交代浴とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
温冷浴(温冷交代浴) - hontonano
温冷浴(温冷交代浴)は、温度差およそ30度で温と冷を繰り返えすもの。自律神経の バランス回復にも効果。
セルフケアについて【温冷交代浴・温浴・冷水浴(アイシング)】|バリア ...
セルフケアについて【温冷交代浴・温浴・冷水浴(アイシング)】|バリアフリー銭湯 あさひ ゆ。スポーツで疲労したからだをケアすることは怪我予防や疲労回復を助けることが 出来ます。その方法として、温冷交代浴・温浴・冷水浴(アイシング)を紹介!怪我の 予防 ...
交代浴って? | 東工大ラグビー部
A. 交代浴とは温冷浴とも呼ばれその名の通り、水、湯、水、湯と交互に入浴する方法 です。 疲れが一気に取れて体調が良くなるといわれています。 交代浴の基本は、水 風呂に一分、お湯に一分と交互に7回繰り返し最後に水風呂で終わります。 五回以下 では ...

■年0月日
春シーズンを終えて - リレー日記 -
初めまして、1年の坂井です。僕は高校までバスケットボールをしていましたが、大学に入りラグビー部に入ることにしました。ラグビーは前にパスを出してはならず、体のぶつかり合いは非常に強度が高く、バスケットボ

■年0月日
食事管理 - リレー日記 -
初めまして、一年の倉嶋です。高校からラグビーを始めてスクラムハーフをやっています。これからチームに貢献できるよう頑張って練習していきたいと思います。夏になり練習の日数が少し減りました。その分現在チーム

■年0月日
春シーズンを終えて - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
初めまして、1年の大島です。入部してから早くも2ヶ月以上が経ちました。僕は大学からラグビーを始めたので、春シーズンの間は分からないことばかりで、先輩から言われたことをとりあえず頑張るという感じでした。

■年0月日
はじめまして - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
はじめまして、1年の飯田です。初めてのブログ更新ということで自己紹介と今後の目標を書いていきたいと思います。僕は、中学からラグビーを始め、中高6年間ラグビーと共に過ごしてきました。そして大学でもまたラ

■年0月日
80周年記念式典
OB会、監督、コーチ、保護者の方々のご支援のおかげで、今年東工大ラグビー部は創立80周年を迎えました。それを記念し、7月1日に、毎年6月に定期戦を行っている東北大学さんをお招きした招待試合を行い、その

■年0月日
春の終わり - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
お久しぶりです、柳井です。あっという間に二年生になりました。自分も先輩です。進級を機に、いずれは自分も上級生として、チームを引っ張っていかなければならないことを実感し始めました。そのために今、引っ張っ

■年0月日
チームプレー - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
2年生マネージャーの八嶋です。5月から6月にかけては練習・試合が多く日差しも強くなり、選手たちの疲労もたまってきている頃です。各個人にとって苦しい時期かもしれませんが、自分はできるだけ前向きな気持ちで

■年0月日
試合を経験して - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
こんにちは東工大ラグビー部の土屋です。春シーズンでは、試合に出る機会も増えました。試合に出ても先輩の足を引っ張るばかりで、チームに貢献するプレーを出来ず、自分のスキルの低さとコンタクトの弱さを感じてい

■年0月日
ポジション - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
2年の佐藤です。今年は去年と比べてラグビー経験者が多く入部してくれました。これはチームにとってとてもうれしいことです。ですがそれはポジション争いが激しくなるといことです。自らのキャラクターを確立し、そ

■年0月日
試合での経験 - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
こんにちは2年の小林です。今日から2Qが始まり、勉学にも勤しまなければならないと思いました。この春シーズンでは先輩の怪我もあり、試合に出る機会をたくさんもらっています。普段の練習を思うようにいかせませ

■年0月日
トライ&エラー - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
二年の金森です。明日から2Qが始まります。二年になって勉学もラグビーも基礎から発展に移り変わってきています。自分は今年から情報工学系に所属することになり、プログラミングに取り組む時間が増えました。プロ

■年0月日
日本代表テストマッチ ルーマニア戦
日本代表としてはW杯の前哨戦とも言えるテストマッチ3連戦の初戦 日本の同組、Aプールにヨーロッパ地区予選1位として入ってくると言われているルーマニア戦が行われました。日本W杯の会場としても使われる予定

■年0月日
目標 - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
落合です。1年中ラグビーをしていたらいつの間にか2年生になっていたと時間の流れを早く感じます。私は大学からラグビーを始め去年は練習だけで精一杯でしたが、今年は試合に出ることを意識したいです。今年で自分

■年0月日
目的 - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
2年マネージャーの井上です。ラグビー部に入部してからほとんど毎日を部活に参加して過ごしていたらあっという間に1年が経っていました。2年生になってから勉強面では専門の授業が始まり去年より忙しくなり、つい

■年0月日
3年になって - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
3年の溝尾です。最近自分のラグビーに対する姿勢が変わってきたと思います。去年までは受け身的で、コーチや先輩に言われたことをそのままやっているだけでした。今は、自分でラグビーについて考えるようになりまし

■年0月日
責任 - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
3年の野見山です。 自分の前に、何人か3年生がこの日記を書いていますがその文書を読むたびに自分が3年になったということを実感し時の流れの速さを感じます。 私事ですが、3年になりグラウンド管理などの役割

■年0月日
vol.2 新入生へのインタビュー part.1
新しいメンバーへのインタビューを行いましたので、紹介します。飯田翔悟(3類)Q.出身校は?A.本郷高校Q.ラグビー部に入ったきっかけは?A.なんで入ったのか自分でもわかりません…Q.憧れ

■年0月日
vol.3 新入生へのインタビュー part.2
新しいメンバーへのインタビューを行いましたので、紹介します。田中智也(4類)Q.出身校は?A.神奈川県立湘南高校Q.ラグビー部に入ったきっかけは?A.部の雰囲気がよかったからQ.憧れの先輩は?A.船橋

■年0月日
省みる - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
3年マネージャーの藤井です。新入生も練習に加わり、部全体が活気づいてきました。さて、唐突ではありますがわたくしこの春からスマホでポチポチ日記をつけ始めました。友人に「日記はいいぞ」と言われた、という安

■年0月日
環境 - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
こんばんは。3年の田村です。この春、自分は地球惑星科学科から数学科に転学科しました。大きく変わった環境に最近やっと慣れてきました。環境を整えることは重要です。以前読んだ、帝京大学の岩出監督著の『負けな

■年0月日
今できること - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
3年マネージャーの川崎です。今年からマネージャーの引退を4年に引き上げたことにより、マネージャー長を2年間務める先輩がいるということにとても安心感を覚えます。しかし、心強さと同時に、来年以降の不安も感

■年0月日
分割するということ - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
こんばんは、3年の萱原です。ここ数日テストや課題が続いているので勉強の話でもしてみます。東工大は昨年からクウォーター制を導入して1年を4分割しています。学期が増えることでテストの回数も増えてしまい、毎

■年0月日
ゴールデンウィーク - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
こんばんは。3年の梅田です。この頃、急に暑くなり、ゴールデンウィークの練習も暑い中での練習となりました。このゴールデンウィークから新入生が本格的に練習に参加し始め、まずは基礎となる部分から、新入生に教

■年0月日
上級生 - 2017年度東工大ラグビー部ブログ -
3年のFWの塔ヶ崎です今年度も1ヶ月が過ぎようとし、新入生も部活の練習に参加し始めました2年前のこの頃の自分は今より15㎏少なく、ラグビーという未経験のコンタクトスポーツを選び、本当にやっていけるのか

■年0月日
vol.1 2017年度東工大ラグビー部幹部抱負
 キャプテン 田川帆師昨年は上位校に及ばず、悔しくも三部四位という結果になりました。今年は、絶対に勝ちたいです。「All for win」勝利のためにあらゆる活動を進化させていきます。技術も足りない頼

■年0月日
vol.12 日本選手権
1月29日秩父宮にて日本選手権決勝 サントリー対パナソニックが行われ、15-10という接戦を制しサントリーが優勝を決めました。東工大ラグビー部は取り組みとしてポジションごとのグループでこの試合に対し、

■年0月日
2016年総括
監督 照沼康彦東工大の2016年は、真っ向から「2部との入れ替え戦出場」という目標に立ち向かい、力を尽くして敗れた一年でした。ラグビー経験が少ないチームが、練習の質と日々の筋力強化に取り組んで、3部の

■年0月日
vol.11 日本代表ヨーロッパ遠征
ラグビー日本代表が11月6日から27日までの3週間にわたって欧州遠征を行いました。アウェーの中でジョージア、ウェールズ、フィジーとのテストマッチが主な内容でした。最初の試合のジョージア戦では大外やキッ

■年0月日
vol.10 現役激励会
リーグ戦第3戦を終えて、OBの方々に現役激励会を行っていただきました。多くのOBや保護者の方々に参加していただき激励のお言葉をいただきました。現在リーグ戦3戦連勝、3部暫定2位と、とてもいい流れでリー

■年0月日
vol.9 夏合宿
8月23日~29日まで長野県の菅平高原にて夏合宿を行いました。秋リーグまでの期間が短い中、チームがどこまで出来て何が足りないのかということ考えた合宿でした。合宿の日程は全4試合、リーグ戦2部のチームと

■年0月日
vol.6 一年生、春シーズンを終えて(選手編①)
内山翔馬始めは全く入る気のなかったラグビー部でしたが勧誘で良い先輩方に出会いラグビーに興味をもち入りました。一浪をしたためまだまだ体が重く先輩から「不器用なのは仕方ないけど鈍いのはなんとかなる」と言わ

■年0月日
vol.5 OB戦と懇親会
7月3日(日)に東京工業大学グラウンドにてOB戦が行われました。その日はとても暑い中多くの若手OBの方々が集まり、試合前に現役選手と交えて練習を行いました。先輩方のかつて培ったスキルを教えていただく良

■年0月日
vol.7 一年生、春シーズンを終えて(選手編②)
遠藤弘之ハードだと分かった上でラグビー部に入ったのですが、想像よりも大変でした。普段の練習でも足を引っ張ることが多く、何度も心が折れそうになりました。一橋B戦に出ても何をしたらいいのか全く分からないま

■年0月日
vol.8 一年生、春シーズンを終えて(マネージャー編)
井上京香春シーズンを終えてまず思うのはラグビーがいかに怪我の多いスポーツか、ということです。そのため、マネージャーとして常に部員の様子に注意を向けていなければならないと思いました。また、初めはマネージ

■年0月日
vol.2 新入生へのインタビュー(選手編①)
新しいメンバーへのインタビューを行いましたので、紹介します。佐藤 澪(1類)Q.出身高校は?A.美鈴が丘高校です。Q.ラグビー部に入ったきっかけは?A.先輩方の人柄です。Q.憧れの先輩は?A.船橋さん

■年0月日
vol.4 新入生へのインタビュー(マネージャー編)
今回は1年生マネージャーへのインタビューです。井上京香(6類)Q.出身高校は?A.頌栄女子学院です。Q.ラグビー部に入ったきっかけは?A.雰囲気が良かったからです。Q.憧れの先輩は?A.三栖先輩です。

■年0月日
vol.3 新入生へのインタビュー(選手編②)
新入生へのインタビュー(選手編)の第2弾です。鈴木優大(5類)Q.出身高校は?A.神奈川県立川和高校です。Q.ラグビー部に入ったきっかけは?A.タッチフット大会です。Q.憧れの先輩は?A.相澤先輩と田

■年0月日
vol.1 2016年度東工大ラグビー部幹部の抱負
キャプテン 兼 BKリーダー田中克樹昨年「CHALLENGE」を続け、一昨年と同じ5勝することができましたが、悔しくも4位という結果に終わってしまいました。今年の目標でもある、入れ替え戦出場を達成する

■年0月日
vol.7 現役激励会
10月10日の駿河台大学戦のあとにOBの方々が現役激励会を開催してくださいました。今年は昨年以上にご家族の方々にも参加していただきました。この日の試合はシーソーゲームになりながらも最後に粘り勝つという

■年0月日
vol.6 夏合宿(後半)
前回に引き続き菅平夏合宿の後半の様子をお伝えします。 4日目の試合では合宿中に練習したことをよく生かし、特に一年生は自分たちの持ち味を存分に発揮し、勝利を収めることができました。また、運営ごとにミーテ

疲労回復と障害予防に半身浴と交代浴 - athlete House
2012年12月13日 - 筋肉疲労の回復と障害予防に半身浴と交代浴はとても効果的です。 半身浴:やや ぬるいお湯(38〜40℃)に胸の辺りまで浸かる入浴方法で、のぼせにくいので比較的に 長時間の入浴が可能となり、身体の深部まで暖めてくれ、全身の ...
お風呂に入ろう! Jリーグ選手も実践する温冷交代浴 | サカイク
お風呂に入るのが好きじゃない!」、「暑いしシャワーだけにしている」......。 特に暑い夏 は、お風呂に入るのが面倒になってしまったり、長く湯船に入っていられないという話も 耳にします。でも、お風呂で疲れを取り、リラックスすることは、サッカー ...

■2017年8月18日
保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
前回はスペインのバルセロナで指導者として活躍する坪井健太郎さんによる「伸びる選手の保護者」の傾向についてのお話を紹介しましたが、今回は「保護者が知っておくとためになる映像の使い方」がテーマとなります。

■2017年8月17日
本当の楽しさを見つけるために......「サンガつながり隊」の意義、大切にしていることとは
皆さんこんにちは。Jリーグ京都サンガF.C.でコーチをしている福中善久です。京都サンガでは「サンガに関係する全ての人々の心を明るくすると同時に、サッカーを通じて地域を振興し、連帯を深めること」を理念と

■2017年8月16日
Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
子どもたちにとって、野菜を食べるメリットについてお伝えした前編に続き、今回は具体的な野菜の食べ方についてお送りします。 元日本オリンピック委員会強化スタッフであり、現在はアスリートや企業のアドバイザー

■2017年8月15日
話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
子どもが成長するきっかけの与え方 子どもが大きくなって社会に出るころ、親世代とはまったく違う世の中になっているかもしれません。 大学入学試験も、これまでの正解があることを前提とした情報処理能力が求めら

■2017年8月14日
子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
サカイクでは子どものサッカーに関わる保護者のみなさんに、大切にしてほしい"親の心得"を10か条にまとめました。 第2条には「今日の結果ではなく、子どもの未来に目を向けよう」という項

■2017年8月10日
無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
『文武両道』。育成年代のサッカーを語る上で、よく聞かれる言葉です。東京都荒川区で活動するNPO法人スポーツカントリーアンビスタ(以下、アンビスタ)も『文武両道』を掲げるクラブで、代表の石尾潤さんは国学

■2017年8月09日
「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
日本サッカー協会(JFA)グラスルーツ推進部の松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪ね歩くこの連載。 今回、取材に伺ったのは、札幌市中央区で活動する札幌中央FC。2012年創設の新しいクラブです

■2017年8月09日
【関東/関西/東海8~12月開催】がんばるわが子に10分ケア「パパママトレーナー」講座
【8月9日追記】8~12月の開催情報を更新しました!子どもたちにとって最も身近な存在であるパパママがコンディショニングトレーナーになれる「パパママトレーナー」講座を開催します!満員御礼の会場も出ており

■2017年8月08日
実況!空想サッカー研究所 ~もしも織田信長が日本代表監督だったら~
もしも小学生でドライブシュートをけることができたら?C・ロナウドとメッシが同じチームになったら?大谷翔平選手がサッカー選手だったら? おもしろ空想約40本!「サッカー」の楽しい空想が満載です! <内容

■2017年8月08日
「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
この春、サカイクはお父さんやお母さんに大切にしてほしい“親の心得”をサカイク10か条としてまとめました。ジュニア年代の子どもたちがサッカーを楽しむためには、バランスのいい親子関

■2017年8月04日
これだけは押さえておきたい、お父さん審判が「試合を導く」ために気を付けたいポイント
子どもがサッカーを始めてお父さんコーチになると、試合の審判を担当することもあるでしょう。 審判をするに当たってどんなことに気をつければいいのでしょう。ルールブックを読み込めばいい? 自信をもって笛を吹

■2017年8月03日
サッカーでは子どもがオーナー。親が先導して頑張りすぎないことが、子どもの主体性とやる気を育む
「良い親として子どもの成功に責任を持たなければいけない」と考えるあまり、自分と子どもを縛ってしまうことから少し解放されませんか、ということを前回のレポートでお伝えしました。 子どもが上達するように、親

■2017年8月03日
わが子のサッカーと勉強の両立に悩む親御さんに参考にしてもらいたい記事
サッカーと勉強の両立はどうしたらいいのか 多くの親御さんは、子どもにはサッカーを楽しんでもらいたいけれど、勉強もしっかりしてもらいたい。と考えるのではないでしょうか。 親としてはスポーツと勉強の両方を

■2017年8月02日
内臓を強くすると緊張にも強くなる 体の成長に欠かせない食物繊維の働きとは
子どもたちに「野菜をちゃんと食べなさい」と毎日口うるさく言ってしまう親御さんは多いのではないでしょうか。ですが、そもそもなぜ野菜を食べなくてはいけないのかあなたは自分の子どもに説明できますか? 実は親

■2017年8月01日
佐藤勇人、佐藤寿人共著「あきらめない勇気」-困難に立ち向かう君に贈る75の道標-
情熱は才能を凌ぐ。 背が低く、体も華奢で、飛び抜けた才能なんてなかった。何度も、何度も挫折を経験し、投げ出しそうにもなった。それでも努力を重ね、同じピッチにたどり着いた。 双子のJリーガー、佐藤勇人と

■2017年8月01日
日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
7月14日、スペインのバルセロナで指導者として活躍する坪井健太郎さんが「保護者、指導者が知っておくとためになる映像の使い方」というイベントに登壇し、日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護

■2017年7月31日
子どもを自立させたいなら親自身も自立して、どっしりとした心構えでいることが大事だと気づかせてくれる記事
子どもを自立させたいなら親自身も自立し、どっしり構えることが大事 「かわいい子には旅をさせよ」わが子が可愛いなら、親元において甘やかさず、世間の辛さや苦しみを体験させた方が成長につながるという意味です

■2017年7月31日
良い親の定義に縛られていませんか? 子どもがスポーツを楽しむために"本当に必要なこと"とは
子どもが育っていくために、親はしなければいけないことがあります。 乳幼児期には身の回りの世話をしなければいけません。食事を与えず、身の回りの世話も全くしなければ、幼い子どもは生きていくことができません

■2017年7月31日
子どもたちに「考えさせる」3人のパス練習
【この練習のテーマ:考えさせる】 3人が5m感覚で横並びに立ち、ボールを2つ使ってスタート。20mほど前方にあるゴールラインまで、3人で2つのボールをパスしながら前に進んでいく。ゴールラインに到達後、

■2017年7月28日
怒鳴るだけのざんねんコーチにならないためのオランダ式サッカー分析
The Soccer AnalyticsやCOACH UNITED ACADEMYの講師としてもお馴染み白井裕之氏による初めての著書が発売されました。 「何回言ったら分かるんだ!」「何でそんなプレーす

■2017年7月28日
サイド攻撃主体のチームなのに縦ばかり... 中へのドリブルや斜めのパスをどう教えればいい?
今回は、子どもたちにサイドから中へのドリブルや楔のパスを覚えさせたいお父さんコーチからの質問です。中々得点までの上手く持っていけない現状に、結果を求めない方が良いのか、サイドからの攻撃方法を根気強く教

■2017年7月27日
管理栄養士に聞く、試合に向けた「ごはん」の食べ方と栄養価アップ術
主食であるごはんは、エネルギーのもととなる大切な栄養。元日本オリンピック委員会強化スタッフで、現在はアスリートや企業の栄養アドバイザーであり、WATSONIAの代表を務める管理栄養士の川端理香さんにお

■2017年7月26日
このままだと終わる! とコーチに言われ息子落ち込む問題
体は小さくても、ボールの扱いが上手くてサッカーを楽しんでいた息子にライバル出現で状況が一変。コーチに「挫折を乗り越えないと終わる」と厳しい言葉をかけられ落ち込むわが子をどうサポートすればいいいのか悩ん

■2017年7月25日
【参加チーム募集】池上カップ!~離れて見守ろう。~
■関東会場は締切ました。関西は残り2枠となります。 2017年9月に池上正コーチとサカイク共同イベント「池上カップ!~離れて見守ろう。~」を開催いたします。池上正コーチ著書『伸ばしたいなら離れなさい 

■2017年7月25日
親子三代でプレーするイベントも! 「引退なし」を掲げる総合型クラブの理想は「卒業のない学校」
前編では、NPO法人浦和スポーツクラブが、サッカーを続けたい子どもが集まれる場所として「サッカー広場」を展開していることをお伝えしました。そこでは、チーム活動をしていないのでレギュラーも補欠もなく、だ

■2017年7月24日
ミズノのジュニア向けスパイクをプレゼント!洗濯に関するアンケート
毎日のお洗濯、どのように取り組まれてますか? 今回サカイクでは洗濯について、なかでも漂白についてのアンケートを実施します。回答者の中から抽選で1名様にミズノのジュニア向けサッカースパイク【レビュラ V

■2017年7月24日
自主練にも役立つ! 知っておきたいU-12世代のフィジカルトレーニング
筋トレは何歳から? 保護者が知っておきたい子どもたちの成長段階に適したトレーニング7月も下旬を迎え、小学生は夏休みに入る時期ではないでしょうか。サッカーが上手くなるようにこの夏休みの間、自主練を重ねよ

■2017年7月21日
かかりつけの歯医者を持つと、サッカーのパフォーマンス向上にもつながる!?
おいしい食事を食べて健康を促進するためにはもちろん、サッカーやほかのスポーツのパフォーマンス向上にも歯の健康は大切です。 ジュニア年代の歯と口腔の状態としては、「生え変わりの時期」であります。個人差は

■2017年7月21日
自分は楽しくプレーさせたいのに同じチームのコーチが厳しい! 指導法が違うギャップをどう埋めればよいのか
池上正さんが、ジュニア年代を指導するお父さんコーチの質問に答える「池上正コーチングゼミ」。今回は、楽しくプレーさせたい自分と厳しい指導を行うコーチ、チーム内で指導方針が異なるギャップをどう埋めるか悩む

■2017年7月20日
あなたの子どもはきちんと「ごはん」を食べてますか? 多くても、少なすぎてもダメなお米の栄養素と役割
ジュニア世代は、成長期であり体の基礎をつくる時期。タンパク質や、カルシウム、ビタミンなど、さまざまな栄養をしっかり摂ることが大切だということは、多くの親御さんはご存知でしょう。 日本の多くの家庭で主食

■2017年7月19日
『サッカー新聞を作ろう!』の参加者を募集中
子どもたちの“サッカーが好き”という気持ちを、世界への好奇心と知識につなげていく体験型のワークショップ『サッカー新聞を作ろう!』の参加者を募集しています。 (写真は昨年開催時の

■2017年7月19日
「下手くそ」「センスない」コーチの暴言に耐えられない中1の息子を辞めさせていいのか問題
中学入学のタイミングでコーチが変わり、練習のたびに「下手」「辞めろ」など暴言を吐かれている息子。好きでサッカーを続けてきたのに指導者に心無いことを言われている現状を見かねたサッカーママからのご相談です

■2017年7月18日
サカイク読者のパパママならおさえておきたい プロテイン7つのポイント
近頃、よく目にする「プロテイン」という言葉。コンビニやドラッグストアには「プロテイン」と書いてある商品がたくさん並んでいます。なんだか体に良さそうだけど、実際のところどうなんだろう?子どもに飲ませても

■2017年7月14日
小さな成功体験を積むことが自信につながる! 自主性・主体性を育てる「しつもん」のしかた
「自信をもってサッカーをしてほしい」 サカイク読者から寄せられるご意見には、こんな願いが多く見られます。自信は好パフォーマンスを生む要素のひとつであり、サッカーを楽しんでプレーするという部分にもつなが

■2017年7月14日
今年こそ! 夏休み前に考えたい宿題計画と勉強のコツがわかる記事5選
夏休みを思いっきり楽しむために、宿題計画は夏休み前に! もうすぐ子どもたちは夏休みです。夏休みは家族旅行やキャンプ、サッカーの合宿など、たくさんのことを予定しているご家庭も多いのではないでしょうか。

■2017年7月13日
子どもの栄養、みんなどうしてる?サカイク ママさん座談会
「うちの子、身体が細くて・・・」「成長のために、何を食べさせればいいの?」。そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこで今回はウイダートレーニングラボの管理栄養士として、トップアスリート

■2017年7月12日
「打撲にコールドスプレー」は昔の常識!? コーチ・保護者必見、最新の応急処置に欠かせないアイテムとは
サッカーをしていて、避けられないのがケガ。サッカーに多いケガは打撲やねんざなどの「急性外傷」と呼ばれるものです。子どもたちがケガをしたとき、どのような対処をすることで、素早く回復に向かうことができるの

■2017年7月12日
【指導者向けセミナー】ゲーム分析からトレーニング設定方法を学ぶ「The Soccer Analytics」指導者向けセミナーを開催!
この度、AFCアヤックスのアカデミーでアナリスト(分析担当)を務めた後、現在オランダ代表U-13、U-14、U-15の専属アナリストを務める白井裕之氏を講師にゲーム分析と分析からトレーニングの設定方法

■2017年7月11日
「ここは子どもたちの遊び場」 浦和レッズの下部組織だったクラブが理念を曲げない理由
日本サッカー協会(JFA)グラスルーツ推進部の松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪ね歩くこの連載。 今回訪れたのは、埼玉県さいたま市で活動するNPO法人浦和スポーツクラブです。このクラブに集ま

■2017年7月11日
男の子とはココが違う! 女子プレーヤーの育て方まとめ
男の子と女の子の指導法はどう違う!? 女子に多いケガの予防などジュニア世代のサッカーの指導において、男女の違いはどのようなところにあるのでしょうか。 なでしこジャパンの川澄選手のジュニア時代のエピソー

■2017年7月10日
これぞ最新決定版! 「何をいつどうやって飲むのか」 意外と知らない水分補給のポイントを伝授
サッカー少年を持つ親御さん世代で、トレーニング中に「水を飲むな」と怒られた経験を持つ方も多いのではないでしょうか? 最近でこそ、熱中症や脱水症対策のための水分補給の重要性が広がりをみせていますが、それ

■2017年7月10日
【開催迫る!】アーセナルサッカースクールのサマーキャンプ
一般社団法人市川市スポーツクラブでは、夏休み期間中にアーセナルサッカースクールのコーチによる短期集中サッカーキャンプを開催します。昨年まで日本代表GKコーチで元スペイン代表であり、現在アーセナルSS市

■2017年7月07日
「ファウルだろ!」あなたのひと言が子どもの成長を止めている!? レフェリーへのリスペクトが自立心を育むと教えてくれる記事
「ファウルだろ!」あなたのひと言が子どもの成長を止めている!?あなたはお子さんの試合中、レフェリーの判断に「今のはファールだろ!?」などと抗議をしたことはありませんか? しかし、そのひと言がお子さんに

■2017年7月06日
佐藤寿人「夏場でもサッカーを楽しめるために、親として気を付けてあげたいこと」
今季、サンフレッチェ広島から名古屋グランパスに移籍し、いきなりキャプテンの大役を任された佐藤寿人選手。初のJ2リーグを戦うチームのエースとして、また精神的支柱としても期待をされています。J1歴代2位の

■2017年7月06日
【参加募集】池上カップ!~離れて見守ろう。~
2017年9月に池上正コーチとサカイク共同イベント「池上カップ!~離れて見守ろう。~」を開催いたします。池上正コーチ著書『伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法』に書かれて

■2017年7月05日
サカイクキャンプ参加者向けノベルティ オリジナルプラシャツが完成!
今月の21日(金)より順次開催されるサカイクキャンプのノベルティのオリジナルプラシャツが完成いたしました! 今回、参加者の皆さまにプレゼントとしてお渡しさせて頂くプラクティスシャツは、umo様の協賛に

■2017年7月05日
【アンケート】サカイクをより良くするためにご意見ください!
日頃はサカイクをご愛顧いただき誠にありがとうございます。 サカイクを立ち上げてから6年。サッカーを通した教育をテーマとして少年サッカーに関わる保護者の皆さんへ役立つ情報をお届けしてきました。 この春、

■2017年7月05日
早生まれの子どもは不利? 少年スポーツに存在する"生まれ月格差"に取り組むオランダの試み
スポーツをする上で、生まれ月での有利、不利はあるのか? 日本でもたびたび話題になる運動、スポーツと生まれ月の関係性ですが、実はこれ日本特有の問題ではなく、海外でも問題視されているのです。 サッカー強国

■2017年7月04日
【東京/広島/神奈川/三重】足の速さに自信がつく『タニラダー講習会』
★★新たに『四日市』と『三鷹』の2会場が追加となりました。皆さま是非ご参加ください!(6月14日現在)★★★★千住会場のスプリントクラスにつきまして、定員となりましたので募集を締切とさせていただきます

■2017年7月04日
「放任しすぎもダメ、子どもが楽しめる方向に導くのが親の役目」元浦和レッズ・鈴木啓太の子育て論
現役時代は浦和レッズ一筋でプレーした鈴木啓太さん。前回のインタビューではジュニア時代にご両親がどのように彼をサポートしてくれたのかを語ってくれました。 後編となる今回は、2児のパパとして子育てをする鈴

■2017年7月03日
※終了しました※谷コーチが直接指導!タニラダー指導者・保護者向け講習会開催
★★講師のスケジュール変更により、日時が『2017年7月16日(日)19:00~21:00』に変更となりました。会場には変更ございません。お申し込みいただいた皆さま、参加をご検討いただいていた皆さまに

■2017年7月03日
この夏でうまくなる!サマーキャンペーン開催中
この夏でうまくなる!サマーキャンペーン開催サカイク編集部が運営するWEBショップ「イースリーショップ」では、サマーキャンペーンを開催します!【 7月14日19時まで 】の期間限定となっております。数量

■2017年7月03日
「練習のための練習」ではなく試合で使えるスキルを― UEFA A級ライセンスを持つコーチ が語る、考える子どもを育む指導
ドイツと日本の指導を融合させ、ヨーロッパでプレーする選手を輩出することを目指す、日独フットボール・アカデミー。千葉と神奈川にスクールを構える同アカデミーの特徴のひとつが、ドイツサッカー協会のライセンス

■2017年6月30日
元浦和レッズ・鈴木啓太が語る、サッカーの技術以外に「選手として伸びるために必要なこと」
現役時代は浦和レッズ一筋でプレーし、引退後はビジネス面での活躍に加えて、大学サッカー部の指導も行う鈴木啓太さん。子どもの頃、両親はプロになるためにどのようなサポートをしてくれたのでしょうか。引退試合を

■2017年6月30日
「個の力」を徹底的に! AC ミランジュニアサッカーキャンプ
一般社団法人ゾナカルチョ(本社所在地:千葉県佐倉市)はイタリア・セリエAの強豪ACミランとライセンス契約を締結し、「AC ミランジュニアサッカーキャンプ 2017」を静岡、神奈川、新潟、大阪の4会場に

■2017年6月29日
横浜F・マリノス×日清オイリオ  食で元気を! 勝利のエナジーを!
2017年、横浜F・マリノスのトップパートナーになった日清オイリオ。食用油に込められた“ 植物のチカラ® ”で横浜から元気とエネルギーを送ります!(左)パートナー発表の

■2017年6月29日
補欠ゼロを実践する公田SCの代表が語る「地域クラブだからこそ、やるべき使命」とは
JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度が掲げる「補欠ゼロ」を実践する公田サッカークラブ(公田SC)は、「引退なし」「障がい者サッカー」のテーマについても、積極的な活動を行っています。同クラブの代表

■2017年6月29日
『FC東京フットサルスキルアップサマークリニック』開催
FC東京では好評につき、今年の夏も小学5年生・6年生を対象に『FC東京フットサルスキルアップサマークリニック(5・6年生)』を開催いたします。 フットサルに特化したトレーニングを行いながら、サッカーに

■2017年6月29日
<4年生対象>『FC東京フットサルサマークリニック』開催
FC東京では好評につき、今年の夏も小学4を対象に『FC東京フットサルサマークリニック』を開催いたします。 フットサルに特化したトレーニングを行いながら、サッカーにも活きるプレーを獲得するメニューを予定

■2017年6月28日
サカイクフリーマガジン夏号、配布開始!
6月26日、サカイクフリーマガジン23号目となる夏号の発送がスタートしました。順次お手元に届くかと存じます。ぜひ皆さんでご活用ください。 [サカイク編集部]■クロネコDM便にてお届けしている方へクロネ

■2017年6月28日
サッカーの楽しさを親も知ろう! まずは自分で蹴って、体感してみること
前回は、「サカイク10か条」を踏まえて、子ども自身の、「サッカーをやりたい」という声に耳を傾けることこそ、保護者が肝に命じておくべきだと伝えました。でもその前に、もっとできることがあります。 それは保

■2017年6月27日
子どもたちに「気づかせる」ための6対3の練習メニュー
【この練習のテーマ:気づかせる】 縦30m、横15mほどのグリッドで6対3を行う。ゴールはカラーコーンで作り、GKは置かない。ボールが外に出たらフットサルと同じようにキックインで再開する。時間で区切り

■2017年6月26日
スペインで行われた大会で日本人の大西貫太郎君がMVPに選出!
多くの子供たちに世界の強豪チームと対戦する機会を提供する思いから生まれた「Uー12ジュニアサッカーワールドチャレンジ」。その大会において毎年構成される「街クラブ選抜チーム」が6月19日から27日まで強

■2017年6月26日
しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
しつもんが尋問になってませんか? 子供の考える力を促す聞き方のコツとは…子どもにサッカーのことを聞こうとしてアレコレ質問しすぎてしまい子どもが多くを返してくれなかったり、特定の答えが返っ

■2017年6月23日
【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
スピードアップのために... 親子でできる様々なアプローチ足が速い=サッカーが上手い わけではありませんが、もう少し速く走れたらボールに追いつけたのに......もっと動きのキレがアップするといいのに

■2017年6月23日
ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
池上正さんが、ジュニア年代を指導するお父さんコーチの質問に答える「池上正コーチングゼミ」。今回は、ボールを奪うための準備ができない子どもたちに、ポジションの取り方などをどう指導すればいいのか悩むお父さ

■2017年6月22日
新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
前のチームではレギュラーだったのに、新しいクラブでは試合に出られなくなった息子。「頑張るのが恥ずかしい」と感じているらしく試合で消極的なわが子のサポートに悩むママからのご相談です。 自身もサッカー少年

■2017年6月21日
バルサキャンプはコーチの質に自信あり! 子どもたちがとりこになる夢のような時間と自立を促すアプローチ
FCバルセロナが備え持つブランド力と、トップチームから共有される最新のメソッド。そして「より多くの子どもたちにその環境を提供したい」という運営側の想いがあいまって、今年で11年目を迎えるFCバルセロナ

■2017年6月20日
サカイクの野球版「ヤキュイク」をオープン
野球を通じて子どもたちに考える力を。お父さんとお母さんのための少年野球サイト「ヤキュイク」をオープンしました。正解のない時代を生き抜く力が求められており、思考力・表現力・判断力、やり抜く力・生きる力を

■2017年6月20日
「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
この春から我が子がサッカーチームに加入し、お父さんコーチになったというお父さんも少なくないでしょう。初めは誰もが見よう見真似でお父さんコーチを始めるもの。しかし―― 「自分は子どもの頃にサッカーをやっ

■2017年6月19日
「日本から欧州トップレベルの選手を」日本にいながらドイツを世界一にした育成方式で学べるスクールが描く展望
快晴の5月下旬、日独フットボール・アカデミーのセレクションがShonan BMW スタジアム平塚(平塚競技場)で行われました。 この日に集まったのは小学3年生から6年生までのサッカー少年たち。「ドイツ

■2017年6月16日
次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
池上正さんが、ジュニア年代を指導するお父さんコーチの質問に答える「池上正コーチングゼミ」。今回は、自分のところにボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたちにどう指導すればいいのか悩むお父さんコーチ

■2017年6月16日
★ライブ配信行います★【事前説明会を開催】サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
【追記】6月17日 13:30からライブ配信行います!説明会に参加できないというお声を頂き、ライブ配信することとなりました。会場まで来れない方は、ライブ配信をご覧くださいご参加にあたりお悩みや不安な点

■2017年6月16日
試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
クルゼイロ・ジャポンはブラジル名門サッカークラブ「Cruzeiro EC」の育成方法を余すところ無く日本で紹介・実践するため、2013年に発足いたしました。かつてジーコと共に"黄金のカルテッ

■2017年6月15日
家事に仕事に忙しい保護者必見!手間ひまかけずにできる"よい食事"とは
忙しい保護者必見!手間ひまかけずにできる“よい食事”とは お子さんの体の成長のために、あれこれ考えて手を尽くしている親御さんも多いことでしょう。 身長を伸ばすために牛乳やプロテ

■2017年6月15日
「最新のバルサメソッドと好奇心を掻き立てるトレーニング」 11年目を迎えるFCバルセロナキャンプが選ばれ続けるワケ
海外の有名クラブが夏休みなどのタイミングを利用して、日本の子供たちを対象としたスクールキャンプを実施することは近年、珍しくなくなってきましたが、その草分け的存在なのが、FCバルセロナキャンプです。 バ

■2017年6月15日
子どもを「育てよう」とするから「育たない」 / 藤代圭一×中野吉之伴スペシャルセミナー開催
6月22日(木)に「神保町Editory」でスポーツメンタルコーチ・藤代圭一氏とドイツで長年指導するサッカーコーチ・中野吉之伴氏、そしてサカイクがコラボし、スペシャルセミナーを開催します。今回のセミナ

■2017年6月14日
リフティングできなきゃ罰走! お父さんコーチがえこひいきする問題
個人のレベルアップのための課題で、周囲と一緒にその場のノリで回数をごまかしたことがコーチの逆鱗に触れ、試合に出してもらえなくなったわが子を不憫に思うママからのご相談です。 自身もサッカー少年少女の母と

■2017年6月14日
パルメイラス、ビジャレアルも参加。ジュニアの国際大会を開催
湘南ベルマーレが、国内外のU-11年代全24チームが参加して行う「2017 COPA BELLMARE U-11 PILOT INTERNATIONAL TOURNAMENT」を神奈川県サッカー協会と

■2017年6月14日
ロサンゼルス・ギャラクシーなどMLSクラブも参戦!U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017北米予選開催
U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017実行委員会は、FCバルセロナ、アーセナルFCなどの参戦が決まっている本大会の北米予選をHONDA ESTILO株式会社(本社:大阪府吹田市)の協力の元

■2017年6月13日
FCバルセロナ、アーセナルFCが来日! U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017開催
株式会社 Amazing Sports Lab Japan(本社:東京都千代田区 代表:浜田満)と公益財団法人東京都サッカー協会が今年で5回目を迎える「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ」の開

■2017年6月13日
正しい姿勢ときちんと食事がベストパフォーマンスを呼ぶ
トップアスリートが歯を大切にしていることは、最近ではよく知られていますよね。多くの競技で身体バランスが重要であることは知られています。 皆さんは、サッカーをしているわが子により良いパフォーマンスをして

■2017年6月13日
部活があぶない -ブラック部活から子どもを守るには-
サカイクで「蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~」を好評連載中の島沢優子さんの新著が発売されます。近年問題となっている「ブラック部活」。その実態と背景に迫り、子どもたちが成長できる指導

■2017年6月12日
「正しい状況判断」のために周りの状況を確認する
浦和レッズの柏木陽介選手のプレースタイルは「ゲームメーカー」と呼ばれます。誰よりもボールに触って、ゲームのリズムをつくり、決定的なチャンスを演出する——。そんな選手になるために

■2017年6月09日
今こそ再確認したい! サッカーにおける「フェアプレー」精神とは
今こそ再認識したいサッカーにおける「フェアプレー」精神とは サッカーにおいて一番大切なことは何でしょうか。 プレーが上達すること、チームの勝利……もちろんどちらも大切ですが

■2017年6月09日
<小学3・4年生必見> FCバルセロナ・エスパニョールと本気で勝負できるチャンス!
「うちの子、バルサと試合したらどれ位戦えるんだろう?」「チームの遠征は5・6年にならないと参加できないし……」 そんな方は必見です! FCバルセロナキャンプやU-12ジュニ

■2017年6月08日
自分に足りないことを見つけ、考える力がつく 「人生に必要な"5つのスキル"」がサッカーの上達にも重要な理由
前回は、ライフスキル・アドバイザーの東海林祐子先生(慶應義塾大学准教授)に「なぜスポーツにライフスキルが必要なのか」、また「ライフスキルを身につけることで結果が変わるのか」などをお話いただきました。後

■2017年6月08日
考える力を引き出すために。ミズノサッカースクール藤沢校が取り入れた「しつもん」する指導
「問いかける指導で考える力を引き出す」をテーマにしたミズノサッカースクールの藤沢校がこの5月にオープンしました。ただ、そのフレーズだけではどういった指導法が行われているのか、その指導のメリットはどうい

■2017年6月07日
伸ばしたいなら離れなさい 「考えさせる大人」になるための魔法
サカイクで「あなたが変われば子どもは伸びる!池上正コーチングゼミ」を好評連載中の池上正さん(前京都サンガ育成部長)の名著、『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の第二弾となる『伸ばしたいなら離

■2017年6月06日
上達のために必要なのは「こうしなさい」ではない! 課題に気づき、考える力をつける指導とは
今春からサカイクキャンプでは、参加した子どもたちのさらなる人間力向上を目的に「ライフスキル」を取り入れました。ライフスキルとは「日常生活で生じるさまざまな問題や要求に対して、建設的かつ効果的に対処する

■2017年6月06日
【動画3】他者を感じさせる、リスペクトする ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
「伸ばしたいから離れる」方法がわかる!子どもを伸ばす「魔法のコーチング」とは? サカイクで「あなたが変われば子どもは伸びる!池上正コーチングゼミ」を好評連載中の池上正さん(前京都サンガ育成部長)の名著

■2017年6月05日
「上手い子たちだけを集めて試合に勝ったとしても、全然嬉しくない」補欠ゼロを体現する公田SC
日本サッカー協会(JFA)グラスルーツ推進部の松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪ね歩くこの連載。 今回訪れたのは、横浜市栄区で活動する公田サッカークラブ(公田SC)。創立42年の伝統ある街ク

■2017年6月02日
人数が少ないうえに練習時間が合わず...... 全員揃って練習できないチームをどう指導すればいいか
池上正さんが、ジュニア年代を指導するお父さんコーチの質問に答える「池上正コーチングゼミ」。今回は、連取時間がバラバラな上に人数が少なく対戦練習ができないことに悩むお父さんコーチからの質問です。 これま

■2017年6月01日
<日本初開催>今夏、FCバルセロナフットサルキャンプがやってくる! MVPは現地にご招待
株式会社Amazing Sports Lab Japan(本社:東京都千代田区)は、FCバルセロナとライセンス契約を締結し、8月13日(日)~8月17日(木)の日程でFCバルセロナフットサルキャンプ2

■2017年6月01日
「子どもは親の所有物ではない」2人の息子をサッカー選手に育てた都並敏史が語る、子どもを伸ばす"放任"のスタンス
元サッカー日本代表DFで現在は解説者やコメンテーターとして活躍中の都並敏史さんに、前編では振り返る自身が育った環境と両親の関係性を語っていただきました。 後編である今回はサッカー選手である2人の息子を

■2017年6月01日
ネイマールが眠りの大切さと夢を語る! 「元気にサッカーをするために睡眠は大事」
サッカーブラジル代表のネイマールJr.選手(バルセロナ)が来日し、サポート契約を結ぶ寝具メーカー、東京西川(西川産業本社・東京都中央区)のイベント『東京西川 Air 夢のすいみん学校』に出席しました。

■2017年5月31日
子どもが心から楽しんでサッカーをするために、肝に銘じてほしい親の心得とは
この春、サカイクでは子どものサッカーに関わる保護者のみなさんに、大切にしてほしい"親の心得"を10か条にまとめました。子どもたちが心からサッカーを楽しむために、親はどうあればいいの

■2017年5月30日
息子がサッカーに対して貪欲になり、ポジティブな声かけをするようになった「きっかけ」
今春からサカイクキャンプでは、参加した子どもたちの成長を可視化するためにライフスキル・アンケートを取り始めました。この集計結果はライフスキル・アドバイザーの東海林祐子先生(慶應義塾大学准教授)が考察し

■2017年5月30日
小学生・中学生向けのサッカーサービスサマーキャンプ2017参加者募集!
パリ・サンジェルマン(以下PSG)の育成ダイレクターであるカルラス・ロマゴサ氏らが提唱し、PSGに全面的に導入されているエコノメソッド。 選手が試合の中で状況に応じた最適な手段を見つけ、判断してプレー

■2017年5月30日
【動画2】選ばせる、ほめるより認める ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
「伸ばしたいから離れる」方法がわかる!子どもを伸ばす「魔法のコーチング」とは? サカイクで「あなたが変われば子どもは伸びる!池上正コーチングゼミ」を好評連載中の池上正さん(前京都サンガ育成部長)の名著

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも交代浴に関連のある画像ばかりではありません。
交代浴の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

交代浴に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも交代浴に関連のある動画ばかりではありません。

交代浴に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング