内村航平 予選落ちとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
体操W杯で内村航平が予選落ち?極端な不振の理由と“逆襲”の始まり ...
2018年3月28日 - 体操の種目別ワールドカップ(W杯)カタール・ドーハ大会が3月21日から24日まで行なわれ、内村航平(29=リンガーハット)が、左足首負傷で途中棄権となった昨年10 月の世界選手権(カナダ・モントリオール)以来、約半年ぶりに実戦に復帰 ...

■2018年10月28日
8万人が宇都宮郊外の山中に集結!自転車ロードレースの国内最高峰。
宇都宮駅から北西郊外へとバスで40分ほど走った先にある古賀志山。毎年10月下旬になると、麓の森林公園から山頂へと伸びる古賀志林道の両脇がびっしりと人で埋め尽くされる。彼らは、国内最大の自転車ロードレー

■2018年10月27日
スポーツドキュメンタリーの作法とは。山岳レースと選手、取材者の距離感。
今年の夏、日本海から太平洋まで415kmを舞台に争われる山岳レース、トランスジャパンアルプスレース(TJAR)を取材する間、ずっと葛藤していたことがある。それは「選手との距離感」だ。

■2018年10月25日
内村航平が「できすぎ」と熱弁する、体操・北園丈琉の潜在能力とは。
体操ニッポンにとてつもない高校1年生が現れた。15歳から18歳までの若手アスリートを対象としたユースオリンピック(10月6日~18日、アルゼンチン・ブエノスアイレス)の体操競技で、北園丈琉(清風高校1

■2018年10月25日
非アスリートな稲垣吾郎が語る、役者としてのモチベーション維持術。
8月30日発売のNumber960号よりスタートした連載、「語ろう! 2020年へ 新しい地図×Paralympic Athletes」。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人がパラリンピアンと対談してい

■2018年10月24日
“ルートセッター”松島暁人が目指す、「登れるけど登れない壁」ってなんだ?
スポーツクライミングにおいて大会の成否を左右する存在がいる。それが競技ルートセッター。ボルダリングでもリードでも、彼らがつくる“課題”によって、競技結果も観客の盛り上がりも大きく変わっていく。

■2018年10月23日
同級生・大迫傑が理想のフォーム。クロカンスキー宮沢が狙う北京五輪。
木々が色づき始めた10月上旬、クロスカントリースキーヤーの宮沢大志は練習パートナーの藤ノ木光と妙高高原で練習を行なっていた。

■2018年10月18日
元フェアリージャパン・畠山愛理「コンディションを整える栄養の摂り方」
新体操選手としてハードな練習に挑んだ現役時代からキャスターとして世界を飛び回る現在まで――畠山愛理さんが美と健康をキープしている秘訣とは?

■2018年10月17日
クロスフィットトレーナー・AYAが教えるトレーニングを続ける秘訣。
結果を出すハードなワークアウトで、数々の芸能人やモデルから指名を受けるクロスフィットトレーナーのAYA。健康的で均整のとれた肉体も、多くの女性から羨望を集めている。

■2018年10月04日
フェンシング協会がビズリーチで副業兼業限定の人材を募集する理由。
若き太田雄貴会長のもと、スポーツ競技団体の新しいカタチを目指してさまざまな積極策を打ち出し続けている日本フェンシング協会が、さらなる一歩を踏み出した。

■2018年10月04日
新しい地図×土田和歌子、道下美里。「“頑張って偉い”を超えて」
パラリンピックを盛り上げる「新しい地図」の3人がホストを務める新連載。初回はパラメダリストである土田和歌子選手と道下美里選手を迎えた。2年後に迫る東京大会を見据えつつ、パラスポーツならではの難しさと面

■2018年10月02日
2020を目指すフェンサー・東晟良。「まずはW杯、その次に東京五輪」
マスクをつけた瞬間、アドレナリンが体中を駆けめぐる。対戦相手と対峙し、剣を持ち構えると、視線はまっすぐ相手だけを捉える。フェンサー・東晟良(あずま せら)の勝負のスイッチが入る瞬間だ。

■2018年10月02日
大池水杜は自転車で雄大に跳ぶ。日本女子で唯一W杯に参戦し初優勝!
2020年東京五輪で新たに採用される自転車BMXフリースタイル・パークの第2回全日本選手権が9月15、16日に岡山市で行われ、女子エリートの部で、東京五輪のメダル候補として注目を浴びる21歳の大池水杜

■2018年10月01日
清原和博、もう1つの原点。岸和田だんじり祭、潜入取材を終えて。
決して「清原和博」の取材にいったわけではない。ただ、そもそもの発端をたどれば、あの人のこんな言葉だったような気がする。「一生に一度は、見ておいた方がいいですよ」

■2018年9月28日
“世界”の強さを知った世界選手権。日本人クライマーがいま越えるべき壁。
スロベニアのメディアが表彰式後のミックスゾーンの写真を掲載している。キャプションには、“日本の報道陣に取り囲まれるヤーニャ・ガンブレット”と書かれているのだが、この光景こそがオーストリアで開催された世

■2018年9月26日
本屋大賞ノンフィクション本大賞候補、『極夜行』が現代社会に必要な理由。
正気の沙汰じゃない。氷点下40度を下回る極寒の地。しかも、太陽が地平線の上に昇らない暗黒の極地を80日間1人で、GPSなどの文明の利器を頼らずに踏破する。

■2018年9月24日
桃田賢斗「まわりに支えてもらって」一度は薄れかけた力を強く感じて。
大会が終わって数日という時を経ても、そのプレーと優勝が決まった瞬間の姿は印象的だ。9月16日、バドミントンのジャンパンオープン男子シングルス決勝。桃田賢斗はスマッシュを決めて勝利を得ると緊張からの解放

■2018年9月24日
馬術の世界選手権でメダルに肉薄!「日本もいるぞと存在感を示せた」
アジア競技大会が終わり、いよいよ2年後の東京オリンピックが具体的に視野に入ってきた。馬術競技はアジア大会直後に世界選手権大会が行われ、各種目の上位6カ国が東京オリンピックの団体出場枠を獲得した。

■2018年9月18日
東京五輪競泳、午前決勝の難しさ。池江璃花子に多種目ゆえの悩み。
9月12日、2020年東京五輪における競泳の競技日程が発表された。7月の段階で、決勝が午前に実施されることは決定していたが、その詳細が決まったことになる。

■2018年9月16日
バドミントンの「飛ばない球」問題。東京五輪のシャトルはどうなる?
2013年に物議を醸した、プロ野球の統一球問題。「飛ぶボール」「飛ばないボール」がホームランの数や試合展開に大きな影響を及ぼしたこのニュースを、記憶に残している方も多いはずです。

■2018年9月14日
日本がアジア大会で得た「収穫」と「課題」。東京五輪のクライミング初メダリストは誰だ。
メダル獲得以上に大きな収穫を手にした。日本選手団が金75個、銀56個、銅74個と総数205個のメダルラッシュを演じたアジア競技大会で、初めて実施されたスポーツクライミング複合でも、野口啓代が金メダルに

■2018年9月13日
スピードワゴン・小沢一敬が明かすスポーツ漫画と我が芸人人生。
 芸人界随一の漫画の達人・スピードワゴンの小沢一敬が、これまでの人生で影響を受けてきたスポーツ漫画の名場面、名言から人生訓や芸人魂をひもといた『夜が小沢をそそのかす スポーツ漫画と芸人の囁き』を上梓し

■2018年9月09日
各競技団体に問題が噴出する中で、フェンシングと太田雄貴が誓うこと。
レスリング、アメフト、ボクシング、そして体操……。2018年は、スポーツの競技団体において、暴力問題や協会トップの横暴、パワハラなど、さまざまな疑惑や問題が噴出する年となってしまいました。

■2018年9月09日
藤井聡太や羽生善治は時を操る。持ち時間が違えば思考法も変わる。
藤井聡太「七段」の戦いぶりは、今年に入っても世間に話題を提供している。「あれっ、七段?」と言う人も多いかもしれないが。

■2018年9月08日
相次ぐ協会問題と'00年の千葉すず。勇気ある行動が競技に透明性を。
相次ぐ競技団体をめぐる問題に、18年前のあるアスリートの姿を思い出す。女子レスリング、ボクシング、そして体操……。この数カ月、スポーツ、特に競技団体のあり方をめぐる報道が続いた。

■2018年9月08日
ナイキの広告戦略に全米が驚愕。反トランプの元NFL選手が前面に。
全米が驚愕した。9月3日、スポーツメーカーのナイキは同社の展開する『Just Do It』の30周年記念キャンペーンに、NFLサンフランシスコ49ersの元クォーターバックだった、「あの」コリン・キャ

■2018年9月06日
「インテグリティ」ってなんだ?池田純が語る曖昧な言葉の危うさ。
「インテグリティ」って何だかわかりますか?辞書的な意味では「高潔」ですけど、そう言われても正直よくわかりませんよね。私も各所で色々な説明を聞きましたが、結局いまだにしっくりきていません。

■2018年9月06日
“マドンナジャパン”初の女性監督は、私の高校で初の女子部員だった!
第8回WBSC女子野球ワールドカップの決勝が、8月31日に米国フロリダ州で行われ、台湾に6-0で快勝した日本が、6大会連続となる優勝を果たしました。

■2018年9月05日
アジア大会で完全復活を遂げた、ベテランスイマー・鈴木聡美が描く未来。
2012年のロンドン五輪では、女子200mと100mの平泳ぎ、400mメドレーリレーで日本女子競泳史上初となる3つのメダルを獲得した鈴木聡美。それから6年。日本代表入りを逃すなど、苦しんだ時期を乗り越

■2018年8月31日
“次世代クライマー”の勢いが止まらない。世界ユース選手権で煌いた日本人たち。
スポーツクライミングのシーンで、“ニッポン・クライマー”が煌いている。W杯ボルダリングのシーズン最終戦となったドイツ・ミュンヘン大会(8月17・18日)で、野中生萌が2位となって自身初のボルダリングW

■2018年8月30日
「新しい地図」連載第1回記念。はみ出しトーク&フォト公開!
東京パラリンピックの開幕を約2年後に控え、『Sports Graphic Number』では8月30日発売の960号より、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人がホストを務める座談会形式の新連

■2018年8月30日
<Have a Dream 夢追い人の挑戦>卓球・吉村真晴の情熱が変わらない理由。
夢に向かって努力を重ねるアスリートに迫る連載。第1回は日本男子卓球界を牽引する一人が登場。

■2018年8月29日
アジア大会を見て、東京五輪でのメダル量産を最も期待したいのは?
ジャカルタで開催されている第18回アジア大会で、日本人アスリートが各競技で活躍を見せています。

■2018年8月29日
大橋悠依と恩師・平井伯昌の不在。メドレー2冠ならずも輝いた泳ぎ。
「来年の世界水泳選手権、そして2020年の東京五輪で金メダルを獲るためには、ここ(アジア競技大会)では金メダルが獲れて当たり前なのかな、と思っています」

■2018年8月27日
フェンシング女子フルーレの金メダル。勝因はフランス人コーチの意識改革!
インドネシア・ジャカルタで行われている第18回アジア競技大会のフェンシング競技は、23日、女子フルーレ団体戦決勝が行われ、日本が中国に35-34で勝利し、同大会同種目で日本初の金メダルを獲得した。

■2018年8月26日
アジア大会メダル量産の一方で卓球代表に一線級不在の理由とは?
「今、もう勝負は始まっています」リオデジャネイロ五輪が終わってからしばらくした時期、卓球の伊藤美誠は語った。その言葉が今、あらためて思い起こされる。

■2018年8月25日
体重2.8kg減、ザック重量5.1kg減。TJAR「無補給」の末に見えたもの。
「なにもかもが違っていたんです」過酷な山岳レースを終え、十分な睡眠をとってもなお、ぎこちなく軋む体を椅子に沈めながら、望月将悟はそう話し始めた。

■2018年8月25日
五輪ボランティアは何が問題か。応募者の性質と、対価の重要性。
東京2020の組織委員会がボランティア募集している。応募要項には『東京2020組織委員会が募集する「大会ボランティア」には、主に大会期間中および大会期間前後に大会運営に直接携わり、大会の雰囲気を醸成す

■2018年8月24日
攻める瀬戸大也、再起の萩野公介。アジア大会でWエースが問題解決中。
400m個人メドレーにおいて、日本人選手として初めて世界水泳選手権を2連覇した瀬戸大也(ANA)。そしてロンドン五輪で高校生ながら同種目で銅メダルを獲得、4年後のリオデジャネイロ五輪では金メダルを獲得

■2018年8月22日
池江璃花子、アジア大会で新次元。疲労の中で勝ちきる感覚をモノに。
池江璃花子(ルネサンス)が止まらない。インドネシア・ジャカルタで19日からスタートした第18回アジア競技大会の競泳競技。8月9~12日に東京・東京辰巳国際水泳場で行われた第13回パンパシフィック水泳選

■2018年8月20日
水球女子代表問題とは何だったのか。大本監督がSNSで伝えたかった本意。
「水球女子日本代表」問題は、どこへ消えたのか。6月下旬、水球女子日本代表の合宿が途中で打ち切られるという前代未聞の「事件」が起きた。それを引き起こした要因の1つというのが、また、普通ではなかった。

■2018年8月19日
女子水泳界では異例の「遅咲き」。大橋悠依が史上初のメドレー2冠。
堂々の勝利だった。8月9日から12日にかけて行なわれたパンパシフィック選手権の競泳で、大橋悠依は400m個人メドレー、200m個人メドレーの2冠に輝いた。

■2018年8月13日
スポーツ選手の結婚で、応援する気持ちに影響があったことはある?
スポーツ選手は結果で評価される競技者であると同時に、人気を求められる存在でもあります。

■2018年8月13日
女子ダブルスのメダル独占が象徴。バドミントン日本勢対決が熱い!
金メダル、銀メダル、銅メダルそれぞれ2。日本勢が史上最多6個のメダルを獲得したバドミントン世界選手権(7月30日~8月5日、中国・南京)において、男子シングルスで金メダルを獲得した桃田賢斗(NTT東日

■2018年8月12日
日本一過酷な山岳レースTJARで、絶対王者の消防士が挑む「無補給」。
いったい、何がここまで人を駆り立てるのか。日本海の富山湾から太平洋の駿河湾まで、約415kmを人間の足だけで駆け抜けるレースがある。

■2018年8月11日
“ハーフ”アスリート増加の一方で。日本が本当に多様化するためには。
ここ数年、一般的に「ハーフ」と呼ばれるアスリートが日本に増えている。'90年代前後から仕事や留学、旅行などで日本を訪れる外国人、また海外を訪れる日本人が増えたことで、日本以外の国にルーツがある親を持つ

■2018年8月08日
東京五輪のためのサマータイム、賛成? 反対?
2020年の東京五輪で、気温の高い日中を避けるためにサマータイムの導入を、という話が持ち上がっています。

■2018年8月05日
女子背泳ぎ復権を託される若手3人。酒井夏海、小西杏奈、赤瀬紗也香。
8月9日、水泳の国際大会、パンパシフィック選手権が東京で開幕する。五輪中間年に行なわれる重要な大会であり、日本での開催は16年ぶりのこと。2年後へ向けて強化に励む現在の日本代表の泳ぎが観られる貴重な機

■2018年8月01日
太田雄貴が見たフェンシング世界大会。日本勢メダルなしも将来性はある。
7月15日から27日まで、中国の上海近郊にある無錫市で今年のフェンシング世界選手権が行われました。男女各6種目、25名の日本代表の選手たちは、それぞれに奮闘してくれました。

■2018年7月31日
「スポーツクライミングを、もっと!」競技を支える人たちの熱意。<PART2>
商社にとってスポーツをサポートするメリットとは果たして何か。そこには創業100周年を迎える老舗商社ならではの重要性があった。社員の会社に対する意識を高めるためにスポーツクライミングの持つ力を活用する。

■2018年7月31日
「スポーツクライミングを、もっと!」競技を支える人たちの熱意。<PART1>
『街づくりパートナー』として、地域に根ざしたさまざまなスポーツイベントなどを開催している三井不動産。果たして最近大きな注目を集めているスポーツクライミングという競技に対して、どのような姿勢でサポートし

■2018年7月27日
壮大な自然と世界のワザに息をのむ。“登山発祥の地”でリードW杯が開幕。
標高4810メートルと西ヨーロッパ随一の名峰モンブランが、澄みきった天空にそびえる荘厳のロケーションのなか、リード・ワールドカップの新シーズンが開幕した。

■2018年7月24日
卓球・Tリーグ開幕まで3カ月!琉球アスティーダの凄腕社長に注目。
10月24日、いよいよ卓球新リーグ「Tリーグ」が開幕する。男女ともに4チームずつが参戦してのリーグ戦。

■2018年7月23日
アメリカ人はなんでも15秒で話す。懐の深さと反知性主義が同居する国。
この映画には、アメリカ大統領選挙が行われ、誰もドナルド・トランプが大統領になるとは信じていなかった2016年秋の、アメリカの姿がある。

■2018年7月22日
バド女子ダブルスはタカマツ以外も!世界ランク5位以内に3組の熾烈さ。
7月30日から、中国・南京でバドミントンの世界選手権が開催される。出場する日本選手たちは、19日に東京・六本木で行なわれた公開記者会見で、ファンも見守る中、笑顔で思い思いに抱負を語った。

■2018年7月22日
「甲子園は価値観を確認する儀礼」想田和弘が語るスポーツの聖地性。
『選挙』、『演劇』、『牡蠣工場』など、音楽やナレーションを排除した観察映画を発表してきた想田和弘監督が、はじめてアメリカを舞台にした映画『ザ・ビッグハウス』を発表した。

■2018年7月11日
“14歳の金メダリスト”岩崎恭子が“母”となった今、伝えたいこと。
1992年、バルセロナ五輪の競泳200m平泳ぎで、弱冠14歳、中学2年生の若さで金メダルを獲得した岩崎恭子。競泳史上最年少での金メダル獲得によって、世界中から注目を集めることとなった少女も、今年で40

■2018年7月03日
日本ハンド界から続々海外武者修行へ。東京五輪への強化策は進んでいるか?
2020東京オリンピックへ向け、ダグル・シグルドソン監督のもと、ハンドボール男子日本代表が新たなスタートを切って1年半が経過した。

■2018年6月20日
プロクライマー・大場美和が古典文学から描いた理想の自分像。
近年、飛躍的に競技人口が増加しているスポーツクライミング。様々な場所にクライミングジムもでき、子供から高齢者まで趣味やエクササイズとしても楽しめる身近な存在になりつつある。

■2018年6月20日
米大学スポーツビジネスを観察する。想田和弘『ザ・ビッグハウス』論。
日本テレビが、毎年1月2日に箱根駅伝を中継し始めたのは1987年のことだけれど、その前にはアメリカンフットボール、ビッグ10とパック10(現パック12)の王者が対決するローズボウルを中継していた。

■2018年6月15日
2400人が目撃。ボルダリングW杯で“チームJAPAN”が起こしたドラマ。
悲願を達成した歓喜の涙があふれると、2400人を超える観客の万雷の拍手に包まれた。ボルダリング・ワールドカップ第5戦の八王子大会(6月2日・3日)は、男女ともに決勝戦でドラマティックなエンディングが待

■2018年6月15日
ルールが難しいイメージがある球技は?
ロシアW杯開幕、プロ野球は交流戦、ゴルフ全米オープン、そして世界トップを目指す戦いに挑む各競技のアスリート……。日本ほど数多くの球技に親しんでいる国は珍しいかもしれません。

■2018年6月13日
トランプ大統領の意に沿わない選手達。NFLで国歌演奏中の片膝は不敬なのか!?
「フットボールチームのフィラデルフィア・イーグルスをホワイトハウスに招待したが、残念ながら少数の選手しか訪問しないので、今回のイベントを中止にすることにした。国歌演奏中にロッカールームに留まるのは、片

■2018年6月13日
有森裕子が今なお実感する言葉の力。
1992年のバルセロナオリンピック、1996年のアトランタオリンピックと、女子マラソンで2大会連続、メダルを獲得した有森裕子。とくにアトランタでのレース後のインタビューで発した「自分で自分を褒めたい」

■2018年6月11日
村上茉愛、天才体操少女が大人に。「大学1年がターニングポイント」
ニューヒロインの誕生は鮮やかだった。昨年10月にカナダで行なわれた世界体操選手権。女子の花形種目である「ゆか」で世界の強豪たちを退けて初の金メダルに輝いたのは、村上茉愛だった。

■2018年6月09日
苦難を乗り越え達成したW杯21勝。野口啓代が強くあり続ける理由とは。
トップホールドに右手をかける。そして左手もかけて握ると、右手で壁を何度もたたいた。「絶対に離さない」

■2018年6月08日
“ニコ超”出展、試合をグローブ座で。フェンシングのチャレンジは続く。
5月上旬、私はフランス南部、人口26万人足らずの街、モンペリエを訪れました。この地でバイシクルモトクロス(BMX)やパルクール、スケートボードなどのアーバンスポーツの祭典、FISE(エクストリームスポ

■2018年6月03日
ドーピング問題でクリーンだった日本。近年、違反者が増えている背景は……。
オリンピックでドーピング違反ゼロ。それは日本の誇るべき点として、しばしばクローズアップされてきた。しかし最近、五輪競技で、ドーピングのルールに抵触する日本人選手が目立ってきている。

■2018年6月01日
日大タックル問題は現場記者に注目。元選手、逆ギレ司会、そしてハンセン!
今回はスポーツ新聞のコラムに注目してみたい。華やかなスポーツ新聞は見出しを眺めているだけでも楽しいが、コラムも勿論読みごたえがある。

■2018年6月01日
バド女子37年ぶり頂点奪還の理由。分厚い選手層で第2次黄金時代へ。
5月20日から26日までタイ・バンコクで行なわれたバドミントン女子の国・地域別対抗戦「第27回ユーバー杯」で、第1シードの日本が圧倒的な力を発揮して1981年以来37年ぶり6度目の優勝を飾った。

■2018年5月31日
「女子でも片手懸垂」はあたりまえ。日本人クライマーの秘密の練習法とは。
ボルダリング・ワールドカップで日本代表が目覚ましい活躍を見せている。ここまで4大会を終えて、女子は野中生萌が開幕戦を制し、野口啓代は第3戦、第4戦と2連勝。男子も楢﨑智亜と藤井快が1勝ずつ。毎大会で日

■2018年5月30日
日本ボウリング界のレジェンド矢島純一、“最後の”アメリカ挑戦。
「これで最後だから」72歳にして現役プロ、国内最多優勝41回、日米通算公認パーフェクト(12投全てストライクの300点)30回。日本ボウリング界のレジェンド、矢島純一がアメリカ遠征の前に口にする言葉だ

■2018年5月29日
アメフトは暴力的な競技ではない!伝説の横国-法政戦の証言で考える。
日本大学アメリカンフットボール部による「悪質タックル」の問題は、当該試合から3週間が過ぎてもなお、いまだ世間で大きな波紋を呼んでいる。

■2018年5月27日
日大アメフト部の指導者に欠けていた、「コーチに最も必要な資質」とは?
あまりにも……というほかない。アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の一戦における、日大選手によるあり得ない反則行為に端を発した問題は、反則をした選手、日大の内田正人前監督と井上奨コーチ、双方

■2018年5月24日
米国から見た日大アメフト部問題。NFLでは告発者にセカンドチャンスが!
一連の日大のアメフト反則問題、当該選手の記者会見、それに対する大学側の対応などを見て、多くの人が重苦しい気持ちを感じているのではないだろうか。

■2018年5月23日
日大アメフト部で優しさは罪なのか。「潰せ」と「こいつ」と「坊主頭」。
優しさは、罪なのだろうか。アメリカンフットボールの世界では、とかく「男らしさ」が求められる。

■2018年5月21日
日大アメフト反則問題の核心とは。「誰も監督に説明を強制できない」
日本大と関西学院大のアメリカンフットボール定期戦で、悪質な反則行為がありました。パスを投げ終え、無防備な状態のQBに対して後ろからタックル。QBはそのプレーで負傷退場し、全治3週間のケガを負いました。

■2018年5月20日
開催国枠で五輪初出場の水球女子。注目度アップへ千載一遇のチャンス!
国際水泳連盟はこのたび、2020年東京五輪において、アーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)のチームとデュエット、水球、飛込み、オープンウオーターに開催国枠を与えると発表した。

■2018年5月18日
羽生結弦の五輪連覇が火をつけた、タカマツペア「自分たちも挑戦」。
まぶしいきらめきに包まれた至福の瞬間から、1年9カ月の時間が流れた。“タカマツ”こと高橋礼華と松友美佐紀の女子ダブルスペアが、日本バドミントン界に初の金メダルをもたらした'16年夏のリオデジャネイロ五

■2018年5月17日
スポーツトレーナー・山口絵里加のメソッドが人気の理由。
体幹トレーニングをボディメイクに進化させた今話題のエクササイズ「美コア」の考案者でスポーツトレーナーの山口絵里加。健康になりたい、美しくなりたい、と願う女性たちのために、日本全国から海外までを飛び回り

■2018年5月14日
世界卓球決勝に見た「中国の壁」。日本女子はいつ越えられるのか?
スウェーデン南西部の街ハルムスタッドで8日間にわたって開かれた「世界卓球2018(団体戦)」が5月6日、幕を閉じた。

■2018年5月10日
伊藤ふたば 16歳、土肥圭太 17歳。ふたりのユースが見据える“世界地図”。
ボルダリング・ワールドカップで日本勢が男女とも華々しい活躍を見せている。4月に開幕したスポーツクライミングW杯シーズンで、日本勢としては2年ぶりのボルダリングW杯の個人年間王者の獲得に向けて好スタート

■2018年5月07日
五輪金メダルは最上位目標ではない!?「突け、心を」を説くフェンシング協会。
春。新たな気持ちで新生活をスタートさせた方も多いかと思います。年度が替わり、さまざまなことがリスタートするこの時期、日本フェンシング協会も組織として固めるべきことを固め、方向性をより明確にしていこう、

■2018年5月06日
SONYを辞めて最強オランダで勝負。ホッケー及川栞、プロ転向の野心。
女子ホッケー日本代表DF、及川栞が「私、日本初のプロ・ホッケー選手になります!」と高らかに宣言した。天理大を卒業後、7年間勤めたソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ社を退社すると同

■2018年5月01日
内村航平、10連覇で途切れても。「醜い姿でも代表で」と言える強さ。
歴史が塗り替えられた瞬間、内村航平(リンガーハット)は満面に笑みを浮かべ、新チャンピオンを心からの握手で祝福した。

■2018年4月23日
ハンドボール代表に世界一の監督が。シグルドソンという男の履歴書。
世界一の指揮官が日本のハンドボール界にやって来た。ダグル・シグルドソン、44歳。ハンドボールやサッカーが盛んなアイスランド出身で、首都レイキャビクで生まれ育った。現役時代はアイスランド代表として215

■2018年4月22日
15歳で五輪、19歳で挫折、そして。競泳・渡部香生子が2年ぶり代表復帰!
4月3日から行なわれた競泳の日本選手権では、ベテランから若手まで、さまざまな選手が目を引く泳ぎを見せた。その中でも印象的だった1人が渡部香生子だった。

■2018年4月10日
池江璃花子から“世界のIKEE”へ。競泳日本選手権で見せた劇的成長。
泳ぐたびに、日本新記録コールが会場に響き渡る。夏の国際大会の代表権を懸けた第94回日本選手権水泳競技大会競泳競技。大会が行われた4月3日~8日の6日間で、池江璃花子(ルネサンス亀戸)は6回も日本記録を

■2018年4月09日
萩野公介、絶不調から驚異の7連覇!日本選手権で味わった屈辱と栄光。
リオデジャネイロ五輪の競泳で金銀銅メダル・コンプリートを成し遂げた萩野公介(ブリヂストン)の水泳人生には、試練が多い。しかし、その試練が彼を強くしている。

■2018年4月02日
“異例”のタイミングでプロ宣言。平野美宇、知られざる半年間の葛藤。
「私はJOCエリートアカデミーを卒業して、プロ卓球選手として活動していくことを決断したので報告をさせていただきました」東京都北区にある味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で3月30日に開かれ

■2018年3月28日
体操W杯で内村航平が予選落ち?極端な不振の理由と“逆襲”の始まり。
体操の種目別ワールドカップ(W杯)カタール・ドーハ大会が3月21日から24日まで行なわれ、内村航平(29=リンガーハット)が、左足首負傷で途中棄権となった昨年10月の世界選手権(カナダ・モントリオール

■2018年3月26日
学校でフェンシングが超盛り上がる!太田雄貴が目指す夢の「フェス」。
春。卒業の季節です。高校までフェンシング部に所属していた学生の大半は、卒業とともに、フェンシングとの別れを経験します。新天地での活躍にエールを送るとともに、次のステージでも、フェンシングを通して学んだ

■2018年3月26日
バド渡辺&東野組、全英OP初制覇。中学の先輩後輩が最高のダブルスに。
3月18日まで行なわれていたバドミントンの全英オープンのミックスダブルスで、渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が優勝を飾った。全英オープンは今回で108回目を迎えたことが物語るように、長い伝統を誇る

■2018年3月19日
ボルダリングとはちがう難しさを実感。リードの奥深さと日本人選手の可能性。
“持久力のECO運転”、その慣れと巧さが勝敗を分けたと言っていいだろう。3月3日・4日に行われた『リード日本選手権』は、ボルダリングで発揮する高い登攀能力を武器に挑んだ選手たちが、リードの奥深さに跳ね

■2018年3月18日
村岡桃佳、開花のパラリンピック。ソチで発した「練習したいです」。
開花と言っていいだろう。村岡桃佳は、平昌パラリンピックで圧倒的な輝きを放っている。競技初日となった最初の種目の滑降で銀メダルを獲得すると、スーパー大回転と複合で銅メダルを手にする。そして3月14日に行

■2018年3月16日
双眼鏡でスポーツ観戦を楽しもう!日本卓球の聖地・東京体育館を訪ねて。
JR千駄ヶ谷駅を降りるとすぐに、宇宙船のような外観が特徴的な建物が視界に入ってくる。都営大江戸線国立競技場駅の出口からも、ほど近くの立地だ。1954年に建設された東京体育館は、1964年の東京オリンピ

■2018年3月15日
<特別対談> 寺川綾×伊藤美誠 「ステップワークが注目ポイントです」
スポーツ観戦を楽しむ――。一流アスリートたちの戦いを、現地に赴き自らの目で観戦することは、多くの人にとってとても魅力的なアクティビティだ。

■2018年3月13日
米スポーツ界とメンタルセラピー。恋人と別れる時期が競技成績に影響?
メンタルセラピー、メンタルカウンセリングという言葉にどんなイメージを持つだろう。何か心に問題がある人、メンタルが弱い人がお世話になっていそう、そう考える人も多いかもしれない。

■2018年3月12日
皆川夏穂と新体操42年ぶりの快挙。「美しさ、優雅さ」の先にメダルが。
「世界選手権の種目別決勝に残れたのは今回が初めてだったので思い切れたというか、『(決勝では)自由にやろう、ただ自分の演技をするだけ』と平常心で演技に臨むことができました」

■2018年3月12日
パラで世界一になって五輪も狙う!芦田創が目指すスーパーアスリート。
「7mを跳んで『凄い!』って言われてもね」芦田創は、自身の記録に全く満足していない。昨年、芦田は走り幅跳び(競技カテゴリ:上肢切断などT47)で、自身の記録を31cm更新する7m15cmの日本新記録を

■2018年3月10日
パラアイスホッケーの61歳・福島忍。医師に言われた「良い方なんだよ」。
人間はいったい何歳まで成長出来るのだろうか。平昌パラアイスホッケー代表チームのゴーリー(ゴールキーパー)の福ちゃん、こと福島忍は、61歳。「この局面に来て、今でも“プレーの質を上げているの”が凄い」(

内村航平、復帰戦は全4種目予選落ち 体操W杯 - スポーツ : 日刊スポーツ
内村 鉄棒落下でまさかの予選落ち、決勝でH難度披露できず
体操:内村、復帰戦は全種目予選落ち「何しに来たんだろう」(スポニチ ...
◇体操・全日本種目別選手権第1日(2018年6月30日 群馬・高崎アリーナ) 個人総合で世界選手権(10~11月、カタール)の代表を決めている内村航平(29=リンガーハット)が、唯一出場した鉄棒でま...- スポニチアネックス- 26分前
【体操】内村航平は全4種目予選落ち 種目別W杯第2日 - 産経ニュース
内村航平、まさかの落下で鉄棒予選落ちの波乱…全日本...- スポーツ報知- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも内村航平 予選落ちに関連のある画像ばかりではありません。
内村航平 予選落ちの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

内村 航平(うちむら こうへい、1989年(昭和64年)1月3日 - )は、日本のプロ体操競技選手。
オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。
また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む19個のメダル(金メダル10、銀メダル5、銅メダル4)を獲得している。
1989年(昭和64年)1月3日、福岡県北九州市に生まれる。
父・内村和久は日本体育大学体操競技部出身で柳川高等学校時代に高校総体の種目別で優勝しており、母・内村周子も元体操選手、妹の春日(はるひ)も元体操選手(日体大)という体操一家である - Tsunebo.com(2014年12月15日) - 長崎新聞2014年9月30日。
1992年(平成4年)に両親が『スポーツクラブ内村』を開設し、長崎県諫早市に移住したのを機に、3歳で体操を始めた。
両親の反対を押し切り、諫早市立諫早中学校卒業と同時に、塚原直也に憧れて上京し、朝日生命体操クラブに入門した『AERA』2008年9月1日号「父が育てたメダル息子」。
東洋高等学校を経て、日本体育大学体育学部体育学科に入学。
大学では体操競技部に所属し、4年時には主将を務めた。
高校生の時あん馬の種目で2点をたたき出したことがある。
2010年TBS系ドラマ「タンブリング」第1話にて鷲津学院の生徒役でカメオ出演している。
日体大卒業後の2011年(平成23年)4月、山室光史とともにコナミスポーツ&ライフ(現コナミスポーツクラブ)に入社。
2012年11月11日、一般女性と入籍。
2013年4月19日、夫人が第1子となる女児を出産した。
2014年、totoのCMで13人のアスリートたちとStand by meのメロディを歌い継いだ。
2015年、第2子となる女児が誕生。
2016年11月、コナミスポーツクラブを退社してプロ活動を開始。
2016年12月、アシックスジャパンとスポンサー契約を結ぶ。
2017年3月、長崎ちゃんぽん店などを展開するリンガーハットと所属契約を結ぶ。
2017年1月、復興大臣からの委嘱で東日本大震災の被災地を支援する「復興応援大使」に就任する。

引用:Wikipedia:データベース

内村航平 予選落ちに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも内村航平 予選落ちに関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング