仲代達矢とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
仲代達矢|無名塾 Official Website
丹波哲郎さん「スターは遅く来る」で毎回遅刻…仲代達矢が「徹子...
仲代達矢(なかだい たつや)とは - コトバンク
俳優の仲代達矢が12日、テレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、昭和時代の大スターとの共演秘話を明かした。 仲代はすでに亡くなった昭和の銀幕スターについて思い出を披露。その中には丹波哲郎さんの写真もあっ...- デイリースポーツ- 14分前
仲代達矢 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
【京都国際映画祭】佐藤浩市、三船敏郎賞受賞に「恐悦...- オリコン- 3時間前
涙が…21年前に妻失った仲代達矢から海老蔵へのメッセージが話題 ...
仲代達矢と宮崎恭子の稽古場から生まれた若手俳優のための塾。仲代劇堂へのアクセス、公演案内、上演記録、出演情報など。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも仲代達矢に関連のある画像ばかりではありません。
仲代達矢の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

仲代 達矢(なかだい たつや、1932年12月13日 - )は、日本の俳優。
無名塾主宰。
愛称はモヤもともと仲代の少年時代に、本名・元久の「モ」と、「ねえや」「ばあや」の「ヤ」をかけあわせて母親が呼び始めた愛称である。
また「靄」と掛けて、激しい役を演じている最中でも、演技を離れれば温和でぼんやりしていることも多い仲代の様子や、彼の顔の摑みどころのない独特の雰囲気、声に抑揚があまりない、という特徴なども思い起こさせるうってつけの語感を持つことから、芸能界に入ってからも多くの人にこの綽名で呼ばれ続けている。

仕事所属。
本名は仲代 元久(なかだい もとひさ)。
妻・宮崎恭子とは1955年(昭和30年)に舞台『森は生きている』の共演が縁で1957年(昭和32年)に結婚。
その後、家庭と無名塾の公私両面を二人三脚で乗り切る。
宮崎が1962年(昭和37年)に死産してから夫婦に子がなかったため、宮崎の妹宮崎総子(アナウンサー)の娘・奈緒を養女に迎えている(総子は山川建夫と離婚)。
奈緒は仲代奈緒の名で歌手になった。
1996年(平成8年)宮崎を癌で失う。
自叙伝『遺し書き』「私の履歴書」での連載をもとに、2001年(平成13年)に主婦と生活社。
2010年(平成22年)7月に中公文庫で再刊。
では、テレビ東京のドキュメンタリー番組『ネシアの旅人』で太平洋全域の島を訪れ、生きることの意味を再発見して仕事に復帰したという。
脚本家で演出家だった宮崎没後、無名塾公演は演出家を招くか、時には仲代自身が演出を兼ねる形で続いている。
弟はシャンソン歌手の仲代圭吾。
東京市目黒区五本木生まれ。
父親は茨城県の農家出身で京成電鉄のバス運転手『「家」の履歴書』 光進社 2001年、180頁、母親は五反田小町と呼ばれた薬局の看板娘であった。
父の転勤により千葉県津田沼に移るが、小学校2年生の時に父親が死去し、東京都世田谷区瀬田に移り『「家」の履歴書』 光進社 2001年、180頁、用賀の小学校に転校。
やがて一家で青山の弁護士事務所の留守番をすることになったため、青山の青南小学校に転校するも、一家は極貧状態で弁当のおかずもなく、母親は教師から「ここはあなた方のような貧乏人が来る学校ではない」とののしられたという。
戦時中は母を青山に残したまま調布市仙川の寺に疎開。
1945年4月、小学校を卒業して青山に引き揚げると、母が住み込み先の弁護士の妾となり、弟を産んでいた。
この弁護士が仲代母子のために渋谷に家を借りたのでここに住んだが、空襲に遭って世田谷区千歳烏山に移る。
1945年、青山の弁護士の弟が教頭をつとめる東京都立北豊島工業学校に入学するが空襲が激しいため通学を断念し、ここを中退して東京都立重機工業学校を卒業、敗戦を迎える。
学制改革ののち、親戚や弟と共にポン菓子屋、中華そば製麺所を起こし、世田谷区立烏山中学校の用務員なども務めながら東京都立千歳高等学校定時制卒業。
劇団俳優座出身で演劇・映画・テレビドラマで活動を続け、日本を代表する名優の1人とされている。
映画会社とは専属契約を結んでこなかったが、同じ監督の指名を受けるケースが多く、小林正樹、岡本喜八、五社英雄(各11本)、市川崑(6本)、黒澤明(5本)エキストラ出演の「七人の侍」を含まない。
後記の瀬戸内寂聴との対談でも、完全なアルバイト扱いであったことを認めている。
、成瀬巳喜男、千葉泰樹(各5本)、豊田四郎、山本薩夫、神山征二郎(各4本)、堀川弘通、舛田利雄、丸山誠治、杉江敏男、青柳信雄、小林政広(各3本)、熊井啓、勅使河原宏、村野鐵太郎、蔵原惟繕、須川栄三、阪本順治、松林宗恵、佐伯幸三(各2本)らと仕事をしてきた。
このうち10人がキネマ旬報ベストテン入選5回以上の実績を持つ監督である。
市川とのコンビは48年間、岡本とのコンビは45年間に及んでいる。
出演映画が米国アカデミー賞と世界三大映画祭(カンヌ・ヴェネツィア・ベルリン)の全てで受賞しており、森雅之・山形勲と並び四冠を達成している。
出演作25本のキネマ旬報ベストテン入賞回数は、主演級スターとしては三國連太郎に次ぐ数字で、3位は三船敏郎である。
映画会社出身の俳優であった他の2人とは異なり、仲代は劇団出身の俳優であり、活動の半分は演劇である。
日本での受賞は日本映画製作者協会新人賞(1957年)、毎日映画コンクール男優主演賞(1961年と1980年)、ブルーリボン賞主演男優賞(1962年と1980年)、キネマ旬報主演男優賞(1962年)、ゴールデン・アロー賞大賞(1980年)、毎日芸術賞(1975年)、芸術祭優秀賞(1980年)、芸術祭大賞(2005年)ほか数多いが、2013年には長年にわたる映画界、演劇界での活躍と日本文化への貢献が評価され川喜多賞並びに朝日賞が贈られている。
海外での受賞歴は、シシリア・タオルミナ映画祭賞(1971年)、カンヌ国際映画祭グランプリ(1980年)、マニラ映画祭主演男優賞(1982年)、フランス文化省の芸術文化勲章シュヴァリエ(1992年)など。
1996年紫綬褒章受章、2003年勲四等旭日小綬章受章。
2007年に文化功労者、2015年に文化勲章を受けた。
大衆芸能分野で文化勲章を受けるのは5人目で、翌年には映画主演をしており、文化勲章を受けた後に映画主演をした俳優は史上初である。

引用:Wikipedia:データベース

仲代達矢のツイート

仲代達矢に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも仲代達矢に関連のある動画ばかりではありません。

仲代達矢に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング