井上尚弥 挑戦交渉とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
井上尚弥、バンタム級王者マクドネルへ挑戦交渉 - ボクシング : 日刊 ...
プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が、WBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネル(31=英国)に挑戦する交渉が進んで… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。
井上尚弥、バンタム級王者マクドネルへ挑戦交渉 - 相撲・格闘技写真 ...
井上尚弥、バンタム級王者マクドネルへ挑戦交渉
井上尚弥、バンタム級王者マクドネルへ挑戦交渉 (日刊スポーツ ...
プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が、WBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネル(31=英国)に挑戦する交渉が進んでいることが分かった。14日(日本時間15日...- 日刊スポーツ- 1時間前
井上尚弥、次の標的は“11秒KO男” VSテテに米注目「強打の信奉者には ...
プロレス、ボクシング、大相撲など格闘技の写真ニュースです - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも井上尚弥 挑戦交渉に関連のある画像ばかりではありません。
井上尚弥 挑戦交渉の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。
神奈川県座間市出身。
大橋ボクシングジム所属。
ホリプロとマネジメント契約。
第36代日本ライトフライ級王者。
第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。
元WBC世界ライトフライ級王者。
元WBO世界スーパーフライ級王者。
アマチュア時代から、大会で好成績を修め、ボクシング史上初めて高校生にして7つのタイトルを獲得し、プロ転向後も8戦目での2階級制覇は国内最速記録(ワシル・ロマチェンコの世界最速となるプロ7戦目での2階級制覇に次ぐ記録) 日刊スポーツ 2014年12月30日。
血液型A型 INOUE BOXING&SPORTS GYM。
アマチュア時代は同じく元アマチュア選手の父・真吾が経営していた井上ボクシングジムで練習をしていた。
プロ転向に当たり、父はプロでの実績あるジムのトレーナーに息子を預けようとしたが、尚弥本人が「父は塗装業を経営していたのに、それを捨ててまで自分たちのトレーナーに就いてくれたからもっと頑張らなきゃと思うし、親子で二人三脚でやって世界王者になる事が一番意味がある事だから他の人では駄目」と希望したことで父も専属トレーナーとして大橋ジム入りしている。
井上はプロキャリアの初期から具志堅用高の持つ世界王座の日本人最多防衛記録(13度)の更新を目標に掲げている。
弟の井上拓真もボクサーであり、2011年には綾瀬西高校からインターハイのピン級を制して兄弟優勝を達成、2013年12月に兄を追ってプロデビュー。
従兄の浩樹もまたアマチュア選手として相模原青陵高校時代に三冠を達成し、拓殖大学に在学していたが、4年で中退し和歌山県の建設会社所属で紀の国わかやま国体成年男子の部ライトウェルター級優勝や全日本社会人選手権優勝 日本ボクシング連盟 2016年3月28日を達成しアマ五冠達成の後、プロに転向した 日刊スポーツ 2016年3月28日。
通常体重は60kg弱のため、ライトフライ級時代までは減量に苦しんだ影響でパワーも半減していたが、階級をスーパーフライ級に上げて以降は減量苦が和らいだ事で本来の実力を発揮できるようになり、特にパンチ力が桁外れに上昇した。
相手がガードしていても、ガードの上からパンチを叩き込んでダウンを奪う軽量級離れしたパワーを誇る。
スパーリングでは3階級も上のフェザー級世界ランク1位の細野悟を圧倒し、さらに14オンスのグローブを使っているにも関わらず日本フェザー級5位の渡邉卓也(青木)は井上のボディブローを右腕でブロックして骨折してしまったというBoxing News(ボクシングニュース) 2016年5月1日。

プロ転向と同時に大橋ジムの大橋秀行会長によって付けられた「怪物(モンスター)」という異名について、当初はその爽やかなルックスもあってあまり似合わないという声が周囲からも多かった。
井上本人は2015年の週刊少年チャンピオンでの板垣恵介との対談にて、「正直あまり気に入ってなかったのでライトフライ級世界王座の初防衛戦の時、リングアナウンサーに『モンスターとは呼ばないでほしい』と頼もうとしたんですけど、大橋会長に『俺が気に入ってるからいいんだ』って言われてしまって、そのままになってます(笑)」と語っている。
また、減量苦から解放されて桁外れのパンチ力で豪快なKOを連発するようになったスーパーフライ級転向以降は「まさに怪物だ」と評され、ニックネームも定着している。
また、プロ・アマ通じてダウンを奪われた事も流血した経験も一度もないと明かしている。
ロンドンオリンピック金メダリストの村田諒太とは、国際大会や強化合宿で一緒に練習し、宿舎で同部屋だったこともあり、弟のように可愛がられていた。
また、秀でた才能と真面目な人柄はアマチュア時代、他の選手からも愛され、井上のプロデビュー戦には川内将嗣、須佐勝明、清水聡、鈴木康弘といった選手の他に、プロとの関係が正常化された日本アマチュアボクシング連盟(現・日本ボクシング連盟)会長の山根明をはじめとする関係者らも来場した。
2015年12月1日に、相模原青陵高校にて同級生だった女性と7年の交際期間を経て結婚し 日刊スポーツ 2015年12月4日、2017年10月に長男が誕生したBoxing News(ボクシングニュース) 2017年10月7日。
『怪物』『天才』と称される井上だが、2013年にプロデビュー4戦目を控えた当時20歳の井上の体力測定を行ったところ、左手の握力は47.8kg(一般人の平均は46kg)、瞬発力を測る左右への動きは54回(一般人平均値は48回)、身体の柔軟性を測る長座前屈に至っては43cmと一般人の平均値45cmを下回っていた。
唯一、体幹のみが突出して強かったが、それ以外の筋力や反射神経、動体視力などの数値は一般人とさほど変わらない普通のレベルだったフジテレビ『グラジオラスの轍』2013年6月24日・放送。

引用:Wikipedia:データベース

井上尚弥 挑戦交渉に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも井上尚弥 挑戦交渉に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング