地面師とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ご用心! 不動産のプロまでダマされる「地面師」たちの手口(森 功) | 現代 ...
地面師は古く70年前の終戦後のドサクサに跋扈した。日本全国どの町でも役場が戦災 に遭って機能しない時代だ。地面師たちは勝手に縄を張って土地の所有者になりすまし 、土地の登記をはじめとした関係書類をでっちあげた。そして、それを転売してぼろ儲け  ...

■2018年10月30日
安倍首相の訪中でわかった、中国の「対日微笑外交」の正体
10月26日夕刻、北京を訪問中の安倍晋三首相と習近平主席との日中首脳会談が、釣魚台国賓館で開かれた。

■2018年10月30日
沖縄で猛威をふるう「中国人が攻めてくる」=中国脅威論を検証する
日本中にはびこる「陰謀論」「都市伝説」の真相を求めて、ジャーナリストの安田浩一が現地を徹底取材する――大反響を呼んだ「安田浩一ミステリー調査隊」(通称YMR)の第二弾。

■2018年10月30日
全国3000ヵ所の「砂」を調査! 元素で見た日本列島の姿
「地球化学図」って知っていますか? その土地の元素など、環境の基準値を表した地図だそうです。そこがどれくらい環境汚染を受けているのか、基準値があればすっきり明瞭です。さらには、ウランとトリウムとカリウ

■2018年10月30日
10月30日 ラジオドラマ『火星人襲来』で全米パニック
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2018年10月30日
ハロウィンの夜、なぜ若者は「渋谷で」ハメを外してしまうのか
ハロウィンに似た秋祭りが、日本でも長年行われてきた。その土着の祭りについて考えていくと、なぜ日本でこれほどまでにハロウィンが盛り上がるようになったのか、その理由の一端が見えてくる。

■2018年10月30日
3600万部漫画『キングダム』が「ビジネス書」に生まれ変わった理由


■2018年10月30日
私が劣等感を克服してカリスマロリータモデルになるまでの20年
ごきげんよう、青木美沙子です。ロリータモデル20年、看護師歴15年、どちらも現役35歳の美沙子です。この連載もとうとうフィナーレ、どういう内容にしようかとぼんやり考えながら、電車にガタゴト揺られていま

■2018年10月30日
トランプが中間選挙に勝っても負けても「おそらく変わらない」もの
来週火曜日、11月6日に、注目の米議会の中間選挙が行われる。このコラムがアップされる時には、残された日々はちょうど1週間になっているはずだ。最新の情勢で気になるのは、トランプ大統領が世界平和や経済成長

■2018年10月30日
ウォール街の最新理論を活用!分散投資「最強のポートフォリオ」
国際金融アナリスト、大井幸子氏が提唱する「じぶんちポートフォリオ」は、ウォール街の最新理論をとり入れた投資法だ。分散・積立・長期を基本とし、「減らさず、増やす」を実現する、その内容について大井氏が語っ

■2018年10月30日
貧乏な人とはここが大違い! 金持ちが絶対にやらない3つのこと
大金持ちになりたい――誰もが見る夢には、しかし世にも残酷な法則がある。金融の知識を学ぶ必要があるのは当然としても、それより重要なのは普段の生活態度だと、メリルリンチをはじめとする名門金融機関に勤務し米

■2018年10月30日
トランプの決断「核戦力強化」が日本にとって死活問題である理由
10月20日、トランプ大統領は、1987年ソ連と結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約から脱退する意向を表明した。また冷戦期に逆戻りか、という声もあるがよく考えてほしい。北の核ミサイルは言うまでもなく、

■2018年10月30日
1件1円から依頼が可能…「クラウドソーシング」こんなに安価で便利


■2018年10月29日
岡口基一裁判官、独占インタビュー「言論の自由を封殺した最高裁へ」
ツイッター上での活発な発言で有名な岡口基一・東京高等裁判所判事。最高裁判所は今月、岡口氏に対して、ツイッター上での発言を理由に「戒告」の処分を下した。だが、岡口氏はこの決定が極めて問題の多いものである

■2018年10月29日
10月29日 天文学者ハレーが生まれる(1656年)
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2018年10月29日
安田純平氏への「自己責任論」にも「使命論」にも覚えてしまう違和感


■2018年10月29日
最近の「大学改革」論議がどうでもいいと思えるのは一体なぜ…?
最近、「大学改革」の四文字が目に止まるのは、大学に勤める私だけではないと思います。「もう、どうでもいいわ……」そういう悲痛なため息が、教育、研究の最前線にいる大学人から聞こえてきそうです。

■2018年10月29日
「起業」が正解か、「会社を買う」のが正解か…二人の経営者の答え


■2018年10月29日
アベマTVだけじゃない…!サイバーエージェントを襲う2つの危機
ネット広告大手サイバーエージェント(4751)の株価が急落する事態が勃発し、マーケットに動揺が走っている。株価下落を引き起こしたきっかけは、言うまでもなく10月25日の本決算発表。アナリスト予想に届か

■2018年10月29日
「11月にトランプ・習近平が手打ち」で世界経済・好転の可能性
トランプと中国の国家主席の習近平との首脳会談が、11月29日にブエノスアイレスでセットされた。そこで、貿易戦争の「関税の引上げ」の調整が開始されると思われる。トランプにとって、国内の有権者向けに打ち出

■2018年10月29日
仮想通貨に2つの明るいニュース…! ついに信頼回復が進むか
大手仮想通貨交換所であるテックビューロによる資金流出問題が発生したり、米国ドルとのペッグをうたっているテザーの信用問題がヒートアップするなど、ネガティブな事象が目立つ仮想通貨業界。一方、一般社団法人仮

積水ハウスから63億円をだまし取った「地面師」の恐るべき手口(伊藤 ...
積水ハウスから63億円をだまし取った「地面師」の恐るべき手口...

■2018年10月30日
安倍首相の訪中でわかった、中国の「対日微笑外交」の正体
10月26日夕刻、北京を訪問中の安倍晋三首相と習近平主席との日中首脳会談が、釣魚台国賓館で開かれた。

■2018年10月30日
沖縄で猛威をふるう「中国人が攻めてくる」=中国脅威論を検証する
日本中にはびこる「陰謀論」「都市伝説」の真相を求めて、ジャーナリストの安田浩一が現地を徹底取材する――大反響を呼んだ「安田浩一ミステリー調査隊」(通称YMR)の第二弾。

■2018年10月30日
全国3000ヵ所の「砂」を調査! 元素で見た日本列島の姿
「地球化学図」って知っていますか? その土地の元素など、環境の基準値を表した地図だそうです。そこがどれくらい環境汚染を受けているのか、基準値があればすっきり明瞭です。さらには、ウランとトリウムとカリウ

■2018年10月30日
10月30日 ラジオドラマ『火星人襲来』で全米パニック
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2018年10月30日
ハロウィンの夜、なぜ若者は「渋谷で」ハメを外してしまうのか
ハロウィンに似た秋祭りが、日本でも長年行われてきた。その土着の祭りについて考えていくと、なぜ日本でこれほどまでにハロウィンが盛り上がるようになったのか、その理由の一端が見えてくる。

■2018年10月30日
3600万部漫画『キングダム』が「ビジネス書」に生まれ変わった理由


■2018年10月30日
私が劣等感を克服してカリスマロリータモデルになるまでの20年
ごきげんよう、青木美沙子です。ロリータモデル20年、看護師歴15年、どちらも現役35歳の美沙子です。この連載もとうとうフィナーレ、どういう内容にしようかとぼんやり考えながら、電車にガタゴト揺られていま

■2018年10月30日
トランプが中間選挙に勝っても負けても「おそらく変わらない」もの
来週火曜日、11月6日に、注目の米議会の中間選挙が行われる。このコラムがアップされる時には、残された日々はちょうど1週間になっているはずだ。最新の情勢で気になるのは、トランプ大統領が世界平和や経済成長

■2018年10月30日
ウォール街の最新理論を活用!分散投資「最強のポートフォリオ」
国際金融アナリスト、大井幸子氏が提唱する「じぶんちポートフォリオ」は、ウォール街の最新理論をとり入れた投資法だ。分散・積立・長期を基本とし、「減らさず、増やす」を実現する、その内容について大井氏が語っ

■2018年10月30日
貧乏な人とはここが大違い! 金持ちが絶対にやらない3つのこと
大金持ちになりたい――誰もが見る夢には、しかし世にも残酷な法則がある。金融の知識を学ぶ必要があるのは当然としても、それより重要なのは普段の生活態度だと、メリルリンチをはじめとする名門金融機関に勤務し米

■2018年10月30日
トランプの決断「核戦力強化」が日本にとって死活問題である理由
10月20日、トランプ大統領は、1987年ソ連と結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約から脱退する意向を表明した。また冷戦期に逆戻りか、という声もあるがよく考えてほしい。北の核ミサイルは言うまでもなく、

■2018年10月30日
1件1円から依頼が可能…「クラウドソーシング」こんなに安価で便利


■2018年10月29日
岡口基一裁判官、独占インタビュー「言論の自由を封殺した最高裁へ」
ツイッター上での活発な発言で有名な岡口基一・東京高等裁判所判事。最高裁判所は今月、岡口氏に対して、ツイッター上での発言を理由に「戒告」の処分を下した。だが、岡口氏はこの決定が極めて問題の多いものである

■2018年10月29日
10月29日 天文学者ハレーが生まれる(1656年)
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2018年10月29日
安田純平氏への「自己責任論」にも「使命論」にも覚えてしまう違和感


■2018年10月29日
最近の「大学改革」論議がどうでもいいと思えるのは一体なぜ…?
最近、「大学改革」の四文字が目に止まるのは、大学に勤める私だけではないと思います。「もう、どうでもいいわ……」そういう悲痛なため息が、教育、研究の最前線にいる大学人から聞こえてきそうです。

■2018年10月29日
「起業」が正解か、「会社を買う」のが正解か…二人の経営者の答え


■2018年10月29日
アベマTVだけじゃない…!サイバーエージェントを襲う2つの危機
ネット広告大手サイバーエージェント(4751)の株価が急落する事態が勃発し、マーケットに動揺が走っている。株価下落を引き起こしたきっかけは、言うまでもなく10月25日の本決算発表。アナリスト予想に届か

■2018年10月29日
「11月にトランプ・習近平が手打ち」で世界経済・好転の可能性
トランプと中国の国家主席の習近平との首脳会談が、11月29日にブエノスアイレスでセットされた。そこで、貿易戦争の「関税の引上げ」の調整が開始されると思われる。トランプにとって、国内の有権者向けに打ち出

■2018年10月29日
仮想通貨に2つの明るいニュース…! ついに信頼回復が進むか
大手仮想通貨交換所であるテックビューロによる資金流出問題が発生したり、米国ドルとのペッグをうたっているテザーの信用問題がヒートアップするなど、ネガティブな事象が目立つ仮想通貨業界。一方、一般社団法人仮

テレビ・新聞が報じない「地面師詐欺」〜ついに明かされた驚きの手口(森 ...
100億円にも達する物件が… 大手住宅メーカー「積水ハウス」が、8月2日、驚愕の発表を行った。70億円の土地取引において事件が発生、捜査当局に刑事告訴するという(支払い済みは63億円)。東京・五反田の...- 現代ビジネス- 17分前

■2018年10月30日
安倍首相の訪中でわかった、中国の「対日微笑外交」の正体
10月26日夕刻、北京を訪問中の安倍晋三首相と習近平主席との日中首脳会談が、釣魚台国賓館で開かれた。

■2018年10月30日
沖縄で猛威をふるう「中国人が攻めてくる」=中国脅威論を検証する
日本中にはびこる「陰謀論」「都市伝説」の真相を求めて、ジャーナリストの安田浩一が現地を徹底取材する――大反響を呼んだ「安田浩一ミステリー調査隊」(通称YMR)の第二弾。

■2018年10月30日
全国3000ヵ所の「砂」を調査! 元素で見た日本列島の姿
「地球化学図」って知っていますか? その土地の元素など、環境の基準値を表した地図だそうです。そこがどれくらい環境汚染を受けているのか、基準値があればすっきり明瞭です。さらには、ウランとトリウムとカリウ

■2018年10月30日
10月30日 ラジオドラマ『火星人襲来』で全米パニック
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2018年10月30日
ハロウィンの夜、なぜ若者は「渋谷で」ハメを外してしまうのか
ハロウィンに似た秋祭りが、日本でも長年行われてきた。その土着の祭りについて考えていくと、なぜ日本でこれほどまでにハロウィンが盛り上がるようになったのか、その理由の一端が見えてくる。

■2018年10月30日
3600万部漫画『キングダム』が「ビジネス書」に生まれ変わった理由


■2018年10月30日
私が劣等感を克服してカリスマロリータモデルになるまでの20年
ごきげんよう、青木美沙子です。ロリータモデル20年、看護師歴15年、どちらも現役35歳の美沙子です。この連載もとうとうフィナーレ、どういう内容にしようかとぼんやり考えながら、電車にガタゴト揺られていま

■2018年10月30日
トランプが中間選挙に勝っても負けても「おそらく変わらない」もの
来週火曜日、11月6日に、注目の米議会の中間選挙が行われる。このコラムがアップされる時には、残された日々はちょうど1週間になっているはずだ。最新の情勢で気になるのは、トランプ大統領が世界平和や経済成長

■2018年10月30日
ウォール街の最新理論を活用!分散投資「最強のポートフォリオ」
国際金融アナリスト、大井幸子氏が提唱する「じぶんちポートフォリオ」は、ウォール街の最新理論をとり入れた投資法だ。分散・積立・長期を基本とし、「減らさず、増やす」を実現する、その内容について大井氏が語っ

■2018年10月30日
貧乏な人とはここが大違い! 金持ちが絶対にやらない3つのこと
大金持ちになりたい――誰もが見る夢には、しかし世にも残酷な法則がある。金融の知識を学ぶ必要があるのは当然としても、それより重要なのは普段の生活態度だと、メリルリンチをはじめとする名門金融機関に勤務し米

■2018年10月30日
トランプの決断「核戦力強化」が日本にとって死活問題である理由
10月20日、トランプ大統領は、1987年ソ連と結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約から脱退する意向を表明した。また冷戦期に逆戻りか、という声もあるがよく考えてほしい。北の核ミサイルは言うまでもなく、

■2018年10月30日
1件1円から依頼が可能…「クラウドソーシング」こんなに安価で便利


■2018年10月29日
岡口基一裁判官、独占インタビュー「言論の自由を封殺した最高裁へ」
ツイッター上での活発な発言で有名な岡口基一・東京高等裁判所判事。最高裁判所は今月、岡口氏に対して、ツイッター上での発言を理由に「戒告」の処分を下した。だが、岡口氏はこの決定が極めて問題の多いものである

■2018年10月29日
10月29日 天文学者ハレーが生まれる(1656年)
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2018年10月29日
安田純平氏への「自己責任論」にも「使命論」にも覚えてしまう違和感


■2018年10月29日
最近の「大学改革」論議がどうでもいいと思えるのは一体なぜ…?
最近、「大学改革」の四文字が目に止まるのは、大学に勤める私だけではないと思います。「もう、どうでもいいわ……」そういう悲痛なため息が、教育、研究の最前線にいる大学人から聞こえてきそうです。

■2018年10月29日
「起業」が正解か、「会社を買う」のが正解か…二人の経営者の答え


■2018年10月29日
アベマTVだけじゃない…!サイバーエージェントを襲う2つの危機
ネット広告大手サイバーエージェント(4751)の株価が急落する事態が勃発し、マーケットに動揺が走っている。株価下落を引き起こしたきっかけは、言うまでもなく10月25日の本決算発表。アナリスト予想に届か

■2018年10月29日
「11月にトランプ・習近平が手打ち」で世界経済・好転の可能性
トランプと中国の国家主席の習近平との首脳会談が、11月29日にブエノスアイレスでセットされた。そこで、貿易戦争の「関税の引上げ」の調整が開始されると思われる。トランプにとって、国内の有権者向けに打ち出

■2018年10月29日
仮想通貨に2つの明るいニュース…! ついに信頼回復が進むか
大手仮想通貨交換所であるテックビューロによる資金流出問題が発生したり、米国ドルとのペッグをうたっているテザーの信用問題がヒートアップするなど、ネガティブな事象が目立つ仮想通貨業界。一方、一般社団法人仮

地面師(ジメンシ)とは - コトバンク
積水ハウス、63億円詐欺被害…「地面師」か- 読売新聞- 31分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも地面師に関連のある画像ばかりではありません。
地面師の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

地面師(じめんし)とは、土地の所有者になりすまして売却をもちかけ、多額の代金をだまし取る不動産をめぐる詐欺を行う者、もしくはそのような手法で行われる詐欺行為のことである。

引用:Wikipedia:データベース

地面師に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも地面師に関連のある動画ばかりではありません。

地面師に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング