吉永小百合とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
吉永小百合がタモリとの共演を30年拒み続けた理由(1)タモリの真剣な ...
朝のNHKドラマ「あまちゃん」で「いつでも夢を」が歌われ、再ブレークされているそうです 。 「いつでも夢を」は、1962年、橋幸夫さんと吉永小百合さんのデュエットで、日本 レコード大賞を受賞さ...
朝日新聞デジタル:吉永小百合に関するトピックス
2014年4月3日 - 国民的長寿番組の「笑っていいとも!」が31年半の歴史に幕を降ろした。スタートからの 悲願であった「吉永小百合をゲストに!」も、最終回にて大団円を迎えた。それにしても ──バラエティと縁が薄い小百合とはいえ、ここまでタモリを避けてい ...

■2018年2月19日
ソフトバンク携帯、大規模障害 「03」へ発信しにくく


■2018年2月19日
カキ食べ放題の店で集団食中毒、36人症状 三重・鳥羽


■2018年2月19日
外国人技能実習、賃金不払いなど不正299件を確認


■2018年2月19日
13歳とみだらな行為、小学校講師に停職処分 名古屋


■2018年2月19日
天皇陛下、五輪「良い成績あげられてね」 静養先で笑顔


■2018年2月19日
防災無線、未明に誤って五輪テーマ曲 震度4の宇和島


■2018年2月19日
汚れたトイレ、実家の異変 告知受けた父に笑顔が戻った


■2018年2月19日
被告「刺したのは亡くなった後」 2女性殺害、無罪主張


■2018年2月19日
遺族「妻子の人生は何だった」 熊谷6人殺害、死刑求刑


■2018年2月19日
養豚場で火災、妊娠中のメス豚40頭が死ぬ 千葉・旭


■2018年2月19日
<CNET Japan>トライアルとパナソニックがウォークスルー会計の実証実験--会計レーン通すだけで自動精算


■2018年2月19日
高木美帆、金銀銅コンプリート? 団体追い抜き勝利で


■2018年2月19日
W杯53勝、個人「金」ならず…他にも大事なものがある


■2018年2月19日
スノボ岩渕麗楽、大技温存で予選通過「金目指したいな」


■2018年2月19日
小野塚彩那「まあ、予定通り」連続メダルへ自然体


■2018年2月19日
リード復活、衰えなかった情熱 4年前の壁超えフリーへ


■2018年2月19日
<ZDNet Japan>VMware on IBM Cloudの衝撃--IBMがクラウドとWatsonの事業方針を説明


■2018年2月19日
ホテル内に高級車店舗 ランボルギーニなど15台ずらり


■2018年2月19日
日経平均、9営業日ぶりに2万2千円台回復


■2018年2月19日
日経平均、一時300円超値上がり 2万2千円台を回復


■2018年2月19日
22日の「猫の日」に猫キャラのポスト型はがき発売


■2018年2月19日
旧型アイボの「治療」は? 愛好家たちの複雑な思い


■2018年2月19日
<CNET Japan>ポルシェ、旧車の希少部品を3Dプリンタで製造して供給--クラシックカーをいつまでも


■2018年2月19日
首相動静―2月19日


■2018年2月19日
米陸軍幹部「不測の事態、対応準備必要」 防衛相と会談


■2018年2月19日
働き方改革法案は「没だ」 野党6党、提出断念を要求へ


■2018年2月19日
菅長官「極めて不適切」裁量労働制と異なる聞き方で調査


■2018年2月19日
麻生氏、佐川氏への抗議デモは「立憲の指導」答弁後訂正


■2018年2月19日
トルコ軍、化学兵器使用の疑惑 外相は否定 シリア


■2018年2月19日
クルド勢力、アサド政権と共闘か トルコ軍と衝突の恐れ


■2018年2月19日
ロシア正教の教会で銃撃、信者5人死亡 ISが犯行声明


■2018年2月19日
無人機の破片「持ち帰れ」イスラエル首相がイラン外相に


■2018年2月18日
政治家に「恥を知れ」 現場近くで銃規制強化求めるデモ


■2018年2月15日
<鉄道コム>泉北高速、泉ヶ丘駅のリニューアル完成時期を発表


■2018年2月18日
彼女と結婚しない息子 石田純一さんへの相談


■2018年2月18日
藤井新六段、勝負決めた絶妙手 広瀬八段「見落とした」


■2018年2月17日
藤井五段、朝日杯V 最年少15歳で棋戦優勝 六段昇段


■2018年2月17日
藤井五段初優勝、朝日新聞が号外 朝日杯将棋オープン戦


■2018年2月19日
ボランティアのデータベース化やアプリ開発も 東京五輪


■2018年2月16日
ディキノドン類の化石、国内初の発見 山口・美祢


■2018年2月16日
飛べないテントウムシで害虫駆除 高校生の技術、実用化


■2018年2月19日
元最高裁判事の大内恒夫さん死去


■2018年2月16日
ジャズピアニスト小曽根実さんが死去 小曽根真さんの父


■2018年2月14日
漫談家の翠みち代さん死去 桂福団治さんの妻


吉永小百合 - NAVER まとめ
吉永小百合に関する記事一覧ページです。 ... の「虹の岬の喫茶店」。海を望む岬の先端 にある喫茶店を舞台に、吉永小百合さんが演じる店主の悦子と、店に集う人々の心の 交流を描く。阿部寛さん、竹内結子さん、笑福亭鶴瓶さんが共演。10月11日全国公開。
吉永小百合、若い頃・子供時代の写真が美人で夫羨ましすぎw いいとも ...
吉永小百合のまとめ一覧ページ。画像やエピソードなどが集約されている。映画を中心 に活動する、日本を代表する女優の1人。1960年代には「日活の看板女優」として、日本 映画界に一大旋風を巻き起こした。歌手としても数多くの楽曲をリリースし、多数の賞を  ...

■2018年2月19日
【悲報】仮想通貨取引所Zaifで2246兆円を儲けた億り人の末路wwwww


■2018年2月19日
【衝撃】松本人志、ネットカフェ難民に警告wwwwwwww


■2018年2月19日
【衝撃】モスバーガーの現状…もうあかん…


■2018年2月19日
【衝撃】資産1億3000万円の投資家、その生活実態をご覧ください・・・


■2018年2月19日
【批判殺到】日本ツイッター社が炎上wwwwwwww


■2018年2月19日
【発狂】わい鍵屋、メンヘラや統失の客が多すぎて頭おかしくなりそう…聞いてくれ…


■2018年2月19日
【悲報】派遣女子&非正規男子の末路がこちら・・・・・


■2018年2月19日
【唖然】イッテQのイモトの登山コーナーに物申す!!!!!


■2018年2月19日
フジテレビ「最近は池の水抜くみたいな番組がウケるんか…せや!」→


■2018年2月19日
【愕然】吉野家のアジフライ丼380円の写真wwwwww(画像あり)


  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも吉永小百合に関連のある画像ばかりではありません。
吉永小百合の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

吉永 小百合(よしなが さゆり、1945年3月13日別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.22. - )は、日本の女優、歌手である。
本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。
東京都渋谷区代々木西原町(当時)出身。
そのファンは、「サユリスト」と呼称される。
1960年代を代表する人気映画女優で10年間で70本以上の映画に出演した。
吉田正(作曲家)の門下生として、数多くのレコードを世に送り出している。
早稲田大学第二文学部西洋史学専修を卒業し、文学士の称号を受ける。
夫はフジテレビディレクター、共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任した岡田太郎。
*父の吉永芳之(鹿児島県出身)は、東大法学部卒業、九州耐火煉瓦、外務省嘱託を経て、出版社「シネ・ロマンス社」を経営。
飯島正、双葉十三郎らと映画ファン雑誌「シネ・ロマンス」を刊行するも、事業に失敗している。
母の和枝は山の手の上流家庭に生まれ、「潮音」に所属する歌人であった。
*少女時代、吉永は何一つ不自由ない幸福な生活を送ってきたと思われることが多いが、上記の父親の事業の失敗から、家の米びつに1粒の米もない日もあったという。
小学校の時は借金取りが押し寄せたこともあった。
それを見た彼女は「私、新聞配達をする」と言ったが、親に止められたとのこと。
その後、ラジオ出演するにしたがって、家の生活も少しずつ楽になっていったというこれらの少女時代の体験は、2017年1月8日東京新聞 朝刊 『私の十本』から。

*母方の祖父に、英文出版社の大観社社長の川田友之。
叔母に『婦人画報』編集長、「アムネスティ・インターナショナル日本支部」の創設メンバーの川田泰代が名前を連ねるなど、執筆の世界とも所縁が深い。
*遠縁に歌手の佐良直美がいる(佐良直美の母方の大伯父である山口彰夫の妻と、吉永小百合の母が姉妹同士)『女性自身』1981年5月14日・21日合併号。
また山本直純の妻の山本正美も遠縁にあたる(山本正美の妹の夫の母が、吉永小百合の母のいとこの妻と姉妹同士)。
*「日活の看板女優」として、浜田光夫と1960年代の日本映画界に一大旋風を巻き起こし、従来の男性アクション映画路線がマンネリ化していた当時の日活にとって、吉永・浜田コンビの純愛&青春映画路線は、新たな日活映画ファンの獲得と支持を集めた。
特に『キューポラのある街』、ベストセラーを映画化した『愛と死をみつめて』などは世間から熱い注目を集めた。
ブロマイドがあまりの売れ行きに店頭から姿を消すなど、爆発的に売り上げを伸ばした。
1964年(昭和39年)、1968年(昭和43年)、1969年(昭和44年)と、年間売上実績で女性部門1位に光輝いた。
また、松原智恵子と和泉雅子と合わせて「日活三人娘」とも呼ばれた。
*28歳の時に15歳上のテレビプロデューサー・岡田太郎と電撃結婚した。
冨士眞奈美・吉行和子ら女優や文士も参加した句会では、吉永がまだ20代の頃に「今日はバレ句(色っぽい句)を詠みましょう」というテーマが出され、優等生・清純というイメージとは裏腹に「松茸は舐めてくわえてまたしゃぶり」と詠み、秀逸作品(天・地・人、の天)に選出されている。
*吉永主演映画の原作者でもある川端康成・石坂洋次郎といった作家にも寵愛され、川端は吉永に会いたいために山奥の伊豆の踊子のロケ現場を突然訪ね、石坂は吉永が演じることを想定して作品を綴り上げた。
*日本映画の衰退期と重なったこともあるが、岡田との結婚により役柄のイメージに合わず、結婚に反対する両親との仲違いも報道されたりもした。
1973年当時の邦画界には、ヌードも辞さず大胆に現代女性を演じる若手女優が多数登場しており、吉永が1960年代に演じ続けた「清純なお嬢さん」像は類型的で過去の遺物のような印象になってしまっていた。
子役出身の俳優にしばしば見られるように、娘役から大人の女性への脱皮がスムーズに行かなかったともいえる。
1975年(昭和50年)、『青春の門』を皮切りに「清純なお嬢さん」を脱する演技を披露した。
映画『天国の駅 HEAVEN STATION』(1984年、東映)では自慰行為をし、三浦友和に押し倒され着物の胸に手を差し入れられるシーンでは三浦が「小百合さんは物凄い積極的で、『もっと大胆にやってよ』と何度もダメ出しをしたんです。
僕はもうタジタジになって、20回以上NGが出ました」と語るほど、濡れ場でもビックリするほどの積極性を見せていたが、ヌードになることには抵抗があったようで「胸が小さいから、出してもしょうがない」と斎藤光正に言っていた。
*デビュー時代以外はテレビドラマには縁の無い印象であるが、映画出演の減り始めた時期に、「東芝日曜劇場」やNHK大河ドラマにも出演している。
1981年(昭和56年)の『夢千代日記』(NHK)では、大人の女性としての内的情感を豊かに表現し、この時期から、評論家に演技力に難をつけられながらも、大女優の風格をもつ女優という好意的な評価を受け始めた。
「サユリスト」復権も同時期であり、邦画冬の時代にも定期的に出演作が製作されている。
*沖縄戦を扱った映画『あゝひめゆりの塔』の共演者らと共にもんぺ姿で靖国神社に参拝している『あゝひめゆりの塔』DVD特典映像。
*広島を舞台にした『愛と死の記録』の出演や、『夢千代日記』(NHK)で原爆症に苦しむ主人公を演じたことをきっかけに、1986年(昭和61年)からボランティアで原爆詩の朗読会をスタートさせている。
以後女優としての活動のほか、反戦・反核運動をライフワークとして力点を置いている。
*以前から脱原発を求めていたが1990年に出版された本において放送作家の永六輔は、「原爆は勿論、原発もいりません 吉永小百合」という署名を見て、ファンでよかったと嬉しく思ったと書いている。
文藝春秋編『女優ベスト150 わが青春のアイドル』文春文庫、1990年、69頁。
、福島第一原子力発電所事故後はその姿勢を一層強めている。
*『男はつらいよ』シリーズでは二度歌子役で出演しており、平成に入り三回目の再登場もあったがスケジュールが合わず「それに、同じ役を何度もやると、私自身がマンネリになるんじゃないかと」も理由にあり、渥美清が1996年に死去しシリーズ終了後に「もう一度、出演するべきでした。
最後ということが分かっていたらどんな形でも出たかった。
後悔しています」と語っている(『朝日新聞版 寅さんの伝言』小泉信一/講談社)。
*現在のテレビ出演はほぼCMのみであり、映画を中心に活動している。
*岩下志麻とともに舞台劇に出ない女優として知られる。
岩下は「20代の頃、『オセロ』に出演したが、舞台の面白さを自分の中で実感できず、舞台は一回だけ」と話している。
対して、吉永は未経験ただし、2018年公開の「北の桜守」では、作中で舞台劇に出る場面があり、女優人生では初の舞台であることが報じられた。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1858567.htmlである。
2001年に東宝が『長崎ぶらぶら節』を帝国劇場で上演したが、この際も松岡功東宝会長(当時)が、岡田茂東映会長(当時)に「吉永さんを口説いてもらえんかい」と頼んだが「彼女は駄目だよ」と断わられたという。
*西武ライオンズと早稲田大学ラグビー部のファンとして有名である。
前者については、元々読売ジャイアンツ(特に長嶋茂雄)のファンだったのが、江川事件をきっかけに、また西武グループ元オーナーの堤義明にスキーを教わったのをきっかけとして転向したものだった。
また、西武ではかつて清原和博でもあった。
後者については、試合観戦に通うだけでなく、毎年の夏の合宿に牛一頭分の牛肉の差し入れをしている。
これは「吉永牛」として部員の間で呼ばれている。
*夫から教わった将棋も趣味の一つとしており、将棋棋士の大内延介と交遊があった。
また、1976年の「将棋会館」建設にあたって多額の寄付をしている。
*『吉永小百合 街ものがたり』(TBSラジオ)の中で、鉄道ファンであることも告白しており、JR東日本「大人の休日倶楽部」のポスター・CMのイメージキャラクターも務めている。
*2005年、西武鉄道グループ(西武ライオンズを含む)の当時のオーナーであり、吉永のファンでもあった堤義明から軽井沢の別荘を格安で買ったと報じられた(週刊文春2005年3月10日号)。
吉永は「通常の売買契約に基づき行っております」と弁明している。
*健康維持のために水泳を長年に渡り、継続している。
また、常に水着を持ち歩き、プールがあればどこでも泳いでいる。

引用:Wikipedia:データベース

吉永小百合に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも吉永小百合に関連のある動画ばかりではありません。

吉永小百合に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング