世IV虎とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。

■2018年4月29日
SKE48後藤楽々が大学受験のため一時休養 合格したら復帰へ
 SKE48の後藤楽々(17)が、5月1日からグループでの活動を休業することが29日に発表された。現在、高校3年生の後藤は志望大学への合格を目指して、しばらくの間、学業に専念。グループを卒業はせず、大

■2018年4月29日
【柔道全日本】原沢久喜が涙の優勝 小川雄勢と100キロ超級代表に
 体重無差別で柔道日本一を決める全日本選手権(29日、東京・日本武道館)で、リオ五輪100キロ超級銀メダリストの原沢久喜(25=日本中央競馬会)が3大会ぶり2度目の優勝を飾った。大会後に行われた全日本

■2018年4月29日
さや姉「熱い気持ちを持った子に!」NMB・6期生オーディション発表
 今年で結成8周年を迎える「NMB48」が29日、パシフィコ横浜で18枚目シングル「欲望者」発売記念・個別握手会を開催し、第6期生オーディションを行うことを発表した。オーディションを行うのは2年3か月

■2018年4月29日
【体操全日本】内村航平 11連覇ならず「これじゃ勝てるわけない」
 体操の世界選手権(10~11月、カタール・ドーハ)代表選考を兼ねた全日本選手権最終日(29日、東京体育館)、男子決勝で内村航平(29=リンガーハット)は予選との合計点171・664点で3位となり、前

■2018年4月29日
【体操全日本】伏兵・谷川が最年少V 女子は村上が貫禄の3連覇
 体操の世界選手権(10~11月、カタール・ドーハ)代表選考を兼ねた全日本選手権最終日(29日、東京体育館)、男子決勝は伏兵の谷川翔(19=順大)が合計172・496点で制し、史上最年少優勝を飾った。

■2018年4月29日
【香港GIクイーンエリザベスII世C】昨年の2着馬パキスタンスターが快勝 アルアインは5着、ダンビュライトは7着
 29日、香港・シャティン競馬場で行われたGIクイーンエリザベスII世カップ(芝2000メートル)は昨年2着の地元・パキスタンスター(せん5=A・クルーズ)が直線抜け出して快勝。2着にゴールドマウント

■2018年4月29日
【香港GIチェアマンズスプリントP】アイヴィクトリーが勝利 高松宮記念覇者ファインニードルは4着
 29日、香港・シャティン競馬場で行われたGIチェアマンズスプリントプライズ(芝1200メートル)は地元のアイヴィクトリー(せん5=J・サイズ)が勝利。勝ち時計は1分8秒63。日本から参戦した今年のG

■2018年4月29日
阪神・金本監督がっくり「投手を四球で出してホームランという…」
 阪神は29日の広島戦(マツダ)に2―5で敗れ、今季最多の借金2となった。2―2の6回、先発・能見がバティスタに一発を浴びて勝ち越されると、7回には2番手・石崎が投手の大瀬良への四球の後、1番・田中に

■2018年4月29日
中日4連敗で借金6 拙攻の連続に森監督「チャンスがピンチになってしまっている」
 中日は29日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に2―4と逆転負けを喫し、今季3度目の4連敗で借金は最多の6となった。今季初の延長戦となった2―2の10回、守護神・田島慎二投手(28)が、無死二塁から筒香嘉

■2018年4月29日
【アーティスティックスイミング】井村雅代ヘッドコーチ 好成績にもダメ出し連発
 アーティスティックスイミング(シンクロナイズドスイミングから改称)のジャパンオープン3日目(29日、東京辰巳国際水泳場)、8人制チームのフリールーティンは日本が92・2000点で優勝した。しかし、井

引退に納得できない…世IV虎引退セレモニーでハプニング ... - Naverまとめ
2015年6月1日 - 女子プロレス「スターダム」は5月31日、同日付で所属選手の世IV虎(21)が引退する ことを電撃発表した。14日の東京・後楽園ホール大会で、ファンに最後のあいさつをする 。2月22日の後楽園大会で行われた安川惡斗(28)との試合が凄惨 ...
女子プロレス顔面殴打事件の落とし所――風香GMが語る「世IV虎引退劇 ...
2015年6月14日 - 世IV虎引退セレモニー…あの凄惨マッチのけじめのつけ方は正しいとは言えないだろう …運営にも批判の声が相次いでいる.
壮絶マッチの世IV虎が引退の挨拶|コラム|スポーツナビ
2015年6月18日 - 6.14女子プロレス「スターダム」(東京・後楽園ホール)では、自身が起こした顔面殴打 事件の責任を取る形で現役引退を決意した世IV虎(よしこ)の引退セレモニーが行われ た。セミファイナル終了後、入場テーマとともに姿を現した世IV虎。
プロレスに関連するアーカイブ一覧 - Yahoo!ニュース
2015年6月14日 - 壮絶マッチの世IV虎が引退の挨拶 - ことし2月に安川惡斗との壮絶なケンカマッチで無 期限出場停止処分を受け、5月31日に引退を発表した世...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも世IV虎に関連のある画像ばかりではありません。
世IV虎の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

世志琥(よしこ、1993年7月26日 - )は、日本の女子プロレスラー。
2011年から2015年までスターダムに所属(旧リングネームは世IV虎)していたが、2015年に安川惡斗に対して行った暴行試合が社会的に問題視されたため、2016年にSEAdLINNNGに移籍した。
スターダムのロッシー小川代表によれば、世IV虎の常軌を逸した「キレやすさ」は性格に何かしらの欠陥があるためと考えられており、スターダムではカウンセリングの必要性も検討されていたという。
スターダム時代は金髪ロングに眉毛を全て剃り落とした強面の顔が特徴だったが、アイドル好きというギャップのあるキャラクターとしてテレビのバラエティ番組などに出演していた。
小学生時代は風香のファンであったが、その後は家出や喧嘩で度々補導されるヤンキーになる。
ブログを通じて風香にスカウトされ、スターダムに参加する。
* 2011年** 1月23日 - 新木場1stRINGで開催された「スターダム旗揚げ戦 〜Birth of nova 新星誕生!〜」のメインイベントで美闘陽子と対戦し、10分31秒ドールBからのエビ固めで敗戦 スターダム公式サイト スポーツナビ 2011年1月23日。
** 2月12日 - 2戦目で夏樹☆たいようとのタッグで美闘&愛リス組と対戦。
ヤンキー座り固めで美闘から勝利しリベンジを果たす。
その後も夏樹とのタッグを継続。
タッグチーム名は2人の出身地から「川崎葛飾最強伝説」と呼ばれた。
それに山縣優も加わって「トラブルメーカー2」としても活動する。
** 10月30日 - センダイガールズプロレスリング主催「女子プロレス団体対抗Flashトーナメント」で決勝に進出する(タッグパートナーは高橋奈苗)。
** 12月11日 - ルーキー・オブ・スターダム2011(新人王)を獲得する。
* 2012年** 1月8日 - TDCホールで開かれたブル中野引退興行のセミに出場(高橋奈苗、里村明衣子、さくらえみ VS 栗原あゆみ、世IV虎、藤本つかさ)。
** 8月18日 - DDTプロレスリング日本武道館大会「武道館ピーターパン」の5vs5 サッカーマッチに参戦。
** 11月25日 - 川崎葛飾でGODDESSES OF STARDOM 2012優勝。
初タイトルとなるゴッデス・オブ・スターダム王座を獲得する。
* 2013年** 4月29日 - 両国国技館大会で愛川ゆず季引退試合の相手を務めた。
** 8月18日 - DDT両国大会「両国ピーターパン2013」にて赤井沙希のデビュー戦の相手(マサ高梨、チェリー、赤井 vs 福田洋、世IV虎、志田光)。
** 9月8日 - WRESTLE-1旗揚げ戦に参戦し、岩谷麻優とシングル。
** 10月1日 - 今井良晴追悼興行に出場(高橋奈苗、脇澤美穂、夏樹☆たいよう VS 紫雷イオ、世IV虎、岩谷麻優)。
** 10月17日 - センダイガールズ後楽園大会「超世代闘争」8v8勝ち抜き戦で新生軍最後のひとりとして出場し、里村からフォールして新生軍勝利に導いた。
* 2014年** 3月22日 - 大田区総合体育館で開かれた長与千種プロデュース「That's女子プロレス」に参戦、ダンプ松本、KAORUと組み、長与、花月、彩羽匠組と対戦する。
** 7月12日 - DDT川越・えすぽわーる伊佐沼大会、DDT EXTREME級選手権アイドルランバージャックマッチにおける「男色ディーノが連れて来たアイドル」として登場し、ディーノのタイトル奪取に貢献した。
** 8月10日 - 後楽園ホールで紫雷イオからワールド・オブ・スターダム王座を奪取し、第4代チャンピオンとなる。
* 2015年** 2月22日に後楽園ホールで行った安川惡斗とワールド・オブ・スターダム王座の防衛戦が安川に対する暴行試合となり、世IV虎の行うプロレスが社会的に問題視され引退( = スターダムからの退団)することになった(後述)。
* 2016年** 3月7日 - SEAdLINNNGに移籍し、後楽園ホール大会の高橋奈七永戦で勝利し、試合後に山下りな、中島安里紗、Sareeeから対戦要求をされる。
** 4月8日 - 復帰後初のセンダイガールズに参戦。
カサンドラ宮城との一騎討ちを行い勝利する。
** 5月5日 - ワールド女子プロレス・ディアナに参戦し同期のSareeeと対戦し勝利。
** 6月5日 - 4月10日より開幕のプロレスリングWAVE主催Catch the WAVE 2016に出場しシルバーグレーブロックを首位で通過した。
しかし、準決勝で水波綾に敗れ決勝進出とはならなかった。
* 2017年** 1月8日 - OZアカデミーにてアジャ・コングとタッグを結成し以降も参戦中。
** 2月11日 - ソウル市奨忠体育館で行われた、韓国の総合格闘技(MMA)「ROAD FC」に参戦しTKO勝ちする。
** 8月11日 - 横浜ラジアントで行われたULTRA U-7 TOURNAMENTで優勝。
試合後に彩羽匠とのライバル関係をアピールした。
週刊プロレス2017年9月13日号p.119。
** 10月29日 - OZアカデミー横浜文化体育館大会にて、松本浩代の持つOZアカデミー認定無差別級王座に挑戦し勝利、第21代王者となると共に紫雷美央が持っていた同王座最年少獲得記録を更新した。
* 2018年** 1月28日、なにわ超花火2018(大阪府立体育会館)にて自身初の電流爆破デスマッチに挑戦した。
この試合は「爆女王」選手権試合の4WAYマッチとして行われ、長与千種(王者)・藤田あかね・ブードゥー・レディーマスク相手に勝利、第2代王者となった - 東スポWeb 2018年1月28日。

引用:Wikipedia:データベース

世IV虎のツイート

世IV虎に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも世IV虎に関連のある動画ばかりではありません。

世IV虎に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング