吉田輝星 根尾昂とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
吉田輝星vs根尾昴 高卒大物新人の商品価値はどっちが高い? NEWS ...
2019年1月6日 - 日本ハムのドラ1・吉田輝星(17)と、4球団競合の末に中日入りが決まった根尾昂(18) 。どちらも高校球界のスターだが、今のところ“外れ1位”の吉田のほうが、スポーツ紙の1 面を飾る回数など「話題性」では根尾を圧倒している。 関西大学の ...
人間性も高評価の根尾昂 吉田輝星は…明暗分かれたドラフト (1/2 ...
日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差
根尾昂は他人を思いやるヒーロー。「吉田輝星投手は素晴らしい投球を ...
9日から新人合同自主トレがスタートする。プロ入りするにあたり、吉田輝星が大きな刺激を受けたのは、昨夏の甲子園決勝で対戦、U18でチームメートになった中日1位の根尾昂(大阪桐蔭)だという。単独インタビ...- 日刊ゲンダイDIGITAL- 41分前

■2019年1月15日
菊池雄星と大谷翔平の恩師が語る、花巻東育成メソッドと6年間の物語。
そのピッチングは荒々しく、それでいて華があった。菊池雄星の高校時代である。そんな彼を、花巻東の監督である佐々木洋は「動の菊池」と評したことがある。

■2019年1月12日
中学野球部の露骨なボーク誘導。審判は「アンフェア」をどう裁くか。
以前、ライターの先輩から、こんなことを教わったことがある。記事はどんなテーマで書いても構わないが、「審判」については触らないようにしている。それが業界の暗黙の“申し合わせ”である、と。

■2019年1月09日
新潟の球数制限がもたらす次の問題。トーナメント戦で投手育成は可能か。
平成の終焉を控えての強烈なメッセージだった。新潟県高校野球連盟が、今年春の県大会からの球数制限導入を決めた。このニュースに驚くとともに、時代が大きく動き出したことを感じずにはいられなかった。

■2018年12月31日
甲子園決勝は本当に明日でいいのか。金足農業・吉田輝星の投球数が……。【2018年 野球部門2位】
2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。野球部門の第2位はこちら!

■2018年12月31日
安倍昌彦が考える2018ベストゲーム。根尾、辰己、小園が輝いたあの1戦。
いよいよ暮れも押し迫って、「2019年」がもうすぐそこまでやってきている。野球の世界はシーズンオフを迎え、今年はどうだったかな、と振り返りの季節でもある。今年もプロ、アマチュア、たくさんの試合を見てき

■2018年12月30日
大阪桐蔭の深さを知った草むしり。彼らの目標は「甲子園」ではない。【2018年 野球部門3位】
2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。野球部門の第3位はこちら!

■2018年12月29日
松坂の横浜か、KKのPLか。高校野球の最強校をプロ野球選手に聞くと……。【2018年 野球部門4位】
2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。野球部門の第4位はこちら!

■2018年12月26日
日本高野連から歓迎されなくても、新潟県が球数制限を導入した重み。
2018年の高校野球は大阪桐蔭の春夏連覇、夏の大会での秋田・金足農業旋風などに沸いた一方で、改めて高校野球そのもののあり方が問われた年でもあった。

■2018年12月12日
2番に最強バッターを置くことへの抵抗感と高揚感を歴史から考える。
ウチは2番に最強のバッター置いてるからね……。「秋の熊野」でいなべ総合高(三重)の尾崎英也監督にそう言われてから、この「2番打者最強説」がずっと気になって仕方がない。

■2018年12月05日
高校球児の人生が変わる秋の熊野。全国の強豪と地元校が出会い……。
「秋の熊野」の練習試合フェスティバルは、熊野市近隣の5カ所のグラウンドを使って行われる。一応、メイン会場は「くまのスタジアム」ということになっているようだ。

■2018年12月04日
「晩秋の甲子園」に集った才能たち。いなべ総合の捕手、創志の第2投手。
夏の甲子園予選のあとに結成された「新チーム」には、それまで実戦の舞台に登場しなかった1年生が多くデビューするのも大きな楽しみの1つになる。

■2018年12月03日
熊野で再会した創志学園・西純矢。投球術と変わらぬ野球小僧っぷり。
今年も秋の“熊野”に行ってきた。毎年11月最終の土曜、日曜、三重県の熊野市を中心としたいくつかの球場、高校グラウンドを会場にして、各地から集まった高校チームが練習試合を行って、夏の新チーム結成から磨い

■2018年11月26日
静岡で見つけた才能あふれる高校生。紅林弘太郎遊撃手と栗田和斗投手。
1メートル86の大型遊撃手というから、てっきり「強打」の選手だとばっかり思っていた。それが実際に試合を見てみたら、フィールディングがあんまり上手くて驚いた。

■2018年11月23日
熊本西高校のいたましい事件に思う。バッター達に近年起こっていた変化。
漠然とした不安が、現実になってしまった。18日、熊本県立熊本西高校の硬式野球部員が、練習試合の最中に頭に投球が当たり、翌日、外傷性くも膜下出血が原因で亡くなった。

■2018年11月08日
低反発金属バット導入は一石三鳥だ。高校野球の金属バット問題を考える。
甲子園の熱狂から2カ月半、銀傘を沸かせた球児たちも、それぞれ身の振り方が決まって「次の物語」が始まろうとしている。

■2018年10月15日
大阪桐蔭・西谷監督も憧れた「PL学園伝説のスカウト」がKKドラフトを語る。
怪物のような人を想像していた。あまりにも多くの野球関係者から「伝説のスカウト」だと聞かされていたからだ。

■2018年10月12日
吉田輝星、最高の高校ラストゲーム。「金足だからしょうがないでしょ」
10月10日、金足農高の吉田輝星がプロ志望を表明した。今夏の甲子園で金足農を秋田県勢103年ぶりの決勝に導き、日本中を沸かせたエースが、プロの世界に挑戦する。

■2018年9月12日
なぜU18ジャパンは打てなかったか。木のバット、牽制、ストライク。
宮崎県で開催されていた第12回U18アジア選手権が9月10日に閉幕。大会2連覇がかかっていた日本は、グループ戦で韓国、スーパーラウンドでは台湾に、ともに1-3で敗れて決勝進出はかなわず、3位で大会を終

■2018年9月12日
甲子園からU18への移行の難しさ。不出場組を呼ぶ手もあったのでは?
U18球児たちの長い長い夏が終わった。心から「お疲れさまでした」と、その健闘を称えたい。7月の地方予選から甲子園大会、そして「U18」と続いたおよそ2カ月の長丁場。心身にストレスをかけ続けながら、プレ

■2018年9月11日
吉田輝星の正面には菊地亮太がいた。金足農とU18、違いは捕手だった?
そこには、甲子園を熱狂させ、日本中の視線を集めた吉田輝星はいなかった。連覇を逃したU18アジア選手権で、吉田は結果的に2敗を喫した。代表入りして初の実戦登板となった1次ラウンドの韓国戦で、初回に先制3

■2018年9月11日
左打ち偏重は日本野球の“病”か。藤原恭大、根尾昂のU18も同傾向。
U18アジア選手権1次ラウンド第3戦の韓国戦、スーパーラウンドの台湾戦で日本は以下のようなスターティングメンバーで試合に臨んだ。

■2018年9月08日
吉田輝星が浴びた韓国流ホームラン。日本で流行らない「引き腕打法」。
韓国チームの4番キム・デハン中堅手が、ジャパン先発の吉田輝星投手(金足農業)のスライダーを捉えた瞬間、私はすごくなつかしいものを見たような気がした。

■2018年9月05日
甲子園51本塁打のバットを全調査。藤原恭大はミズノ、根尾昂はZETT。
この夏の甲子園、100回大会ということでヒートアップしていたのは用具メーカーも同じである。金属バットの音を聞いただけでメーカーと型番を言い当てるという野球専門ショップ「ベースマン立川店」のカリスマ店員

■2018年9月03日
龍谷大平安から日大三、金足農へ……。応援のバトン、動画再生100万回!!
夏の甲子園準決勝、金足農に1-2で惜敗した日大三。試合終了後、ツイッターにアップされたとある動画が100万回再生され、話題になっている。

■2018年9月03日
平成最後の高校野球、美談と正論。猛暑、球数を問題提起した東スポ。
私は高校野球も好きだけど、高校野球についての「論」も好きだ。この時期になるとメディアを中心とした場所では「美談」が、ネットを中心とした場所では「正論」が放たれる。どちらも見逃せない。

■2018年8月31日
球数問題は高校どころか少年野球も。投げすぎは「将来性の先食い」に。
今夏の甲子園ほど、選手の健康面への懸念が取りざたされた大会はなかっただろう。気象庁が「災害級」と表現した酷暑の中、金足農・吉田輝星が1回戦から決勝まで投げぬき、882球という投球数を記録した。

■2018年8月28日
新聞で見つけたある高校球児の談話。甲子園のヒーローとは別の「凄さ」。
「夏の甲子園」が終わってしばらくの今ごろは、私にとっては「整理」の時期にあたる。各県予選の資料を整理して、頭の中に雑然と詰め込まれた情報と知識を整理し、秋のドラフトに備えて気持ちのほうも整理する。

■2018年8月28日
50年前、第50回夏の甲子園の記憶。『巨人の星』が開始、大阪では……。
100回目の全国高校野球選手権大会が終わった。決勝戦の日、私は大阪にいた。生家が経営していたものの、店をたたんで廃屋同然になったレストランがある。その店を取り壊すのに立ち会うためだ。

■2018年8月27日
甲子園で球数制限しない理由は無い!天才と2番手投手の双方に利点アリ。
先日幕を閉じた甲子園大会は、総じて前評判の高かった選手が予測通りの結果を出した大会だった。

■2018年8月26日
藤原恭大と根尾昂のライバル性。「自分が打つと、藤原は燃える」
夏の高校野球が終わってしまった8月の終わりは、「喪失感の夏」である。それにしても、今年の甲子園ほど立ち去りがたい思いにさせられる大会もなかった。

■2018年8月24日
甲子園のベスト9を3通り考える。プロ目線、大学目線、下級生限定。
かつてないほどの盛り上がりを感じさせてくれて、見た人の心に「記念大会」らしい記憶をいくつも刻みつけてくれた「第100回全国高等学校野球選手権」。

■2018年8月23日
吹奏楽の大会が甲子園と重なった!!「ブラバン応援ゼロ」をどう避ける?
高校野球に欠かせない吹奏楽の応援。地方大会では、鳴り物応援が禁止の地域や、吹奏楽部の応援が来る文化がないという県もあるが、甲子園で吹奏楽部なしという学校はほとんどない。

■2018年8月23日
甲子園大会の投手への負担軽減策、何が望ましいと思う?
大阪桐蔭の春夏連覇で幕を閉じた第100回夏の甲子園では、多くのエースたちが誕生しました。

■2018年8月23日
吉田輝星が持っている“一直線”。イチロー、松坂、上原と同じ才能。
今夏の甲子園に旋風を巻き起こした、金足農・吉田輝星の投球フォームを見ていたら、川崎宗則の言葉を思い出した。

■2018年8月23日
「本気の夏」は何に対する本気か。高校球児時代の自分と甲子園の距離。
「本気の夏、100回目。」第100回全国高校野球選手権記念大会のキャッチフレーズである。

■2018年8月22日
100回目の夏、56校すべてを観戦。ブラバン応援ベスト10を発表!
大阪桐蔭が2度目の春夏連覇という偉業を成し遂げ、夏の終わりを告げた100回目の甲子園。今夏も全出場校56校をアルプススタンドで観戦し、多くの名勝負と名演奏を堪能してきました。

■2018年8月22日
第100回夏の甲子園、あなたの印象に残った学校は?
第100回夏の甲子園は、空前の盛り上がりの末に幕を閉じました。

■2018年8月22日
「夢なのか、現実なのか……」清原和博は甲子園決勝で何を見たか。
金足農業、最後の打球がライトへ上がった。白球をつかんだ大阪桐蔭の選手たちが、グラウンドの真ん中に歓喜の輪をつくる。その瞬間、清原氏は立ち上がり、何かに引き寄せられるかのように身を乗り出した。

■2018年8月22日
根尾昂は他人を思いやるヒーロー。「吉田輝星投手は素晴らしい投球を」
皮肉を含んでいない。釘をさす意味でもない。かといって努めてチーム愛を語っているのでもない。 彼の口からいつも出てきたのは、常に他者を慮る言葉だった。

■2018年8月21日
金足農の優勝条件は吉田輝星だった。直球にかけた希望と、限界の到来。
6回表のマウンドに、決勝の主役候補の姿はもうなかった。大阪桐蔭を相手に、5回12失点。この夏、初めてマウンドを譲った金足農の吉田輝星は言う。

■2018年8月21日
一度チームワークを捨て、その後に。大阪桐蔭を支える個と団結力の哲学。
常勝・大阪桐蔭を取材していると、選手や指導者たちから決まって聞こえてくるフレーズがある。それは決勝戦を前に、副キャプテンの根尾昂から再び発せられた。

■2018年8月21日
“怪物”を眼の前で見た審判の証言。松坂、桑田、そして江川の違いとは?
野球はピッチャーがボールを投げなければ始まらない。マウンドに投手がいて、初めて相対する打者たちがいる。そこからドラマが動きだす。たとえ、それが歓喜であっても、悲劇であっても、ゲームの主役である。

■2018年8月20日
甲子園決勝は本当に明日でいいのか。金足農業・吉田輝星の投球数が……。
過去に何度も見た光景だった。表現としては“末恐ろしいピッチャー”だ。秋田県大会からすべてのイニングを1人で投げぬいている金足農のエース・吉田輝星がまた、快投を見せた。

■2018年8月20日
「近寄るな」だった吉田輝星の変貌。仲間のミスでも決勝進出でも冷静に。
ファーストがいない。2-1と1点リードで迎えた9回裏。金足農のエース吉田輝星は、日大三の7番・飯村昇大を高いバウンドのピッチャーゴロに打ち取る。

■2018年8月19日
甲子園で響き渡った慶應の応援歌。『烈火』と野球部の10年物語。
東京での手術後の退院からわずか10時間後、慶應義塾幼稚舎の教諭・小山太輝は甲子園アルプス席に立っていた。第100回を迎えた夏の甲子園2回戦、慶應義塾高校vs.高知商業。自らが作り上げたオリジナル応援歌

■2018年8月18日
エース依存から一歩踏み出した済美。「きょうの池内は頼もしくて」
ようやく抜け出した。指揮官も、そして、起用された選手も。踏み出した先には、新しい世界が見えたに違いない。

■2018年8月18日
大阪桐蔭の6番が「自分は底辺」。禁止のはずのヘッスラに真髄を見た。
異様なプレーに映った。大阪桐蔭は3-2の1点リードで迎えた6回表、3四死球でつかんだチャンスに3連続タイムリーが出て、浦和学院を8-2と一気に突き放す。なおも2アウト三塁で、6番・石川瑞貴の当たりは、

■2018年8月18日
甲子園で「1-0」が絶滅寸前?過去にはダルビッシュや王さんも。
最高の投手戦とはどんな試合か? スコアだけ考えれば、それは「1-0」だろう。高校野球の歴史でも、たくさんの好投手たちが「1-0」のゲームを演出してきた。

■2018年8月17日
根尾昂と同じ野球&スキー二刀流。上村和裕スカウトの根尾評が深い。
夏の甲子園100回大会・第9日、大阪桐蔭高・根尾昂が沖学園戦の7回に高校通算28本目の本塁打を放ってみせた。

■2018年8月17日
ミラクル金足農業が34年前に桑田真澄を追い詰めた夏。
1984年の甲子園は北風が強かった。東北の高校が大活躍したのだ。まず、春の選抜では岩手の大船渡高校が準決勝まで進出し、ファンを驚かせた。初出場の県立高校がここまで健闘するとは予想外のことだった。夏は秋

■2018年8月17日
吉田輝星はストレートだけじゃない。横浜を倒した駆け引きと変化球。
剛速球だけではない。次から次へと新しい引き出しを見せてくれる。金足農業のエース吉田輝星は、3回戦の横浜戦、甲子園では初めてとなる球種を披露した。試合前、こう語っていた。

■2018年8月17日
常葉大菊川は最後まで真っ向勝負。近江・北村に6打点献上も勲章だ。
彼らの選択肢に「敬遠」の二文字はなかった。常葉大菊川の捕手・根来龍真は言う。

■2018年8月17日
甲子園に着いた学校が悩むこと。昔は選手のケンカ、今は体重増加?
甲子園大会では、試合開始予定時刻の2時間前に「試合前取材」という囲み取材の時間がある。一塁側、三塁側、それぞれアルプススタンド下に室内練習場があり、そこに次の試合の出場校の監督、部長、ベンチ入り選手た

■2018年8月16日
江夏、野茂が高校野球に残した伝説。甲子園に出ていない怪物投手たち。
1966年。第48回全国高校野球選手権・大阪大会準々決勝、明星高校の4番・山東孝好は試合前に見せた大阪学院・江夏豊の柔和な表情を、今も覚えている。「お手柔らかに頼むぞ」

■2018年8月16日
菊池雄星や吉田輝星と同じ、浦和学院・渡辺勇太朗のある動作。
高校に入って初めての完封勝利は甲子園の大舞台だった。「左バッターに回ったら替えるぞ、と9回に入る前に監督から言われていたので、右バッターを必死に抑えました」

■2018年8月16日
「最低の日」に仕事をする存在感が報徳学園・小園海斗の非凡さだ。
水の中に落ちた一滴のインクのように、小さなミスは一瞬の間に大きなチャンスに広がった。

■2018年8月16日
なぜ高校球児は応援曲を真似たがる?甲子園の画一化とオリジナル曲の期待。
プロ球団が熱視線を送る根尾昂や藤原恭大などを擁し、「史上最強軍団」ともいわれる優勝候補・大阪桐蔭。同校を代表するオリジナル応援曲が『You are スラッガー』だ。

■2018年8月16日
甲子園を連覇する学校の共通点は?大阪桐蔭の3投手体制はかなり有力。
近年の甲子園で、大阪桐蔭という学校は別格になった感がある。

■2018年8月15日
「島袋洋奨も高2は甲子園で負けた」興南が0-7敗戦から得た教訓とは。
点差ほどに力の差を感じない試合がある。敗れた側の方に勢いがあったのに、いつの間にか、反対側のチームが差をつけて勝っている。15日の第2試合はまさにそんな試合展開で、興南が0-7で木更津総合に敗れた。

■2018年8月15日
創志学園・西純矢の雄叫びと本性。審判と戦い、知った甲子園の怖さ。
疲労と困惑が入り交じった表情で、初回を投げ終えたときのシーンを振り返った。「ベンチに戻る途中に主審に『(マウンドで)必要以上に吠えたりするな』とか強めに言われて……。苛立ってしまい、素直に聞くことがで

■2018年8月14日
「普通にやれば、150は出る」金足農・吉田輝星の全力投球宣言。
8回裏、金足農業のエース吉田輝星は、ストレートの「3速ギア」をトップに入れた。「あそこは全開で、3者連続三振を取りに行くくらいの気持ちでいきました」吉田は3段階のストレートを持つ。1速は「キレを意識し

■2018年8月14日
フルスイング主義は誤解されてる?常葉大菊川の超攻撃野球の本質。
迷いがない。恐れがない。常葉大菊川のプレーのことだ。この日の第1試合では日南学園を相手に3-0で勝利。試合の中で徹底されていたのは、走・攻・守のすべてにおいて積極的にプレーし続けることだった。

■2018年8月14日
筒香嘉智が横浜高の4番だった頃。松坂世代を追い、渡辺監督に学び。
筒香嘉智はいつも泰然自若としている。三冠王を目指せると言われても個人的な数字は口にせず「目標はチームが優勝することです」と言い、劇的な本塁打を放っても「普通です」と肩透かしを喰らわせる。

■2018年8月13日
高岡商の試合巧者ぶりに痺れた一戦。佐久長聖に1点差勝ちした、その中身。
試合後の佐久長聖・藤原弘介監督の言葉が、“北信越対決”の勝者・高岡商の強さを上手く表していた。「本当は自分たちがやらないといけないプレーだったんですけど、(高岡商は)試合巧者でしたね」藤原がそう振り返

■2018年8月13日
完敗こそすれ、全力投球の充実感アリ。沖学園・石橋幹、1イニング分の成長。
壁を突き抜けた男の表情だった。4回裏、大阪桐蔭の4番・藤原恭大にタイムリー二塁打を打たれたときも、沖学園の先発・石橋幹は笑っていた。「顔の横を通ったような感じで、新幹線のようだなと思いました(笑)」鬼

■2018年8月12日
仙台育英、敗れてなお伝わる哲学。須江航監督が導入した規律と数字。
試合後のインタビュールームの雰囲気から違っていた。2年連続出場となる仙台育英が、初戦となった2回戦で浦和学院に敗れた。昨夏のベスト8のはるか手前で大会を去ることになったが、まるで異なるチームのような戦

■2018年8月12日
二松学舎の1年生山田将義は図太い。「1人だけ違う方向を向くのが捕手」
黒目勝ちな目と濃い眉に、意志の強さを感じさせる。二松学舎の正捕手、山田将義は、とても1年生には見えないほど堂々とプレーしていた。

■2018年8月11日
明石商・田渕翔は笑って夏を終えた。「僕が泣いても仕方ないんで」
最後のバッターになっても笑っていた。「僕が泣いても仕方ないんで」

■2018年8月11日
龍谷大平安を苦しめた投球リズム。鳥取城北の「戦術的な遅さ」とは。
古豪を追い詰めながら9回サヨナラ負け。しかし、敗者・鳥取城北の山木博之監督の表情にあったのはあと一歩まで迫った充実感だった。

■2018年8月11日
甲子園に出るための「外人部隊」と呼ばれて。越境入学は是か非か。
夏の甲子園は、今回で第100回という大きな節目を迎えた。大会第3日第4試合では18年ぶりに出場した益田東が常葉大菊川に悔しい逆転負けを喫した。

■2018年8月10日
「10点取られても打ち合いなら」折尾愛真の想定を越えた日大三打線。
破格の心構えだった。「10点は覚悟していたので」初出場の折尾愛真の1番・長野匠馬は、強打の日大三を相手に迎え、そう思ったという。それでも十分、勝機はあると思っていた。

■2018年8月10日
敦賀気比左腕・木下元秀の3死球。木更津総合封じの生命線が代償に。
試合を決定づける走者一掃のスリーベースが生まれたのは、6回表のことだった。

■2018年8月09日
清原和博、告白の始まり。「人生、どこからおかしくなった……」
『Number』誌上で1年間にわたって連載された『清原和博 告白』が単行本となった。清原氏が自らの半生を振り返り、鬱病、薬物依存とたたかう現在を綴った1冊は、大きな反響を呼んでいる。

■2018年8月09日
花巻東と下関国際の高度な情報戦。大胆な守備陣形と貫いたスイング。
会心と思った打球がことごとく正面を突く。下関国際打線に立ちはだかったのは花巻東の遊撃手・谷直哉。9回終了時点で、27個のアウトのうち、8個のゴロを処理したのだ。

■2018年8月09日
代打で6打数6安打、父は元プロ。横浜高・度会隆輝の「おまじない」。
成就率100%の「おまじない」だ。「自分ならできるって、気の済むまで言い聞かせてます」

■2018年8月09日
甲子園で1番「暑い」のは誰か。選手、審判、カメラマン、応援団。
全国高校野球選手権大会第100回記念大会が、いよいよ幕を開けた。今年の7月以来の暑さは異常気象らしいが、そんなことはものともせず、全国の予選を勝ち抜いた精鋭56校が熱戦を繰り広げ、その熱気にあおられる

■2018年8月08日
ストレートの伸びがまるで漫画!金足農・吉田輝星に鹿実打線が驚嘆。
「ワンバンするぐらいのボールがストライクになった」まるで漫画の中のセリフのような感想をもらしたのは、2三振を喫した鹿児島実業の5番・岩下丈だ。今大会、ナンバー1の呼び声が高い本格派右腕がついにベールを

■2018年8月07日
智辯和歌山を抑えた「4本の矢」。近江・多賀監督は継投マスター。
2本が3本になり、3本が4本になった。「大博打でいきました」近江の多賀章仁監督は、試合後、気持ちを高ぶらせながら振り返った。

■2018年8月07日
高岡商のエースは1人ではなかった。交代を告げられ「大島に託そう」。
指揮官の思いやり采配とも言えるのではないか。大会3日目の第1試合、ともにプロ注目の投手をエースに据える佐賀商vs.高岡商の対決は、エースが足をつって降板するアクシデントがあった高岡商が4-1で競り勝っ

■2018年8月07日
清原和博が1985年決勝を見る。「自分の一番、輝いている瞬間を……」
清原和博が、1985年夏の決勝戦を見る――。「Number」の甲子園特集号において、この企画が持ち上がった時、正直、ぞくっとした。「僕の人生の中で、一番忘れられない試合なんです」

■2018年8月06日
1回戦の頂上対決で大阪桐蔭に惜敗。挑戦者に徹した作新学院の積極戦術。
いつもは淡白な敗戦後の指揮官のインタビューが違ってみえた。1回戦屈指の好カードと注目された第2試合は、春の覇者・大阪桐蔭が2年前の夏の覇者・作新学院を3-1で競り落として2回戦進出を決めた。

■2018年8月06日
高知商が選手に施した「洗脳」。明徳義塾撃破を胸に、甲子園優勝へ。
この夏、高知商にとって最大の敵は「苦手意識」だった。大会2日目、第1試合。高知商は山梨学院との壮絶な打撃戦を制し、14-12の堂々たる勝利を挙げた。高知勢としては、明徳義塾以外では、9年振りの夏1勝で

■2018年8月04日
小学校の先生は高校野球の監督。慶應の「二刀流」森林貴彦とは。
偉人・福沢諭吉を評する際、「異端者」という言葉が多く使われる。官職を求めることなく、生涯、無位無冠の一市民を貫き、権威や世論の大勢を抗して、自らの知性の信じる道を進んだ思想家であった為、「異端者」と呼

■2018年8月04日
甲子園ブラバン応援を語り尽くす!“マニアック過ぎる”同級生対談。
梅津「山下さんは、わたしの知っている新聞記者の中でも相当な応援マニアですが、いつからブラバン応援を聴いていたんですか?」

■2018年8月03日
大阪桐蔭、夏の甲子園初黒星。二重の屈辱が名将・西谷浩一を生んだ。
100回目の甲子園で、二度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭。激戦区の大阪にあり、今年の準決勝でも激闘を繰り広げた履正社というライバルが存在しながら、この7年間、14回のチャンスで11回目の甲子園出場を果たし

■2018年8月03日
小山台高校野球班に受け継がれる志。大事な試合に現れる「赤とんぼ」。
赤とんぼは、その日も都立小山台高校野球班と共にいた。7月29日、神宮球場では東東京大会決勝戦、二松学舎大付対小山台の熱戦が繰り広げられていた。

■2018年8月03日
横浜高校の万波中正がすごいぞ。打てない球を追わなくなった大砲。
この夏の予選旅は、「南神奈川」の決勝が締めくくりとなった。今年の100回大会は、神奈川をはじめ、埼玉、千葉、愛知、大阪、兵庫、福岡が「1県2校」になった。

■2018年8月02日
プロ選手たちの証言。高校野球での「水を飲むな」の境界線は松坂世代?
テレビをつければ「危険な暑さが続きます」と警告され、インターネットでも「○日連続の猛暑日」だと教えてくれる。

■2018年8月01日
第100回甲子園でHR新記録なるか?野手ドラ1候補勢揃いで超打撃優位に。
第100回全国高校野球選手権大会の出場校が決まった。日本の野球界は今、MLBに吹き荒れている「フライボール革命」の余波を受けて「打撃優位」の気運が盛り上がっている。

■2018年7月31日
高校野球でのコールドゲームはどういう形がいい?
夏の高校野球ではコールドゲームのルールがありますが、「点差が開いたコールドゲーム」について、現在は地方大会の決勝戦と甲子園での試合では適用されません。

■2018年7月31日
あの夏を許せない。1984年大阪、最強PL学園に挑んだ男たちの物語。
豊田義夫はもう50年以上もバットを手に、グラウンドに立っている。82歳。すっかり色の抜けた頭髪は、洗いたてのユニホームほどに白く、日差しをたっぷり浴びた褐色の肌とのコントラストが、その印象をより鮮烈な

■2018年7月30日
高校野球の私立弱体化と、ある見解。「殴られて育った兵士的な強さが」
長野県予選の準々決勝で、「本命」と目されてきた松商学園が敗れる波乱が起こった。

■2018年7月27日
高校野球でMLB式の球数制限を導入?神奈川の公立高が示したその可能性。
猛暑、酷暑、極暑……。ことしの夏は、例年以上に暑いというのが高校野球を取材して印象だ。

■2018年7月26日
史上最強・聖光学院が福島12年連覇。転機は監督の「負けてみろ!」。
100回目の夏。今年の福島を制したのは、またも聖光学院だった。「やっぱり、今年も聖光か」全国からそんな声が上がるのも容易に想像できる。戦後最長記録を更新する12連覇を遂げたのだから無理もない。

■2018年7月19日
甲子園の「史上最高の試合」とは。39年前の箕島-星稜伝説が甦る。
39年前の夏に伝説が刻まれた。第61回全国高校野球選手権。春の覇者・箕島(和歌山)に好左腕の堅田外司昭を擁する星稜(石川)が挑んだ。

■2018年7月13日
大船渡・佐々木朗希は本当にダルだ。足も肩も振りも、全てがそっくり。
今年も「甲子園予選」を追いかける旅が始まった。私の場合、3年生は春の大会でほぼ完了。夏は興味の対象の半分が1、2年生、すでに秋の新チーム取材の準備にかかっている。

■2018年7月05日
プロ野球監督になるなら公立校へ!?PL出身の監督が1人しかいない理由。
「名選手名監督にあらず」と言われるが、今年の12球団監督を見ると選手として実績がないのは栗山英樹(日本ハム)、小川淳司(ヤクルト)の両監督だけで、残る10人はすべて現役時代、タイトル(ゴールデングラブ

■2018年6月20日
松坂の横浜か、KKのPLか。高校野球の最強校をプロ野球選手に聞くと……。
中日ドラゴンズの広報担当者によれば、松坂大輔の取材には“2カ月待ち”の列ができているそうだ。それもそのはず、今シーズンは右肩痛から復活し、日本球界で12年ぶりの勝利を挙げたのを皮切りに、6月17日現在

■2018年6月14日
日本にはスポーツの教え方がない?大学生が作った「指導法の勉強会」。
連日報道されるワイドショーに、辟易としている人たちも増えてきたのではないか。社会問題にまで発展した日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題。

■2018年5月09日
大阪桐蔭は選手の進学先を調査する。監督は大学の補強ポイントまで把握。
先日、東京六大学リーグの開幕日に6人もの大阪桐蔭出身の選手が試合に出場し、スポーツニッポンは「大阪桐蔭祭り」というタイトルで詳細を報道した。6人の内訳は3年生が1人、2年生が2人、1年生は3人だった。

金足農・吉田輝星が藤原恭大、根尾昂、柿木蓮、小園海斗らと過ごし ...
礼儀、視野の広さ、思慮深さ…根尾の成功を信じる- 日刊スポーツ- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも吉田輝星 根尾昂に関連のある画像ばかりではありません。
吉田輝星 根尾昂の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

吉田 輝星(よしだ こうせい、2001年1月12日 - )は、秋田県潟上市出身の野球選手(投手)。
右投右打。
潟上市立天王小学校3年から天王ヴィクトリーズで野球を始める。
潟上市立天王中学校では軟式野球部に所属サンスポ。
秋田県立金足農業高等学校に進学し、1年夏からベンチ入りする。
3年夏は秋田大会から夏の甲子園準決勝まで10試合連続完投勝利を挙げる。
大阪桐蔭高等学校との決勝戦では5回12失点で敗戦。
斎藤佑樹、松井裕樹と並ぶ夏の甲子園・4試合連続二桁奪三振を記録https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201808180000564.html。
2018年10月25日に行われたドラフト会議では、根尾昂の外れ1位として、北海道日本ハムファイターズから単独指名を受けた。
誕生年が2001年の為、同じ外れ1位の太田椋(オリックス)と共に21世紀初のドラフト指名選手となった。

11月23日の入団会見で、背番号は18に決まったhttps://www.sankei.com/sports/news/181123/spo1811230013-n1.html。

引用:Wikipedia:データベース

吉田輝星 根尾昂に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも吉田輝星 根尾昂に関連のある動画ばかりではありません。

吉田輝星 根尾昂に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング