堂本光一 上田竜也とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
「SHOCK」20周年公演ライバル役は上田竜也、堂本光一「成長 ...
28分前 - 堂本光一が演出・主演を務める「Endless SHOCK 20th Anniversary」が、2020年2月4日から3月31日まで東京・帝国劇場で上演される。
堂本光一「SHOCK」20周年公演、ライバル役はKAT ... - ナタリー
堂本光一、20周年「SHOCK」 ライバル役に上田竜也
上田竜也『SHOCK』 - ORICON NEWS
アイドルグループ「KinKi Kids」の堂本光一(40)が20日、東京・帝国劇場で、主演と演出を手がけるミュージカル「Endless SHOCK」(来年2月4~3月31日)の製作発表を行った。 フ...- 中日スポーツ- 6分前
上田竜也『SHOCK』 - ORICON NEWS
上田竜也『SHOCK』17年ぶり出演 堂本光一へ過...- オリコン- 58分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも堂本光一 上田竜也に関連のある画像ばかりではありません。
堂本光一 上田竜也の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

堂本 光一(どうもと こういち、1979年1月1日 - )は、日本のアイドル、歌手、俳優、タレントであり、アイドルデュオ・KinKi Kidsのメンバー。
本名同じ。
兵庫県芦屋市出身。
ジャニーズ事務所所属。
身長168cm。
血液型はB型。
相方の堂本剛と同姓だが、血縁関係はない。
; 仕事: 自他共に認める仕事人間である。
仕事が自分の生活や人生すべてで「仕事が趣味」「仕事以外の時間はおまけ程度」とすら言うこともあり、物事の考え方や性格など今の堂本光一は全部仕事から得たもので組み立てられていると考えているため、「堂本光一から仕事をとったら何も残らない」「堂本光一ではなくなる」と断言する。
目標を掲げたり先の予定を立てるのが好きではなく、仕事でもこんなことがしたいと自分から言ったり選んだりすることは無いが、「目の前にある仕事に対して常に責任感を持ち、今自分が持っているものを全力で出して向き合えば次に繋がっていく」と常々話し、過ぎたことは振り返らずに今を精一杯生きて前へ進むことのほうが大事だと考えている。
また、好きで仕事をやっているのだから、ストレスは無いと言い切る。
そんな姿をストイック、プロ意識が高い、完璧主義者と評価する人間や憧れる後輩が多いが、本人は「単純に、やらなきゃ怖くてステージに立てないだけ」などと否定する。
2012年8月の時点で『Myojo』表紙登場回数1位になるなど職業柄撮られることが多いにも関わらず、写真は苦手。
取材やインタビューでは話を盛ったりリップサービスをせず、発言には長年にわたってブレが無い。
; 王子: その風貌からファンやメディアに昔から""と称されることが多く、オリコンの白馬の王子様ランキングで1位になったこともある。
同じく王子を自称していた及川光博からも「日本の王子様は光一君、君だけだよ」と言われ、堤幸彦は「王子といえば光一」という発想からドラマ『スシ王子!』の主役に光一を抜擢した。
その呼び方は日本にとどまらず、2011年のソロアジアツアーで韓国に行った際は、プロモーションのために出演した音楽番組『M! Countdown』で"Asian Lovely Prince"と紹介された。
年齢を重ね、"王様"に変えようとした動きもあるが、その呼び方はいまだ根強い。
ちなみに本人は「随分前からネタです」と割り切っている。
; 野球: スポーツで好きなのは野球で、昔は1位に野球、2位にモータースポーツを挙げていた。
プロ野球では巨人ファンであり、なかでも原辰徳監督や川相昌弘のファン。
芦屋で幼稚園に通っていた頃、母親と散歩中に近所の竹園ホテルで王貞治監督に遭遇し、サインをもらった上に「大きくなったら巨人軍にいらっしゃい」という言葉をもらったり、2000年に収録現場でバッタリ会った巨人の上原浩治選手にストレートの投げ方を教えてもらったこともある。
野球好きと巨人ファンであることを公言していたため、野球界で何かあると各スポーツ紙にコメントを求められて発表することもあるが、好きな選手が引退したこともあり、2007年頃には「最近のプロ野球事情はわからない」 別冊付録冊子というような発言が増えて野球の話は減り、次第にF1の話の割合の方が多くなっていった。
: 野球は観るだけでなく自身でもプレイしており、その歴史も小学校の頃からと長い。
元々は高校野球をしていて巨人ファンだった父親の影響で野球をはじめ、リトルリーグに入り、ショートやサードを守っていた。
仕事を始めてからもジャニーズ大運動会(野球大会)に出場して4番・ピッチャーを務め、1998年の大会ではMVPも受賞した。
同じ1998年にはジャニーズ・エンタテイメントのスタッフと草野球チームも結成している。
肩を痛めてからはファーストに回るようになったが、プライベートではその後も暫くは草野球を続けていた。
公の場では『銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜』のプロモーションの一環で始球式に出たり、2009年12月13日に東京ドームで行われたジャニーズ大運動会に野球のみ参加したり、2011年5月29日に行われたMarching Jのチャリティー野球大会や、2016年4月13日に行われたジャニーズ野球大会でプレイしたりする姿を見せている。
; 車・F1: 近所に住んでいたお兄さんのような存在の人の影響で小さい頃から車が好きになり、将来の夢はタクシーの運転手だった。
やがてその興味はF1にも広がる。
初めて好きになった選手は中嶋悟で、日本人初のF1パイロットとしてロータスで走っていた頃から全戦観戦している。
なかでも1989年のオーストラリアGP(「雨のナカジマ」)や1991年の同じくオーストラリアGPでのラストランを忘れられない思い出のレースとして挙げており、「日本人ドライバーのパイオニア」「僕をF1に導いてくれた大きな存在」であると話す。
他に、F1世界選手権ワールドチャンピオンのアイルトン・セナと、ミハエル・シューマッハも特別な存在として挙げている。
F1チームの中ではフェラーリをこよなく愛し、自身が乗っている車もフェラーリで、著書『僕が1人のファンになる時』ではその愛車・430スクーデリアも公開している。
: 芸能界きってのF1ファンとも言われ、本人もF1は自身にとって「最高のエンターテイメントで究極の娯楽」だと話す。
F1関連の仕事も多数経験しており、2000年と2002年にフジテレビF1中継にゲスト出演した。
2007年にはブリヂストンF1日本GPプレスミーティングで進行役を務め、2009年10月には鈴鹿サーキットで行われた2009年日本グランプリに国際自動車連盟 (FIA)唯一の公式VIPゲストとして招待され、前夜祭イベントやフジテレビF1中継等に出演した。
プライベートでも2005年9月にベルギーグランプリを、2011年に鈴鹿で日本グランプリを現地観戦している。
2007年から2012年まで毎年東京中日スポーツでF1に関するコラム「光速CORNER」を連載していたほか、2006年から2015年まで雑誌『GRAND PRIX SPECIAL(F1グランプリ)』(ソニー・マガジンズ)で「F1賛歌」を連載していた。
また、専門家も驚くほどF1に精通していると製作側に白羽の矢を立てられ、2014年にはF1映画『ラッシュ プライドと友情』でジェームス・ハント役として声優出演した。
: モータースポーツジャーナリストの川井一仁とは2000年イタリアGPのモンツァで初対面した当初から意気投合し、以降親交を深めるようになる。
テレビで生中継を見る時は、川井からメールでレースの資料用のデータやレポートなどの情報を送ってもらい、パソコンも開いてラップタイムを見ながら観戦するのが常。
; 食: 好きな食べ物は桃やイチゴなどの水分の多い果物、タコ、イカ、モズク、豚の生姜焼きなどで、苦手な食べ物はナス、臓物系の料理、パクチー、おにぎりなど。
特に生クリームやあんこなどの甘い物が苦手で、大福やタイ焼きは外側の皮しか食べられない。
基本的に食にあまり興味やこだわりが無く、他に夢中になることがあると食べるという行為自体を忘れてしまう。
時に周りが驚くほどの食欲を突然みせることもあるが、普段は「生きるために食べているだけ」という趣旨の発言をすることもしばしば。
しかしコーラは大好きで、「無ければ死んでしまう」と話すほど。
氷を入れて飲むのが好き。
2003年にコカ・コーラのCMが決まった時はかなり喜んでいた。
; ゲーム・デジタル: ゲーム好きで、特にファイナルファンタジーシリーズ (FF) をはじめとするロールプレイングゲーム系を好む。
中でもFF10がお気に入りで、FF10でワッカ役を演じていた声優中井和哉と『獣王星』で共演した際は嬉しかったという。
その後、自身のライブDVD『KOICHI DOMOTO CONCERT TOUR 2006 mirror〜The Music Mirrors My Feeling〜』のCMではナレーションを中井が担当した。
オンラインゲームでは『Endless SHOCK』でも共演する植草克秀と交流を深める。
: デジタルには明るく、メカ類も好きで、子供の頃は何でもすぐに分解してよく怒られていた。
パソコンやiPhoneなど昔から変わらずMac派で、アスキー・メディアワークスが発行するMacintoshなどアップル専門のパソコン雑誌の表紙にも登場した。
携帯アプリでふぉ〜ゆ〜ら後輩とメールのやりとりをしたり、パソコンでF1観戦時のデータ解析や音楽を制作したりする。
; 理科・科学: 好きな科目は理科や科学。
時に“ジャニーズ一の科学オタク”と称されるほどの興味の持ちようで、相対性理論などがコンサートのMCで話題になることも少なくない。
水や光の屈折、究極の丸についてなど、日常生活において普通に存在するものについて興味をもち、当たり前の事柄や現象に疑問を感じる。
それが当たり前ではなくなる宇宙も子供の頃から好きで、NHKでは火星関連番組、科学好きが高じて科学番組『ちょこっとサイエンス』や『堂本光一のNEWS LABO』の司会も務めた。
; ペット: 長年“猫が好きだが猫アレルギー”を公言し、過去に「ウニ」「ゆず」という名前の猫を飼うなどどちらかといえば猫派の姿勢を示しており、自分より先に死なれるのが嫌だからもうペットは飼わないと言っていたため、2009年5月に突然メスのロングコート・チワワの「パン」を飼い始めた時にはファンや周囲を驚かせた。
その後は自身のソロコンサートや番組に出演させたり、ソロの音楽リリース作品の特典として画像や映像を残すなど、自他共に認める親バカぶりをみせている。
ちなみに犬・猫に限らず昔から動物は大好き。
※ソロ活動を中心に記載。
KinKi KidsやJ-FRIENDSとしての活動は各ページを参照のこと。

引用:Wikipedia:データベース

堂本光一 上田竜也に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも堂本光一 上田竜也に関連のある動画ばかりではありません。

堂本光一 上田竜也に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング