地面師とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ご用心! 不動産のプロまでダマされる「地面師」たちの手口(森 功) | 現代 ...
地面師は古く70年前の終戦後のドサクサに跋扈した。日本全国どの町でも役場が戦災 に遭って機能しない時代だ。地面師たちは勝手に縄を張って土地の所有者になりすまし 、土地の登記をはじめとした関係書類をでっちあげた。そして、それを転売してぼろ儲け  ...

■2018年2月07日
ヤマト運輸「128億円赤字の正体」アマゾンのせいじゃなかった
宅配業界では拡大する需要に人員が追いつかないという状況が続いている。宅配大手のヤマトと佐川は似たような状況にあると思われがちだが、実はそうではない。

■2018年2月07日
アメリカの「対北朝鮮軍事的措置」、実はすでに始まっていた
米国の対北朝鮮軍事措置はすでに開始されている。圧倒的な戦力差で速やかに北朝鮮を軍事的に崩壊させる能力と意思を持っていること、その準備が出来ていること、これを示威行動や演習で北朝鮮に知らしめ、破滅よりは

■2018年2月07日
なぜ日本企業は不祥事解明のための「第三者委員会」を設けないのか
企業不祥事が相次いだ場合に設置されることになっている「第三者委員会」を、昨年、不祥事を起こした多くの企業が設置していない。情けないことに、経営者がその経営責任、法的責任を問われる場面で、安易で不十分な

■2018年2月07日
北朝鮮への武力行使を「やる気」のアメリカが、決してやらないこと
2018年、朝鮮半島はどうなるのか? トランプ大統領の一般教書演説をきっかけにアメリカの武力行使をめぐる考え方を読み解く――国際政治学者・篠田英朗氏の論考を公開!

■2018年2月07日
名護市長選「与党勝利」で沖縄の記者がいま最も懸念すること
「本当によかった。(辺野古への基地移設については)市民の皆様の理解をいただきながら、最高裁の判決に従って進めていきたい」安倍総理は名護市長選の結果を受け、こう語った。「選挙結果こそが民意だ」という声は

■2018年2月07日
「発達障害」の大人は、決してだらしないわけじゃなかった
現代ビジネスの好評連載『されど愛しきお妻様』(以下『お妻様』)が大幅加筆を経て1月24日に書籍化、そして早くも重版出来! お祝いを兼ねて、著者の鈴木大介さんに『お妻様』の“その後”を執筆していただきま

■2018年2月07日
30代独身、スペック高めOLが「結婚したいけど婚活しない理由」
元日本経済新聞記者にして元AV女優の作家・鈴木涼美さんが、現代社会を生きる女性たちのありとあらゆる対立構造を、「Aサイド」「Bサイド」の前後編で浮き彫りにしていく本連載。今回は、第10試合「独身」対決

■2018年2月07日
「働き方改革」実現で結局、仕事はラクになるのか?
今国会の焦点である「働き方改革」だが、その本質を誤解している人が少なくないと、「働き方改革コンサルタント」の新田龍氏は指摘する。「働き方改革」の本来の目的、企業への導入時のポイント、私たちに与える影響

■2018年2月07日
伊藤忠、みずほFG 、JAL…「社長交代」なぜあの人が選ばれたか
新旧社長が手を結び、笑顔を振りまく。選ぶほうも選ばれるほうも、つい先日まで、互いに疑心暗鬼にまみれていたのに――。最後まで何が起きてもおかしくない。だから人事は怖いし、おもしろい。

■2018年2月07日
「仏教徒でしかも尼さん」と「クリスチャン」の異宗教結婚夫婦
「あなたたちの結婚はすぐに破綻する。なぜなら、価値観が全く違うのだから」――7年前、馴染みの葬儀屋の専務が自信満々で言い放ったあのひとことが今でも忘れられません。しかし、私たちは今日もその“期待”を裏

■2018年2月07日
競合商品を一方的排除、アマゾンにない商品は「存在しない」のと同じ
アマゾンには二つの哲学がある。それは「地球上でもっとも豊富な品揃え」と「地球上でもっとも顧客を大切にする(安く早く配送する)」こと。だが、ここ数年アマゾンが自社で商品を開発するようになったことで、その

■2018年2月07日
眞子さまと小室圭さん「結婚延期報道」の舞台裏と宮内庁の思惑
日本中に激震が走った、眞子さまと小室圭さんの「結婚延期」のニュース。その裏側には、まだ報じられていない不可解な事実があった。浮かび上がる「2年半」の理由と、その間に起きること、そして宮内庁の思惑とは?

■2018年2月06日
巨大ベンチャー都市・深センで見えた中国IT企業の「アキレス腱」
華強北の中の、とあるビルの投資会社が借り受けた一室。そこには、だだっ広い机が広がっていて、若者たちがパソコンに向かって、熱心に仕事していた――。

■2018年2月06日
そもそも「大麻」とは何か?日本がいま考えるべき「マジメな使い方」
今年に入り、大麻事件が続いている。そもそも大麻とは何か? その歴史や規制の現状、乱用の実態などについて、依存症にくわしい筑波大学教授・原田隆之氏が考察する。大麻とは何か、正確に知ろう

■2018年2月06日
アップルもアマゾンも過去最高益なのに「米株価急落」一体なぜ?
2017年10~12月期決算で、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンがそろって過去最高の売上高を叩き出した。ところが、すぐにどんでん返しが待っていた。リーマンショック以来という株式相場の大幅下

■2018年2月06日
中国の「地方」を歩き回る70歳が気づいた、日中の決定的な落差
中国と日本を30年あまりも行ったり来たりしていると、二つの国の落差を最も感じるのは、何といってもトイレに入ったとき。いきなり下品な話で恐縮なのですが、中国の公共トイレの汚れ方は、それはもう芸術的ですら

■2018年2月06日
成田空港で国歌斉唱した中国人を中国が「病的」と突き放したワケ
成田空港で航空機の遅延トラブルに巻き込まれた中国人観光客が激昂し中国国歌を合唱するという出来事が1月末起きた。実は、中国国内では、やりすぎだとの非難が。中国もまた、かつての日本が経験したように、一般人

■2018年2月06日
本当に「地方活性化の鍵」なのか?「インスタ映え」のダークサイド
「インスタ映え」が地方を救うのか? 安倍晋三首相が講演中に発した「地方活性化の鍵はSNSにあります」という言葉が話題になった。この方向性は観光地や文化財にどう影響を与えるのか。宗教学・観光社会学を専門

■2018年2月06日
時事ネタ読み比べ芸人が「文春砲」という言葉を嫌う理由
果たしてゴシップは必要か。《週刊文春が放つスキャンダルのスクープ「文春砲」に逆風が吹いた。不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサー小室哲哉さん(59)の引退会見を機に批判が殺到しているのだ。》(『東京新

■2018年2月06日
憲法9条を先進的だと思ってる日本人が、根本的に誤解していること
なぜ、在日米軍のオスプレーを心配し糾弾するリベラルは、異国の地ジブチで今も活動する自衛隊機を心配しないのか? 日本人の非常識な「思い込み」をわかりやすく解説する

積水ハウスから63億円をだまし取った「地面師」の恐るべき手口(伊藤 ...
積水ハウスから63億円をだまし取った「地面師」の恐るべき手口...

■2018年2月07日
ヤマト運輸「128億円赤字の正体」アマゾンのせいじゃなかった
宅配業界では拡大する需要に人員が追いつかないという状況が続いている。宅配大手のヤマトと佐川は似たような状況にあると思われがちだが、実はそうではない。

■2018年2月07日
アメリカの「対北朝鮮軍事的措置」、実はすでに始まっていた
米国の対北朝鮮軍事措置はすでに開始されている。圧倒的な戦力差で速やかに北朝鮮を軍事的に崩壊させる能力と意思を持っていること、その準備が出来ていること、これを示威行動や演習で北朝鮮に知らしめ、破滅よりは

■2018年2月07日
なぜ日本企業は不祥事解明のための「第三者委員会」を設けないのか
企業不祥事が相次いだ場合に設置されることになっている「第三者委員会」を、昨年、不祥事を起こした多くの企業が設置していない。情けないことに、経営者がその経営責任、法的責任を問われる場面で、安易で不十分な

■2018年2月07日
北朝鮮への武力行使を「やる気」のアメリカが、決してやらないこと
2018年、朝鮮半島はどうなるのか? トランプ大統領の一般教書演説をきっかけにアメリカの武力行使をめぐる考え方を読み解く――国際政治学者・篠田英朗氏の論考を公開!

■2018年2月07日
名護市長選「与党勝利」で沖縄の記者がいま最も懸念すること
「本当によかった。(辺野古への基地移設については)市民の皆様の理解をいただきながら、最高裁の判決に従って進めていきたい」安倍総理は名護市長選の結果を受け、こう語った。「選挙結果こそが民意だ」という声は

■2018年2月07日
「発達障害」の大人は、決してだらしないわけじゃなかった
現代ビジネスの好評連載『されど愛しきお妻様』(以下『お妻様』)が大幅加筆を経て1月24日に書籍化、そして早くも重版出来! お祝いを兼ねて、著者の鈴木大介さんに『お妻様』の“その後”を執筆していただきま

■2018年2月07日
30代独身、スペック高めOLが「結婚したいけど婚活しない理由」
元日本経済新聞記者にして元AV女優の作家・鈴木涼美さんが、現代社会を生きる女性たちのありとあらゆる対立構造を、「Aサイド」「Bサイド」の前後編で浮き彫りにしていく本連載。今回は、第10試合「独身」対決

■2018年2月07日
「働き方改革」実現で結局、仕事はラクになるのか?
今国会の焦点である「働き方改革」だが、その本質を誤解している人が少なくないと、「働き方改革コンサルタント」の新田龍氏は指摘する。「働き方改革」の本来の目的、企業への導入時のポイント、私たちに与える影響

■2018年2月07日
伊藤忠、みずほFG 、JAL…「社長交代」なぜあの人が選ばれたか
新旧社長が手を結び、笑顔を振りまく。選ぶほうも選ばれるほうも、つい先日まで、互いに疑心暗鬼にまみれていたのに――。最後まで何が起きてもおかしくない。だから人事は怖いし、おもしろい。

■2018年2月07日
「仏教徒でしかも尼さん」と「クリスチャン」の異宗教結婚夫婦
「あなたたちの結婚はすぐに破綻する。なぜなら、価値観が全く違うのだから」――7年前、馴染みの葬儀屋の専務が自信満々で言い放ったあのひとことが今でも忘れられません。しかし、私たちは今日もその“期待”を裏

■2018年2月07日
競合商品を一方的排除、アマゾンにない商品は「存在しない」のと同じ
アマゾンには二つの哲学がある。それは「地球上でもっとも豊富な品揃え」と「地球上でもっとも顧客を大切にする(安く早く配送する)」こと。だが、ここ数年アマゾンが自社で商品を開発するようになったことで、その

■2018年2月07日
眞子さまと小室圭さん「結婚延期報道」の舞台裏と宮内庁の思惑
日本中に激震が走った、眞子さまと小室圭さんの「結婚延期」のニュース。その裏側には、まだ報じられていない不可解な事実があった。浮かび上がる「2年半」の理由と、その間に起きること、そして宮内庁の思惑とは?

■2018年2月06日
巨大ベンチャー都市・深センで見えた中国IT企業の「アキレス腱」
華強北の中の、とあるビルの投資会社が借り受けた一室。そこには、だだっ広い机が広がっていて、若者たちがパソコンに向かって、熱心に仕事していた――。

■2018年2月06日
そもそも「大麻」とは何か?日本がいま考えるべき「マジメな使い方」
今年に入り、大麻事件が続いている。そもそも大麻とは何か? その歴史や規制の現状、乱用の実態などについて、依存症にくわしい筑波大学教授・原田隆之氏が考察する。大麻とは何か、正確に知ろう

■2018年2月06日
アップルもアマゾンも過去最高益なのに「米株価急落」一体なぜ?
2017年10~12月期決算で、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンがそろって過去最高の売上高を叩き出した。ところが、すぐにどんでん返しが待っていた。リーマンショック以来という株式相場の大幅下

■2018年2月06日
中国の「地方」を歩き回る70歳が気づいた、日中の決定的な落差
中国と日本を30年あまりも行ったり来たりしていると、二つの国の落差を最も感じるのは、何といってもトイレに入ったとき。いきなり下品な話で恐縮なのですが、中国の公共トイレの汚れ方は、それはもう芸術的ですら

■2018年2月06日
成田空港で国歌斉唱した中国人を中国が「病的」と突き放したワケ
成田空港で航空機の遅延トラブルに巻き込まれた中国人観光客が激昂し中国国歌を合唱するという出来事が1月末起きた。実は、中国国内では、やりすぎだとの非難が。中国もまた、かつての日本が経験したように、一般人

■2018年2月06日
本当に「地方活性化の鍵」なのか?「インスタ映え」のダークサイド
「インスタ映え」が地方を救うのか? 安倍晋三首相が講演中に発した「地方活性化の鍵はSNSにあります」という言葉が話題になった。この方向性は観光地や文化財にどう影響を与えるのか。宗教学・観光社会学を専門

■2018年2月06日
時事ネタ読み比べ芸人が「文春砲」という言葉を嫌う理由
果たしてゴシップは必要か。《週刊文春が放つスキャンダルのスクープ「文春砲」に逆風が吹いた。不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサー小室哲哉さん(59)の引退会見を機に批判が殺到しているのだ。》(『東京新

■2018年2月06日
憲法9条を先進的だと思ってる日本人が、根本的に誤解していること
なぜ、在日米軍のオスプレーを心配し糾弾するリベラルは、異国の地ジブチで今も活動する自衛隊機を心配しないのか? 日本人の非常識な「思い込み」をわかりやすく解説する

テレビ・新聞が報じない「地面師詐欺」〜ついに明かされた驚きの手口(森 ...
100億円にも達する物件が… 大手住宅メーカー「積水ハウス」が、8月2日、驚愕の発表を行った。70億円の土地取引において事件が発生、捜査当局に刑事告訴するという(支払い済みは63億円)。東京・五反田の...- 現代ビジネス- 17分前

■2018年2月07日
ヤマト運輸「128億円赤字の正体」アマゾンのせいじゃなかった
宅配業界では拡大する需要に人員が追いつかないという状況が続いている。宅配大手のヤマトと佐川は似たような状況にあると思われがちだが、実はそうではない。

■2018年2月07日
アメリカの「対北朝鮮軍事的措置」、実はすでに始まっていた
米国の対北朝鮮軍事措置はすでに開始されている。圧倒的な戦力差で速やかに北朝鮮を軍事的に崩壊させる能力と意思を持っていること、その準備が出来ていること、これを示威行動や演習で北朝鮮に知らしめ、破滅よりは

■2018年2月07日
なぜ日本企業は不祥事解明のための「第三者委員会」を設けないのか
企業不祥事が相次いだ場合に設置されることになっている「第三者委員会」を、昨年、不祥事を起こした多くの企業が設置していない。情けないことに、経営者がその経営責任、法的責任を問われる場面で、安易で不十分な

■2018年2月07日
北朝鮮への武力行使を「やる気」のアメリカが、決してやらないこと
2018年、朝鮮半島はどうなるのか? トランプ大統領の一般教書演説をきっかけにアメリカの武力行使をめぐる考え方を読み解く――国際政治学者・篠田英朗氏の論考を公開!

■2018年2月07日
名護市長選「与党勝利」で沖縄の記者がいま最も懸念すること
「本当によかった。(辺野古への基地移設については)市民の皆様の理解をいただきながら、最高裁の判決に従って進めていきたい」安倍総理は名護市長選の結果を受け、こう語った。「選挙結果こそが民意だ」という声は

■2018年2月07日
「発達障害」の大人は、決してだらしないわけじゃなかった
現代ビジネスの好評連載『されど愛しきお妻様』(以下『お妻様』)が大幅加筆を経て1月24日に書籍化、そして早くも重版出来! お祝いを兼ねて、著者の鈴木大介さんに『お妻様』の“その後”を執筆していただきま

■2018年2月07日
30代独身、スペック高めOLが「結婚したいけど婚活しない理由」
元日本経済新聞記者にして元AV女優の作家・鈴木涼美さんが、現代社会を生きる女性たちのありとあらゆる対立構造を、「Aサイド」「Bサイド」の前後編で浮き彫りにしていく本連載。今回は、第10試合「独身」対決

■2018年2月07日
「働き方改革」実現で結局、仕事はラクになるのか?
今国会の焦点である「働き方改革」だが、その本質を誤解している人が少なくないと、「働き方改革コンサルタント」の新田龍氏は指摘する。「働き方改革」の本来の目的、企業への導入時のポイント、私たちに与える影響

■2018年2月07日
伊藤忠、みずほFG 、JAL…「社長交代」なぜあの人が選ばれたか
新旧社長が手を結び、笑顔を振りまく。選ぶほうも選ばれるほうも、つい先日まで、互いに疑心暗鬼にまみれていたのに――。最後まで何が起きてもおかしくない。だから人事は怖いし、おもしろい。

■2018年2月07日
「仏教徒でしかも尼さん」と「クリスチャン」の異宗教結婚夫婦
「あなたたちの結婚はすぐに破綻する。なぜなら、価値観が全く違うのだから」――7年前、馴染みの葬儀屋の専務が自信満々で言い放ったあのひとことが今でも忘れられません。しかし、私たちは今日もその“期待”を裏

■2018年2月07日
競合商品を一方的排除、アマゾンにない商品は「存在しない」のと同じ
アマゾンには二つの哲学がある。それは「地球上でもっとも豊富な品揃え」と「地球上でもっとも顧客を大切にする(安く早く配送する)」こと。だが、ここ数年アマゾンが自社で商品を開発するようになったことで、その

■2018年2月07日
眞子さまと小室圭さん「結婚延期報道」の舞台裏と宮内庁の思惑
日本中に激震が走った、眞子さまと小室圭さんの「結婚延期」のニュース。その裏側には、まだ報じられていない不可解な事実があった。浮かび上がる「2年半」の理由と、その間に起きること、そして宮内庁の思惑とは?

■2018年2月06日
巨大ベンチャー都市・深センで見えた中国IT企業の「アキレス腱」
華強北の中の、とあるビルの投資会社が借り受けた一室。そこには、だだっ広い机が広がっていて、若者たちがパソコンに向かって、熱心に仕事していた――。

■2018年2月06日
そもそも「大麻」とは何か?日本がいま考えるべき「マジメな使い方」
今年に入り、大麻事件が続いている。そもそも大麻とは何か? その歴史や規制の現状、乱用の実態などについて、依存症にくわしい筑波大学教授・原田隆之氏が考察する。大麻とは何か、正確に知ろう

■2018年2月06日
アップルもアマゾンも過去最高益なのに「米株価急落」一体なぜ?
2017年10~12月期決算で、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンがそろって過去最高の売上高を叩き出した。ところが、すぐにどんでん返しが待っていた。リーマンショック以来という株式相場の大幅下

■2018年2月06日
中国の「地方」を歩き回る70歳が気づいた、日中の決定的な落差
中国と日本を30年あまりも行ったり来たりしていると、二つの国の落差を最も感じるのは、何といってもトイレに入ったとき。いきなり下品な話で恐縮なのですが、中国の公共トイレの汚れ方は、それはもう芸術的ですら

■2018年2月06日
成田空港で国歌斉唱した中国人を中国が「病的」と突き放したワケ
成田空港で航空機の遅延トラブルに巻き込まれた中国人観光客が激昂し中国国歌を合唱するという出来事が1月末起きた。実は、中国国内では、やりすぎだとの非難が。中国もまた、かつての日本が経験したように、一般人

■2018年2月06日
本当に「地方活性化の鍵」なのか?「インスタ映え」のダークサイド
「インスタ映え」が地方を救うのか? 安倍晋三首相が講演中に発した「地方活性化の鍵はSNSにあります」という言葉が話題になった。この方向性は観光地や文化財にどう影響を与えるのか。宗教学・観光社会学を専門

■2018年2月06日
時事ネタ読み比べ芸人が「文春砲」という言葉を嫌う理由
果たしてゴシップは必要か。《週刊文春が放つスキャンダルのスクープ「文春砲」に逆風が吹いた。不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサー小室哲哉さん(59)の引退会見を機に批判が殺到しているのだ。》(『東京新

■2018年2月06日
憲法9条を先進的だと思ってる日本人が、根本的に誤解していること
なぜ、在日米軍のオスプレーを心配し糾弾するリベラルは、異国の地ジブチで今も活動する自衛隊機を心配しないのか? 日本人の非常識な「思い込み」をわかりやすく解説する

地面師(ジメンシ)とは - コトバンク
積水ハウス、63億円詐欺被害…「地面師」か- 読売新聞- 31分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも地面師に関連のある画像ばかりではありません。
地面師の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

地面師に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも地面師に関連のある動画ばかりではありません。

地面師に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング