伊野尾慧とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。

伊野尾 慧(いのお けい、1990年6月22日 - )は、日本のタレント、歌手、俳優であり、男性アイドルグループHey! Say! JUMPのメンバーの1人。
身長173cm。
血液型A型。
埼玉県入間市出身。
ジャニーズ事務所所属。
9人いるグループの中では5、6番手でいわゆる“2列目のメンバー”という存在だったが、2015年、『24時間テレビ』内で深夜に生放送された「3世代ジャニーズ 真夏の生男子会しやがれ」のなかで、岡田准一が「いつも眠そうで、かわいくてムカつく」などと発言したことをきっかけに注目されるようになる。
亀梨和也や大倉忠義、滝沢秀明などの同事務所の先輩他、千原ジュニアからも「かわいい」「家賃とか払ってあげたい」と絶賛され、デヴィ夫人もファンであることを公言している。
2016年になると仕事面でも『めざましテレビ』や『メレンゲの気持ち』のMC、映画『ピーチガール』の主演などに相次いで抜擢される。
そのブレイク振りがファンの間で“伊野尾革命”と話題になり、Twitterのトレンドに「伊野尾革命」というワードが浮上するほどの盛り上がりをみせた。
女性顔負けのミルクフェイス、小動物のように大きな垂れ目が特徴で“おねむ男子”と呼ばれる。
その場の空気で“適当”にトークしてしまう“テキトー発言”から「平成の高田純次」「ジャニーズの高田純次」と評されたり、運動音痴も公言しているが、一方で二級小型船舶操縦士免許やスキューバダイビングのライセンスを所持していたり、明治大学理工学部建築学科をストレートで卒業したインテリな一面もあり、そのギャップが最大の魅力とも言われる。
また、MCではシビアで客観的な観察眼でコメントするだけでなく、時に悲しみに共感して涙する姿も見られ、様々な引き出しを持つジャニーズアイドルの“ニュータイプ”と評された。
同じジャニーズ事務所所属でSixTONESのジェシーとは遠縁にあたる。
幼い子がテレビ番組で歌い踊る姿を見て「ボクも出てみたい」と思い、母親に頼んで履歴書を送り、2001年、10歳でジャニーズ事務所に入所。
2003年、テレビ東京の音楽バラエティ番組『Ya-Ya-yah』に出演。
ジャニーズJr.内ユニット・の所属を経て、2004年にのメンバーとなる。
2006年7月、期間限定ユニットのメンバーに選ばれ、山下智久らとともにフジテレビ系列『女子バレーボール ワールドグランプリ2006』のスペシャルサポーターを務めた。
その後としても活動する。
2007年9月24日、のメンバーとなる。
2009年1月5日、横浜アリーナで開催されたHey! Say! JUMPのコンサートで、明治大学理工学部建築学科にAO入試で合格したことを発表した。
4年後の2013年、同学科を卒業。
2015年、舞台『カラフト伯父さん』で舞台初主演を果たした。
2016年4月からフジテレビ系朝の情報番組『めざましテレビ』の木曜スペシャルサポーターに就任するとともに日本テレビ系のバラエティ番組『メレンゲの気持ち』初の男性MCとして務めることになった。
2017年5月、映画『ピーチガール』で映画初出演にして初主演をつとめる。
2020年8月12日、伊野尾が新型コロナウイルスに感染したことが判明。
ジャニーズ事務所の所属タレントや職員に濃厚接触者に該当する者はいなかったものの、『めざましテレビ』のロケに同行したスタッフ1人が濃厚接触者に指定され、共演者7人とスタッフ9人がPCR検査を行う事態となった。
9月1日、仕事復帰を発表。
2021年8月7日スタートの『准教授・高槻彰良の推察』Season1(東海テレビ・フジテレビ系)で、単独での連続ドラマ初主演。

引用:Wikipedia:データベース

伊野尾慧のツイート

伊野尾慧に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング