吉沢亮とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
吉沢亮のプロフィール・画像・写真(1000081116)
所属事務所アミューズによる吉沢亮オフィシャルサイト。出演情報やプロフィールの他、有料会員限定の壁紙、ムービー、ボイス、スタッフレポート等。

吉沢 亮(よしざわ りょう、1994年〈平成6年〉2月1日 - )は、日本の俳優。
東京都出身。
アミューズ所属。
趣味はギターの練習。
特技は剣道で小学校から高校までの約9年間、ずっと続けていた。
剣道は二段の腕前を持っている。
2012年の『炎の体育会TV』剣道部団体戦にてその腕前を披露し、初戦で2年連続日本一の女子高生と、2戦目で実業団No.1大塚家具女子社員を相手に勝利している。
また、2014年8月9日放送分での対決でも勝利している。
剣道は関東大会優秀選手に選ばれたこともある。
漫画から飛び出してきたかのような端正な顔立ちが特徴で、ストレートな二枚目よりも暗くてクセのある役や、どこか残念な三枚目を演じることが多い。
『サマーソング』で共演した浅香航大からは「隣に座ってるだけで銅像が座っているよう」と言われ、『オオカミ少女と黒王子』で共演した二階堂ふみは舞台挨拶で「輝きがボロボロこぼれてた。
平成のアラン・ドロンのような輝きがある」と吉沢を紹介した。
2018年下半期vivi国宝級イケメンランキングで1位を獲得。
菅田将暉、山﨑賢人に続き3人目の殿堂入りを果たした。
自らの性格を人見知りと評しており、高校時代は友人があまり多くなかったことをインタビューなどでも語っている 。
広瀬すずとは1ヶ月ほど『なつぞら』で共演し少し期間が空いてから『一度死んでみた』で共演し、再び『なつぞら』の撮影に戻り約1年間一緒に撮影をしたが、お互い人見知りのため出会ってから話すまで半年近くかかったそう。
* 1994年、男4人兄弟の次男として生まれる。
* 2009年、母が応募した『アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン』で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。
なお、この時のグランプリは野村周平であった。
* 2010年、舞台『BLACK PEARL』にて、ラム役で舞台初出演し、俳優デビューした。
* 2011年、特撮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』で2号ライダーの仮面ライダーメテオに変身する朔田流星役を演じた。
* 2013年、テレビドラマ『ぶっせん』で、テレビドラマ初主演に抜擢される。
この作品は舞台としても上演された。
もともと強い憧れもなく芸能界入りしたため、15歳でデビューしてからしばらくはこの仕事が好きになれずにいたが、主演を務めたこの舞台でうまく現場をまとめられず、客席も埋められなかった悔しさが役者としての意識に繋がったという。
* 2017年、映画『銀魂』で沖田総悟役に抜擢された。
公表されたキャラクタービジュアルは原作の設定に近く、原作ファンからも支持を得た。
* 2018年、映画『リバーズ・エッジ』で山田一郎役に抜擢される。
作品は第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に出品され、行定勲監督、二階堂ふみとともにレッドカーペットに登場する。
作品は国際映画批評家連盟賞を受賞した。
映画『ママレード・ボーイ』や『あのコの、トリコ。
』でも主演を務め、5社からCMに起用されている。
* 2019年、『なつぞら』で連続テレビ小説に初出演し、ヒロイン・なつの初恋の人で幼馴染の天陽を演じた。
同年10月『空の青さを知る人よ』で声優に初挑戦し、金室慎之介(しんの)役を担当し、31歳と18歳を一人で演じ分けた。
* 2020年、エランドール賞新人賞を受賞し、 2019年公開の映画『キングダム』で秦王・嬴政と漂の一人二役の演技が評価され、第62回ブルーリボン賞で助演男優賞を、第43回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞した。
* 2021年、『青天を衝け』にて渋沢栄一役で、大河ドラマ初出演・初主演を務める。
また、平成生まれ初の大河ドラマ主演俳優となった。

引用:Wikipedia:データベース

吉沢亮のツイート

吉沢亮に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング