中村奨吾 ケガとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ロッテの中村奨吾が練習中にコーチと衝突 左目下を10針縫うケガ ...
ロッテの中村奨吾内野手(26)が21日、日本ハム戦(ZOZOマリン)前の練習中に清水将海バッテリーコーチ(44)と衝突し、習志野市内の病院に緊急搬送され、顔面挫創で左目下を10針縫った。同じく搬送された清水コー.

■2019年4月29日
欅坂二期生の「おもてなし会」にファン2万4千人 松田里奈のMC力キラリ
欅坂46二期生が28日、武蔵野の森総合スポーツプラザのメイン・アリーナ(東京・調布市)で行われた「おもてなし会」の最終日を迎えた。大阪と東京の4回公演で2万4000人を動員。井上梨名(17)、関有美子

■2019年4月28日
千葉真子さん「教えていただいたことは生き続ける」、小出さん通夜
24日に肺炎のため、80歳で死去した陸上女子長距離の名指導者、小出義雄さんの通夜が28日、千葉県佐倉市のさくら斎場で営まれた。白と緑の花で飾られた祭壇は00年シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さん(4

■2019年4月28日
指原莉乃に聞く、卒コンは「すごくあっという間」これから「どうしましょう」
HKT48指原莉乃(26)が28日、神奈川・横浜スタジアムでの卒業公演を終え、報道陣の囲み取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。――終わってみて「本当にあっという間で、3時間半くらい出ずっぱりだった

■2019年4月28日
鈴木博美さん、小出さんとの会話明かす「金メダル獲らせてあげたかった」
24日に肺炎のため、80歳で死去した陸上女子長距離の名指導者、小出義雄さんの通夜が28日、千葉県佐倉市のさくら斎場で営まれた。白と緑の花で飾られた祭壇は00年シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さん(4

■2019年4月28日
みまひな、2ゲーム先取も逆転負け “中国の壁”痛感「勝てない何かがある」
◇卓球・世界選手権個人戦第8日(2019年4月28日ハンガリー・ブダペスト)卓球の世界選手権は28日、女子ダブルス決勝が行われ、伊藤美誠(18=スターツ)・早田ひな(18=日本生命)組は、孫穎莎・王曼

■2019年4月28日
みまひな、中国ペアに惜敗で銀メダル 52年ぶり金は逃すも48年ぶり偉業
◇卓球・世界選手権個人戦第8日(2019年4月28日ハンガリー・ブダペスト)卓球の世界選手権は28日、女子ダブルス決勝が行われ、伊藤美誠(18=スターツ)・早田ひな(18=日本生命)組が、孫穎莎・王曼

■2019年4月28日
“アイドル指原莉乃”卒業 前田敦子、横山由依らから「お疲れ様」メッセージ続々
28日、HKT48の指原莉乃(26)が卒業公演を終えたことを受け、AKB・元AKBメンバーが続々とツイッターを更新。指原へ惜別の言葉を贈った。元AKB48・前田敦子(27)はインスタグラムを更新。「さ

■2019年4月28日
C・ロナウド クラブでの公式戦通算600ゴールを達成
◇イタリア・セリエA第34節インテル・ミラノ1―1ユベントス(2019年4月27日イタリア・ミラノ)セリエA8連覇を達成したユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、クラブで

■2019年4月28日
春名風花、NGT山口真帆の一部ファン過激行為に警鐘“ネットリンチの加害者”に
はるかぜちゃんの愛称で親しまれている声優で女優の春名風花(はるな・ふうか=18)が28日、ツイッターを更新。ネット上での一部ファンの過激な行動に苦言を呈した。この日のツイッターで「僕の悪口や、僕につい

■2019年4月28日
元バレーボール日本代表・南克幸氏 引退後営業マンから「年商100億社長」に転身
元バレーボール全日本代表の南克幸氏(48)が28日放送の日本テレビ「明石家さんまの転職DE天職3時間SP第8弾!あなたも第二の人生考える?」(日曜後7・00)に出演、人気バレー選手から「年商100億社

ロッテ中村奨吾 左目下を10針縫うアクシデント - プロ野球 : 日刊スポーツ
<ロッテ-日本ハム>◇21日◇ZOZOマリンロッテのスタメンは以下の通り。- 日刊スポーツ- 27分前
中村奨吾 X 中村奨吾ケガ - ついっぷるトレンド
ロッテ・中村奨、左目下を10針縫うケガ 清水コーチ...- デイリースポーツ- 16分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも中村奨吾 ケガに関連のある画像ばかりではありません。
中村奨吾 ケガの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

中村 奨吾(なかむら しょうご、1992年5月28日 - )は、兵庫県三木市出身 nikkansports.com 2014年11月11日紙面からのプロ野球選手(内野手、外野手)。
右投右打。
千葉ロッテマリーンズ所属。
父・優仁氏も天理高校野球部OBで、2年生時には夏の甲子園に3番・左翼手で出場している。
なおその際に、中村のプロ入り時の監督となる伊東勤と対戦した経験がある。
その後電電近畿(現NTT西日本)に進んで野球を続けた。
中村が小学生時から練習に付き合い、アドバイスを送っていた「野球太郎」 No.013 104頁 廣済堂出版。
早稲田大学時代から井口資仁が「憧れであり目標の選手」であったが、プロでのドラフト指名がロッテであったことで、プロではチームメイト、そして所属チームの指揮官と選手の関係になった 産経新聞。
井口を目標とするようになったのは、大学2年生の春に二塁手へのコンバートが決まった際に、自身と同じ「俊足巧打の右打者」で手本になり得る存在は誰かをイメージした際に浮かんだのが井口であったからだという。
また、「(現役時代の井口のような)逆方向にも強い打球が打てる打者」を理想像としているという。
プロ入り当初は、「最も地味なドラフト1位指名選手」と称されていたが、本人は2015年の春季キャンプの際に「理想は中距離打者。
率(打率)も残せて、足もいかせれば。
実力で注目してもらえれば(と思います)」と述べていた。
大学時代から、「漫画は読まない、ゲームもしない、休みのときは買い物のため以外での外出を控えて疲労の回復に努めるほどの「野球の虫」であるという。
また、お酒が飲めない。
真面目な性格の持ち主であり、趣味として「人間観察」を挙げている。

引用:Wikipedia:データベース

中村奨吾 ケガに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも中村奨吾 ケガに関連のある動画ばかりではありません。

中村奨吾 ケガに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング