内村航平 心境とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
東京・わたし:内村航平「東京五輪は体操人生かけて挑む」 - 毎日新聞
2019年3月10日 - 東京五輪開幕まで3月12日で500日。体操で個人総合3連覇、団体2連覇を狙う内村航 平選手(30)=リンガーハット=に、現在の心境や五輪に向けての抱負を聞きました。【 聞き手・円谷美晶】
内村航平 心境 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
内村航平「不確かな自信でやる」 両肩負傷で2年ぶりV暗雲も
村上信五が体操・内村航平の現在の心境に迫る『情熱の鼓動』12・30放送 ...
体操の19年世界選手権(10月、ドイツ・シュツットガルト)の代表選考を兼ねた全日本選手権は26日から高崎アリーナで開幕。25日は会場で、有力選手による会見が行われた。2年ぶりの王座奪還を狙う内村航平...- スポーツ報知- 2時間前
「最後は気持ちの強い人が勝つ」(内村航平) 祝!N杯10連覇+本物 | 蒼い ...
2018年12月21日 - 関ジャニ∞・村上信五がトップアスリートに密着する『村上信五∞情熱の鼓動』(フジテレビ)が12月30日(金)後0・55から放送される。 10月の第1回放送では、番組ナビゲーターの村上が、競泳・瀬戸大也選手、バドミントン・桃田賢斗選手に迫っ ...

■2019年5月02日
令和も羽生は輝く★世界一のクオリティーとピーキング
絶対王者がさらなる進化を誓った日羽生結弦は絶対王者である。今年度の世界選手権が終わってから約1か月がたった今結果を忘れたわけでは決してないそれはほんの少しの苦みを伴いかつてないほどの濃度でしっかりと

■2019年5月01日
平成から令和へ★羽生は進化し続ける
平成から令和へ演技や生きざまが記憶に残る羽生選手が一位に! 昨夜平成のヒーローを決めるランキングで羽生選手はスポーツ部門の第一位に輝いた。また浅田真央さんが第3位となりベスト3にフィギュアスケーター

■2019年4月30日
平成の日本人を“胸熱”にしたアスリート★羽生結弦AERAdot
感動をありがとう! 平成の日本人を“胸熱”にしたアスリート羽生結弦(フィギュアスケート)フィギュアスケートを日本の人気スポーツの地位に押し上げたのは、間違いなく羽生結弦だろう。2014年(平成26年

■2019年4月30日
平成の春の園遊会の美しい思い出
世界の平和と震災の復興を心から願い尽くしてこられた両陛下は羽生選手にも労いと励ましの言葉をかけてくださった。平成最後の日に感謝をこめてそのひと時を振り返りたい。2014年4月 ソチ五輪後の春の園遊会

■2019年4月30日
羽生結弦★感動も倍増・新モニュメント完成とその偉業
平成の時代を締めくくる二つの冬季五輪で日本の羽生結弦選手が二度も頂点に立った。 🔶2014年ソチ五輪では日本初そしてアジア初の金メダルに輝いた。それは」男子フィギュアの先駆者たちが長年夢に見た瞬間だ

■2019年4月29日
”2人のピアニストが羽生結弦を熱く語る。”
羽生生「生の音は凄く力強い。毎回微妙に変わるし反面いつも同じように演奏してくれてその人の感情が聴こえます生の音って脳内再生ではなくて現場で直接心に響く音。競技では音を聞かなくても頭に入っているので大

■2019年4月28日
競わないエキシビションの魅力(AERA)と羽生のEX革命
エキシビションと地上波放送希望の声エキシビションについて真剣に考えたのは2016NHK杯EX「ノッテステラータ」を地上波で放映してほしいという声が大きく上がった時だった。私もこのプログラムは芸術性が

■2019年4月27日
世界のトップアスリート7人に羽生★ドイツメディアは芸術性も高く評価
NHKスポーツニュースが平成フィギュア史を特集していた。ソチ五輪平昌五輪の金medalについて書かれたその記事。その短さに言葉を失った。そして何より情けなかったのはその中に芸術性の素晴らしさについて

■2019年4月27日
仙台のために★「羽生くん殿を演じる」(磯田道史&林真理子)
2015-16シーズンは実に濃密なシーズンだった。「羽生君,殿を演じる」・・・・・・・読売新聞よりー磯田道史ー「僕の原作本を羽生君のお父さんに 持っていって読んでもらったら親子で考えてくれ、しばらく

■2019年4月26日
羽生★JOC杯優秀選手賞(連覇後の世選メダルは戦後世界初!の偉業なのに)
羽生選手は調子に関係なく、やるべきことをきちんとやって、自身最高の状態で試合に臨むことができる選手だと思います。その一方で、勝負にこだわらない部分での興味も強いです。それは生き様を記憶に残したいという

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも内村航平 心境に関連のある画像ばかりではありません。
内村航平 心境の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

内村 航平(うちむら こうへい、1989年(昭和64年)1月3日 - )は、日本のプロ体操競技選手。
オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。
また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む19個のメダル(金メダル10、銀メダル5、銅メダル4)を獲得している。
1989年(昭和64年)1月3日、福岡県北九州市に生まれる。
父・内村和久は日本体育大学体操競技部出身で柳川高等学校時代に高校総体の種目別で優勝しており、母・内村周子も元体操選手、妹の春日(はるひ)も元体操選手(日体大)という体操一家である - Tsunebo.com(2014年12月15日) - 長崎新聞2014年9月30日。
1992年(平成4年)に両親が『スポーツクラブ内村』を開設し、長崎県諫早市に移住したのを機に、3歳で体操を始めた。
両親の反対を押し切り、諫早市立諫早中学校卒業と同時に、塚原直也に憧れて上京し、朝日生命体操クラブに入門した『AERA』2008年9月1日号「父が育てたメダル息子」。
東洋高等学校を経て、日本体育大学体育学部体育学科に入学。
大学では体操競技部に所属し、4年時には主将を務めた。
高校生の時あん馬の種目で2点をたたき出したことがある。
2010年TBS系ドラマ「タンブリング」第1話にて鷲津学院の生徒役でカメオ出演している。
日体大卒業後の2011年(平成23年)4月、山室光史とともにコナミスポーツ&ライフ(現コナミスポーツクラブ)に入社。
2012年11月11日、一般女性と入籍。
2013年4月19日、夫人が第1子となる女児を出産した。
2014年、totoのCMで13人のアスリートたちとStand by meのメロディを歌い継いだ。
2015年、第2子となる女児が誕生。
2016年11月、コナミスポーツクラブを退社してプロ活動を開始。
2016年12月、アシックスジャパンとスポンサー契約を結ぶ。
2017年3月、長崎ちゃんぽん店などを展開するリンガーハットと所属契約を結ぶ。
2017年1月、復興大臣からの委嘱で東日本大震災の被災地を支援する「復興応援大使」に就任する。

引用:Wikipedia:データベース

内村航平 心境に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも内村航平 心境に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング