井上順 ムッシュかまやつとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
井上順 かまやつさんを追悼 | 2017/3/2(木) 13:21 - Yahoo!ニュース
ムッシュかまやつさん死去に井上順が「スパイダースは『かまやつさんありき』でした」と コメント。芸能界から悼む声が続々。
井上順 ムッシュかまやつ -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
井上順、ムッシュかまやつさん追悼「スパイダースは“かまやつさ...
ムッシュかまやつ feat. 堺正章、井上順、甲斐名都|曲(シングル ...
井上順、かまやつさん悼む「スパイダーズは“かまやつ...- スポニチアネックス- 51分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも井上順 ムッシュかまやつに関連のある画像ばかりではありません。
井上順 ムッシュかまやつの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

井上 順(いのうえ じゅん、本名同じ、1947年2月21日 - )は、日本のタレント、歌手、俳優、コメディアン。
* 駄洒落の名人で、自らの出演番組内で披露することも多かった。
* ニッポン放送で真理ヨシコと共に『ホイホイホーム』という番組を担当した。
* 『ネプリーグ』で「ジェームズ・ボンドを日本の芸能人に例えると誰か」とする一般人へのアンケートで、1位に選ばれた。
* 『徹子の部屋』に出演した際に、無類の機械音痴でビデオレコーダーが上手く操作できないと語った。
* すでに還暦を過ぎているが、「見た目が変わらない芸能人」として、雑誌で市毛良枝、野口五郎、由美かおるらと共に紹介された文藝春秋2013年5月号「見た目が変わらない芸能人の生活習慣」。
* 親族に長寿者が多く、父親は2012年1月に102歳で他界した。
* 15年前から感音性難聴で補聴器を装用「病に学んだこと - 井上順さん」『NHKきょうの健康』5月号テキスト102頁しており、『夜のヒットスタジオ』でMCとして共演した芳村真理に「迷惑をかけたくない、自分の負の部分を見せくない」だから「30年間共演を避けていた」と、芳村に再会した時に明かした『爆報! THE フライデー』2017年4月21日放送分より。

* 小学校の時は映画が好きで、当時は保護者同伴の場合に小学生は無料であったことから、父親に相当する年齢の男性に付いて入館し、数多く鑑賞した『ウチくる』 2009年12月20日放送分より。

* 中学校の卒業集合写真は、ジャズ喫茶に入り浸りたびたび学校をサボっていたため、一同が並ぶ写真の左上で欠席枠に入っている『ウチくる』 2009年12月20日放送分より。
* 東京都渋谷区の代々木公園前で馬場を営む家の3人兄弟の末子として生まれ、麻布龍土町で育った。
祖父は日本で初めて競走馬を輸入した人物で、父親は馬場専属の獣医師読売新聞、2015年7月9日 である。
* 1961年(昭和36年) - 13歳で、峰岸徹、大原麗子、田辺靖雄、ジェリー藤尾らがいた「六本木野獣会」へ加入し、峰岸にはデビュー前から食事や遊びなどにしばしば誘われ、峰岸が亡くなるまで弟のように可愛がられた峰岸が逝去した際の追悼インタビューにて、本人談。

後にジャガーズの前身バンドにも加入した。
* 1963年(昭和38年) - 成城学園高等学校在学中の16歳で鑑賞したザ・スパイダースのライブに触発され、その場でグループに加入を申し出た。
加入後はグループ・サウンズ時代の最年少メンバーとして、ツインボーカルを堺正章と、パーカッションは「サイドタンバリン」などと自らネタにしつつ、コンサートMCは堺と共に、それぞれ担当した。
後年にフジテレビの『夜のヒットスタジオ』などで見せる軽妙なトークと気さくな性格はこの時期に研鑽され、現在の芸風の基盤を作り上げた。
* 1970年(昭和45年) - スパイダースが解散した後に、「井上順之(じゅんじ)」と芸名を改めるが、痔を患ったことから「『じ』は良くない」と1973年に「順」へ戻した。
* 1971年(昭和46年) -『昨日・今日・明日』でソロ歌手としてデビューした。
歌手を本業としながら俳優や司会もこなして「ジャーニー!」「ピース!」など数々の流行語を生み出し、シングルも発売し続けた。
『ラブラブショー』の共演をきっかけに、資生堂の人気モデル青木エミと大恋愛の末に結婚するが、1982年(昭和57年)夏に離婚して以後、独身である。
* フジテレビの『芸能人野球大会』で「堺とデッドボールをぶつけ合う」「乱闘と見せかけて二人で社交ダンスを踊る」などの秀逸なコントが例年見られた。
スパイダース解散後も、堺とは仕事を数多く共にして近年はジョイントコンサートを催している。
* 1976年(昭和51年)から1985年(昭和60年) - 『夜のヒットスタジオ』の男性司会者として最長の9年半の間、3代目司会を務め、干支が一回り上の芳村真理と絶妙なコンビネーションで番組黄金期を築いた。
「茶化し」に徹しつつエンターテイナーとして出演者を鼓舞する井上の司会に、当時学生の三谷幸喜は感銘して、映画監督デビュー作の『ラヂオの時間』で「『夜ヒット』の井上順」をほうふつさせるキャラクターを登場させ、これを井上本人が演じた。
* 俳優としては、石井ふく子がプロデュースする作品で頻繁に起用され、「石井組(ファミリー)」の一員と認知されている。
また、三谷幸喜作品にもたびたび起用されている。
* 2002年(平成14年)に放送を開始したNHKの教育番組『ピタゴラスイッチ』で、「テレビのジョン」という犬型ロボット役で声優を担当した。
NHKの『みんなのうた』で歌った楽曲「テトペッテンソン」は、インパクトがある歌詞が子どもたちに好評で人気となった。

引用:Wikipedia:データベース

井上順 ムッシュかまやつに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも井上順 ムッシュかまやつに関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング