原広司 死去とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
原爆ドーム描き続け 画家の原広司さん死去、87歳 - 毎日新聞
原爆ドームを描き続けた画家の原広司(はら・ひろし)さんが14日、悪性中皮腫のため死去した。87歳。葬儀は近親者で営む。自宅は広島市安芸区矢野西4の6の14の304。 喪主は長男広信(ひろのぶ)さん。
原爆ドーム描き続け 画家の原広司さん死去、87歳 | ニコニコニュース
原爆ドーム描き続け 画家の原広司さん死去、87歳
原爆ドーム描き続け 画家死去 | 2019/4/15(月) 12:40 - Yahoo!ニュース
原爆ドームを描き続けた画家の原広司(はら・ひろし)さんが14日、悪性中皮腫のため死去した。87歳。葬儀は近親者で営む。喪主は長男広信(ひろのぶ)さん。 広島に原爆が投下された1945年8月6日の翌日...- 毎日新聞- 24分前
原爆ドーム描き続け 画家の原広司さん死去、87歳|ニフティニュース
原爆ドームを描き続けた画家の原広司さんが14日、悪性中皮腫のため死去した。87歳。葬儀は近親者で営む。広島に原爆が投下された1945年8月6日の翌日に市内に入り、 被爆した。88年に国連軍縮特別総会に被爆者代表の一人として ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも原広司 死去に関連のある画像ばかりではありません。
原広司 死去の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

原 広司(はら ひろし、1936年9月9日『新訂現代日本人名録2002』「原 広司 はら・ひろし」1998年12月 - )は、日本の建築家。
東京大学名誉教授。
*神奈川県川崎市生まれ インタビュアー:辻泰岳、ケン・タダシ・オオシマ 書き起こし:成澤みずき。
*1955年 長野県飯田高等学校卒業、東京大学入学*1959年 東京大学工学部建築学科卒業*1961年 RAS設計同人設立*1964年 東京大学大学院数物系研究科建築学専攻博士課程修了(工学博士)*1964年 東洋大学工学部建築学科助教授*1969年 東京大学生産技術研究所助教授*1982年 東京大学生産技術研究所教授*1997年 東京大学を定年退官し東京大学名誉教授の称号を得る現在は世界中の集落調査を基盤に、原広司+アトリエファイ建築研究所での設計活動を展開している
引用:Wikipedia:データベース

原広司 死去に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも原広司 死去に関連のある動画ばかりではありません。

原広司 死去に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング