中島歌子とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
中島歌子 とは - コトバンク - Kotobank
中島 歌子(なかじま うたこ、1845年1月21日(弘化元年12月14日) - 1903年(明治36 年)1月30日)は、日本の歌人。和歌と書を教える私塾「萩の舎」を主宰し、明治時代の 上流・中級階級の子女を多く集め、成功した。歌人としてより、樋口一葉、三宅花圃の 師匠 ...
中島歌子 - DTI
辞書別に見る:デジタル版 日本人名大辞典+Plus-美術人名辞典
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも中島歌子に関連のある画像ばかりではありません。
中島歌子の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

中島 歌子(なかじま うたこ、1845年1月21日(弘化元年12月14日) - 1903年(明治36年)1月30日)は、日本の歌人。
和歌と書を教える私塾「萩の舎」を主宰し、明治時代の上流・中級階級の子女を多く集め、成功した。
歌人としてより、樋口一葉、三宅花圃の師匠として名を残している。
1845年1月21日(弘化元年12月14日)、武蔵国入間郡森戸村(現・埼玉県坂戸市)に生まれる。
父・中島又衛門は農民ながら村名主であり豪商。
母・福島いく(幾子)の実家も江戸通いの船で商売をしていた幕府御用達の豪商で、いくは川越藩の奥に仕えていたこともある]、流通経済大学流通情報学部紀要 2003年3月]。
歌子が生まれてほどなく江戸の牛込揚場町に移り住む。
歌子の親戚(『坂戸人物誌』)や藤井公明(『続樋口一葉研究』)によると、両親は小石川安藤坂の伝通門前にあった水戸藩御用達宿「池田屋」の加藤佐右衛門の夫婦養子となり(形式上の養子であり実質上は買収)、1850年代に家族で小石川の屋敷に居住するようになる]、城西大学]。
父が水戸の藤田東湖らと交際があったことから、10歳から15歳まで水戸藩支藩の府中松平家の奥に仕えた。
18歳のとき、かねてより恋い慕っていた水戸藩士・林忠左衛門と結婚し、水戸五軒町の林家に嫁入りした。
江戸の豪商の嫁入りは、当時の水戸で話題になった程であったという『武家の女性』山川菊栄、1943年。
たが、1864年、天狗党の乱に加担した罪で夫が自害。
歌子も連座して2か月間投獄される。
歌を水戸の国学者、林寰雄に学んでいたが、林が亡くなったため、1865年から加藤千浪に師事。
明治に入ってから歌塾「萩の舎」を小石川の自宅で開く。
兄弟子の伊東佑命を通して、御歌所の長・高崎正風と知り合ったこと、また、両親の実家が水戸藩、川越藩と付き合いがあったことから、上流・中流家庭の多くの子女を門弟に抱えることができ、大いに繁栄した。
1901年に日本女子大学が設立されると、和歌の教授に迎えられたが、病気のため辞退、三宅花圃が代わりに就任した。
1903年(明治36年)1月30日、60歳で死去。
郷里の兄とは不仲で、養子も居付かず、家族には恵まれなかったが、葬儀には200人が集まり、その列は三町にも達したという。
両親の眠る谷中墓地に葬られている。
歌塾は閉じたが、元養女すみの三男廉が養子に入って家名を継いだ。

引用:Wikipedia:データベース

中島歌子に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも中島歌子に関連のある動画ばかりではありません。

中島歌子に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング