中田久美とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
女子バレー 中田久美監督が退任「不本意な結果、大変申し訳ない」
日本バレーボール協会は27日、女子日本代表の中田久美監督の退任を発表した。東京五輪後に中田監督から退任の意向が伝えられ、27日の強化委員会でも同様の表明が ...
女子バレー代表の中田久美監督退任「不本意な結果大変申し訳なく」
1時間前 - 日本バレーボール協会は27日、今月31日付で中田久美監督が退任することを発表した。東京五輪後に本人から退く意向が伝えられ、この日の女子強化委員会 ...
中田 久美|所属アスリート|スポーツビズ
元バレーボール全日本女子 日本代表監督 バレーボール指導者 中田久美.
中田久美監督と日本女子バレー “惨敗”は2年前に決まっていた
2021/8/8 - ... 格下のドミニカに覇気なく敗れ、25年ぶりの予選リーグ敗退に終わった。「伝説のチーム」を宣言して就任した中田久美監督(55)のチームはいかに…

■2021年10月28日
《京都のトロッコ列車でピース》「BiSH」「豆柴の大群」プロデューサー・渡辺淳之介(37)が元ハロプロアイドルと“お手つき”不倫旅行&半同棲
 10月20日早朝、渋谷区の高級住宅地のマンションから1組のカップルが荷物を抱えタクシーに乗り込んだ。早朝、マンションから出てきた渡辺と巫 ©文藝春秋 撮影・細尾直人 約2週間にわたって同じマンション

■2021年10月28日
《お揃いのスヌーピー帽を被り、「鬼滅列車」で大はしゃぎ》「BiSH」「豆柴の大群」プロデューサーが元ハロプロアイドルと“USJ不倫旅行” 事務所は不倫事実を認め謝罪
 人気アイドルグループ「豆柴の大群」や「BiS」「BiSH」などのプロデューサーとして知られ、音楽会社である株式会社WACK代表取締役も務める渡辺淳之介氏(37)が、ハロープロジェクトのアイドルユニッ

■2021年10月28日
“タピオカ恫喝”木下優樹菜に司法判決《事務所総出》は「脅迫」《おばたん♡》は「原告を嘲笑」 木下側の“トンデモ主張”も
 元タレントの木下優樹菜(33)が、2019年秋に実姉が働いていたタピオカ店の店長に恫喝めいたメッセージを送ったことから始まった“タピオカ騒動”。店長のAさんが木下に対して慰謝料等の支払いを求めた訴訟

■2021年10月28日
《母親も逮捕》大阪3歳児“熱湯殺害”後、母は虐待男との「子どもがほしい」と語った
 大阪府摂津市で、2021年8月、新村桜利斗(おりと)ちゃん(3)が熱湯を浴びせられ、母親の交際相手の松原拓海被告(24)が殺人罪で起訴された事件。大阪府警捜査1課は10月27日、新たに母親で無職の行

■2021年10月28日
《緊急寄稿》25年ぶりのリーグ優勝。オリックスファンの大学教授が明かす“その瞬間”の偽らざる思い
 この気持ちは、どこかで経験したことがある。そうだ、娘たちが大学への合格を決めた時だ。 夏のイベントで、文春野球コラムでもお馴染みの、えのきどいちろうさんから、こう聞かれた。「このままオリックスが優勝

■2021年10月28日
「2年以内に抜けるのが目標でした」フリークラス脱出を果たした古賀悠聖四段を直撃取材
 将棋界では若手の登竜門とされる「新人戦」。第52期新人王戦決勝三番勝負は伊藤匠四段と古賀悠聖四段の戦いとなり、10月11日、伊藤が2連勝で初の棋戦優勝を飾った。 両者は四段昇段が同期で年齢も近く、互

■2021年10月28日
《内装業者が告発》元バイトAKB・梅澤愛優香(25)の「麵匠 八雲」で、40万円以上の“未払い”騒動 店には連日電話や取り立てが…
 ラーメン評論家への“出禁”、SNSで殺害予告を受けるなど騒動が続いていた、元バイトAKBの梅澤愛優香(25)が店主を務めるラーメン店「麺匠 八雲」。「文春オンライン」では同店について、食材の産地偽装

■2021年10月28日
「私の頭の上で今も…」 屋根裏に“何か”が住んでいた実家でのトラウマ級の思い出
漫画家の山本さほさんが、厄介な人たちを引き寄せるトラブル続きな日々をつづります。今回は、屋根裏に“何か”が住んでいた実家で、子どもの頃に体験したトラウマ級の思い出についてです。毎週木曜日更…

■2021年10月28日
ひたすら「お母さん」「わかんない」と…左脳の4分の1が壊死、失語症になった私の音声テープに残っていたモノ
 くも膜下出血の手術前日、これから書く〝代表作〟のためにと言って、旦那は私との会話を録音し始めていた。(全12回の11回目/#1、#2、#3、#4、#5、#6、#7、#8、#9、#10より続く)清水ち

■2021年10月28日
「あなたはこれまで、売れる本をたくさん作ってきたけど…」脳の4分の1が壊死、手術前夜に夫が言ってくれたこと
 くも膜下出血の手術前日、これから書く〝代表作〟のためにと言って、旦那は私との会話を録音し始めていた。(全12回の12回目/#1、#2、#3、#4、#5、#6、#7、#8、#9、#10、#11より続く

■2021年10月28日
《大阪3歳男児“熱湯虐待”殺害》逮捕の母が抱えた“男性依存”という闇 「とにかく男が『やれ』と言えば何でもやってしまう性格でした」
 大阪府摂津市のマンションで、新村桜利斗(おりと)ちゃん(3)が長時間熱湯を浴びせられ、交際相手の松原拓海容疑者(24)が殺人罪で起訴された事件。大阪府警捜査1課は27日、新たに母親の行歩寿希容疑者(

■2021年10月28日
《アライバ・コンビ》「あの人と同じことはできない」抱え続けた“井端への劣等感”…荒木雅博を解放した落合博満からの“意外な言葉”とは
 粘り強い打撃、華麗なコンビネーションの守備……。中日ドラゴンズの黄金期を支えた“アライバ・コンビ”は、野球ファンから高い評価を受け、球界最高の二遊間と称されることも珍しくない名コンビだ。しかし、当の

■2021年10月28日
《落合監督解任騒動》「そんなことを…するはずがない」中日敗戦直後に球団社長がガッツポーズ? 疑惑の真相を本人に直撃すると…
 2011年、中日ドラゴンズが首位争いをする真っ最中。異例のタイミングで落合博満監督の解任が発表された。同時期、中日が負けた際に球団社長がガッツポーズをしていたという目撃談も話題になっていただけに、フ

■2021年10月28日
岸田政権が日本社会を脆弱にする理由 「新しい資本主義」「デジタル田園都市国家構想」…岸田ビジョンの本質とは何か
 10月8日、批評家・日本近代思想史研究者の先崎彰容さんによる文藝春秋digitalウェビナー「『総理の器』とは何か――岸田ビジョンを斬る!|先崎彰容の令和逍遥 Vol.1」が開催されました。岸田文雄

■2021年10月28日
「日本製品不買」じゃなかったの? 韓国で日本車の売上急増…それでも文在寅が“反日にしがみつく”ワケ
 いま、韓国国会で進行している国政監査(政府の政策や予算の執行状況など、行政全般を監視する韓国国会独自の制度)で、日本車をめぐる報告に一部の国会議員が怒りを露わにしている。昨年、韓国の在外公館が購入し

■2021年10月27日
《皇室のいちばん長い日》「小室さんは何から何まで逃げる人だった」眞子さんの“結婚記念日”の東京ルポ 日比谷では反対デモ、小室さんの地元では…
 2021年10月26日は、日本の皇室にとって大きな転換点となった。 秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん、今月30歳になった2人は婚姻届を自治体に提出して入籍を果たした。眞子さまは小室眞子さんとなり

■2021年10月27日
近藤真彦「お詫びします」 経営のうどん店がGoToEatで不正受給
 近藤真彦(57)が経営するうどん店が、GoToEatキャンペーンを不正に利用して、利益を得ていたことが「週刊文春」の取材でわかった。 2016年末にオープンした和歌山県・南紀白浜のビーチの近くにある

■2021年10月27日
「接待は普通」平井前デジタル相 後援者社長の“擁護動画”が削除された
 10月31日投開票の衆院選で、香川1区に出馬する自民前職の平井卓也前デジタル相(63)。その大口献金者で、IT関連企業「豆蔵K2TOPホールディングス」(東京都新宿区)の荻原紀男社長(63)が、平井

■2021年10月27日
山下智久 ジャニーズ独立後初の地上波連ドラ主演が決定
 ジャニーズ退所から約1年。山下智久(36)が独立後初めて地上波の連続ドラマに主演することが「週刊文春」の取材で分かった。 キャスティングが内定したのは来年4月期のNHKドラマ10。ビッグコミックに連

女子バレー 中田久美監督が退任 後任は未定 - goo ニュース
2時間前 - 日本バレーボール協会は27日、女子日本代表の中田久美監督の退任を発表した。1次リーグ敗退に終わった東京五輪後に、中田監督から退任の意向が伝え ...

中田 久美(なかだ くみ、1965年9月3日 - )は、日本の元バレーボール選手(全日本女子代表)、指導者、タレント、スポーツキャスター。
マネジメント契約先はスポーツビズ。
女子日本代表監督、プレミアリーグ・久光スプリングス前監督。
日本リーグ、プレミアリーグ(Vリーグ)時代を通じて女子最多4度の最高殊勲選手賞受賞者である。
* 全日本に入った頃はセンタープレーヤー登録だった。
セッター転向を持ちかけられたとき「私、全日本のセンターなんだけど?と思った」と当時の心境を告白している文芸春秋2013年12月号『監督しての覚悟』(43-44ページ)。
* 本人談によれば、それまでは額の前で取るのが当たり前だったオーバーハンドパスを、額よりも高い位置で取り始めたのは中田が初だったといい、ブラジル代表のセッター・マウリシオも中田のスタイルに倣ったともいう NPO法人 日本オリンピアンズ協会。
* 1985年11月8日『一枚の写真』(フジテレビ)に出演。
* 1992年、バルセロナ五輪に日本女子バレー史上初となる3度目の五輪出場を果たしたが、試合に負けてしまうだけでなくメダルを逃してしまう結果となってしまい、あまりの悔しさに号泣しながらバレーコートを去っていった。
* 一度選手を引退してから結婚し、セミヌード写真集も発表して話題を集めたが、夫婦間のすれ違いから離婚。
現在は独身である。
* 後述のエピソードや春高バレーの応援企画「コーチングキャラバン」での指導で選手を一喝する場面が多いためか、「恐怖」のイメージがついている。
解説者の時に、試合内容に憤ったあまり、中継席にあったボールペンをへし折ったほどでもある婦人公論 2011年10月22日号 125-127ページ。
* 指導方法については1982年アジア大会で指揮を執った全日本唯一の女性監督(中田が後に監督になるまで)である生沼スミエから影響を受けたと語っている。
* 2004年6月、全日本女子がアテネオリンピック出場権を獲得した直後、選手と共に中田久美もフジテレビ「すぽると!」の生放送に登場した。
その際、同番組直前の打ち上げにより酔いが冷めやらぬまま女子選手達は同番組に生出演、その選手らの行き過ぎた浮かれ具合とはしゃぎ振り(実際選手達は、五輪出場権を獲得してテンションが上がって「キャーキャー」と盛り上がり、司会の質問が聞き取りにくくなる程だった)に、中田自身は業を煮やしていた(なおこの生放送前、中田は当時全日本主将の吉原知子に対し立腹寸前の表情で「ちゃんと真面目にやろうね」と注意すると、吉原キャプテンは顔を引きつらせていたという)。
その直後にテレビ画面が試合映像のVTRに切り替わり、渡辺和洋(フジテレビアナウンサー)が試合模様を解説し始めた途端、中田本人のマイクがオンだったままを知らず、突然女子選手達に向かって、「てめえら、この野郎!!」と大声で諌めて一喝した。
さっきまで賑やかだった女子選手達の気を引き締め、同時にスタジオ全体をも静まり返らせたが、その中田の容赦ない怒鳴り声が全国に流れてしまった(当時スタジオには全日本女子監督・柳本晶一の他、フジテレビの局長を初め幹部も多数いたとの事。
CM明けの女子選手達は打って変わって大人しくなり、中にはバツが悪そうな顔の選手もいた)。
この事で中田は、今後フジテレビへの出入り禁止を覚悟する程だったとのちに語っているが、後日日本バレーボール協会のスタッフから「色々ご指導有難う御座いました」と感謝の言葉を貰ったという中田と同じバレーボール元全日本女子代表で、日立時代の後輩でもある大林素子は、この映像を見た時「あの場面にもし私がいたら、きっと女子選手達と一緒にはしゃいで中田先輩に怒鳴られていたかも」とコメントしていた。

東京都練馬区出身。
名前の由来は、誕生日(9月3日生まれ)から。
一人っ子婦人公論 2011年10月22日号 123ページ。
母親の助言もあって - スクスクのっぽくん練馬区立練馬東中学校入学後からバレーボールを始め - ZAKZAK、2007年11月8日、2年生の時山田重雄の英才教育バレーチーム『LAエンジェルス』に2期生として入団。
その関係からバレーボールに専念するため高校は通信制のNHK学園高校に通い卒業。
中学校時代は、同期に生徒会副会長を務めていた尾崎豊がいた。
バレーボール漬けの環境で才能を開花させた中田は、1980年に大谷佐知子と共に史上最年少の15歳(中学3年生)で全日本代表に選出され、同年の日中対抗にセンタープレーヤーとして出場。
直後に山田から素質を買われ、セッターに転向する (婦人公論・'99.5.7号より再録)増島みどり。
翌1981年に日立に進み、セッター転向わずか1年でスタメンを獲得。
同年の日本リーグでは史上初の失セット0での全勝優勝に大きく貢献し、自身も新人賞を獲得した。
なお、日本リーグ(現・プレミアリーグ)デビューは16歳3ヶ月で、2007年1月に15歳4ヶ月で岡山シーガルズのセッター堀口夏実が出場するまでは、最年少記録であった。
1983年からは日本代表でもスタメンセッターとなり、同年のアジア選手権では当時世界一の中国を破り、優勝を飾った。
翌1984年のロス五輪でも銅メダルを獲得。
1986年9月、世界選手権で主将を務めた。
11月、練習中に右膝前十字じん帯を断裂。
再起不能ともいわれた大ケガだったが、リハビリを乗り越え10ヶ月後に試合に復帰。
1988年2月、再び右膝を手術。
しかし右膝は完治せず、試合の時は痛み止めの薬を手放せなくなる。
同年ソウル五輪出場。
1992年、バルセロナ五輪に出場。
日本女子バレー史上初となる3度目の五輪出場を果たし、日本選手団の旗手も務めた。
バルセロナ五輪を最後に同年11月に一度は現役を引退したが、1995年に現役復帰、1996年にはアシスタントコーチに就任。
1997年に日立を退社して以降、バレーボール教室など後進の指導や全国各地での講演、バレーボール解説者のほか、スポーツキャスター、タレントとして活動している。
2005年、父の定年退職と共に、長野県内に新居を購入し、東京都内から両親とともに移住。
2005年から翌年まで、日本バレーボール協会の強化委員を務めた。
2008年、イタリアプロリーグセリエA・ヴィチェンツァのコーチに就任。
日本人女子として初めて海外バレーボールチームの指導者となった。
2009年、セリエA・ノヴァーラのアシスタントコーチに就任。
2011年9月、久光製薬スプリングスのコーチに就任し、2012年7月1日付で監督に就任した。
2012年12月24日、都城で行われた天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会の決勝戦では、昨年優勝の東レを下して優勝。
監督就任1年目にしての快挙となった。
その後、Vプレミアリーグと黒鷲旗全日本男女選抜大会も制覇し、女子チームで初めてとなる3冠を達成した(日韓Vリーグトップマッチと2012年ぎふ国体を含めると5冠となる)。
2016年10月25日、日本バレーボール協会理事会にて満場一致で - 東京新聞、2016年10月26日、バレーボール女子日本代表の監督に選出された(女性監督では生沼スミエに次いで2人目)。
これに伴い久光製薬では総監督となった。
2017年5月、久光製薬を退部。

引用:Wikipedia:データベース

中田久美に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング