内村航平 予選落ちとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
体操W杯で内村航平が予選落ち?極端な不振の理由と“逆襲”の始まり ...
2018年3月28日 - 体操の種目別ワールドカップ(W杯)カタール・ドーハ大会が3月21日から24日まで行なわれ、内村航平(29=リンガーハット)が、左足首負傷で途中棄権となった昨年10 月の世界選手権(カナダ・モントリオール)以来、約半年ぶりに実戦に復帰 ...

■2019年4月25日
<アテネ世代が明かす覚醒の時>内村航平「北京の銀が絶対王者を生んだ」
個人総合2連覇を含む7つのメダルを持つ内村。その五輪デビューは2008年の北京だった。同大会でともに戦った、アテネ五輪団体金メンバーの冨田洋之と鹿島丈博が、若き「キング」の成長を語る。

■2019年4月25日
世界最高峰で戦う者たち。錦織圭/大坂なおみ/井上尚弥/伊藤雅雪/畑岡奈紗
5月は激戦必至の日本人アスリートから目が離せない。彼らの勇姿を見届けよう!

■2019年4月24日
令和元年のフットボールか2019年のサッカーか。
慶應義塾大学ソッカー部。サッカー部である。慶應の蹴球部とはラグビー部だ。早稲田大学のサッカー部は、アソシエーション・フットボールにちなんでア式蹴球部。理由? 長くそう呼んできた。

■2019年4月24日
“登りを楽しむ”というピュアな能力。日本人クライマーの計り知れない強さ。
勝ち負けよりも、どうやれば登れるかを知りたい。そんなクライマーの本懐が表れたシーンだった。スポーツクライミングW杯シーズンが4月に開幕した。スイス・マイリンゲンでのW杯ボルダリング第1戦で口火を切り、

■2019年4月22日
金範埈(バイオセンサーの研究)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~
さまざまな製品に組み込まれ日常生活に欠かせなくなった各種センサーは、いまやスポーツ界でも活発に使われている。さらなる小型化、省電力化への道を進むセンサー技術は、どんな未来を見せてくれるのか。最先端を知

■2019年4月19日
あの人も……「実は、卓球が趣味です」。カミングアウトブーム到来のワケ。
今、日本の卓球がかつてない盛り上がりを見せている。2016年リオ五輪での男女3つのメダル獲得。その後15歳の張本智和が国際大会で大活躍、福原愛さんからバトンを受け継いだ“女子黄金世代”の台頭にTリーグ

■2019年4月18日
楢崎智亜の五輪金メダルに待った?チェコの天才クライマーが復活参戦。
4月6日、スイス・マイリンゲンでボルダリング・ワールドカップが開かれ、スポーツクライミングの2019シーズンが本格的に幕を開けた。日本人男子の大活躍がかすんでしまうほどのインパクトを残したクライマー。

■2019年4月15日
ひねり王子+ド根性男の白井健三。足首痛を押してのW杯3位に「幸せ」。
高難度の技を簡単にやってのける天才。そんなイメージが定着している“ひねり王子”が、ド根性という新たな一面を自らに付け加えた。

■2019年4月14日
競泳界のホープが日本選手権初V。渡辺一平「世界記録更新」へ着々。
世界選手権代表選考を兼ねた競泳の日本選手権が4月2日から8日間に渡って開催された。基準をクリアして代表に選ばれた選手こそ、例年よりも少なかったが、目をひく泳ぎを見せる選手たちもいた。

■2019年4月14日
キッズスポーツキャンプin湘南、開催!井上康生と五郎丸歩が伝えたかったこと。
2019年3月27日、28日の2日間にわたり、「第1回 キッズスポーツキャンプin湘南」が鎌倉パブリックゴルフ場と関東学院大学金沢八景キャンパスで行われました。

■2019年4月12日
今、ピッチで起きていることを優先せよ!WOWOW社長が語るスポーツ中継の哲学。
私の周りで大いに話題になっている本がある。『準備せよ。 スポーツ中継のフィロソフィー』この本を書いたのは、WOWOWの代表取締役社長を務める田中晃氏。

■2019年4月10日
萩野、池江不在の中で競泳陣が不振。平井コーチ「分析していかないと」。
苦渋に満ちたような表情と、絞り出すようなひとことが、胸中を率直に伝えているようだった。 「大変、残念な結果です」 4月3日から行なわれていた競泳の日本選手権が8日に終了したが、大会を終えた姿を見せた日

■2019年4月10日
『鴨川ホルモー』“ホルモー”はスポーツといえるのか?新たな視点でベストセラーを再読。
「古くからあるスポーツ」と「新しいスポーツ」と聞いて何を想像するだろうか。筆者は相撲とeスポーツを連想したのだが、いずれも「スポーツなの?」と思う人もいるだろう。

■2019年4月03日
夏・冬の二刀流、本格始動。平野歩夢が見せた笑顔の滑り。~横乗りの申し子が貫く美学~
五輪メダル2個を持つ20歳の覚悟を決めた挑戦に、まばゆい視線が注がれている。スノーボード男子ハーフパイプの冬季五輪2大会連続銀メダリスト・平野歩夢(木下グループ)が、東京五輪出場を目指してスケートボー

■2019年4月01日
<LIVE IN THE MOMENT 03>今井月「代表落ちの昨夏は大きかった」
新たなシーズンへと向かう中、2018年を、このように振り返る。「スタートはよくなかったけれど、次へとつながる1年になったと思います」 競泳の今井月は、屈託のない笑顔を見せた。

■2019年4月01日
瀬戸大也インタビュー「革新とは、良いものを見極め磨き上げていくこと」
世界を舞台に数々の輝かしい成績を残してきた、瀬戸大也。常に自分を磨き、進化するその姿は、革新をもたらすBMW3シリーズと重なる――。

■2019年4月01日
男子エペ団体がW杯初優勝の快挙。日本フェンシングが躍進する理由。
金メダルを胸にかけ、多くのテレビカメラや居合わせた観光客が集う成田空港の出口を、フェンシング男子エペ団体日本代表の選手たちが、まるでランウェイのように歩く。

■2019年3月31日
「えっ、これが筋トレ?」の練習で、瀬戸大也の泳ぎが好循環した理由。
トビウオジャパンの顔・瀬戸大也(ANA)が昨年来の好調を持続したまま、4月2日開幕の日本水泳選手権を迎える。

■2019年3月31日
ファイナルで見せた粘りの卓球。“危機感”が早田ひなを強くした。
3月17日、Tリーグプレイオフファイナル女子決勝。 ビクトリーマッチまでもつれた戦いは平野美宇、早田ひならを擁する日本生命レッドエルフが制し、初代女王に輝いた。

■2019年3月31日
Numberコラボの異色折り畳み自転車。毎日が楽しくなる、お得な使い方とは?
奥山 はぁはぁ、ゼイゼイ……お早うございます。高 おっ、自転車通勤ガンバッテるね~。奥山 前回のコラムでNumber BICYCLEの最新車種「FLAT-ONE(フラットワン)」を紹介してもらって、そ

■2019年3月29日
「2020」でクライミングを楽しむために。私たちが見るべき選手と知るべきルール。
今シーズンの国内スポーツクライミングは来年に迫った東京五輪に向けて、『強化』から『競争』へとシフトアップしている。1月から3月にかけては3種目それぞれの『ジャパンカップ』を開催。多くの選手が高いパフォ

■2019年3月28日
「卓球年収1億円時代」の到来間近!水谷隼が年俸を赤裸々に語る理由。
「若手は飢えていてほしい」と日本卓球界の若手に活を入れる水谷隼。では本人が「一番飢えていた頃」はいつなのか。「一番つらかった」というロシア時代を紐解くと、水谷は驚きの年俸額について明かしてくれた。

■2019年3月28日
新しい地図・香取慎吾×上地結衣。「ゾーンが来なくても今が一番強い」
連載4回目のホストは香取慎吾さん、ゲストには女子車いすテニス界を牽引し、常に世界No.1の座を巡って熱戦を繰り広げる上地結衣選手を迎えた。試合中の心の整え方やユニークなライバルたちの存在まで、2人が大

■2019年3月26日
『アフター1964 東京オリンピック』五輪の問題点より、魅力的な選手たちの弱音。
『野茂がもし世界のNOMOになろうとも君や私の手柄ではない』。日本人が世界で活躍するたび、ネットや印刷物でくりかえし引用される短歌である。

■2019年3月25日
調査報告書から読み解くパワハラ問題。「再出発」に必要なリーダーの存在とは。
2018年は、スポーツ界でさまざまな「不祥事」が明るみに出た年でした。 日大アメフト部の悪質タックル、日本ボクシング連盟トップの一件や、女子レスリングにおけるパワーハラスメント問題など……。

■2019年3月21日
視覚に頼らず壁を登るクライマー。49歳の日本王者が越えた2つの挫折。
彼には、目の前にあるはずのホールドは見えていない。正確にいえば見えてはいるのだが、視界は濃い霧がかかったようにぼやけていて、目標のホールドをすぐに見つけることはできない。下からパートナーが指示を出す。

■2019年3月19日
スケボーではいま日本の4番手。平野歩夢は五輪より「楽しむこと」。
3月15日、大会前日の鵠沼海浜公園は、平日とあってまだ人影もまばらだった。

■2019年3月19日
松岡修造の「何を上げているか?」に、パラパワーリフター・大堂秀樹の答は。
松岡修造が、パラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラリンピック一直線!」。パラ・パワーリフティングでパラリンピック3大会連続出場し、日本を代表するパワーリフターの1

■2019年3月17日
「日本の筋トレ」と歩んだ34年・後編。身体を動かす愉しさを知った日本人。
私は筋トレ歴34年、20代半ばから還暦ちかい現在まで、ようもバーベルの上げ下げに熱中してきたものだ。そこまで魅了されたのはナニゆえか?前回に引き続き「筋トレ歴34年のオッサン(私のことです)がみたフィ

■2019年3月17日
「日本の筋トレ」と歩んだ34年・前編。五輪、リー、マドンナが与えた影響。
水ぬるみ、梅は咲き、ウグイスが鳴く。 春を感じるあれやこれ、まことに趣深い。

■2019年3月14日
<Have a Dream 夢追い人の挑戦>クライマー・楢﨑智亜の現在地。
夢に向かって努力を重ねるアスリートに迫る連載。第5回は日本男子クライミング界のエースが登場。

■2019年3月12日
小倉大地雄(東京2020組織委員会広報)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~
オリンピックという巨大イベントを担う組織委員会は、日々いかにして広報活動を行っているのだろうか。東京で行う祭典を世界の話題とするのは簡単ではない。東京2020組織委員会の国際広報のキーマンに聞いた。

■2019年3月12日
修造が羨む、パラ・パワーリフター大堂秀樹の競技者向きメンタル。
松岡修造が、パラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラリンピック一直線!」。パラ・パワーリフティングでパラリンピック3大会連続出場し、日本を代表するパワーリフターの1

■2019年3月11日
<若きエースに訪れた悲運>池江璃花子「乗り越えられない壁はない」
昨年のアジア大会で6冠とMVPを獲得。さらなる高みへと羽ばたこうという最中に、18歳の少女を突然の病が襲った。競技、年代、国、あらゆる枠を超え寄せられる回復を願う声。あらためて、いちアスリートとしての

■2019年3月09日
『天翔る』身体能力以上に“思いやり”が必要。エンデュランス馬術の稀有な魅力。
馬に乗るスポーツ、と聞くと、競馬か馬場馬術を連想する方がほとんどだろう。ところが、本書『天翔(あまかけ)る』に登場するのは、「エンデュランス馬術」という聞き慣れない競技である。

■2019年3月07日
アスリートの告白と勝利至上主義の影。~千葉すずから池江璃花子へ、時代は変わったか~
スポーツにおいて、それほど勝つことが絶対的な価値なのか? 直近の日本のスポーツ界でこの問いの大きなメルクマールとなったのは、競泳元日本代表・千葉すずの発言と行動だった。

■2019年3月05日
修造が訊く!パラ・パワーリフター大堂秀樹が競技を始めた意外な理由。
松岡修造が、パラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく『松岡修造のパラリンピック一直線!』。

■2019年3月05日
“Number BICYCLE”ってなんだ?スポーツ・ミニベロで都市を疾走!
アスリートの心の中に渦巻くブツ欲を赤裸々に紹介し、解消していくこの企画。「ご意見番」として登場するのは、ファッション&モノ業界で長年活躍する“スマート”奥山泰広氏と、その相棒の“ワイルド”高 成浩氏。

■2019年3月03日
太田雄貴が開くフェンシング界。外の人材、企業と組んで前へ進む。
「スポーツの世界で働くのに、スポーツの経験は必ず必要なものではない」――。そんな実感を、年明け以降、改めて強く抱くようになっています。

■2019年2月28日
瀬戸大也が成長し続ける理由。キーワードは“集中力”の確かさ。
2013、2015年の世界選手権400m個人メドレーを連覇。2017年の大会では同種目と200mバタフライで銅メダルを獲得。数々の実績が明確に物語るように、瀬戸大也は、日本競泳男子の主軸として活躍を続

■2019年2月28日
かるた界に誕生した異端の新名人。粂原圭太郎が語る伝統への挑戦。
マンガ、そして映画の『ちはやふる』で注目を集めた百人一首の世界。今年の1月5日、近江神宮で行われた「名人戦」はとにかく見ごたえがあった。

■2019年2月26日
パラ・パワーリフター大堂秀樹。「コーラと赤いきつね」の謎とは?
この日、松岡修造さんが訪れたのは、障害者スポーツ専用の体育館である「日本財団パラアリーナ」だった。

■2019年2月25日
水泳の賞金が高騰している理由。連盟の求心力と、他競技との競争。
2月16、17日に行われた競泳のコナミオープンで、話題になっていたことがある。国際水泳連盟が今年1月中旬に開催を発表した、新たな国際大会「チャンピオンズ・スイム・シリーズ」である。

■2019年2月24日
東京五輪クライミングを本気で予想。男子は金メダル本命、女子は対抗か。
来年に東京オリンピックを控えた今シーズンは、クライミング界にとってはこれまでになく重要な1年となる。つとめてフラットに、日本のスポーツクライミングがいかに強く、そしてオリンピック金メダルというのがどれ

■2019年2月19日
異例の日中合同合宿で見せた、男子体操の“本気の呉越同舟”。
なんとも刺激的な光景が広がっていた。2月13日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンター体操競技場では、日本と中国の男子トップ選手が入り交じりながら練習を行っていた。すなわち、世界のトップが一堂に会

■2019年2月18日
池江璃花子へ1000超のメッセージ。選手とファンから「待ってるよ」。
2月16日と17日、千葉県国際水泳場で競泳のコナミオープンが行われた。

■2019年2月18日
<Zoom in SPORTS>SCENE5「クリフハンガー」
スポーツクライミングの一種で、ホールドと呼ばれる突起物が付いた人工の壁面を登るスポーツである。競技人口が近年増加している日本は、スポーツクライミング強豪国の一つとなっている。

■2019年2月17日
小学生年代で1日7時間、深夜まで。卓球、フィギュアの練習に思うこと。
幼少あるいは少年期の練習は、どのようにあるべきだろうか。

■2019年2月12日
平岩康佑(eスポーツの実況)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~
大企業が関心を寄せ、大会数が増え、賞金も高額化。日本のeスポーツがいま急激な盛り上がりを見せている。韓国、中国、欧米といった先進国を猛追するなかで、テレビ局を辞めeスポーツに特化した実況アナが活躍中だ

■2019年2月11日
王座奪還への並々ならぬ闘志。“新しい水谷隼”がV10達成。~張本に白旗をあげた日から1年後の復活劇~
1月中旬に大阪で開催された全日本卓球選手権男子シングルスで、リオデジャネイロ五輪銀&銅メダリストの水谷隼(木下グループ)が、男女を通じて最多となる10度目の優勝を飾った。

■2019年2月11日
『失敗のチカラ』失敗を恐れず、挑戦を。著者の生き様が示すもの。
著者である山崎良次さんは国体のレスリングで優勝という華々しい成績を皮切りに、その後も大相撲やカヌー、そして五輪出場を果たしたボブスレーなど、様々なスポーツに挑戦し活躍した方である。

■2019年2月09日
スーパーボウルに史上初の男性チア。チアの歴史140年で実は原点回帰?
2月4日、アメフトの頂点を決めるスーパーボウルの舞台に、史上初めて男性のチアリーダーが上った。

■2019年2月08日
<LIVE IN THE MOMENT 01>石川佳純「すべての経験が、今につながっている」
石川佳純は、今も忘れていない。押しも押されもせぬエースとして卓球日本女子を牽引し、国内外の数々の大会で、輝かしい実績を重ねてきた。

■2019年2月06日
スマホアプリは山岳遭難の救世主?老舗『山と溪谷』も“推奨”に方針転換!
登山の遭難原因で不動の1位が「道迷い」であることをご存知だろうか。日本国内では年間2500件ほどの山岳遭難が発生しているが、そのうちの4割が道迷い。つまり年間約1000件。1日に3件の道迷い遭難が、全

■2019年2月05日
竹田JOC会長は進んで疑惑払拭を。~「過去」と看過できない収賄操作~
2020年東京五輪・パラリンピックの招致をめぐる「贈収賄疑惑」が取り沙汰される日本オリンピック委員会(JOC)・竹田恆和会長(71)の「逃亡会見」が物議を醸している。

■2019年2月05日
修造応援! パラカヌー瀬立モニカが描く、どこまでも前向きな未来。
松岡修造が、パラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラリンピック一直線!」。

■2019年2月02日
NFLの戦力均衡。~平等施策の中でも勝ち続けるペイトリオッツ~
2018-'19年のNFLはカンファレンス決勝が行われて、NFCはラムズ、AFCはペイトリオッツが、いずれも延長戦で勝利した。ラムズは17年ぶり、ペイトリオッツは3年連続のスーパーボウル出場となった。

■2019年1月29日
修造感服!パラカヌー瀬立モニカは今の自分を「最強」と言い切った。
松岡修造が、パラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラアスリート一直線!」。

■2019年1月28日
14歳・木原美悠の潜在能力がすごい。卓球特有の「促進ルール」にも即応。
1月14日から20日まで行われた卓球の全日本選手権。この大会で注目された選手の1人に、女子シングルスで決勝に進出した木原美悠が挙げられる。14歳の木原は前々大会王者の平野美宇を5回戦で破るなど、実力者

■2019年1月23日
ベテラン藤野、新鋭上野は伸び盛り。フェンシング高円宮杯を見逃すな!
2019年1月26日・27日に開催される「JAL Presents 2019高円宮杯 フェンシングワールドカップ東京大会(男子フルーレ個人・団体)」。

■2019年1月22日
修造が訊く! パラカヌー日本代表の瀬立モニカはリオで障害を受け入れた。
松岡修造さんが、パラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラリンピック一直線!」。女子パラカヌーでリオパラリンピックにも出場した21歳の瀬立モニカさんは、高校1年のとき

■2019年1月21日
スポーツ会場の規模が小さくなる?ボクシングが予見する興行の未来。
年末年始のスポーツ番組はなかなかの盛り上がりを見せていました。年明け1月10日に開催されたNumber Sports Business Collegeに登壇してくださった那須川天心選手が、フロイド・メ

■2019年1月20日
宮藤官九郎の『いだてん』執筆記。「辛さのレベルは全然違いますが」
『いだてん~東京オリムピック噺』が1月6日スタートしました。いかがでした? 大河でした? 大河じゃない! と言われましても、2話から唐突に信長や龍馬を出すわけにもいかないので、そこは諦めて1年間お付き

■2019年1月17日
フェンシング高円宮杯W杯を戦う若き精鋭。松山、西藤、鈴村の覚悟。
来たる2019年1月26日・27日に、「JAL Presents 2019高円宮杯 フェンシングワールドカップ東京大会(男子フルーレ個人・団体)」が、港区スポーツセンター(JR山手線田町駅から徒歩5分

■2019年1月16日
これは単なるボウリング賛歌ではない!桑田佳祐の『レッツゴーボウリング』現象。
平成30年12月31日。NHK紅白歌合戦のトリを飾ったのは、特別枠での出場となったサザンオールスターズだった。同年はデビュー40周年というメモリアル・イヤーでもあったサザンオールスターズ。

■2019年1月15日
修造、驚愕! パラカヌー瀬立モニカは肩甲骨と頭の位置でバランスをとる。
見上げると、雲ひとつない、祝祭のような青空が広がっていた。旧中川を望む土手の上から、瀬立(せりゅう)モニカさんの乗った車椅子が軽快にスロープを降りてくる。

■2019年1月12日
坂本広顕&桂田隆行(スポーツによる地域振興)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~
安倍政権は「日本再興戦略2016」において、新たな成長産業の創出を宣言。IoTやフィンテックといった「第4次産業革命」と並んで「スポーツの成長産業化」を最重要項目に挙げ、'15年に5.5兆円だったスポ

■2019年1月11日
『逃げ』パズルを解くような論理展開。ロードレース全日本選手権の記録。
海外のサイクルロードレースはよくテレビで観ている。風景は興味深いし、スタートしたらとにかくゴールまで走るという直線性も、自分が観るのに向いている。

■2019年1月10日
『サバイバルボディー 人類の失われた身体能力を取り戻す』短パン姿でキリマンジャロ登頂!?世界的探検家も驚く方法とは。
道具の進化によって、極地遠征の難易度が昔よりもあきらかに低くなっている、と思いこんでいた。しかし読後には、そうとも言い切れないのではないか、と考えるようになった。

■2019年1月07日
<Zoom in SPORTS>SCENE2「明日に向って撃て!」
突き抜ける夏空に、陽光を浴びた選手が高々と跳び、今まさに球をはじこうとする。

■2019年1月05日
東京五輪争いが最も熾烈な競技は?卓球、バド、競泳、レスリング……。
年が明けて、2019年となった。スポーツ界で言えば、オリンピック前年、いわゆるプレオリンピックイヤーである。そしてすでに、熾烈な代表争いの勝負が始まっている競技が多々ある。その1つは卓球だ。

■2018年12月30日
フェンシング日本選手権が大成功。その時太田雄貴は、なぜパリに!?
2018年12月9日。東京グローブ座で開催された全日本選手権の決勝、ご覧いただけましたでしょうか。

■2018年12月26日
羽生さんは別格、では藤井くんは?中村太地王座が語る将棋の“格”。【2018年 将棋部門1位】
2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。将棋部門の第1位はこちら!

■2018年12月26日
4連覇&世界記録はあくまでステップ。東京に向け、瀬戸大也の挑戦は続く。
2年に一度、短水路(25mプール)で行われる世界水泳選手権(25m)。今年は12月11日から、中国・杭州で第14回大会が開催された。

■2018年12月26日
スポーツ界の社会貢献活動を表彰!今年の「HEROs AWARD」はこの人に。
社会のためにスポーツマンシップを発揮した選手やチーム、団体を表彰する「HEROs AWARD 2018」が12月17日に開催された。

■2018年12月25日
大泉洋主演映画と日本代表・大西瞳。アスリートは介助の現場をどう見た?
「やっぱり、あきらめないこと。あきらめないことの大切さが伝わりましたし、そこが共通すると思いました」

■2018年12月24日
PayPay狂騒曲とインバウンド。スポーツ界にも電子決済の波を!
最近話題の電子決済サービス、PayPay。みなさんは使ってみましたか?「買い物額の20%を還元」「還元の上限は100億円」と大々的に謳ってはじめたキャンペーンは、わずか10日間で上限に到達してしまいま

■2018年12月24日
30歳で公務員を辞めてオランダへ。ホッケー田中健太、最強国での日々。
男子ホッケーのトッププレーヤーは、公務員として働きながらクラブチームでプレーするケースが多い。日本代表のエースストライカー、田中健太は和歌山県庁スポーツ課で仕事をしつつ、箕島クラブで競技を続けていた。

■2018年12月24日
修造が訊く! 吉田信一(パラ卓球)はなぜ人生を「ラッキー」と言えるのか?
松岡修造が、パラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラアスリート一直線!」。車椅子卓球の吉田信一さんは、通算14度の日本一に輝き、リオパラリンピックにも出場したパラ卓

■2018年12月21日
ついに訪れた「羽生善治九段」。なぜ彼の存在は将棋の枠を超えるか。
「羽生善治九段」。ついにこの表記をする時がやってきてしまったのか。12月20、21日に開催された竜王戦第七局で、羽生善治竜王は広瀬章人八段相手に、最後の最後まで粘りを見せたが敗北。3勝4敗で防衛を果た

■2018年12月21日
男子エペ・見延の強さの秘密は“包丁研ぎ”で磨いた集中力!?~フェンシングの練習に取り入れた福井の名産品~
東京グローブ座(東京都新宿区)で全日本選手権決勝を開催し、最新テクノロジーを駆使した斬新な演出などで大評判を呼んでいる日本フェンシング界。

■2018年12月21日
日本人クライマーがタフになった2018年。“個”の力を伸ばして、「2020年」を目指せ!
「選手たちはタフになってくれました」日本代表を率いる安井博志ヘッドコーチは、今シーズンの選手たちの成長に目尻を下げる。

■2018年12月21日
バドミントン世界1位の野心と我慢。全日本連覇・山口茜の幅が広がった。
桃田賢斗の世界選手権男子シングルス優勝や、女子ダブルス勢の世界ランキングトップ3独占など、2018年のスポーツシーンを賑わせたバドミントンにおいて、忘れてはならない金字塔がある。

■2018年12月20日
草なぎ剛が金メダリストに教えた萩本欽一直伝「辛いときこそ笑え」
大きな反響を呼んでいる連載、「語ろう! 2020年へ 新しい地図×Paralympic Athletes」。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が、東京パラリンピックでの活躍が期待されるパラリンピアンと

■2018年12月17日
伊藤美誠が選ばれた権威ある表彰。他者からの刺激を力に変える能力。
12月12日、国際卓球連盟が年間表彰式を開催した。伊藤美誠は、今年1年で最も活躍した選手に贈られる「スターアワード」に中国の丁寧ら3名とともにノミネートされ、惜しくも受賞を逃したものの世界選手権団体戦

■2018年12月16日
「全てがうまくいかなかった」頃から、パラ卓球・吉田信一を支え続けた人。
松岡修造が、パラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラアスリート一直線!」。

■2018年12月14日
女子ハンドボール代表がアジア2位。熊本経由、東京五輪行きの手応えは?
11月30日から12月9日まで熊本で開催されていた女子ハンドボールアジア選手権。韓国と本気でタイトルを争うこの大会は、来年、同じく熊本で開催される世界選手権、そして2020年の東京オリンピックに向けて

■2018年12月14日
「応援には結果で応えたいと思っている」女王・野中生萌のまっすぐな“野望”。
今シーズンのスポーツクライミングで、もっとも輝きを放ったのは野中生萌だった。ボルダリングW杯では自身初めて“年間女王”の座につくと、11月のアジア選手権ではスピード種目の日本新記録を連発。

■2018年12月11日
元フェアリージャパンの畠山愛理が新体操を通じて学んだ美しさ。
6歳で新体操を始め、ロンドン、リオと2度のオリンピックに出場した畠山愛理。均整のとれた美しい肉体と、愛らしい顔立ちは、現役を引退した現在も多くの人を魅了している。

■2018年12月11日
劇場に響く「WE WILL ROCK YOU」。フェンシング日本一決戦の超演出。
スポットライトに照らされたステージ。場所は、東京グローブ座。クイーンの「WE WILL ROCK YOU」をバックに、華々しく登壇する12名の選手。

■2018年12月10日
瀬戸大也、もう1人の自分との和解。「全部2番で、何やってんの?」
瀬戸大也には、心強い味方がいる。家族も、コーチも、仲間も、応援してくれる人々も、ライバルも。そしてもう1人、自分をずっと見続けている、頼もしい存在がいる。

■2018年12月10日
いきものがかり水野良樹が綴った「集牧」と「長い旅」について。
「集牧」となった。所属するいきものがかりが活動再開を宣言した。約2年前「放牧」と題してグループの歩みを止めたときも、この誌面でグループについて書いていた。

■2018年12月09日
松岡修造が訊く! パラ卓球・吉田信一、崖っぷちだらけの上京物語。
松岡修造が、パラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラアスリート一直線!」。パラ卓球の吉田信一さんは、日本選手権を14度制覇し(現在も8連覇中)、リオパラリンピックに

■2018年12月05日
『ふたつのオリンピック 東京1964/2020』『菊とバット』著者が青年時代に見た、東京の街、怒濤の半世紀の記録。
東京オリンピックを二年半後に控えた一九六二年一月、北カリフォルニアの小都市出身のアメリカ空軍諜報部員ロバート青年は府中の空軍基地から私鉄と地下鉄を乗り継いでやってきた数寄屋橋交差点で驚くべき光景を目に

■2018年12月03日
あこがれの女王についに初勝利。18歳・池江の成長が止まらない。~4つの世界記録保持者に100バタで勝利~
短水路で争う競泳のワールドカップ東京大会が11月9~11日に東京辰巳国際水泳場で行なわれ、女子100mバタフライで池江璃花子(18歳=ルネサンス)が自らの記録を0秒33短縮する55秒31の日本新記録を

■2018年12月03日
パラ卓球で8連覇の吉田信一選手と球を打ち合い、松岡修造が驚いた!
2018年、冬。僕は韓国の平昌で、オリンピックとパラリンピックの取材をしました。さまざまな発見があり、感動がありましたが、中でも心に残っていることがあります。それは、オリンピックとパラリンピックの違い

■2018年12月02日
小林泰&梅澤優太(電子トレカの売買サービス)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~
本場アメリカでは100年もの歴史ある趣味として知られるスポーツトレーディングカードのコレクション。この古典的な世界にデジタル化を導入する動きがある。それも単に収集する楽しみ以上の“仕組み”を備えて――

■2018年11月30日
登れない悔しさが“達成感”を大きくする。クライミング人口がどんどん増える理由。
東京・菊川駅のほど近く、通り沿いを進むと、背の高いガラス越しに、カラフルなホールドがちりばめられた壁が目に映る。そこに手足をかけて登る人、壁面をじっとみつめたまま考えている人の姿も目に入る。「ヘッドロ

■2018年11月29日
<2年後の表彰台へ>体操日本女子の現在地。
3位までが東京五輪の団体出場権を得る今回の世界選手権は、リオ4位の日本女子チームにとって大きな挑戦となった。直前に起きた騒動や、相次ぐ怪我を乗り越えて、彼女たちは切磋琢磨しながら、まだ見ぬ高みを見つめ

■2018年11月27日
世界の卓球界に広がる謎のマナー。「0点で勝ってはいけない」は本当?
今年10月に行われたユース五輪卓球男子シングルスの決勝で、張本智和と王楚欽(中国)が対戦した。

内村航平、復帰戦は全4種目予選落ち 体操W杯 - スポーツ : 日刊スポーツ
内村 鉄棒落下でまさかの予選落ち、決勝でH難度披露できず
体操:内村、復帰戦は全種目予選落ち「何しに来たんだろう」(スポニチ ...
◇体操・全日本種目別選手権第1日(2018年6月30日 群馬・高崎アリーナ) 個人総合で世界選手権(10~11月、カタール)の代表を決めている内村航平(29=リンガーハット)が、唯一出場した鉄棒でま...- スポニチアネックス- 26分前
【体操】内村航平は全4種目予選落ち 種目別W杯第2日 - 産経ニュース
内村航平、まさかの落下で鉄棒予選落ちの波乱…全日本...- スポーツ報知- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも内村航平 予選落ちに関連のある画像ばかりではありません。
内村航平 予選落ちの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

内村 航平(うちむら こうへい、1989年(昭和64年)1月3日 - )は、日本のプロ体操競技選手。
オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。
また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む19個のメダル(金メダル10、銀メダル5、銅メダル4)を獲得している。
1989年(昭和64年)1月3日、福岡県北九州市に生まれる。
父・内村和久は日本体育大学体操競技部出身で柳川高等学校時代に高校総体の種目別で優勝しており、母・内村周子も元体操選手、妹の春日(はるひ)も元体操選手(日体大)という体操一家である - Tsunebo.com(2014年12月15日) - 長崎新聞2014年9月30日。
1992年(平成4年)に両親が『スポーツクラブ内村』を開設し、長崎県諫早市に移住したのを機に、3歳で体操を始めた。
両親の反対を押し切り、諫早市立諫早中学校卒業と同時に、塚原直也に憧れて上京し、朝日生命体操クラブに入門した『AERA』2008年9月1日号「父が育てたメダル息子」。
東洋高等学校を経て、日本体育大学体育学部体育学科に入学。
大学では体操競技部に所属し、4年時には主将を務めた。
高校生の時あん馬の種目で2点をたたき出したことがある。
2010年TBS系ドラマ「タンブリング」第1話にて鷲津学院の生徒役でカメオ出演している。
日体大卒業後の2011年(平成23年)4月、山室光史とともにコナミスポーツ&ライフ(現コナミスポーツクラブ)に入社。
2012年11月11日、一般女性と入籍。
2013年4月19日、夫人が第1子となる女児を出産した。
2014年、totoのCMで13人のアスリートたちとStand by meのメロディを歌い継いだ。
2015年、第2子となる女児が誕生。
2016年11月、コナミスポーツクラブを退社してプロ活動を開始。
2016年12月、アシックスジャパンとスポンサー契約を結ぶ。
2017年3月、長崎ちゃんぽん店などを展開するリンガーハットと所属契約を結ぶ。
2017年1月、復興大臣からの委嘱で東日本大震災の被災地を支援する「復興応援大使」に就任する。

引用:Wikipedia:データベース

内村航平 予選落ちに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも内村航平 予選落ちに関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング