倉科カナ 6年ぶりとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
倉科カナ、6年ぶり『世にも奇妙な物語』主演「とってもすてきなヒューマン ...
女優の倉科カナが、12日放送のフジテレビ系特番ドラマ『世にも奇妙な物語 '18春の特別編』(後9:00~11:10)で、ヒューマンドラマ「少年」に主演することが発表された。『 僕の生きる道』シリーズや『フリーター、家を買う。』など数々のドラマを手掛けてきた脚本家・橋部敦子氏が手掛ける、とある不気味な少年との出会いによって巻き起こる奇跡のような出来事が繊細に描かれたオリジナルストーリー。 倉科が同ドラマの主演を務めるのは、2012年の『秋の特別編』の「相席の恋人」以来、6年ぶり2回目。
SMAP×SMAP 鈴木保奈美 西内まりや 倉科カナ 安藤玉恵 2014年04月14 ...
倉科「世にも-」6年ぶり主演に宇津井健さんへ思い
倉科「世にも-」6年ぶり主演に宇津井健さんへ思い - ドラマ : 日刊スポーツ
倉科カナ(30)が、フジテレビ系で12日に放送の「世にも奇妙な物語’18春の特別編」(午後9時)に、12年10月放送の「-秋の特別編」以来、5年7カ月ぶりに出演することが30日、分かった。ドラマの1...- 日刊スポーツ- 2時間前
倉科カナのニュース - 倉科カナ、6年ぶり『世にも奇妙な物語』主演「とっても ...
倉科カナ、6年ぶり『世にも奇妙な物語』主演「とって...- オリコン- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも倉科カナ 6年ぶりに関連のある画像ばかりではありません。
倉科カナ 6年ぶりの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

倉科 カナ(くらしな かな、1987年12月23日 - )は、日本の女優、タレント。
熊本県熊本市出身。
ソニー・ミュージックアーティスツ所属。
スリーサイズはB:89cm W:59cm H:87cm。
趣味は読書、特技はバスケットボール、テニスなどスポーツ全般。
家族構成は父、母、妹3人(1歳下、3歳下(グラビアアイドルで女優の橘希)、6歳下)と、2006年に生まれた弟が1人いる。
6歳下の妹とは同居(2013年の時点)。
母が18歳のときに生まれた子供である。
なお、妹3人のうち2人の誕生日は12月21日と12月22日で、倉科本人と1日違いで並ぶことになる。
そのため、3人の誕生祝いとクリスマスパーティーとひとまとめになることが多かったという『倉科カナワタシハココニ』8ページ。
動物好きで、実家がかつてブリーダーであったこともあり『倉科カナワタシハココニ』34ページ、犬を12匹飼っており、将来の夢は動物看護師だった。
漫画好きで、好きな作品は『ONE PIECE』など。
女子ものも男子向けもよく読んでいた。
音楽は洋楽を聴くことが多く、日本の音楽ではRADWIMPSなどを好む。
映画も好きで、同じ作品を3・4回繰り返し観たこともある。
映画のDVDをよく買い集めている『倉科カナワタシハココニ』56ページ。
子供の頃、ヒーローショーで『仮面ライダーシリーズ』のショッカーに追い回されたことがあり、以来ショッカーがトラウマになったことがあったという『倉科カナワタシハココニ』48ページ。
大きい胸がコンプレックスだったと述べていたことがある『倉科カナワタシハココニ』103ページ。
高校時代は吉野家や懐石料理店などでアルバイトをしていた。
和菓子が好きで、特にわらび餅は実家暮らしの頃、ストーブの上に鍋を置いて作っていたという。
また、菓子はタルト、グミ、サラダせんべいも好む『倉科カナワタシハココニ』84ページ。
熊本信愛女学院高等学校卒業。
高校3年生のとき、冒険心から受けた「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞した。
しかし、当時は学業を優先していたため、卒業を待って上京し、本格的にタレント活動を開始した。
ちなみに、最初に事務所に送った履歴書はフリーペーパーから引きちぎったものに、友人に言われた通りに名前と写真とスリーサイズのみを書き、不要になった他の欄の部分は手で切って半分にしたヨレヨレの物だったという。
それでも社長は事務所入りを認めた。
2006年6月、『ミスマガジン2006』でグランプリに選ばれ、以後講談社のマガジンシリーズを中心にグラビア活動を展開。
同年10月からはTBS『開運音楽堂』に出演。
同年7月からの一時期、「ミスマガジン」フットサルチームに加入していた。
一方で女優業も開始。
NHK教育・NHKワールドで放送された外国人向け日本語教育番組『エリンが挑戦! にほんごできます。
』のスキットパートに出演。
2008年4月から12月まで、NHK総合『土曜スタジオパーク』のレギュラーを務める。
2009年後期のNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』に1775人の応募者の中から選ばれ、同年秋から2010年春まで主演(ヒロイン役)を務める。
NHK連続テレビ小説のヒロイン・オーディションは『どんど晴れ』から受け続け、これが5回目の挑戦だった。
ミスマガジン出身者がNHK連続テレビ小説のヒロインを務めるのは『はね駒』(1986年前期)の斉藤由貴以来23年ぶりであった。
これに先駆け、2009年8月には、徳島市阿波踊りに前年の『真夏の夜もさだまさし』で話題となった“NHK徳島連”の一員として参加、ドラマPRを行う。
この頃よりグラビア活動を終え、女優としての活動のみとなる。
2010年8月27日より、ブログをアメーバブログに移行。

引用:Wikipedia:データベース

倉科カナ 6年ぶりに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも倉科カナ 6年ぶりに関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング