地面師とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ご用心! 不動産のプロまでダマされる「地面師」たちの手口(森 功) | 現代 ...
地面師は古く70年前の終戦後のドサクサに跋扈した。日本全国どの町でも役場が戦災 に遭って機能しない時代だ。地面師たちは勝手に縄を張って土地の所有者になりすまし 、土地の登記をはじめとした関係書類をでっちあげた。そして、それを転売してぼろ儲け  ...

■2017年8月10日
大炎上したテレビ朝日「ビキニ事件とフクシマ」番組を冷静に検証する
8月6日に放送されたテレビ朝日のドキュメンタリー番組には、放映前『ビキニ事件63年目の真実~フクシマの未来予想図』というタイトルがつけられていた。「福島と福島県民の思いをないがしろにしている」として大

■2017年8月10日
科学界で話題!劇的効果の最新「肥満治療」
体内で分泌される、ある種の生殖ホルモンに対する抗体療法が、体脂肪の大幅な減少と骨量の増加を促すことが米国の研究チームによって発見され、科学者の間で大きな関心を呼んでいる

■2017年8月10日
自殺者が出ても簡単には変えられない新国立競技場「過酷な労働環境」
新国立競技場の工事に従事していた入社1年目の下請け会社の男性社員が自殺した問題は、「次の自殺」を想定しなければならない事態となっている。

■2017年8月10日
前川喜平元文科省事務次官もハマった「出会い系バー」潜入ルポ
「出会い系バー、先週土曜日に行ったら年下男性ばかりで、しかもわたしみたいな人妻はセックスに飢えているからタダでできると思ってる自信過剰男ばかり。28歳だとか言ってたわ。ごめん、タイプじゃないのって断り

■2017年8月10日
学校では習わなかった…日本を襲う「悲劇的な未来」を回避する方法
日本が後を追うアメリカという国を通して見える「未来」と、日米の法的構造の歴史を紐解くことでわかる「過去」――。この国の「悲劇的な未来」の訪れを食い止めるためには、そのふたつを知っておくことが重要だとい

■2017年8月10日
追跡せよ!陸自特殊部隊が渋谷・歌舞伎町で行っている極秘訓練
2004年に新設された陸上自衛隊の対テロ特殊部隊・特殊作戦群。秘密のヴェールに包まれた彼らは、何と渋谷や歌舞伎町の繁華街で、極秘の「特殊訓練」を行っていた!

■2017年8月10日
「ソウルも米国も火の海に」そして北朝鮮が戦略計算する日本での策動
ミサイル実験などで緊迫している北朝鮮問題だが、じつは冷戦後からほとんど構図が変わっていない。問題解決のためには、どうすればよいか。これからの展望も含めて論じたい。

■2017年8月10日
元会長が激白!明治が泣く泣く「カール」から撤退するまで
国民的商品を捨てる!? 「カール」の東日本での販売停止が発表され、誰もが耳を疑った。合理的な経営判断か、小手先のリストラか――。決断の裏で、経営陣は苦悩していた。元最高幹部が初めて語る。

■2017年8月10日
人生って何ですか?小島慶子さんから佐藤愛子さんへの5つの質問
6月20日に本誌連載エッセイ『るるらいらい日豪往復出稼ぎ日記』を 上梓した小島さん。仕事、夫婦、書くこと、子育て…… 人生の大先達であり今なお第一線で活躍されている 佐藤愛子氏に、人生の奥義をお聞きし

■2017年8月09日
国連事務次長・中満泉さんが明かす「世界で活躍するための秘訣」
2017年8月6日、広島の平和式典に出席した一人の日本人女性に注目が集まった。国連ニューヨーク本部で、軍縮担当事務次長・上級代表のポストに就く中満泉氏である。人道危機の現場に立ち、国際政治の第一線で活

■2017年8月09日
江戸の城下町では離婚・バツイチが当たり前だったのはなぜか
江戸時代に妻の浮気で離婚する場合、条件は妻に有利になる!? 『世界一受けたい授業』で人気の河合敦が送る摩訶不思議な江戸時代。

■2017年8月09日
東芝の上場廃止問題が、まるで「ババ抜き状態」になってきた
東芝の、2017年3月期決算の有価証券報告書の提出期限が8月10日に迫ってきた。監査法人は意見表明を拒んでおり、また債務超過の可能性も否定できない。ただ、東証上場廃止の条件に抵触しても、廃止決定を関係

■2017年8月09日
金融ベンチャー叩きで露呈した「新しいモノ潔癖症」という日本の悪弊
日本では斬新なサービスが登場するたびに社会がヒステリックに反応する。このままでは優良なサービスが育たない社会になってしまうだろう。

■2017年8月09日
Uberを窮地から救えるか? アリアナ・ハフィントンの挑戦
2017年6月20日、Uberの創業者であるトラヴィス・カラニックが同社のCEOを辞任した。度重なる不祥事、世界各地で高まる反発…。曲がり角を迎えたシリコンバレーのゆくえ。

■2017年8月09日
フィリピン「深刻すぎる薬物戦争」は、日本が蒔いた種が原因だった
ドゥテルテ大統領の「薬物戦争」宣言から1年あまり。いまだに彼の政策は国民の大きな支持を受けている。しかし、この国の薬物汚染は日本がもたらしたことを知っているだろうか。

■2017年8月09日
薬物依存症患者と接するなかで学んだ、二つの大事なこと
フィリピン大統領のドゥテルテ氏は、大々的に「薬物戦争」を宣言し、世界最悪の薬物汚染状況をどうにかしようと取り組んでいる。しかし、薬物に関わる人物の殺害も辞さない強行的な姿勢が世界的に批判されている。支

■2017年8月09日
子どもに負債を残したくないなら知っておきたい「資産価値」の話
中古マンションの価格を部屋ごとに検索できる画期的なサービス『家いくら?』が登場した。その狙いは何なのか。どんな将来を見据えているのか。運営するDGコミュニケーションズ(東京都港区)の石鍋紀彦取締役に話

■2017年8月09日
早実・清宮幸太郎が明かす「18歳の青春」「将来のこと」
次は何を見せてくれるのか――。こんなに楽しみな高校生はいない。夏だけでなくこの「秋」も、主役はこの男だ。だが本人はいたって冷静に、淡々と語る。まるで自分に言い聞かせているように。

■2017年8月08日
「フィリピンパブ嬢のヒモ」だった僕が結婚し、子供が産まれるまで
「フィリピンパブ嬢のヒモだった僕が結婚し『送金地獄』にハマるまで」が大反響を呼んだ中島弘象さん。フィリピンパブ嬢である奥様のミカさんがまさかの妊娠。異国の地での妊娠・出産はなかなかどうして大変だった…

■2017年8月08日
習近平政権2期目の人事「3つの掟破り」は成功するか
先週まで、習近平主席が迷彩服を着込んで軍事パレードを行ったりして喧しかったが、ここ数日は最高幹部の動向が鳴りを潜め、立秋を迎えた北京はひっそりとしている。

積水ハウスから63億円をだまし取った「地面師」の恐るべき手口(伊藤 ...
積水ハウスから63億円をだまし取った「地面師」の恐るべき手口...

■2017年8月10日
大炎上したテレビ朝日「ビキニ事件とフクシマ」番組を冷静に検証する
8月6日に放送されたテレビ朝日のドキュメンタリー番組には、放映前『ビキニ事件63年目の真実~フクシマの未来予想図』というタイトルがつけられていた。「福島と福島県民の思いをないがしろにしている」として大

■2017年8月10日
科学界で話題!劇的効果の最新「肥満治療」
体内で分泌される、ある種の生殖ホルモンに対する抗体療法が、体脂肪の大幅な減少と骨量の増加を促すことが米国の研究チームによって発見され、科学者の間で大きな関心を呼んでいる

■2017年8月10日
自殺者が出ても簡単には変えられない新国立競技場「過酷な労働環境」
新国立競技場の工事に従事していた入社1年目の下請け会社の男性社員が自殺した問題は、「次の自殺」を想定しなければならない事態となっている。

■2017年8月10日
前川喜平元文科省事務次官もハマった「出会い系バー」潜入ルポ
「出会い系バー、先週土曜日に行ったら年下男性ばかりで、しかもわたしみたいな人妻はセックスに飢えているからタダでできると思ってる自信過剰男ばかり。28歳だとか言ってたわ。ごめん、タイプじゃないのって断り

■2017年8月10日
学校では習わなかった…日本を襲う「悲劇的な未来」を回避する方法
日本が後を追うアメリカという国を通して見える「未来」と、日米の法的構造の歴史を紐解くことでわかる「過去」――。この国の「悲劇的な未来」の訪れを食い止めるためには、そのふたつを知っておくことが重要だとい

■2017年8月10日
追跡せよ!陸自特殊部隊が渋谷・歌舞伎町で行っている極秘訓練
2004年に新設された陸上自衛隊の対テロ特殊部隊・特殊作戦群。秘密のヴェールに包まれた彼らは、何と渋谷や歌舞伎町の繁華街で、極秘の「特殊訓練」を行っていた!

■2017年8月10日
「ソウルも米国も火の海に」そして北朝鮮が戦略計算する日本での策動
ミサイル実験などで緊迫している北朝鮮問題だが、じつは冷戦後からほとんど構図が変わっていない。問題解決のためには、どうすればよいか。これからの展望も含めて論じたい。

■2017年8月10日
元会長が激白!明治が泣く泣く「カール」から撤退するまで
国民的商品を捨てる!? 「カール」の東日本での販売停止が発表され、誰もが耳を疑った。合理的な経営判断か、小手先のリストラか――。決断の裏で、経営陣は苦悩していた。元最高幹部が初めて語る。

■2017年8月10日
人生って何ですか?小島慶子さんから佐藤愛子さんへの5つの質問
6月20日に本誌連載エッセイ『るるらいらい日豪往復出稼ぎ日記』を 上梓した小島さん。仕事、夫婦、書くこと、子育て…… 人生の大先達であり今なお第一線で活躍されている 佐藤愛子氏に、人生の奥義をお聞きし

■2017年8月09日
国連事務次長・中満泉さんが明かす「世界で活躍するための秘訣」
2017年8月6日、広島の平和式典に出席した一人の日本人女性に注目が集まった。国連ニューヨーク本部で、軍縮担当事務次長・上級代表のポストに就く中満泉氏である。人道危機の現場に立ち、国際政治の第一線で活

■2017年8月09日
江戸の城下町では離婚・バツイチが当たり前だったのはなぜか
江戸時代に妻の浮気で離婚する場合、条件は妻に有利になる!? 『世界一受けたい授業』で人気の河合敦が送る摩訶不思議な江戸時代。

■2017年8月09日
東芝の上場廃止問題が、まるで「ババ抜き状態」になってきた
東芝の、2017年3月期決算の有価証券報告書の提出期限が8月10日に迫ってきた。監査法人は意見表明を拒んでおり、また債務超過の可能性も否定できない。ただ、東証上場廃止の条件に抵触しても、廃止決定を関係

■2017年8月09日
金融ベンチャー叩きで露呈した「新しいモノ潔癖症」という日本の悪弊
日本では斬新なサービスが登場するたびに社会がヒステリックに反応する。このままでは優良なサービスが育たない社会になってしまうだろう。

■2017年8月09日
Uberを窮地から救えるか? アリアナ・ハフィントンの挑戦
2017年6月20日、Uberの創業者であるトラヴィス・カラニックが同社のCEOを辞任した。度重なる不祥事、世界各地で高まる反発…。曲がり角を迎えたシリコンバレーのゆくえ。

■2017年8月09日
フィリピン「深刻すぎる薬物戦争」は、日本が蒔いた種が原因だった
ドゥテルテ大統領の「薬物戦争」宣言から1年あまり。いまだに彼の政策は国民の大きな支持を受けている。しかし、この国の薬物汚染は日本がもたらしたことを知っているだろうか。

■2017年8月09日
薬物依存症患者と接するなかで学んだ、二つの大事なこと
フィリピン大統領のドゥテルテ氏は、大々的に「薬物戦争」を宣言し、世界最悪の薬物汚染状況をどうにかしようと取り組んでいる。しかし、薬物に関わる人物の殺害も辞さない強行的な姿勢が世界的に批判されている。支

■2017年8月09日
子どもに負債を残したくないなら知っておきたい「資産価値」の話
中古マンションの価格を部屋ごとに検索できる画期的なサービス『家いくら?』が登場した。その狙いは何なのか。どんな将来を見据えているのか。運営するDGコミュニケーションズ(東京都港区)の石鍋紀彦取締役に話

■2017年8月09日
早実・清宮幸太郎が明かす「18歳の青春」「将来のこと」
次は何を見せてくれるのか――。こんなに楽しみな高校生はいない。夏だけでなくこの「秋」も、主役はこの男だ。だが本人はいたって冷静に、淡々と語る。まるで自分に言い聞かせているように。

■2017年8月08日
「フィリピンパブ嬢のヒモ」だった僕が結婚し、子供が産まれるまで
「フィリピンパブ嬢のヒモだった僕が結婚し『送金地獄』にハマるまで」が大反響を呼んだ中島弘象さん。フィリピンパブ嬢である奥様のミカさんがまさかの妊娠。異国の地での妊娠・出産はなかなかどうして大変だった…

■2017年8月08日
習近平政権2期目の人事「3つの掟破り」は成功するか
先週まで、習近平主席が迷彩服を着込んで軍事パレードを行ったりして喧しかったが、ここ数日は最高幹部の動向が鳴りを潜め、立秋を迎えた北京はひっそりとしている。

テレビ・新聞が報じない「地面師詐欺」〜ついに明かされた驚きの手口(森 ...
100億円にも達する物件が… 大手住宅メーカー「積水ハウス」が、8月2日、驚愕の発表を行った。70億円の土地取引において事件が発生、捜査当局に刑事告訴するという(支払い済みは63億円)。東京・五反田の...- 現代ビジネス- 17分前

■2017年8月10日
大炎上したテレビ朝日「ビキニ事件とフクシマ」番組を冷静に検証する
8月6日に放送されたテレビ朝日のドキュメンタリー番組には、放映前『ビキニ事件63年目の真実~フクシマの未来予想図』というタイトルがつけられていた。「福島と福島県民の思いをないがしろにしている」として大

■2017年8月10日
科学界で話題!劇的効果の最新「肥満治療」
体内で分泌される、ある種の生殖ホルモンに対する抗体療法が、体脂肪の大幅な減少と骨量の増加を促すことが米国の研究チームによって発見され、科学者の間で大きな関心を呼んでいる

■2017年8月10日
自殺者が出ても簡単には変えられない新国立競技場「過酷な労働環境」
新国立競技場の工事に従事していた入社1年目の下請け会社の男性社員が自殺した問題は、「次の自殺」を想定しなければならない事態となっている。

■2017年8月10日
前川喜平元文科省事務次官もハマった「出会い系バー」潜入ルポ
「出会い系バー、先週土曜日に行ったら年下男性ばかりで、しかもわたしみたいな人妻はセックスに飢えているからタダでできると思ってる自信過剰男ばかり。28歳だとか言ってたわ。ごめん、タイプじゃないのって断り

■2017年8月10日
学校では習わなかった…日本を襲う「悲劇的な未来」を回避する方法
日本が後を追うアメリカという国を通して見える「未来」と、日米の法的構造の歴史を紐解くことでわかる「過去」――。この国の「悲劇的な未来」の訪れを食い止めるためには、そのふたつを知っておくことが重要だとい

■2017年8月10日
追跡せよ!陸自特殊部隊が渋谷・歌舞伎町で行っている極秘訓練
2004年に新設された陸上自衛隊の対テロ特殊部隊・特殊作戦群。秘密のヴェールに包まれた彼らは、何と渋谷や歌舞伎町の繁華街で、極秘の「特殊訓練」を行っていた!

■2017年8月10日
「ソウルも米国も火の海に」そして北朝鮮が戦略計算する日本での策動
ミサイル実験などで緊迫している北朝鮮問題だが、じつは冷戦後からほとんど構図が変わっていない。問題解決のためには、どうすればよいか。これからの展望も含めて論じたい。

■2017年8月10日
元会長が激白!明治が泣く泣く「カール」から撤退するまで
国民的商品を捨てる!? 「カール」の東日本での販売停止が発表され、誰もが耳を疑った。合理的な経営判断か、小手先のリストラか――。決断の裏で、経営陣は苦悩していた。元最高幹部が初めて語る。

■2017年8月10日
人生って何ですか?小島慶子さんから佐藤愛子さんへの5つの質問
6月20日に本誌連載エッセイ『るるらいらい日豪往復出稼ぎ日記』を 上梓した小島さん。仕事、夫婦、書くこと、子育て…… 人生の大先達であり今なお第一線で活躍されている 佐藤愛子氏に、人生の奥義をお聞きし

■2017年8月09日
国連事務次長・中満泉さんが明かす「世界で活躍するための秘訣」
2017年8月6日、広島の平和式典に出席した一人の日本人女性に注目が集まった。国連ニューヨーク本部で、軍縮担当事務次長・上級代表のポストに就く中満泉氏である。人道危機の現場に立ち、国際政治の第一線で活

■2017年8月09日
江戸の城下町では離婚・バツイチが当たり前だったのはなぜか
江戸時代に妻の浮気で離婚する場合、条件は妻に有利になる!? 『世界一受けたい授業』で人気の河合敦が送る摩訶不思議な江戸時代。

■2017年8月09日
東芝の上場廃止問題が、まるで「ババ抜き状態」になってきた
東芝の、2017年3月期決算の有価証券報告書の提出期限が8月10日に迫ってきた。監査法人は意見表明を拒んでおり、また債務超過の可能性も否定できない。ただ、東証上場廃止の条件に抵触しても、廃止決定を関係

■2017年8月09日
金融ベンチャー叩きで露呈した「新しいモノ潔癖症」という日本の悪弊
日本では斬新なサービスが登場するたびに社会がヒステリックに反応する。このままでは優良なサービスが育たない社会になってしまうだろう。

■2017年8月09日
Uberを窮地から救えるか? アリアナ・ハフィントンの挑戦
2017年6月20日、Uberの創業者であるトラヴィス・カラニックが同社のCEOを辞任した。度重なる不祥事、世界各地で高まる反発…。曲がり角を迎えたシリコンバレーのゆくえ。

■2017年8月09日
フィリピン「深刻すぎる薬物戦争」は、日本が蒔いた種が原因だった
ドゥテルテ大統領の「薬物戦争」宣言から1年あまり。いまだに彼の政策は国民の大きな支持を受けている。しかし、この国の薬物汚染は日本がもたらしたことを知っているだろうか。

■2017年8月09日
薬物依存症患者と接するなかで学んだ、二つの大事なこと
フィリピン大統領のドゥテルテ氏は、大々的に「薬物戦争」を宣言し、世界最悪の薬物汚染状況をどうにかしようと取り組んでいる。しかし、薬物に関わる人物の殺害も辞さない強行的な姿勢が世界的に批判されている。支

■2017年8月09日
子どもに負債を残したくないなら知っておきたい「資産価値」の話
中古マンションの価格を部屋ごとに検索できる画期的なサービス『家いくら?』が登場した。その狙いは何なのか。どんな将来を見据えているのか。運営するDGコミュニケーションズ(東京都港区)の石鍋紀彦取締役に話

■2017年8月09日
早実・清宮幸太郎が明かす「18歳の青春」「将来のこと」
次は何を見せてくれるのか――。こんなに楽しみな高校生はいない。夏だけでなくこの「秋」も、主役はこの男だ。だが本人はいたって冷静に、淡々と語る。まるで自分に言い聞かせているように。

■2017年8月08日
「フィリピンパブ嬢のヒモ」だった僕が結婚し、子供が産まれるまで
「フィリピンパブ嬢のヒモだった僕が結婚し『送金地獄』にハマるまで」が大反響を呼んだ中島弘象さん。フィリピンパブ嬢である奥様のミカさんがまさかの妊娠。異国の地での妊娠・出産はなかなかどうして大変だった…

■2017年8月08日
習近平政権2期目の人事「3つの掟破り」は成功するか
先週まで、習近平主席が迷彩服を着込んで軍事パレードを行ったりして喧しかったが、ここ数日は最高幹部の動向が鳴りを潜め、立秋を迎えた北京はひっそりとしている。

地面師(ジメンシ)とは - コトバンク
積水ハウス、63億円詐欺被害…「地面師」か- 読売新聞- 31分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも地面師に関連のある画像ばかりではありません。
地面師の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

地面師に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも地面師に関連のある動画ばかりではありません。

地面師に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング