全移籍 FC東京 (2009年1月14日) 京都サンガF.C. (2009年1月14日)。
2011年、地元千葉県でのプレーを望み 千葉日報 (2011年1月26日)柏レイソルへ完全移籍 京都サンガF.C. (2011年1月6日) 柏レイソル (2011年1月6日)。
開幕当初は右SBとして出場するも、その後はSB酒井宏樹の台頭やCB朴東赫の離脱により 柏レイソル、CBとして出場機会が増えていった。
最終的にリーグ戦では25試合に出場し、チームのJ1初優勝に貢献した。
2012年も前年に続いてCBのレギュラーを確保し、キャプテンの大谷秀和からキャプテンマークを託されることもあった BLOGOLA (2012年10月26日)。
2013年は鈴木大輔の加入や橋本和の負傷もあり、序盤は左SBとして出場することが多かった。
夏場以降、鈴木の台頭や自身の負傷離脱 柏レイソル (2013年10月4日) もあったが、最終的にリーグ戦25試合に出場。
最終ラインの何処に入っても遜色のないプレーでチームを支えた。
2014年は、シーズン半ばまで出場機会が得られなかったが、中盤戦以降はケガ人が出たチーム状況もあって先発出場の機会を増やし、公式戦20試合に出場。
同年12月に両足関節遊離体除去手術に臨んだ 柏レイソル (2014年12月10日)。
2015年開幕に復帰を間に合わせたものの、1st第2節仙台戦で前十字靭帯を損傷し長期離脱を強いられた 柏レイソル (2015年3月17日)。
2016年開幕節で先発復帰。
2016年12月15日、J1・ベガルタ仙台へ期限付き移籍することが発表された。
移籍期間は2017年2月1日から2018年1月31日までの1年間。
なお、2017シーズンにおける柏レイソルとの対戦には出場できない。
2017年12月27日、ジェフユナイテッド市原・千葉へ期限付き移籍することが発表された。

引用:Wikipedia:データベース

増嶋竜也 退団のツイート

増嶋竜也 退団に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも増嶋竜也 退団に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング