仁和寺 1泊100万円とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
素泊まり1泊100万円 仁和寺が開設した高級宿坊「松林庵」 - ライブドア ...
世界遺産の仁和寺(京都市)が、斬新すぎるビジネスを始めた。なんと「1泊100万円」の高級宿坊を開設したというのである。 日経新聞電子版(7月4日付)の報道によれば、 仁和寺が境内にあった「松林庵」という木造2階建ての古い家屋を1 ...

■2018年7月11日
出口治明氏 日本人よ、「定年」という観念をもう捨てよう
定年後、私たちはどう生きるのか──そのヒントを、ライフネット生命の創業者・出口治明氏は「戦前の日本」に見いだす。歴史学者の奈良岡聰智・京都大学大学院教授を相手に、「古くて新しい日本人の生き方」を提示す

■2018年7月11日
「中国人民解放軍は平和ボケ」軍機関紙が異例の体質批判
中国人民解放軍機関紙「解放軍報」(7月1日付)は「中国人民解放軍はここ数十年間、戦争を経験していないため、『平和病』にかかっている」と指摘。また、軍幹部の腐敗を挙げて、軍の体質を強く批判する社説を発表

■2018年7月11日
アウトドアでの骨折、やけど、流血 応急手当マニュアル
夏になると、海や山、川といったアウトドアでのレジャーを楽しむ人が増えるだろう。しかし、アウトドアにはハプニングがつきもの。そこで、「骨折」「やけど」「流血」というアウトドアで起こりがちな症状に対する、

■2018年7月11日
大相撲名古屋場所「場外乱闘が多い」背景に会場の特殊構造か
新大関となった栃ノ心。7月の大相撲名古屋場所では、過去に5人しかいない「昇進場所優勝」を果たせるかどうかが注目されている。が、今場所は「栃ノ心包囲網」とも呼ぶべき、難敵が待ち受けている。御嶽海、逸ノ城

■2018年7月11日
大物二世の一茂と良純 「炎上しない安心感」で爆売れ中
114回と138回──これは、長嶋一茂(52才)と石原良純(56才)が、今年の上半期にテレビ出演した回数。タレントではトップクラスだ。情報番組のコメンテーターからバラエティーまで、「顔を見ない日はない

■2018年7月11日
猫写真家・沖昌之氏が語る猫まんが『俺、つしま』の魅力
作画を兄が、文章とストーリーを妹が担当する兄妹ユニット「おぷうのきょうだい」さんが描いた漫画『俺、つしま』は2017年、彗星の如くツイッターに登場した。愛猫家を中心にたちまち話題となり、4月26日に書

■2018年7月11日
ネパール人とベトナム人が急増 彼らが「大久保」を選ぶワケ
東京・新宿区大久保1丁目は、20歳の87%が外国人という超国際都市になっている。JR新大久保駅周辺にできた“人種のるつぼ”を報道カメラマンの横田徹氏がルポする。***国内有数のコリアンタウンとして知ら

■2018年7月11日
プロ野球「苦手」と「カモ」の存在がチーム戦略を左右する
球界では、常に「億」を稼ぐスター選手が活躍するとは限らない。エースが平凡なバッターに打たれたり、4番打者をカモにする“キラー”がいたりする。こうした「苦手」と「カモ」の存在は、時にチーム全体の戦略をも

■2018年7月11日
素泊まり1泊100万円 仁和寺の新ビジネス、最初の利用者は?
世界遺産の仁和寺(京都市)が、斬新すぎるビジネスを始めた。なんと「1泊100万円」の高級宿坊を開設したというのである。日経新聞電子版(7月4日付)の報道によれば、仁和寺が境内にあった「松林庵」という木

■2018年7月10日
50代俳優が元気なドラマ界 田原俊彦の復帰はあるか?
7月に入り、新たな連続ドラマが続々とスタートとしている。主演の顔触れを見ると、『遺留捜査』(テレビ朝日系)は53歳の上川隆也、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)は51歳の沢村一樹『ラスト

素泊まり百万円 仁和寺の狙い | 2018/7/11(水) 10:16 - Yahoo!ニュース
素泊まり1泊100万円 仁和寺の新ビジネス、最初の利用者は?
素泊まり1泊100万円 仁和寺の新ビジネス、最初の利用者は?- 記事詳細 ...
世界遺産の仁和寺(京都市)が、斬新すぎるビジネスを始めた。なんと「1泊100万円」の高級宿坊を開設したというのである。 日経新聞電子版(7月4日付)の報道によれば、仁和寺が境内にあった「松林庵」とい...- NEWS ポストセブン- 2時間前
1泊100万円の高級宿坊 仁和寺が外国人富裕層向け|オリパラ|NIKKEI ...
京都の世界遺産・仁和寺が、1泊100万円の高級宿坊を開設するという斬新なビジネスを始めた。同寺は「宿泊施設というよりは寝室を含めた体験の場所を提供している」と狙いを語る。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも仁和寺 1泊100万円に関連のある画像ばかりではありません。
仁和寺 1泊100万円の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

仁和寺(にんなじ)は、京都府京都市右京区御室にある真言宗御室派総本山の仏教寺院。
山号は大内山。
本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は宇多天皇。
「古都京都の文化財」として、世界遺産に登録されている。
皇室とゆかりの深い寺(門跡寺院)で、出家後の宇多法皇が住したことから、「御室御所」(おむろごしょ)と称された。
明治維新以降は、仁和寺の門跡に皇族が就かなくなったこともあり、「旧御室御所」と称するようになった。
御室は桜の名所としても知られ、春の桜と秋の紅葉の時期は多くの参拝者でにぎわう。
『徒然草』に登場する「仁和寺にある法師」の話は著名である。
当寺はまた、宇多天皇を流祖とする華道「御室流」の家元でもある。
普段は境内への入場は無料であり、御殿・霊宝館の拝観のみ有料となる。
ただし、御室桜の開花時(4月)に「さくらまつり」が行われ、その期間は、境内への入場にも拝観料が必要となる。
宿坊で宿泊客を受け入れている。
御室会館(2018年6月27日閲覧)のほか、「松林庵」(しょうりんあん)を改修して住友林業ニュースリリース(2018年4月13日)2018年6月27日閲覧高級宿坊としている「仁和寺 1泊100万円で/世界遺産、境内の旧家屋を改築/高級宿坊、1日1組 海外富裕層狙う」『日経MJ』2018年6月25日(ライフスタイル面)。

引用:Wikipedia:データベース

仁和寺 1泊100万円に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも仁和寺 1泊100万円に関連のある動画ばかりではありません。

仁和寺 1泊100万円に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング