千葉県 注意喚起とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
微小粒子状物質(PM2.5)に係る注意喚起の情報提供について/千葉県
2019年3月20日 - 国の微小粒子状物質(PM2.5)に関する専門家会合において、PM2.5高濃度時の注意 喚起のための暫定的な指針となる値が日平均値70μg/立方メートルと示されております。詳しくは環境省ホームページ 外部サイトへのリンク をご覧ください。
千葉県大気環境
成田空港勤務の男性、はしか感染=利用客らに注意喚起-千葉県
感染症に関する注意喚起/千葉県
千葉県は30日、成田空港第2ターミナルに勤務する20代の男性が、はしかに感染していたと発表した。 感染後も職場で利用客と接する機会があったとして、発疹や発熱などの症状が出た場合は速やかに受診するよう...- 時事通信- 29分前
その他の健康被害に関する注意喚起/千葉県
千葉県トップページへ戻る; ちば大気環境メール登録 ... 2019年4月24日 PM2.5の昼の注意喚起のお知らせはありません。 ... 千葉県大気情報管理システムで24時間測定している大気環境データの速報値や、光化学スモッグ注意報等の発令状況情報を提供し ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも千葉県 注意喚起に関連のある画像ばかりではありません。
千葉県 注意喚起の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

千葉県(ちばけん)は、日本の関東地方南東側に位置する日本の行政区画及び地方公共団体。
県庁所在地及び最大の都市は。
東京大都市圏の一角を成し、都道府県人口・人口密度は全国第6位、面積は第28位の規模である。
県の財政力指数は全国第3位(都を除く)、訪日観光客数は第1位であり、中心業務地区の幕張新都心、アジア地域有数の国際見本市会場である幕張メッセ、国際線旅客数および貿易額日本一の成田国際空港、日本三大貿易港の千葉港、日本三大漁港の銚子漁港、集客施設来場者数日本一のディズニーリゾート、自然豊かな南房総国定公園・水郷筑波国定公園などを筆頭とした観光都市・リゾート地、優れた社会基盤、恵まれた地域資源、バランスの取れた産業構造を核としている。
県の人口は6,268,585人、面積は5,157.61平方キロメートル(km2)である。
1920年(大正9年)10月1日、国勢調査での県の人口は約100万人であった。
その後増加を続け、1983年(昭和58年)10月1日には500万人を超え、2002年(平成14年)9月17日に600万人を突破した。
以降、引き続き人口は増加している平成23年に初めて減少に転じ、平成25年までの間のみ減少し、平成26年に再び増加に転じる。

県内の市町村数は54市町村 (37市16町1村)、県内の政令指定都市は千葉市、中核市は船橋市・柏市、業務核都市は千葉市・成田市・木更津市・印西市となる。
日本の関東地方南東側に位置し、県域は東海道筋に古くから栄えた律令制以来の房総三国である上総国(南総)・安房国(房州)の全土と、下総国(北総)の一部から成り立っている。
1873年(明治6年)6月15日に、北西部の印旛県と南部の木更津県が合併し、旧両県の境で千葉氏の本拠地でもあった現在の千葉市中央区(亥鼻城址周辺)に県庁が設置され、千葉県が成立した。
県内には100万規模の人口を有する政令指定都市の千葉市を筆頭に、中核市最大の人口約64万人を有する船橋市、50万都市の市川市・松戸市、40万都市の中核市である柏市、30万都市の市原市、20万都市が6市と中核市同等の人口を持つ自治体が多数存在することも特徴として挙げられる。
千葉市は国家戦略特区・国際会議観光都市・都市再生特別地区・グローバルMICE都市に指定されており、国際機関を始めとした国の業務中枢機能と住宅中心の土地利用計画を大幅に見直した幕張新都心を中心に、関東地方において独自の重要性を持つ世界に開かれた国際都市の役割を担う。
平地の割合が大きく、可住地面積が広いことからも古くから住宅地開発が進んでおり、県北西部の人口は稠密である。
特に高度経済成長と都市部の過密化により、通勤五方面作戦にて複々線化を行った総武本線・常磐線や京成線沿線に位置する都市は繁華街も多く、大規模商圏による拠点性・集積性のある駅周辺の人口増加が著しい傾向にある。
近年では都市再開発が進み、全国813市区中財政力指数第1位の浦安市財政指数1.498、浦安市統計書(平成27年度)https://www.city.urayasu.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/282/h27toukeisyosyuusei.pdfや第4位の成田市、全国住みよさ7年連続第1位の印西市『週刊東洋経済』の「住みよさランキング2018」では、千葉ニュータウンの中核となる市域である印西市が、総合評価で全国1位に7年連続(2012~2018年)でランクイン。
、全国共働き子育てしやすい街第1位の松戸市など、財政・制度・施設が充実した都市も増えている。
特に新通勤五方面作戦で提示された性格を継承して開業した京葉線沿線(新浦安、南船橋、幕張ベイタウンなど)や、つくばエクスプレス沿線(流山おおたかの森、柏の葉スマートシティなど)のほか、北総線・新京成線沿線(新鎌ヶ谷など)、東葉高速線沿線(八千代緑が丘、八千代中央など)、東京湾アクアラインにより利便性が向上した袖ケ浦市・木更津市(かずさアクアシティ)などでは、新興住宅地の開発が加速し、東京都心や成田国際空港・東京国際空港両空港アクセス路線(京成・北総線~都営浅草線~京急線)、東京湾アクアライン等を利用へのアクセスの良さからも、大規模マンションや住宅街が林立し、商業施設の充実、整備された公共施設、自然豊富な住環境が整っている:Category:千葉県のニュータウン各項目を参照。
買って住みたい街においても首都圏第1位の船橋市、第5位の柏市、第6位の流山市(流山おおたかの森)、第7位の習志野市(津田沼)と定住を目的としたファミリー層を中心に支持を受けている。
地域ごとに多様な特色を持っており、バランスの取れた産業構造(農業・漁業・工業・商業)である。
太平洋ベルトを構成する京葉工業地帯(浦安市から富津市)の東京湾沿岸は都市化・工業化が進んでおり、日本三大港湾に係る基幹産業の大規模施設として、発電所、製鉄所、製油所、造船所のほか、コンテナターミナル、物流センター、LNG基地、石油コンビナートなどが立地している。
工業製造品出荷額は中京・京浜・阪神工業地帯に次いで全国第4位である。
一方、酪農発祥の地である嶺岡牧や日本三大漁港の銚子漁港など、太平洋や関東平野の地勢を生かした近郊農業・漁業が発達しており、平野部では畑作・稲作が盛んなほか、丘陵部では酪農が盛んである。
農業産出額は全国第3位、漁業総生産量は第5位と全国有数である。
貿易港としても貿易額日本一の成田国際空港や、日本三大貿易港である千葉港を有する。
2015年度の県内総生産は20兆2186億円であり、世界の過半数の国の国内総生産より大きな規模を有している。

引用:Wikipedia:データベース

千葉県 注意喚起に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも千葉県 注意喚起に関連のある動画ばかりではありません。

千葉県 注意喚起に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング