世界卓球 速報とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
【試合結果】日本vs香港 世界卓球2018男子決勝トーナメント1回戦の勝敗 ...
日本vs香港 世界卓球男子 1回戦の勝敗、得点・スコア・成績などの豊富で詳細な情報を掲載しています。Player!で熱狂の瞬間を見逃すな!
世界卓球2018 結果速報と組み合わせトーナメント表(男子と女子) | ゆとり ...
2018年の世界卓球、卓球好きはだれもが注目していることでしょう。世界卓球2018の結果速報と組み合わせトーナメント表は絶対に把握しておきたい情報だと思います。

■2018年5月10日
卓球 香港オープン2018 日程と出場選手(男子と女子)~ITTFワールドツアー~
卓球のITTFワールドツアー・香港オープン2018が5月22日から開催されます。日本からはトップレベルの選手が […]

■2018年5月09日
卓球 香港オープン2018 結果速報と組み合わせトーナメント表(男子と女子)~ITTFワールドツアー~
ITTFワールドツアー・香港オープンが2018年5月22日から開催!卓球好きは男子と女子の結果速報や組み合わせ […]

■2018年5月08日
卓球 最新世界ランキング(2018年6月) 女子と男子の日本選手の順位は!?
卓球の最新世界ランキング、2018年6月はどうなったのでしょうか?男子と女子日本選手の順位は特に注目ですよね。 […]

■2018年5月07日
卓球 タイオープン2018 日程と出場選手(男子と女子)~ITTFチャレンジ~
卓球のITTFチャレンジ・タイオープン2018が5月に開催。ここでは日程や男子と女子の出場選手、メンバーについ […]

■2018年5月07日
卓球 タイオープン2018 結果速報と組み合わせトーナメント表(男子と女子)~ITTFチャレンジ~
ITTFチャレンジ・タイオープン2018が5月中旬から開催されます。男子と女子の結果速報と組み合わせトーナメン […]

■2018年5月06日
世界卓球2018男子決勝戦 中国vsドイツの結果速報!優勝は!?
2018年の世界卓球選手権スウェーデン大会団体戦、男子決勝戦は中国vsドイツとなりました。優勝はどちらになった […]

■2018年5月05日
世界卓球2018女子決勝 日本vs中国の結果速報と動画!優勝したのは!?
2018年の世界卓球選手権スウェーデン大会団体戦。女子は日本と中国が決勝トーナメントの決勝戦で激突!ついに優勝 […]

■2018年5月04日
卓球 メガネとコンタクトレンズどちらがよい?メリットとデメリット!
卓球をやる上で球がよく見えるということは重要な部分。目が悪い人からすると、メガネやコンタクトレンズを着用したい […]

■2018年5月03日
世界卓球2018 中国代表メンバー情報!~スウェーデン大会~
世界卓球選手権スウェーデン大会2018、団体戦ということで多くの人が楽しんでいるかと思います。今大会も優勝候補 […]

■2018年5月03日
張本智和の快挙のまとめ!卓球好きは要チェック!
日本男子卓球選手で今、一番注目されているのが張本智和選手。これまでに色々な快挙がありましたが、どのような快挙が […]

世界卓球:団体女子、南北合同チームで準決勝に - 毎日新聞
1日前 - 準々決勝で対戦予定の韓国と北朝鮮で結成 国際卓球連盟(ITTF)は3日、スウェーデンのハルムスタードで開催されている世界選手権団体戦の女子で、韓国と北朝鮮による合同チームが急きょ結成されたと発表した。
世界卓球2018 スウェーデン大会(団体戦)|結果速報 | 卓球動画 × 試合 ...
2018年4月29日 - 世界卓球2018(スウェーデン大会)の結果. 大会名称:2018世界卓球選手権スウェーデン大会(団体戦) 英語名称:Liebherr 2018 World Team Table Tennis Championships. 開催場所:スウェーデン(ハルムスタッド) 時差7時間開催日:2018年4月29日(日)~2018年5月6日(日). 目次 [非表示]. 試合動画; 試合結果. 男子; 女子. 世界卓球2018の見どころ. 男子; 女子. 日本代表選手. 男子; 女子 ...

■2018年5月08日
卓球世界ランキング|2018年5月
卓球世界ランキング(2018年5月) 今月のトピック 5月は世界卓球2018が開催されました。 男子は張本智和が、『13位 → 10位』に上げています。 及川瑞基は『103位 → 77位』大幅順位アッ

■2018年5月06日
卓球動画|許昕(中国) vs フランチスカ(ドイツ) | 世界卓球2018 男子 決勝 第3試合
世界卓球2018の動画→世界卓球2018の動画はこちら 試合結果 世界卓球2018 スウェーデン大会(団体戦)|結果速報Copyright © 2018 卓球動画 × 試合結果 × ニュース

■2018年5月06日
卓球動画|樊振東(中国) vs フィルス(ドイツ) | 世界卓球2018 男子 決勝 第2試合
世界卓球2018の動画→世界卓球2018の動画はこちら 試合結果 世界卓球2018 スウェーデン大会(団体戦)|結果速報Copyright © 2018 卓球動画 × 試合結果 × ニュース

■2018年5月06日
卓球動画|馬龍(中国) vs ティモ・ボル(ドイツ) | 世界卓球2018 男子 決勝 第1試合
世界卓球2018の動画→世界卓球2018の動画はこちら 試合結果 世界卓球2018 スウェーデン大会(団体戦)|結果速報Copyright © 2018 卓球動画 × 試合結果 × ニュース

■2018年5月06日
卓球動画|フランチスカ(ドイツ) vs 鄭栄植(韓国) | 世界卓球2018 男子 準決勝 第5試合
世界卓球2018の動画→世界卓球2018の動画はこちら 試合結果 世界卓球2018 スウェーデン大会(団体戦)|結果速報Copyright © 2018 卓球動画 × 試合結果 × ニュース

■2018年5月06日
卓球動画|ティモ・ボル(ドイツ) vs 李尚洙(韓国) | 世界卓球2018 男子 準決勝 第4試合
世界卓球2018の動画→世界卓球2018の動画はこちら 試合結果 世界卓球2018 スウェーデン大会(団体戦)|結果速報Copyright © 2018 卓球動画 × 試合結果 × ニュース

■2018年5月06日
卓球動画|オフチャロフ(ドイツ) vs 張禹珍(韓国) | 世界卓球2018 男子 準決勝 第3試合
世界卓球2018の動画→世界卓球2018の動画はこちら 試合結果 世界卓球2018 スウェーデン大会(団体戦)|結果速報Copyright © 2018 卓球動画 × 試合結果 × ニュース

■2018年5月06日
卓球動画|ティモ・ボル(ドイツ) vs 鄭栄植(韓国) | 世界卓球2018 男子 準決勝 第2試合
世界卓球2018の動画→世界卓球2018の動画はこちら 試合結果 世界卓球2018 スウェーデン大会(団体戦)|結果速報Copyright © 2018 卓球動画 × 試合結果 × ニュース

■2018年5月06日
卓球動画|フランチスカ(ドイツ) vs 李尚洙(韓国) | 世界卓球2018 男子 準決勝 第1試合
世界卓球2018の動画→世界卓球2018の動画はこちら 試合結果 世界卓球2018 スウェーデン大会(団体戦)|結果速報Copyright © 2018 卓球動画 × 試合結果 × ニュース

■2018年5月06日
卓球動画|平野美宇 vs 劉詩雯(中国) | 世界卓球2018 女子 決勝 第4試合
世界卓球2018の動画→世界卓球2018の動画はこちら 試合結果 世界卓球2018 スウェーデン大会(団体戦)|結果速報Copyright © 2018 卓球動画 × 試合結果 × ニュース

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも世界卓球 速報に関連のある画像ばかりではありません。
世界卓球 速報の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

世界卓球選手権(せかいたっきゅうせんしゅけん、)は、ITTF(国際卓球連盟)主催で1926年に始まった。
卓球の世界最高峰に位置付けられる大会である。
通称、世界卓球、世界選手権。
国際卓球連盟の主催する最も権威ある卓球の国際大会であって、第1回大会は1926年にロンドンにおいて開催された。
途中第二次世界大戦による1940年から1946年にかけての中断があった。
1957年の第24回ストックホルム大会以前は原則毎年開催されていたが、それ以降は、2年おきに実施されていた。
第45回大会は当初ユーゴスラビアのベオグラードで開催が予定されていたが内戦が激化したため、急遽個人戦と団体戦を分けて開催することとなった。
第46回大会は個人戦、団体戦が同時開催されたが、第47回大会以降は再び個人戦と団体戦が隔年で開催されている(西暦末尾奇数年が個人戦、同偶数年が団体<国別対抗>戦)。
最初世界選手権大会においては、ハンガリー勢の実力が圧倒的であったが、1936年第10回プラハ大会頃以降、ハンガリー勢の退潮とともにチェコ、オーストリア、アメリカ選手勢がそれぞれ徐々に台頭を見せた。
1952年に行われ、はじめてヨーロッパ以外で開催された第19回ボンベイ大会で、初めて日本勢が男女ダブルス、女子団体、男子シングルスの4種目で優勝して以降、世界の卓球界の勢力は圧倒的にアジア優勢へと傾いた。
その後、60年代に中国が台頭したが、文化大革命の影響で1967年、1969年の大会は欠場。
日本のピンポン外交努力と周恩来の決断により1971年、3大会ぶりに復帰するまでの日本の一時的復権を挟んで1970年代以降は、中国の卓球全盛時代となった。
特に女子においては、中国の覇権は一貫して絶対的なものに近い。
男子卓球においては、1980年代末以降のスウェーデンの台頭が引き金となったヨーロッパ勢の黄金時代があり、中国男子は一時期、団体で表彰台にも上がれぬほど低迷した。
しかし90年代半ばには再び王座に返り咲き、その後しばらくは中国とスウェーデンを筆頭にしたヨーロッパとの拮抗は続いたものの、2000年代中盤以降は男子においても中国の完全な一強状態であり、中国が全種目優勝を独占することが多い。
中国以外では、ドイツ、日本、韓国、香港などが現在の実力国(地域)として挙げられる。

引用:Wikipedia:データベース

世界卓球 速報に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも世界卓球 速報に関連のある動画ばかりではありません。

世界卓球 速報に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング