吉田昌郎とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
日本を救った男―吉田昌郎元所長の原発との壮絶な闘いと死 | nippon ...
人物・経歴-福島第一原子力発電所事故-略歴-論文・著作
吉田昌郎前所長について、伝えられていないこと | カレイドスコープ
2013年8月21日 - 東日本大震災の際、福島第一原発事故の収束作業を現場で指揮した故・吉田昌郎元 所長。吉田氏への長時間インタビュー、多くの関係者取材を行ったノンフィクション作家 が、改めて吉田元所長の闘いを振り返る。 シンプルビュー / 印刷.

■2021年4月24日
東海岸沖のロシア原潜、ウクライナ核危機、国内での暴動
第三次世界大戦の勃発まで、あと何日残されているのだろう。その前に、米国内でルワンダ虐殺に似た内戦が起こるだろう。米軍は成す術がなく、自分たちの運命を悟っている。この記事は、さくさくスムーズに読めるウェ

■2021年4月17日
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性④
最近では、この破滅的事態を日和ってきた文化人でさえ「世界はジョージ・オーウェルの『1984』のディストピアに向かっている」と言い出した。これは100%正しい。では、それはどんな世界なのだろう。上のイメ

■2021年4月13日
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性③
市場は「バブル末期」と明確に判断している。これは、どの経済指標を見ても間違いない。トレーダーたちは、今か今かと壮大な空売りを仕掛けるタイミングをうかがっている。それは、新たな世界大戦の引き金となる。そ

■2021年4月05日
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性②
グレートリセットによって、NESARA/GESARA金融の地殻変動が起きる!・・・多くのユーチューバーカが、このように喧伝しているが、彼らは詐欺の片棒を担がされている愚か者たちである。この記事は、さく

■2021年3月29日
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性①
結論から言うと、NESARA/GESARAとは、「所有」が完全に否定され排除された世界で、すべて政府に面倒を見てもらうために、毎月、所得のほとんどを中央銀行を経由して世界政府に上納する仕組みのことであ

■2021年3月20日
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン⑤
そもそも米軍は一枚岩ではなかったが、権力におもねる卑しい米軍人たちの台頭によって、軍の分裂が危ぶまれる事態となっている。FEMAの登場も近い・・・この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジン最新

■2021年3月17日
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン④
南北戦争は、国際銀行家が通貨発行権を取り戻すために仕掛けられた。リンカーンは奴隷解放を成し遂げた偉人などではなく、北軍の将軍として兵隊を率いて南北戦争に勝利したユリシーズ・グラントもまた名将ではなかっ

■2021年3月13日
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン③
ディープステートの「認知戦争」に駆り出されているQAnonという狂言師たちは、無防備にも、その真っ白なお腹をさらけだして、いっしょに踊ろう!と言う。この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジン最

■2021年3月06日
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン②
「認知戦」の概念は、ペンタゴンが数十年前に提唱していた。今では、中国とロシアのお家芸になっている。2016年の大統領選では、ロシアのGRUのネット戦隊がSNSに攪乱情報を流してワシントンをゆすぶった。

■2021年2月26日
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン①
本当の戦争は「思考の領域」で起こっている。DSの認知戦は、私たちの正常な思考を根底から破壊する強力なマインド・ウェポンである。それを展開しているのがQアライアンス+Anonであることは明らかだ。Qアラ

【吉田昌郎 元福島第一原発所長】 社命に背いて日本を救った男の生き様 ...
2013年7月14日 - 青山氏を構内に案内した福島第一原発の前の所長・吉田昌郎氏が生きていて、多くの ことを語ってくれていたら、安倍内閣の再稼動への暴走を止められたはずだ、と多くの人 は言います。 関西の報道番組「スーパーニュースアンカー」の水曜日 ...
「日本を救った男」吉田昌郎元所長 - 現代ビジネス - isMedia
2013年8月12日 - しかし本書を読んで、吉田昌郎所長(当時)以下、福島第一原発の現場の人間は ほんとうに命を懸けて事故の収束にあたっていたことがわかりました。そうした姿は まったく報道されてこなかっただけに、感動しました。門田さんが取材を開始され ...

■2021年5月04日
森七菜のどアップ「ウインク顔」にファン歓喜!「可愛すぎる」「天使ですか?」
3日、女優の森七菜のスタッフ公式インスタグラムアカウントが更新、彼女の可愛らしいウインク顔がアップされた。

■2021年5月04日
人間に神は必要か? 近代社会が失った「信仰」を問い直す


■2021年5月04日
今日は「植物園の日」!今でも営業を続ける日本最古の植物園をご存じですか?
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2021年5月04日
後藤真希、“ルビーカラー”&キレイすぎる横顔ショットにファン歓喜…! 「女神降臨」「はあ美しい」の声
元「モーニング娘。」の後藤真希さんが3日、みずからのインスタグラムを更新し、ファンの間で話題を呼んでいます。

■2021年5月04日
西浦博 教授が緊急報告、「第4波」が“これまでと違う”と言わざるを得ない「4つ」の理由
国内では、流行が上昇傾向にあるほとんどの地で、感染性や重症化率が高いと言われる「英国株」が、「従来株」を置き換えて拡大しつつある。この「第4波」について、京都大学大学院の西浦博教授は「これまでとは異な

■2021年5月04日
【難読漢字】「竕」って読めますか?単位の名前です
【難読漢字】「竕」って読めますか?単位の名前です

■2021年5月04日
ハイスペックすぎる女性騎手、古川奈穂さんに競馬界が「熱視線」を送るワケ
新人騎手の古川奈穂(20歳)が、周囲の予想を上回る活躍を見せている。勝利数6は新人騎手のなかで、単独のトップ(4月18日の開催まで)。その愛らしいルックスとも相まって、競馬界の話題を攫っている。

■2021年5月04日
『花束みたいな恋をした』は大ヒットも『大豆田とわ子と三人の元夫』は大苦戦…同じ脚本家で明暗のナゾ
大傑作にして失敗作……『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)は後年、そんな評価をされるような数奇な運命を辿るドラマになるのかもしれません。

■2021年5月04日
中国と台湾が入れ替わる「逆ニクソンショック」の可能性を考える
中ソの「仲間割れ」をうまく利用しようとしたのが、第1次ニクソンショックだと言える。だが、この「敵の敵は味方戦略」は最終的にうまくいかないことが多い。アメリカ外交の方向転換で超大国に成長した中国はアメリ

■2021年5月04日
ウイグルへの「残虐すぎる弾圧」が止まらない…共産党が恐怖政治を続ける理由
中国共産党によるウイグル族への人権弾圧が過酷になっている。しかしそもそも、共産党はなぜウイグル族をかようにも激しく弾圧するのだろうか。その背景には、「科学」を標榜するマルクス主義的な思想と、一体として

■2021年5月04日
気づけば、東国の代表に…!? 過剰に空気を読んじゃう人・源頼朝
「歴史を学んで意味があるのかな」「教科書っておもしろくない」と思っているあなた! それはまだ君がリアルな歴史を知らないから!! あの偉人たちの本当の姿…「清く正しく日本史」を、『東大教授が教える日本史

■2021年5月04日
フランスと日本に暮らして気づいた、親が「子供の読書に求めるもの」の違い
筆者はフランスで、現地の小学校に通う子供二人の子育て中だ。子供たちは小学校に入ってから自分たちで本が読めるようになり、本を読む量が一気に増えた。

■2021年5月04日
つんく♂の歌詞世界はかつてない高みに…モー娘。新アルバムが「That's J-POP」である理由
モーニング娘。'21のニューアルバム『16th ~That's J-POP~』がリリースされた。その魅力に迫るべくレビューする。

■2021年5月04日
元ヤクザが服役・就職・結婚を経て更生し「獄中求人誌」を作るまで
「NEXT」という獄中求人誌をご存じだろうか。今回、街中では決して見ることができない獄中求人専用誌の裏側をご紹介する。

■2021年5月04日
ストレスを溜めない「人との“適当な”距離の持ち方」。孤立せずにひとりを楽しむには?
過度な競争社会として知られる韓国で、ここ数年ブームとなっているのが「癒やし」。その一環として心理学や脳科学への関心が高まり、書店でも大ヒットを記録しています。中でも特に関心を集める「マインドフルネス」

■2021年5月04日
環境対策で急浮上した「国境炭素税」が、日本にとって「もろ刃の剣」と言える理由
トランプ米大統領時代に形骸化しかけた、世界的な気候変動対策作りが修復軌道に乗った。バイデン大統領が4月22日からの2日間、40の国と地域が参加するサミット(首脳会議)をオンラインで開催し、もともと野心

■2021年5月04日
【難読漢字】「噦」って読めますか?誰でもなったことがある「あの現象」です!
突然ですが「噦」って読めますか?

■2021年5月04日
アメリカで「ワクチン接種数」が“頭打ち”…? これは数ヵ月後の日本の姿かもしれない
アメリカでは新型コロナウイルスのワクチン接種が昨年12月中旬に始まって以来、この4ヵ月で着々と「ワクチン推進キャンペーン」が進められてきた。

■2021年5月04日
物理学界に衝撃…「宇宙の秘密」を解くかもしれない「ノーベル賞級大発見」の中身
中学・高校の物理で習った「素粒子」を覚えているだろうか。素粒子とは、物質を構成する最小単位のことだが、物理界ではこの4月7日に、これまでの常識を大きく揺るがす大発見があったばかりである。米フェルミ国立

■2021年5月04日
自分の老後と、わが子の将来のために…「教育費」と「習い事」で注意すべきこと
教育費といえば「学資保険」が常識だったのは、ひと昔前の話。これからの時代は、貯金と資産運用の組み合わせがベストだという。教育費のつくり方の「正解」を、家計再生コンサルタントの横山光昭氏にくわしく解説し

朝日新聞デジタル:吉田昌郎に関するトピックス
2013年7月19日 - 再稼働ムードの中「日本を救った男」吉田昌郎元所長(東京電力福島第一原発)がんで 壮絶死 | 3・11に始まるあの極限の1週間で、ある印象的な場面を施設内にいた警備 会社幹部・土屋繁男氏が証言している.

■2021年5月04日
長崎の原爆、そこに連合軍捕虜がいた 日蘭で追悼碑建立


■2021年5月04日
JR北海道の駅員ら22人感染 同じ運動部の関係者ら


■2021年5月04日
これは痴漢なのか 背後から触られた感触、女性の葛藤


■2021年5月04日
紀州のドン・ファン元妻、殺人容疑を否認 逮捕前から


■2021年5月04日
資産家元妻逮捕、乏しい直接証拠 「消去法」で踏み切る


■2021年5月04日
北アルプス・槍ケ岳で遭難、3人死亡 現場は当時吹雪


■2021年5月04日
多摩川で流され?20歳男性死亡 仲間とバーベキュー


■2021年5月04日
クラスター発生のカラオケ店、記者が店内へ カギは換気


■2021年5月04日
凶器から男の指紋 殺人容疑で送検へ 大阪・大学生殺害


■2021年5月04日
高崎山に今年第1号の赤ちゃんザル 公募1位のその名は


■2021年5月04日
<CNET Japan>SIE、チャットアプリ「Discord」と提携--プレイステーションゲーム機に対応へ


■2021年5月04日
ヴォレアス、入れ替え戦の初戦落とす 5日に第2戦


■2021年5月04日
「言語化を疑え」スペイン中堅サッカークラブの知恵とは


■2021年5月04日
(魂の中小企業)池江選手、そして、水泳を愛する皆様へ


■2021年5月04日
日本記録出しても「今年で最後」 陸上金井、決意のわけ


■2021年5月04日
「落合伝説」静かなブームか 今なお新たな逸話が続々


■2021年5月03日
<ZDNet Japan>コロナ禍で小売業界におけるロボット導入が加速


■2021年5月04日
34歳で亡くなった父を思い起業 画家をサブスクで支援


■2021年5月04日
東大阪のセブン、本部側が対立店舗の駐車場で営業開始


■2021年5月04日
後発DiDiフードの勝算 ウーバー、出前館にない工夫


■2021年5月04日
「大宮ガチャ」即完売の謎人気 氷川神社、伝説の喫茶店


■2021年5月04日
不正ローン、「借金消える」わけがない 得どころか大損


■2021年5月04日
<CNET Japan>ゲイツ夫妻、離婚を発表--結婚から27年


■2021年5月04日
徳島県、まん延防止適用を国に要請 クラスター相次ぐ


■2021年5月04日
大阪府、宣言延長を要請へ最終調整 感染者数が高止まり


■2021年5月04日
米軍ヘリ墜落「天のお告げ」と焦った 石破茂氏の回顧


■2021年5月04日
「悪役引き受けた」 辺野古容認の会見、石破茂氏の回顧


■2021年5月04日
結婚30万、妊娠2万、出産10万円…市が丸ごと支援金


■2021年5月04日
インド、コロナ感染が累計2千万人超に 初の邦人死者も


■2021年5月04日
メキシコ市で高架橋が崩落 地下鉄乗客ら23人死亡


■2021年5月04日
世界最大のビール祭り中止 4カ月超先でも「健康優先」


■2021年5月04日
難民受け入れ上限を引き上げ 米バイデン政権、軌道修正


■2021年5月04日
ビル・ゲイツ氏、メリンダ夫人と離婚 財団の仕事は継続


■2021年5月04日
9条の発案者は幣原喜重郎なのか 立証を試みた研究者


■2021年5月04日
「反出生主義」への共感、背景は 森岡正博さんに聞く


■2021年5月04日
「コロナのクソ野郎に」限界のライブハウス界 新展開も


■2021年5月04日
肺炎から生き返った私がいま思うこと 山折哲雄さん


■2021年5月04日
見えた太陽光発電の「生態」 脱炭素と里山保全の両立は


■2021年5月04日
再利用カップ広げる動き コロナでも使い捨て止めたい


■2021年5月04日
フグはどうやって目をつむる? 下関の水族館職員が論文


■2021年5月04日
米俳優オリンピア・デュカキスさん死去「月の輝く夜に」


■2021年5月03日
捜査に没頭、伝説の捜査一課長 勇退後に遺した「金言」


■2021年5月02日
横手文雄・元衆院議員が死去 撚糸工連事件で有罪


吉田昌郎の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

吉田 昌郎(よしだ まさお、1955年2月17日 - 2013年7月9日)は、日本の技術者である。
東京電力(現:東京電力ホールディングス)元執行役員。
2011年3月11日の東日本大震災発生時に福島第一原子力発電所所長を務めていた人物で、福島第一原子力発電所事故の収束作業を指揮したことで知られる。
小学校の同級生によると、非常に勉強ができる上に自分の意見を押し通し、親分肌でもあったという。
社内の評価は「豪快」「親分肌」、部下思いのため現場の信望は厚く性格はおおらかといわれている。
偉ぶることのない性格で、部下の社員のみならず、下請け企業の作業員からも人望があった。
また、福島第一原子力発電所での部下であった元サッカー日本女子代表でタレントの丸山桂里奈は、吉田を「いつも優しくて、面白い」と評している。
宗教に造詣があり、若い頃から宗教書を読み漁っていた。
趣味は寺めぐり。
座右の書は『正法眼蔵』で、東電の事務所内に置いていたという。
* 1955年 - 大阪府生まれ* 1967年 - 大阪市立金甌小学校(現:大阪市立中央小学校)卒業* 1970年 - 大阪教育大学教育学部附属天王寺中学校卒業(21期)* 1973年 - 大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎卒業(15期)* 1977年 - 東京工業大学工学部機械物理工学科卒業* 1979年 - 東京工業大学大学院理工学研究科原子核工学専攻修士課程修了* 1979年 - 東京電力入社* 2007年 - 東京電力執行役員 原子力・立地本部原子力設備管理部長(初代)* 2010年 - 東京電力執行役員 原子力・立地本部福島第一原子力発電所所長 兼 立地地域部福島第一原子力調査所所長* 2011年 - 東京電力執行役員 原子力・立地本部福島第一安定化センター福島第一原子力発電所長 兼 立地地域部福島第一原子力調査所所長(改組)* 2011年11月24日 - 食道癌の治療のため入院* 2011年12月1日 - 東京電力執行役員・原子力・立地本部事務委嘱(病気療養のため)* 2012年2月 - 食道切除術を受ける* 2012年7月26日 - 脳出血で倒れ緊急入院・手術* 2013年7月9日 - 食道癌のため慶應義塾大学病院で死去大阪府出身。
1961年(昭和36年)に大阪市立金甌小学校(現:大阪市立中央小学校)に入学する。
大阪教育大学教育学部附属天王寺中学校、大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎を経て、1977年に東京工業大学工学部を卒業。
高校時代は剣道部と写真部、大学時代はボート部に所属。
高校での成績は学年の180人中20番くらいであった。
1979年、同大学大学院理工学研究科を修了、原子核工学を専攻していた。
通商産業省からも内定を貰っていたが、大学の先輩の勧めで東京電力に入社した。

引用:Wikipedia:データベース

吉田昌郎に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング