原幹恵 最後の写真集とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
原幹恵、ラスト写真集に「集大成のような作品」 - 芸能 : 日刊スポーツ
3時間前 - 女優の原幹恵(30)が11日、都内でラスト写真集「mytreasure」発売記念イベントに 出席した。撮影は今年5月にグアムとパラオで行われ、表紙にはバストトッ… - 日刊 スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・ ...
原幹恵、最後の写真集でグラビア卒業 「いろいろなことのケジメをつけたい ...
原幹恵、最後の写真集でグラビア卒業 「いろいろなことのケジメ...
グラビア卒業・原幹恵 ラスト写真集は「すっぽんぽんで撮影」 - 東スポWeb
グラビアアイドルで女優の原幹恵(30)が11日、東京都内で写真集「my treasure」(ワニブックス、3240円)の発売記念イベントに出席した。同写真集でグラビアを「卒業」するという原は、「7月...- サンケイスポーツ- 2時間前

■2018年5月01日
【全日CC】丸藤正道が宮原下し初V 3冠挑戦を表明
 ノアの天才・丸藤正道(38)が30日、東京・後楽園ホールで行われた全日本プロレス春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」優勝決定戦で、3冠ヘビー級王者・宮原健斗(29)を下し初優勝。試合後は3冠

■2018年4月30日
【天皇賞・春後記】レインボーライン総力戦制すも歓喜直後に右前肢ハ行
 29日、京都競馬場で行われたGI第157回天皇賞・春(4歳上オープン、芝外3200メートル)は、中団の後ろでじっくり脚をためたレインボーライン(牡5・浅見)が直線で先に抜け出した1番人気シュヴァルグ

■2018年4月30日
【天皇賞・春後記】シュヴァルグラン今年も2着惜敗 秋競馬での逆襲誓う
 29日、京都競馬場でGI第157回天皇賞・春(4歳上オープン、芝外3200メートル)が行われ、昨年2着の雪辱に挑んだ1番人気シュヴァルグランは直線で先に抜け出したが、中団の後ろでじっくり脚をためたレ

■2018年4月30日
【天皇賞・春後記】3着クリンチャー 武豊と凱旋門賞参戦決定
 29日、京都競馬場で行われたGI第157回天皇賞・春(4歳上オープン、芝外3200メートル)は、中団の後ろでじっくり脚をためたレインボーライン(牡5・浅見)が直線で先に抜け出した1番人気シュヴァルグ

■2018年4月30日
日本ハム・清宮が一軍昇格 荒木二軍監督「本人にとって間違いなくプラス」
 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)の一軍初昇格が決まった。30日のイースタン・リーグ、DeNA戦(平塚)に「3番・一塁」で先発出場し、2打数1安打1打点で26日の楽天戦から4試合

■2018年4月30日
【香港GIクイーンエリザベスII世C後記】5着アルアイン 海外遠征に課題
【香港・シャティン29日発】日本馬3頭が出走した香港チャンピオンズデー(シャティン競馬場)は、GIチェアマンズスプリントプライズ(芝1200メートル)に参戦したファインニードルが収穫の多い4着に対し、

■2018年4月30日
【スイートピーS後記】ランドネが快勝 角居厩舎はオークス3頭出しも
 29日、東京競馬場で行われたオークストライアル・スイートピーステークス(3歳オープン、芝1800メートル=1着馬に優先出走権)は、2番手を追走した4番人気ランドネ(角居)が、早め先頭から後続の追い上

■2018年4月30日
【アーティスティックスイミング】井村ヘッドが乾由紀子に注文「体つきの量感が必要」
 アーティスティックスイミング(シンクロナイズドスイミングから改称)のジャパンオープン最終日(30日、東京辰巳国際水泳場)、リオ五輪のデュエットとチームで銅メダルを獲得した乾友紀子(27=井村ク)がソ

■2018年4月30日
【GI日本選手権競輪】本紙記者の初日(5月1日)特選レース予想
 5月1日に平塚競輪場で開幕する「第72回日本選手権競輪(GI)」。本紙・前田睦生記者の初日特選11R予想をお届けします。

■2018年4月30日
【GI日本選手権競輪】新田祐大の表情に緊張が走る
【GI日本選手権競輪】5月1日に神奈川県平塚市の平塚競輪場で開幕する「第72回 日本選手権競輪(GI)」は30日、前日検査が行われた。新田祐大(32)はナショナルチームのトレーニングの合間を縫って、学

グラビア卒業宣言の原幹恵が写真集「ラストということで露出も頑張った ...
3時間前 - 原幹恵、最後の写真集でグラビア卒業 「いろいろなことのケジメをつけたいと思った」 ( サンケイスポーツ)のコメント一覧。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも原幹恵 最後の写真集に関連のある画像ばかりではありません。
原幹恵 最後の写真集の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

原 幹恵(はら みきえ、1987年(昭和62年)7月3日 - )は、日本の女優、タレント、元グラビアアイドル。
新潟県岩船郡神林村(現・村上市)出身。
オスカープロモーション所属。
* 趣味は、半身浴・マッサージ・ケアベア集め。
特技は水泳。
* 胸は小学校3年生から大きくなり始めた。
「自分だけ変わっちゃう」と感じ、最初はコンプレックスに思っていたが、グラビアアイドルとして活動するようになって自分の武器だと思えるようになった。
自分の体では「目」が好きだと語っている。
北海道上川郡東川町で生まれる。
小学4年生の春に新潟県岩船郡神林村(現村上市)に移りそこで育つ。
家族構成は父、母、姉(13歳年上)、兄2人(12歳、11歳年上)。
新潟県村上市立神納中学校→新潟県立中条高等学校英語科卒業。
デビュー当時は仕事のために新潟から東京に通っていたが、2006年(平成18年)からは東京で1人暮らしをしている。
幼い頃から女優になりたいと思っており、2003年(平成15年)に雑誌『Audition』に載っていた「第9回全日本国民的美少女コンテスト」へ自ら応募。
本選で「グラビア賞」を受賞し、芸能界デビュー。
以後、グラビアアイドルとして人気を博す。
美少女クラブ31や、日テレジェニック2006のメンバーであった。
また、依知川絵美、酒井瑛里、中島唯、中村静香によって結成されたユニット「」の一員でもある。
現在チームは解散しているが、オスカープロモーションに所属する女性芸能人で構成される芸能人女子フットサルチーム・表参道BEAUTYの当時の選手であった。
テレビ東京系のドラマ『キューティーハニー THE LIVE』でドラマ初出演で初主演を果たす(2007年10月 - 2008年3月)。
2009年(平成21年)にミュージカル「シンデレラ」で初舞台。
2012年(平成24年)の新潟県燕市を舞台にした映画「アノソラノアオ」では主人公の姉の田上尚役を務めた 燕市 燕市。
2015年(平成27年)、新潟県や新潟日報などがキャンペーンメンバーを構成する「WHITE PEACE project」ではスペシャルサポーターを務める(2015年8月8日時点のアーカイブ) 新潟日報。
2017年(平成29年)、8月8日に発売された写真集『my treasure』を以ってグラビアアイドルを卒業、仕事における水着姿等を永久封印した。
その後は女優業やバラエティー等に専念する。
2018年(平成30年)、海外留学希望を理由に同年1月末を以て芸能活動を休業することを所属事務所のオスカープロモ―ションが発表。
復帰は未定とのこと 。

引用:Wikipedia:データベース

原幹恵 最後の写真集に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも原幹恵 最後の写真集に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング