國村隼とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
國村隼が韓国の映画賞で2冠、「よそ者」の謎と村の怪奇殺人描く『哭声 ...
2016年11月28日 - 村人を惑わす「よそ者」の男役を國村隼が演じるほか、ファン・ジョンミン、チョン・ウヒらが キャストに名を連ねる。 なお同作は11月25日に発表された韓国の映画賞『第37回青龍 映画賞』で監督賞を含む5部門を受賞。國村は男優助演賞と一般 ...

■2018年11月02日
草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」
中国各地で草間の作品と称した贋作を展示する展覧会が開催。財団は抗議

■2018年11月02日
水曜日のカンパネラ×yahyel コラボ曲“生きろ。”本日配信リリース
水曜日のカンパネラとyahyelのコラボレーション楽曲“生きろ。”が、本日11月2日に配信リリースされた。『SUMMER SONIC 2018』で初披露された同曲は、昨年コムアイ(水曜日のカンパネラ)

■2018年11月02日
大泉洋、岡田将生、眞島秀和らが笑顔 『そらのレストラン』場面写真
映画『そらのレストラン』の公開日が2019年1月25日に決定。あわせて場面写真が公開された。公開された場面写真では、大泉洋演じる亘理と本上まなみ演じる妻のこと絵が娘の潮莉と3人で食卓を囲む様子や、亘理

■2018年11月02日
『ドラゴン・タトゥーの女』最新作『蜘蛛の巣を払う女』初日決定&新予告編
映画『蜘蛛の巣を払う女』の初日が2019年1月11日に決定。あわせて新予告編と&ポスタービジュアルが公開された。2011年に公開されたデヴィッド・フィンチャー監督作『ドラゴン・タトゥーの女』の続編とな

■2018年11月02日
紫綬褒章にケラリーノ・サンドロヴィッチ 受章コメントも
芸術や学問、スポーツなどの功労者におくられる紫綬褒章の受章者に、劇作家で演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチらが選ばれたことがわかった。ケラリーノ・サンドロヴィッチは1963年生まれ、東京都出身。19

■2018年11月02日
『アニッシュ・カプーア IN 別府』圧倒的な視覚体験をレポート
プロデューサーに聞く、作家を1組のみ招聘する実験的芸術祭はなぜ生まれたのか?

■2018年11月02日
スパイク・リー『ブラック・クランズマン』3月公開 KKKに挑む黒人刑事描く
スパイク・リーの新作映画『BlacKkKlansman』の邦題が『ブラック・クランズマン』に決定。2019年3月から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。『第71回カンヌ国際映

■2018年11月02日
玉城ティナ×磯村勇斗が放課後トーク 『ういらぶ。』スピンオフドラマ配信
映画『ういらぶ。』のスピンオフドラマ『ういらぶ。―初々しい恋を見守るふたりのおはなし―』が、本日11月2日からGYAO!で配信されている。11月9日公開の映画『ういらぶ。』は、同じマンションに住む容姿

■2018年11月02日
神木隆之介が有村架純の「透ける身体」を目撃 『フォルトゥナの瞳』予告編
映画『フォルトゥナの瞳』の公開日が2019年2月15日に決定。あわせて同作の予告へが公開された。同作は、「死を目前にした人間が透けて見える」という能力「フォルトゥナの瞳」を持った青年を描く百田尚樹の同

■2018年11月02日
ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも
本日11月2日から公開されている映画『ヴェノム』の戦闘シーンの映像が到着した。同作は、マーベルコミックのキャラクターで、スパイダーマンの敵役であるヴェノムを描いた作品。正義感あふれるジャーナリストのエ

■2018年11月02日
佐野勇斗が本郷奏多の胸ぐら掴む 又吉直樹原作の映画『凜』予告編が公開
映画『凜』の予告編が公開された。2019年2月22日から公開される『凜』は、又吉直樹が脚本を手掛け、2007年に上演された舞台作品が原作。「100年に一度、村から子供が消える」という神隠し伝説が伝わる

■2018年11月02日
アドニスがドラゴの息子と対峙 ロッキー新章『クリード 炎の宿敵』予告編
映画『クリード 炎の宿敵』が2019年1月11日から全国公開される。同作は、ボクサーのアドニス・クリードと師匠のロッキーの世代を超えた友情や、ひたむきに夢を追い求める姿を描いた『ロッキー』シリーズの新

■2018年11月02日
クボタ×小学館×キュウソ 米137粒の「コメ撮り」特別映像『米米米米』
クボタによる「クボタ LOVE米プロジェクト」の特別映像が公開された。クボタの米への愛を伝えるために制作された同映像では、小学館のラブコメ漫画5作品とコラボレーション。全137粒の米粒1つひとつに各作

■2018年11月02日
BiSHの新SG『stereo future』ティザー映像7日連続公開 アー写&ジャケ写も
BiSHのニューシングル『stereo future』のティザー映像第1弾がBiSHの公式Twitterで公開された。BiSHのメジャー5thシングルとなる『stereo future』。昨日11月1

■2018年11月02日
キズナアイのオリジナル楽曲P陣にDE DE MOUSE、Avec Avec、Teddyloidら
キズナアイがオリジナル楽曲を連続リリース。参加プロデューサー陣が公開された。バーチャルYouTuberとして2016年から活動するキズナアイ。10月26日にオリジナル楽曲“future base”をリ

■2018年11月01日
モリッシー発言集、The Smiths時代から近年までのインタビュー29本を収録
モリッシーの発言集『モリッシー インタヴューズ』が刊行された。1959年にイギリス・マンチェスターで生まれ、1982年にジョニー・マーらと共にThe Smithsを結成したモリッシー。全574ページの

■2018年11月01日
沖縄出身ラッパーRude-α、配信SG『Boy Meets Girl』ジャケ&新アー写公開
Rude-αの配信シングル『Boy Meets Girl』が、11月28日にリリースされる。1997年沖縄生まれのラッパー・Rude-α。2月に上京後初の新作EP『20』をリリースし、iTunesのヒ

■2018年11月01日
中国出身の若手作家・馬嘉豪『霾(バイ)PM2.5』展 煙も駆使する展示空間
馬嘉豪の個展『霾(バイ)PM2.5』が、11月2日から東京・阿佐ヶ谷のTAV GALLERYで開催される。1996年に中国・西安で生まれた現代美術家・馬嘉豪。18歳まで反日教育を受け続け、祖国の違和感

■2018年11月01日
岡村靖幸が「結婚」問う対談集『結婚への道 迷宮編』に蒼井優、Charaら
岡村靖幸の対談集『岡村靖幸 結婚への道 迷宮編』が本日11月1日刊行された。同書は、ファッション誌『GINZA』の連載「岡村靖幸 結婚への道」を収録した『岡村靖幸 結婚への道』の第2弾。岡村が38人の

■2018年11月01日
Emerald自主企画『Magic in Moon Night』にbohemianvoodooら 昨日配信SGも
Emeraldの自主企画ライブ『Magic in Moon Night』が11月21日に東京・渋谷のWWWで開催される。同イベントにはbohemianvoodoo、Mimeの出演が決定。Emerald

國村隼 - Yahoo!人物 - Yahoo! JAPAN
オーバー50俳優、なぜ韓国で活躍?日本人ならではの魅力とは
國村隼 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
近年、韓国映画界では鶴見辰吾(52)がキム・ジウン監督の『密偵』、大杉漣(65)がパク・フンジョン監督作『隻眼の虎』に出演するなど、“オーバー50”の日本人俳優たちが活躍している。なかでも、ナ・ホン...- シネマトゥデイ- 1時間前
國村隼 | ORICON NEWS
『そして誰もいなくなった』原作にない刑事役で沢村一...- オリコン- 2月22日
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも國村隼に関連のある画像ばかりではありません。
國村隼の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

國村 隼(くにむら じゅん、1955年11月16日(2013年5月1日時点のアーカイブ) - )は、日本の俳優。
本名は米村 喜洋。
大阪府大阪市出身(熊本県生まれ)。
小さな頃から自動車に憧れを抱いており、特にエンジンが好きで、大阪府立工業高等専門学校へ進みエンジニアを目指していた「読者の夢インタビュー 國村隼さん(上) 部活気分で演劇界へ」 読売新聞 2010年6月2日大阪朝刊、28ページ高橋満 (2010-10-23). WorldJC. 2013年2月19日閲覧。
後に高等専門学校を辞して演劇の世界へ進んだ。
趣味・特技は渓流釣りフライフィッシング(フライを自作している)、アーチェリー、サッカー、バイク、車。
食べ物は粉もんが好物「読者の夢インタビュー 國村隼さん(下) 「今」にこだわりたい」 読売新聞 2010年6月4日大阪朝刊、31ページ。
熊本県で生まれ、1歳の時に兵庫県尼崎市に転居週刊現代 2013年11月30日 p. 189。
小学校2年の時に大阪市へ移った。
大阪放送劇団付属研究所9期生。
1981年、『ガキ帝国』(井筒和幸監督)で映画デビュー。
その後、数々の映画、ドラマに出演。
1989年『ブラック・レイン』にヤクザ役で出演、リドリー・スコット監督と松田優作から映画俳優としての表現について影響を受けた壬生智裕 (2012年11月26日). シネマトゥデイ. 2013年2月19日閲覧「俳優 國村隼 虚構の中で磨かれて」 日経マガジン (2008年6月15日). pp.14-16.。
ブラックレインへの出演後に香港の映画関係者からオファーが増えて数本の映画に出演した玉川透 「(香港と私)俳優・國村隼さん 共に汗した映画界、復活を」 朝日新聞 2007年6月26日朝刊、6ページ。
1997年、河瀨直美監督が第50回カンヌ国際映画祭で日本人初のカメラ・ドールを受賞した『萌の朱雀』では田原孝三役で映画初主演。
長らく映画中心の活動をしており、阪本順治や崔洋一の作品には常連出演している。
2006年には『芋たこなんきん』で主人公の夫・徳永健次郎(カモカのおっちゃん)を演じ、代表作の1つとなる。

引用:Wikipedia:データベース

國村隼のツイート

國村隼に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも國村隼に関連のある動画ばかりではありません。

國村隼に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング