内田康夫 死去とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
訃報:内田康夫さん83歳=作家、浅見光彦シリーズ - 毎日新聞
名探偵・浅見光彦シリーズで知られる人気作家、内田康夫(うちだ・やすお)さんが13日、敗血症のため東京都内で死去した。83歳。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会は行わず、3月23日~4月23日、長野県軽井沢町の浅見光彦記念館に献花台が設けられる。喪主は妻で作家の早坂真紀(はやさか・まき、本名・内田由美.
作家 内田康夫さん死去 | 2018/3/18(日) 5:16 - Yahoo!ニュース
<訃報>内田康夫さん83歳=作家、浅見光彦シリーズ
内田康夫さん死去:未完「孤道」 次代に託す | ニコニコニュース
名探偵・浅見光彦シリーズで知られる人気作家、内田康夫(うちだ・やすお)さんが13日、敗血症のため東京都内で死去した。83歳。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会は行わず、3月23日~4月23日、長野県軽...- 毎日新聞- 1時間前
訃報:内田康夫さん83歳=作家、浅見光彦シリーズ | ニコニコニュース
<内田康夫さん死去>未完「孤道」 次代に託す- 毎日新聞- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも内田康夫 死去に関連のある画像ばかりではありません。
内田康夫 死去の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

内田 康夫(うちだ やすお、1934年11月15日 - 2018年3月13日)は、日本の推理作家。
西村京太郎、山村美紗とともに、旅情ミステリー作家の代表的人物として知られる。
代表作(シリーズ)に『』(テレビドラマ版は『浅見光彦シリーズ』参照)、『』(テレビドラマ版は『岡部警部シリーズ』参照)、『』(テレビドラマ版は『信濃のコロンボ』参照)など。
特に『浅見光彦シリーズ』は、テレビ会社各局の2時間ドラマ帯にて長期シリーズを獲得するなど人気を博しており、その中の一作『天河伝説殺人事件』は映画にもなった。
後述における「初期三作」のうち、商業デビュー作とされる第三作『後鳥羽伝説殺人事件』は『浅見光彦』シリーズの第一作でもある。
発表した作品の累計発行部数は1億部を超える。
東京府東京市滝野川区(現・東京都北区)出身。
父は長野県長野市出身の医師『私の父、私の母』中央公論社、1994年、38-42頁。
実家が戦災に遭い長野市を皮切りに戸隠山麓の村、秋田県羽後町、雄勝町、埼玉県、静岡県沼津市などを転々。
戦中は秋田県秋の宮(現湯沢市、旧雄勝町)に疎開していた。
(後述の鬼首殺人事件はこの地区を題材にしたものである。
また同時期に同地区に武者小路実篤が疎開していた。
)埼玉県立川越高等学校卒業、東洋大学文学部国文学科中退。
日本テレビジョン、一光社でCMアニメの制作スタッフとして働く津堅信之『テレビアニメ夜明け前 知られざる関西圏アニメーション興亡史』(ナカニシヤ出版)P.80。
のちコピーライター、CM製作会社の社長を経験。
趣味は囲碁で、2008年に第2回「文人碁会」で優勝している。
将棋も愛好しており、羽生善治が対戦した時の棋譜をよくリクエストされたことを、将棋雑誌の編集部に当時勤めていた大崎善生が回想している『日本経済新聞』朝刊2018年3月23日(文化面)。
1980年(昭和55年)に第一作『死者の木霊』を、翌年1981年(昭和56年)に第二作『本因坊殺人事件』を栄光出版社よりそれぞれ自費出版した。
この初期2作のうち『死者の木霊』が朝日新聞1981年3月8日朝刊の読書欄にて紹介されて話題となり、第三作となる『後鳥羽伝説殺人事件』が1982年(昭和57年)、廣済堂出版より発刊されて商業ベースのデビュー作となる。
その後、初期2作は別の出版社に買い上げられた。
『死者の木霊』は1983年(昭和58年)に講談社文庫より『本因坊殺人事件』は1984年(昭和59年)にエイコー・ノベルズより出版されており、その後に各出版社(集英社、角川書店など)が発刊を手がけている。
ただし出版社が書籍に附す通常のプロフィールにおいては「執筆第一作でありメディアにおいて最初に取り上げられた作品」と言う意味で『死者の木霊』をデビュー作として置いている。
作家として軌道に乗った後は「浅見光彦シリーズ」ほか膨大な数の小説を執筆し、軽井沢に居を構え、夫婦で豪華客船の旅に出るなど、悠々自適の生活を送る。
また、軽井沢町発地にある「Tea Salon 軽井沢の芽衣」のオーナーでもあるホンダ公式サイト。
2015年7月26日、軽度の脳梗塞が見つかり入院。
その際に毎日新聞で連載していたシリーズの114作目となる浅見光彦シリーズ作「孤道」は2015年8月12日で終了した。
この時点では後日に書き下ろしとして刊行する予定であったが、2017年3月、以前のような執筆活動が難しくなったという理由により、作家活動を正式に休止(休筆宣言)。
「孤道」については同年5月に連載分を一旦本にまとめて出版。
物語の結末部分については一般から広く募集をかけ、最優秀作が出た場合は、その作品を「完結編」として刊行するとした。
2015年11月に 一般財団法人内田康夫財団が設立され、2016年4月には軽井沢町長倉に浅見光彦記念館が開館した 一般財団法人内田康夫財団。
2018年3月13日、敗血症のため東京都内で逝去。
83歳没。

引用:Wikipedia:データベース

内田康夫 死去に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも内田康夫 死去に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング