佐藤愛子とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
娘が語る母 「バカバカしさに家族は20年耐えました」佐藤愛子が孫と贈る ...
2016年12月23日 - 何がめでたい』(小学館)が絶好調の佐藤愛子さんと、『あなたの思うように生きればいい のよ』(KADOKAWA)を12月8日(木)に発売したばかりの桐島洋子さん。 “物申す女傑” というイメージが強いおふたりは、40年以上にわたる長いおつきあい ...

■2018年10月31日
古代ローマでは絵画は「重さ」で価格が決めらていた――画商が果たした役割とは?  石坂泰章が『ならず者たちのギャラリー』(フィリップ・フック 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『ならず者たちのギャラリー 誰が「名画」をつくりだしたのか?』(フィリップ・フック 著/中山ゆかり 訳) オークション会社のサザビーズに入る前、私は長く画商をしていたので、本書を共感とともに興&hel

■2018年10月31日
昭和史は大切なことがすべて詰まった“最大の教科書”だ  『昭和の怪物 七つの謎』(保阪正康 著)――ベストセラー解剖|ベストセラー解剖 <文春図書館>
『昭和の怪物 七つの謎』(保阪正康 著) 昭和史研究の第一人者である著者が、『サンデー毎日』(毎日新聞出版)で連載した文章を、「昭和の怪物」というテーマに沿って整理し、まとめた新書が好調だ。&hell

■2018年10月31日
井上由美子が語る「ドラマの脚本ではできなくて、小説ではできる3つのこと」 著者は語る 『ハラスメントゲーム』(井上由美子 著)|著者は語る <文春図書館>|「週刊文春」編集部
『ハラスメントゲーム』(井上由美子 著) テレビドラマの脚本家として『白い巨塔』や『14才の母』など、数々のヒット作を生み出してきた井上由美子さんが初めての小説を発表した。「きっかけは編集&helli

■2018年10月25日
ビジネス本、ヘイト本があふれる現代、本当に必要な本とは? 木村草太が『誰のために法は生まれた』(木庭顕 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>|木村 草太
『誰のために法は生まれた』(木庭顕 著) 著者の木庭顕先生は、現在、東京大学名誉教授だ。通常、書評執筆で著者に「先生」とは付けないのだが、私が現に通っていた大学の先生なので、ご理解頂きたい。私&hel

■2018年10月24日
松尾芭蕉は大の武将オタクだった――えらい人の“やばい”話  『東大教授がおしえる やばい日本史』(本郷和人 監修)――ベストセラー解剖|ベストセラー解剖 <文春図書館>
『東大教授がおしえる やばい日本史』 (本郷和人 監修) わびを知る「すごい」俳人であった松尾芭蕉は、一方、大の武将おたくで、死後は好きな武将の墓の隣に埋めてほしいと言い遺す「やばい」人でも

■2018年10月24日
脳性まひが治らなくても生きていける――楽しげな先輩たちが教えてくれたこと 著者は語る 『当事者研究と専門知』(熊谷晋一郎 責任編集)|著者は語る <文春図書館>|「週刊文春」編集部
『当事者研究と専門知 生き延びるための知の再配置』(谷晋一郎 責任編集) 身体障害、依存症、統合失調症や発達障害などで「困っている」当事者たちが生きづらい原因は、彼らの身体や心にあるのか、あ&hel

■2018年10月23日
介護を担う「長男の嫁」は、いつまで追い詰められるのか? 落合恵子が『私が誰かわかりますか』(谷川直子 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『私が誰かわかりますか』(谷川直子 著) 認知症の母を見送って十年。およそ七年の介護が終わってしばらくは、介護に関する本は読みたくなかった。必ず新しい悔いを連れてくるから。在宅での介護と書くこ&hel

■2018年10月18日
『聖書』に次ぐベストセラー『老子』の新訳に取り組んだ理由 著者は語る 『現代語訳 老子』(保立道久 訳)|著者は語る <文春図書館>|「週刊文春」編集部
『現代語訳 老子』(保立道久 訳) 日本史を研究する保立道久さんが『老子』の新訳を発表した。『老子』は紀元前三世紀に成立した中国の古典。宇宙から人間までを貫く理法である道(タオ)に従って生きる&hel

■2018年10月17日
精神科医の心をハッと震わせた飼い猫・花ちゃんの「キャウ!」 星野概念が『ハレルヤ』(保坂和志 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『ハレルヤ』(保坂和志 著) 心と向き合うのは難しい。いつも人の心を分析しているのだろう、と言われるが、分析なんてしようとするとむしろ離れていくというのが実感だ。では、精神科医として日々何をし&hel

■2018年10月15日
800万部のベストセラー『サピエンス全史』著者による未来予測を読む“作法” 與那覇潤が『ホモ・デウス』(ユヴァル・ノア・ハラリ 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『ホモ・デウス』(ユヴァル・ノア・ハラリ 著) 一見すると、内容に新味はない。農業革命に代表される、太古から繰り返された画期的な変化の延長線上に今日の情報革命を捉える人類史観と、ITとAIが人&hel

■2018年10月10日
ろうそくがない場合の明かりはどうする? 自衛隊の技に学べ  『自衛隊防災BOOK』 (マガジンハウス 編集/自衛隊・防衛省 協力)――ベストセラー解剖|ベストセラー解剖 <文春図書館>
『自衛隊防災BOOK』 (マガジンハウス 編集/自衛隊・防衛省 協力) 災害大国・日本。防災対策は身近な話題だ。危機管理のプロである自衛隊は、昨夏から公式の動画サイト「自衛隊ライフハックチャン&hel

■2018年10月08日
ギャル男ファッションの研究者による“中途半端”のすすめ  斎藤環が『思弁的実在論と現代について』(千葉雅也 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>|斎藤 環
『思弁的実在論と現代について 千葉雅也対談集』(千葉雅也 著) 哲学にも関心がある精神科医として、千葉雅也の言動はずっと気になっていた。ギャル男ファッションを身にまとうドゥルーズ研究者。ゲイを&hel

■2018年10月07日
初恋の相手は子持ちの人妻 ふたりが“最後の一線”を越えたあの日の謎 著者は語る 『牧水の恋』(俵万智 著)|著者は語る <文春図書館>|「週刊文春」編集部
 歌人の若山牧水が没してから今年で90年。歌人の俵万智さんが、牧水の評伝を上梓した。『牧水の恋』(俵万智 著)「牧水の短歌をはじめて読んだのは高校生の頃です。2年生のときに大失恋をしたので&helli

■2018年10月06日
イエスの方舟をモデルに「宗教と性欲」のその後を描くサスペンス  吉田大助が『この血の流れ着くところ』(滝田愛美 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>|吉田 大助
『この血の流れ着くところ』(滝田愛美 著)「人は皆罪人」。終盤で一度だけ登場するその五文字が、小説家・滝田愛美のデビュー作『ただしくないひと、桜井さん』を象徴している。第二作にして初長編『この&hel

■2018年10月03日
野菜をパリッとさせるには? レシピ通りに作らない料理研究家が教える“ちょっとした工夫” 『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』 (有元葉子著)――ベストセラー解剖|ベストセラー解剖 <文春図書館>
『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』(有元葉子 著) 特別な日のごちそうではない、日々の家庭料理はシンプルでいい。さまざまな食材に応用できる料理の基本を身につけ、手軽に美味しいご飯が&hel

■2018年10月01日
「あの時の選択」を悔やむ遺族 怪しげな民間療法に走らないために  長田昭二が『医療現場の行動経済学』(大竹文雄/平井啓 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『医療現場の行動経済学』(大竹文雄/平井啓 著) 人生は死との闘いだ。人は死を遠ざけようと苦心惨憺足掻き続け、いよいよ逃れられなくなると狼狽し、正常な判断力を失う。 そこで著者は行動経済学&helli

■2018年9月30日
人間の「理性」は「感情」にたやすく負ける。そのメカニズムとは? 著者は語る 『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(吉川浩満 著)|著者は語る <文春図書館>|「週刊文春」編集部
『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(吉川浩満 著)「人間という生き物は数万年間あまり変わっていないと言われますが、〈人間観〉は数10年でがらりと変わることがあります。今まさにその人間&hel

■2018年9月30日
「必ず治ります」 うつ病の弟が信じ続けた1行のLINE  角田光代が『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』(先崎学 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>|角田 光代
『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』(先崎学 著) プロ棋士である作者は、家族とたのしく外食した翌日から急に体調を崩す。体調不良は仕事である将棋の対局にも影響を及ぼすようになり、&hel

■2018年9月28日
グーグルやアマゾンは何を考え、どこへ向かおうとしているのか 大西康之が『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(スコット・ギャロウェイ 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(スコット・ギャロウェイ 著/渡会圭子 訳) かつて「日経ウォッチャーIBM版」というニューズレターがあった(96年廃刊)。IBMが発売す&hel

■2018年9月27日
なぜエリートの間で「アートを学ぶ」ことが重要視されているのか? 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』 (山口周 著)――ベストセラー解剖|ベストセラー解剖 <文春図書館>
『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(山口周 著) グローバル企業で活躍するエリートのあいだで、アートを学ぶことが、単なる「教養」ではなく、ビジネスの問題として重要視されているとい&hel

作家・佐藤愛子さんインタビュー[前編]「人は人、我は我ですよ ...
『孫と私の小さな歴史』 (佐藤愛子 著) つくづく母は面白いことが大好きなんですねえ。 人をびっくりさせたり、笑わせたりすることが楽しくてしょうがない。年賀状に家族や孫の 写真を載せて、「孫は×歳になり…
93歳・佐藤愛子氏 自著が売れて「それじゃ日本は滅びます」 (1/2ページ ...
2016年9月22日 - 昨年の本誌登場時、御年90歳を超えてなおその溌溂たる口吻とすっと伸びた背筋、 あでやかな笑顔に驚いた読者も多かったのではないだろうか。佐藤愛子さん、 アンコールに応えて再登場!

■2017年6月14日
zakzakはリニューアルでRSSの取得先が変わりました。


作家・佐藤愛子さんに安藤さんがインタビュー 現代社会から子育てまで ...
2017年1月1日 - 〈卒寿?ナニがめでてえ!〉と言い放ち、体のあちこちの故障を嘆き、スマホの普及に 怒り、子供の立てる騒音を嫌う人たちを叱る--作家・佐藤愛子氏の痛快なエッセイ『九 十…
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも佐藤愛子に関連のある画像ばかりではありません。
佐藤愛子の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

佐藤 愛子(さとう あいこ)*井口愛子 - ピアニスト。
井口愛子が結婚して佐藤愛子に。
(1910年1月28日 - 1984年12月1日)*佐藤愛子 (作家)(1923年11月5日 - )*佐藤愛子 (タレント) - ribbon (1973年10月22日 - )*佐藤愛子 (柔道)(1983年10月18日 - )*佐藤愛子 (モデル)(1986年4月28日 - )
引用:Wikipedia:データベース

佐藤愛子に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも佐藤愛子に関連のある動画ばかりではありません。

佐藤愛子に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング