佐藤愛子とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
娘が語る母 「バカバカしさに家族は20年耐えました」佐藤愛子が孫と贈る ...
2016年12月23日 - 何がめでたい』(小学館)が絶好調の佐藤愛子さんと、『あなたの思うように生きればいい のよ』(KADOKAWA)を12月8日(木)に発売したばかりの桐島洋子さん。 “物申す女傑” というイメージが強いおふたりは、40年以上にわたる長いおつきあい ...

■2018年4月24日
こども特派員として「ソ連」に行った少女が「ロシア」再訪で見つけたこと 源貴志が『グッバイ、レニングラード』(小林文乃 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『グッバイ、レニングラード ソ連邦崩壊から25年後の再訪』(小林文乃 著) この春には二〇〇〇年生まれの新入生も加わったいまの大学生にしてみると、「ソ連」というのは歴史上の存在に過ぎない。&helli

■2018年4月23日
教え子に手をかけた「青学・春木教授事件」に潜む“腹の立つ”真実 姫野カオルコが『老いぼれ記者魂』(早瀬圭一 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『老いぼれ記者魂 青山学院春木教授事件四十五年目の結末』(早瀬圭一 著) 腹の立つ本だ。第一章から第五章まで猛烈に腹が立つ。地道に勉強して試験を受けている受験生を愚弄する情実入学。学究の徒にあ&hel

■2018年4月23日
普通の留学生がスパイに いまアメリカの名門大学で起きていること 著者は語る 『盗まれる大学』(ダニエル・ゴールデン 著)|著者は語る <文春図書館>
『盗まれる大学』(ダニエル・ゴールデン 著/花田知恵 訳) アメリカの大学では卒業シーズンになると、ジョブフェアがキャンパスで開催される。そこにはCIAやFBIも看板を掲げ、他の一般企業と並ん&hel

■2018年4月18日
「1つの家族で1つの住宅」は本当に必要なのか 光嶋裕介が『脱住宅「小さな経済圏」を設計する』(山本理顕・仲俊治 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『脱住宅「小さな経済圏」を設計する』(山本理顕・仲俊治 著) 建築が社会の鏡であれば、その建築を設計する建築家の責任は大きい。山本理顕は社会に対する責任を痛感しながら新しい建築の姿を模索し続け&hel

■2018年4月18日
「100かいだてのいえ」シリーズがお父さんにも人気の理由とは 『そらの100かいだてのいえ』(いわいとしお 著)――ベストセラー解剖|ベストセラー解剖 <文春図書館>
『そらの100かいだてのいえ』(いわいとしお 著) ある寒い冬の日。お腹をすかせたシジュウカラのツピくんは、見つけたひまわりの種を植えて増やそうとする。しかしあたりは一面の雪景色。困ったツピく&hel

■2018年4月17日
「小説はだめなもの」と全力で否定したら、最高の小説になってしまった 鴻巣友季子が『小説禁止令に賛同する』(いとうせいこう 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『小説禁止令に賛同する』(いとうせいこう 著)『小説禁止令に賛同する』に心から賛同する。すばらしい『禁止令』、とんでもなく挑戦的な「随筆」である。 二〇三六年の近未来。場所はかつての日本の&helli

■2018年4月15日
仙台一高「れんぼー」、早稲田高「エルム」……名門高校生が愛した「青春グルメ」の魅力 著者は語る 『名門高校 青春グルメ』(鈴木隆祐 著)|著者は語る <文春図書館>|「週刊文春」編集部
『名門高校 青春グルメ』(鈴木隆祐 著) 放課後に寄り道して、お腹を満たした飲食店。甘酸っぱい高校時代とともに思い出す懐かしい味の記憶を持つ人は少なくないはず。『名門高校 青春グルメ』は、&helli

■2018年4月11日
日本はもはや「格差社会」ではない、「階級社会」である、という現実 『新・日本の階級社会』(橋本健二 著)――ベストセラー解剖|ベストセラー解剖 <文春図書館>
『新・日本の階級社会』(橋本健二 著) 日本社会の格差はますます広がり、固定化され、〈階級社会〉と呼ぶべき様相を呈している。著者は最新の学術的データを用い、そんな現代の格差の輪郭を明瞭に描き出&hel

■2018年4月09日
人間がAIに勝つためには「読解力」を磨くしかない 伊藤氏貴が『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著) 先日惜しまれつつ世を去ったホーキング博士は、数年前に「完全な人工知能(AI)が実現すれば、人類は終焉を迎える」という意の発言をしてい&hel

■2018年4月08日
本能寺の変に“黒幕”はいたのか 日本史の陰謀論を論破する 出口治明が『陰謀の日本中世史』(呉座勇一 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
『陰謀の日本中世史』(呉座勇一 著) 素晴らしい快著だ。胸のつかえが一挙に取れる。 本書は、具体的な史実に照らして日本中世史にかかわるもっともらしい陰謀論、トンデモ説の類を一刀両断に裁いた&helli

■2018年4月08日
「金正恩はまあまあやっている」 実は経済成長している北朝鮮の真実  著者は語る 『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』(五味洋治 著)|著者は語る <文春図書館>|「週刊文春」編集部
『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』(五味洋治 著) かつて飢餓の様子が幾度も報じられた北朝鮮。経済制裁で崩壊寸前かと思いきや、意外にも北朝鮮経済は堅調に成長しているという。この度『金正恩』&hel

■2018年4月04日
「細胞・血液・がんとは何か」をわかりやすく伝える方法  『こわいもの知らずの病理学講義』(仲野徹 著)――ベストセラー解剖|ベストセラー解剖 <文春図書館>
『こわいもの知らずの病理学講義』(仲野徹 著) 病理学。著者の言葉を借りれば〈病気はどうしてできてくるのかについての学問〉だそうだ。医療情報が氾濫する昨今、正しい情報を手に入れるには、病気のメ&hel

■2018年4月02日
エリート校に合格した兄が全身不随に そのとき家族は? 中島京子が『ファミリー・ライフ』(アキール・シャルマ 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>|中島 京子
『ファミリー・ライフ』(Akhil Sharma 著/小野正嗣 訳) インディラ・ガンジーが圧政を布いた七〇年代半ば、家族は新天地を求めてアメリカに渡る。秀才の兄ビルジュにコンプレックスを持ち&hel

■2018年4月01日
阿部智里が「鳥肌の立つ感動を覚えた」物語世界とは 阿部智里が『雲上雲下』(朝井まかて 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>|阿部 智里
『雲上雲下』(朝井まかて 著) ――「歴史」とは、決して過去にあった事実というわけではないのです。過去が「歴史」となるためには、必ず、現在の視点において「歴史化」する過程が必要となります。まず&hel

■2018年4月01日
在日コリアン一世の父はなぜ偽名で暮らしたのか  著者は語る 『海を抱いて月に眠る』(深沢潮 著)|著者は語る <文春図書館>|「週刊文春」編集部
『海を抱いて月に眠る』(深沢潮 著) 父親という存在は、家庭内でえてして除け者にされがちだが、死してなお家族や親戚に疎まれ続ける例は珍しい。でも、もし自分の父親に家族も知らない別の顔があったと&hel

■2018年3月28日
「お金2.0」が普段ビジネス書を読まない人にもウケた理由  『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(佐藤航陽 著)――ベストセラー解剖|ベストセラー解剖 <文春図書館>
『お金2・0 新しい経済のルールと生き方』(佐藤航陽 著)「お金」と「経済」が、インターネットの爆発的普及以上かもしれない大変化を迎えようとしている。中央銀行を介さない仮想通貨の流通、評価や信&hel

■2018年3月26日
「厳然として独り」の男が人生の最終局面で出会った若い女性 後藤正治が『死の島』(小池真理子 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>|後藤 正治
『死の島』(小池真理子 著) どう生きるかという命題が、どう死んでいくのかに移行する潮目があるのだろう。老いを覚え、あるいは病を得て、ひそかに残された日々のカウントをはじめた世代がいだく切実な&hel

■2018年3月24日
「イップス」の意味を変えた2016年のイチロー発言とは 吉井妙子が『イップス 魔病を乗り越えたアスリートたち』(澤宮優 著)を読む|今週の必読 <文春図書館>
 誰からも尊敬されるイチローとはいえ、彼の発言は言葉の意味さえ変えてしまうのかと驚いたことがある。二〇一六年春、テレビ番組のインタビューで、高校時代に投手から野手に転向したのはなぜかと問われ、白い歯を

■2018年3月24日
子宮頸がんワクチン問題に挑む村中璃子氏 “ネット上の疑い”に答える  著者は語る 『10万個の子宮 あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』(村中璃子 著)|著者は語る <文春図書館>|「週刊文春」編集部
『10万個の子宮 あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』(村中璃子 著) 英サイエンス誌「ネイチャー」等が主催するジョン・マドックス賞を、昨冬日本人としてはじめて受賞した村中璃&hel

■2018年3月21日
“鍋=大人数”の固定観念をくつがえした“小鍋本”が売れる理由 『まいにち小鍋』(小田真規子 著)――ベストセラー解剖|ベストセラー解剖 <文春図書館>
『まいにち小鍋』(小田真規子 著) 鍋は大人数で囲むもの。そんな固定観念はもう古い。サッと作ることができて低カロリー、栄養のバランスもよく体もあたたまる鍋料理は、おひとりさまの食卓でも大活躍だ&hel

作家・佐藤愛子さんインタビュー[前編]「人は人、我は我ですよ ...
『孫と私の小さな歴史』 (佐藤愛子 著) つくづく母は面白いことが大好きなんですねえ。 人をびっくりさせたり、笑わせたりすることが楽しくてしょうがない。年賀状に家族や孫の 写真を載せて、「孫は×歳になり…
93歳・佐藤愛子氏 自著が売れて「それじゃ日本は滅びます」 (1/2ページ ...
2016年9月22日 - 昨年の本誌登場時、御年90歳を超えてなおその溌溂たる口吻とすっと伸びた背筋、 あでやかな笑顔に驚いた読者も多かったのではないだろうか。佐藤愛子さん、 アンコールに応えて再登場!

■2017年6月14日
zakzakはリニューアルでRSSの取得先が変わりました。


作家・佐藤愛子さんに安藤さんがインタビュー 現代社会から子育てまで ...
2017年1月1日 - 〈卒寿?ナニがめでてえ!〉と言い放ち、体のあちこちの故障を嘆き、スマホの普及に 怒り、子供の立てる騒音を嫌う人たちを叱る--作家・佐藤愛子氏の痛快なエッセイ『九 十…
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも佐藤愛子に関連のある画像ばかりではありません。
佐藤愛子の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

佐藤 愛子(さとう あいこ)*井口愛子 - ピアニスト。
井口愛子が結婚して佐藤愛子に。
(1910年1月28日 - 1984年12月1日)*佐藤愛子 (作家)(1923年11月5日 - )*佐藤愛子 (タレント) - ribbon (1973年10月22日 - )*佐藤愛子 (柔道)(1983年10月18日 - )*佐藤愛子 (モデル)(1986年4月28日 - )
引用:Wikipedia:データベース

佐藤愛子に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも佐藤愛子に関連のある動画ばかりではありません。

佐藤愛子に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング