吉永小百合とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
吉永小百合 夫、 岡田太郎との間に子供は?現在の年齢は?若さの秘訣 ...
吉永小百合 夫、 岡田太郎との間に子供は?現在の年齢は? 吉永小百合は、昭和の神美少女 吉永小百合。1945年生まれ、なんと現在の年齢は70歳。 昭和、平成と時代が進むとともに、日本人の加齢スピードはどんどん遅くなっているように思われますが、 吉永小百合70歳、その美しさは、一般の人々と比べ超絶した存在といえます。吉永 小百合は、少女時代より子役として活躍。ラジオ・テレビドラマとなった「赤胴鈴之助」のヒロイン役で、小学校6年生でデビューするや、今で言うような、神美少女として大注目されます。

■2018年4月30日
「アンゴルモア」は人気漫画家も絶賛の元寇を描いた戦記漫画!アニメ化も決定
「アンゴルモア」は人気漫画家も絶賛の元寇を描いた戦記漫画!史実との違いをネタバレ 「アンゴルモア」は人気漫画家・幸村誠も絶賛の元寇を描いた戦記漫画! 「アンゴルモア」の正式タイトルは「アンゴルモア 元

■2018年4月29日
八名信夫は若い頃プロ野球の選手だった!現在は映画監督にも挑戦
八名信夫といえば青汁のCM!若い頃プロ野球選手だった!奥さんや子供は? 八名信夫といえば青汁のCM!若い頃プロ野球選手だった ベテラン俳優の八名信夫(やなのぶお)は、「まずい!もう一杯!」というキュー

■2018年4月29日
歌広場淳はゴールデンボンバー唯一の既婚者!嫁より松本潤への愛強し?!
歌広場淳はゴールデンボンバー唯一の既婚者!爆推する宝塚トップスター紅ゆずるへの想いとは? 歌広場淳はゴールデンボンバー唯一の既婚者!嫁より松本潤への愛強し?! 歌広場淳は、ヴィジュアル系エアバンド・ゴ

■2018年4月29日
伊原六花はバブリーダンスのダンス部キャプテンだった!CM、ラジオも好発進
伊原六花はバブリーダンスのダンス部キャプテンだった!芸能界にデビュー 伊原六花が有名になるきっかけとなった高校時代とは!バブリーダンスで注目を浴びる! バブリーダンスで一世を風靡した、大阪府立登美丘高

■2018年4月28日
パンツェッタ・ジローラモの本業は?妻は料理研究家!
パンツェッタ・ジローラモの本業は?ファッション誌表紙を飾り続けギネス認定 パンツェッタ・ジローラモの本業は?複数の職業を持っていた?! パンツェッタ・ジローラモは、渋いイケメンマスクで知られる、イタリ

■2018年4月28日
古今亭志ん生は破天荒な逸話溢れる激動の人生!ひ孫が落語家デビューへ
古今亭志ん生は破天荒な逸話溢れる激動の人生!晩年も高座へ上がり続けた”芸”へ思い 古今亭志ん生は戦後を代表する“落語の神様”!破天荒な逸話溢れる激動の人生 古今亭志ん生(ここん

■2018年4月28日
チェット・ベイカーは結婚を自ら破綻!自伝的映画のラストが美談すぎる?!
チェット・ベイカーの名曲、名盤は?3回もの結婚を自ら破綻させていた チェット・ベイカーの名曲はジャズメンに人気の「My Funny Valentine」!名盤「Chet Baker Sings」にも収

■2018年4月27日
「月曜日の友達」中学生の揺れる心を描いた青春漫画!amazarashiか楽曲を書き下ろし!
「月曜日の友達」中学生の揺れる心を描いた青春漫画が刺さる!最終回は? 「月曜日の友達」月曜日は特別?中学生の日常と揺れる心を描いた青春漫画あらすじ 2017~2018年にかけて、小学館「ビッグコミック

■2018年4月27日
今田美桜は高橋一生の彼女役でブレイク!ドラマ「花のち晴れ」で小悪魔令嬢役で新境地?
今田美桜は高橋一生の彼女役でブレイク!「福岡で一番可愛い女の子」モデルだった?! 今田美桜は月9ドラマ「民衆の敵」で高橋一生の彼女役!話題の女優へ 今田美桜(いまだみお)は、本当に魅力的な女優です。文

■2018年4月27日
友野一希は世界選手権で一躍注目選手に!エキシビションがとにかくかわいい
友野一希は同志社大学在学中の大学生スケーター!世界選手権で一躍注目選手に 友野一希は同志社大学在学中の大学生スケーター! 今新たに注目を集めているフィギュアスケーターの友野一希は、1998年5月15日

誰も書かない「吉永小百合タブー」 なぜここまで神格化される?(2015年 ...
田中さんが事務局長を務める「東北ユースオーケストラ」は、主に被災した子どもたちの成長する場として、2013年に結成された。結成当初から参加している少年に話を聞いた。坂本龍一さんが監督を務める東北ユース...- 日本テレビ系(NNN)- 4時間前
吉永小百合の話題まとめ - エキサイトニュース(1/18)
今夜マツコが吉永小百合と初共演! 「生命体としての...- クランクイン!- 3時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも吉永小百合に関連のある画像ばかりではありません。
吉永小百合の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

吉永 小百合(よしなが さゆり、1945年3月13日別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.22. - )は、日本の女優、歌手である。
本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。
東京都渋谷区代々木西原町(当時)出身。
そのファンは、「サユリスト」と呼称される。
1960年代を代表する人気映画女優で10年間で70本以上の映画に出演した。
吉田正(作曲家)の門下生として、数多くのレコードを世に送り出している。
早稲田大学第二文学部西洋史学専修を卒業し、文学士の称号を受ける。
夫はフジテレビディレクター、共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任した岡田太郎。
*父の吉永芳之(鹿児島県出身)は、東大法学部卒業、九州耐火煉瓦、外務省嘱託を経て、出版社「シネ・ロマンス社」を経営。
飯島正、双葉十三郎らと映画ファン雑誌「シネ・ロマンス」を刊行するも、事業に失敗している。
母の和枝は大阪に生まれ、宍粟郡(現・兵庫県宍粟市山崎町)で小学生の頃まで育ち、「潮音」に所属する歌人であった。
*少女時代、吉永は何一つ不自由ない幸福な生活を送ってきたと思われることが多いが、上記の父親の事業の失敗から、家の米びつに1粒の米もない日もあったという。
小学校の時は借金取りが押し寄せたこともあった。
それを見た彼女は「私、新聞配達をする」と言ったが、親に止められたとのこと。
その後、ラジオ出演するにしたがって、家の生活も少しずつ楽になっていったというこれらの少女時代の体験は、2017年1月8日東京新聞 朝刊 『私の十本』から。

*母方の祖父に、英文出版社の大観社社長の川田友之。
叔母に『婦人画報』編集長、「アムネスティ・インターナショナル日本支部」の創設メンバーの川田泰代が名前を連ねるなど、執筆の世界とも所縁が深い。
*遠縁に歌手の佐良直美がいる(佐良直美の母方の大伯父である山口彰夫の妻と、吉永小百合の母が姉妹同士)『女性自身』1981年5月14日・21日合併号。
また山本直純の妻の山本正美も遠縁にあたる(山本正美の妹の夫の母が、吉永小百合の母のいとこの妻と姉妹同士)。
*「日活の看板女優」として、浜田光夫と1960年代の日本映画界に一大旋風を巻き起こし、従来の男性アクション映画路線がマンネリ化していた当時の日活にとって、吉永・浜田コンビの純愛&青春映画路線は、新たな日活映画ファンの獲得と支持を集めた。
特に『キューポラのある街』、ベストセラーを映画化した『愛と死をみつめて』などは世間から熱い注目を集めた。
ブロマイドがあまりの売れ行きに店頭から姿を消すなど、爆発的に売り上げを伸ばした。
1964年(昭和39年)、1968年(昭和43年)、1969年(昭和44年)と、年間売上実績で女性部門1位に光輝いた。
また、松原智恵子と和泉雅子と合わせて「日活三人娘」とも呼ばれた。
*28歳の時に15歳上のテレビプロデューサー・岡田太郎と電撃結婚した。
冨士眞奈美・吉行和子ら女優や文士も参加した句会では、吉永がまだ20代の頃に「今日はバレ句(色っぽい句)を詠みましょう」というテーマが出され、優等生・清純というイメージとは裏腹に「松茸は舐めてくわえてまたしゃぶり」と詠み、秀逸作品(天・地・人、の天)に選出されている。
*吉永主演映画の原作者でもある川端康成・石坂洋次郎といった作家にも寵愛され、川端は吉永に会いたいために山奥の伊豆の踊子のロケ現場を突然訪ね、石坂は吉永が演じることを想定して作品を綴り上げた。
*日本映画の衰退期と重なったこともあるが、岡田との結婚により役柄のイメージに合わず、結婚に反対する両親との仲違いも報道されたりもした。
1973年当時の邦画界には、ヌードも辞さず大胆に現代女性を演じる若手女優が多数登場しており、吉永が1960年代に演じ続けた「清純なお嬢さん」像は類型的で過去の遺物のような印象になってしまっていた。
子役出身の俳優にしばしば見られるように、娘役から大人の女性への脱皮がスムーズに行かなかったともいえる。
1975年(昭和50年)、『青春の門』を皮切りに「清純なお嬢さん」を脱する演技を披露した。
映画『天国の駅 HEAVEN STATION』(1984年、東映)では自慰行為をし、三浦友和に押し倒され着物の胸に手を差し入れられるシーンでは三浦が「小百合さんは物凄い積極的で、『もっと大胆にやってよ』と何度もダメ出しをしたんです。
僕はもうタジタジになって、20回以上NGが出ました」と語るほど、濡れ場でもビックリするほどの積極性を見せていたが、ヌードになることには抵抗があったようで「胸が小さいから、出してもしょうがない」と斎藤光正に言っていた。
*デビュー時代以外はテレビドラマには縁の無い印象であるが、映画出演の減り始めた時期に、「東芝日曜劇場」やNHK大河ドラマにも出演している。
1981年(昭和56年)の『夢千代日記』(NHK)では、大人の女性としての内的情感を豊かに表現し、この時期から、評論家に演技力に難をつけられながらも、大女優の風格をもつ女優という好意的な評価を受け始めた。
「サユリスト」復権も同時期であり、邦画冬の時代にも定期的に出演作が製作されている。
*沖縄戦を扱った映画『あゝひめゆりの塔』の共演者らと共にもんぺ姿で靖国神社に参拝している『あゝひめゆりの塔』DVD特典映像。
*広島を舞台にした『愛と死の記録』の出演や、『夢千代日記』(NHK)で原爆症に苦しむ主人公を演じたことをきっかけに、1986年(昭和61年)からボランティアで原爆詩の朗読会をスタートさせている。
以後女優としての活動のほか、反戦・反核運動をライフワークとして力点を置いている。
*以前から脱原発を求めていたが1990年に出版された本において放送作家の永六輔は、「原爆は勿論、原発もいりません 吉永小百合」という署名を見て、ファンでよかったと嬉しく思ったと書いている。
文藝春秋編『女優ベスト150 わが青春のアイドル』文春文庫、1990年、69頁。
、福島第一原子力発電所事故後はその姿勢を一層強めている。
*『男はつらいよ』シリーズでは二度歌子役で出演しており、平成に入り三回目の再登場もあったがスケジュールが合わず「それに、同じ役を何度もやると、私自身がマンネリになるんじゃないかと」も理由にあり、渥美清が1996年に死去しシリーズ終了後に「もう一度、出演するべきでした。
最後ということが分かっていたらどんな形でも出たかった。
後悔しています」と語っている(『朝日新聞版 寅さんの伝言』小泉信一/講談社)。
*現在のテレビ出演はほぼCMのみであり、映画を中心に活動している。
*岩下志麻とともに舞台劇に出ない女優として知られる。
岩下は「20代の頃、『オセロ』に出演したが、舞台の面白さを自分の中で実感できず、舞台は一回だけ」と話している。
対して、吉永は未経験ただし、2018年公開の「北の桜守」では、作中で舞台劇に出る場面があり、女優人生では初の舞台であることが報じられた。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1858567.htmlである。
2001年に東宝が『長崎ぶらぶら節』を帝国劇場で上演したが、この際も松岡功東宝会長(当時)が、岡田茂東映会長(当時)に「吉永さんを口説いてもらえんかい」と頼んだが「彼女は駄目だよ」と断わられたという。
*西武ライオンズと早稲田大学ラグビー部のファンとして有名である。
前者については、元々読売ジャイアンツ(特に長嶋茂雄)のファンだったのが、江川事件をきっかけに、また西武グループ元オーナーの堤義明にスキーを教わったのをきっかけとして転向したものだった。
また、西武ではかつて清原和博でもあった。
後者については、試合観戦に通うだけでなく、毎年の夏の合宿に牛一頭分の牛肉の差し入れをしている。
これは「吉永牛」として部員の間で呼ばれている。
*夫から教わった将棋も趣味の一つとしており、将棋棋士の大内延介と交遊があった。
また、1976年の「将棋会館」建設にあたって多額の寄付をしている。
*『吉永小百合 街ものがたり』(TBSラジオ)の中で、鉄道ファンであることも告白しており、JR東日本「大人の休日倶楽部」のポスター・CMのイメージキャラクターも務めている。
*2005年、西武鉄道グループ(西武ライオンズを含む)の当時のオーナーであり、吉永のファンでもあった堤義明から軽井沢の別荘を格安で買ったと報じられた(週刊文春2005年3月10日号)。
吉永は「通常の売買契約に基づき行っております」と弁明している。
*健康維持のために水泳を長年に渡り、継続している。
また、常に水着を持ち歩き、プールがあればどこでも泳いでいる。

引用:Wikipedia:データベース

吉永小百合に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも吉永小百合に関連のある動画ばかりではありません。

吉永小百合に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング