三浦大輔 99.9最終回とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
“ハマの番長”三浦大輔氏「99.9」最終回登板、民放連ドラ初出演 ...
元横浜DeNAベイスターズの“ハマの番長”こと三浦大輔氏(44)が、民放連続ドラマに初出演する。18日放送のTBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―SEASON2」(後9・00)の最終話に登場する。 嵐の松本潤(34)演じる弁護士・深山が、無罪の可能性を信じて難解な刑事事件に挑むドラマ。番長の役どころは、深山が事件の捜査で見つけ出す重要なポイントに関わるキーマン。「マウンドでより緊張する」と言いながら、 堂々の演技を披露。相手のアドリブに合わせてセリフの語尾を変える“変化球”でも ...
“ハマの番長”三浦大輔氏「99.9」最終回登板、民放連ドラ初出演|au ...
“ハマの番長”三浦大輔氏「99.9」最終回登板、民放連ドラ初...
ハマの番長 三浦氏が99.9出演 | 2018/3/13(火) 6:23 - Yahoo!ニュース
元横浜DeNAベイスターズの“ハマの番長”こと三浦大輔氏(44)が、民放連続ドラマに初出演する。18日放送のTBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―SEASON2」(後9・00)の最終話に登場する...- スポニチアネックス- 9分前
“ハマの番長”三浦大輔氏「99.9」最終回登板、民放連ドラ初出演- 記事 ...
元横浜DeNAベイスターズの“ハマの番長”こと三浦大輔氏(44)が、民放連続ドラマに初出演する。18日放送のTBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―SEASON2」(後9・00)の最終話に登場する。 嵐の松本潤(34)演じる弁護士・深山が、無罪の可能性を信じて難解な刑事事件に挑むドラマ。番長の役どころは、深山が事件の捜査で見つけ出す重要なポイントに関わるキーマン。「マウンドでより緊張する」と言いながら、 堂々の演技を披露。相手のアドリブに合わせてセリフの語尾を変える“変化球”でも ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも三浦大輔 99.9最終回に関連のある画像ばかりではありません。
三浦大輔 99.9最終回の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

三浦 大輔(みうら だいすけ、1973年12月25日 - )は、奈良県橿原市出身の元プロ野球選手(投手)。
右投右打。
愛称は「ハマの番長」。
マネジメントはエイベックス・マネジメント。
三浦は横浜大洋ホエールズへ入団した以降、後継球団の横浜ベイスターズ・横浜DeNAベイスターズを通じて一貫して横浜でプレーした。
また、三浦は「NPBの現役最年長選手および、横浜大洋への在籍経験を持つ最後の選手」として迎えた2016年には「プロ野球の公式戦で投手が安打を放った最多連続年数」というギネス世界記録を達成し、同年シーズン限りで現役を引退した(詳細後述)。
三浦が入団した1992年から2015年シーズン終了時点までに、球団名が横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズと変化しているが、三浦は「その3球団全てに在籍したことがある」「横浜ベイスターズ期間中(1993年 - 2011年)に一度も移籍したことがない」唯一の選手であった。
また、2015年・2016年シーズンには、「横浜球団時代の1998年にセ・リーグ優勝を経験した唯一の生え抜き選手」として現役生活を続けた他球団在籍者では相川亮二、多村仁、鶴岡一成も1998年に横浜に在籍しているが、この年に一軍出場は無かった。
鶴岡と多村は2016年、相川も2017年限りで引退した。

2015年シーズンまでは、横浜大洋時代に入団した選手のうち、三浦・斎藤・谷繁元信(1989年ドラフト1位)がNPBで現役生活を続けていた。
しかし、斎藤・谷繁が同年限りで現役を引退したため、2016年シーズンには三浦が横浜大洋だった時代を知る最後の現役選手であった。
先発した試合で最小失点に抑えていても、味方打線の沈黙によって敗戦投手になるケースが多い。
は記録した7分のうち5試合に先発登板しているが、その中には両投手の完封リレーによって0-0で引き分けた試合(2005年4月15日の広島戦、相手投手は黒田博樹)も存在したほか、7回2失点以内に抑えて勝利投手になれなかった試合も9試合存在する。
しかし、そのような試合でも「打たれた自分が悪い」と決して他人に責任を押し付けず、打線を擁護するコメントを出している。
リーゼントの髪型がトレードマークで、通称「ハマの番長」と評される。
現役引退会見にもリーゼント姿で登場し、「現役から卒業しても、リーゼントの髪型をできる限り続けたい」との意向を示した。
矢沢永吉の大ファン。
リーゼントの髪型は矢沢からの影響で、プロに入ってすぐ矢沢の自伝『成りあがり』を読みポマードを買って髪を固めた。
シーズンオフは皮のジャケットに身を包み、タオルを首に巻いて矢沢の日本武道館でのコンサートに足を運ぶ。
数年前から長男も連れて行っているという。
2016年の引退試合後に行われたセレモニーでは、矢沢本人からのVTRメッセージが流された。
プロレス関係者との交流が深い。
1998年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会ではnWoジャパン構成員として、鈴木尚典と共に蝶野正洋のセコンドに付いた。
2002年には魔界倶楽部総裁の星野勘太郎から「魔界18号」と命名されている。
また、親交の深かった橋本真也が2005年に急逝した直後の7月13日の広島戦では橋本の入場テーマ「爆勝宣言」でマウンドに上がって見事完封勝利を収め、ヒーローインタビューで涙を流した。
2015年2月27日の春季キャンプ終了後には新日本プロレスの沖縄県立武道館大会を観戦し、大会終了後には天山広吉との2ショット写真に収まり、天山が自身のTwitter上でその写真をアップしたツイートを投稿した。
自身のブログには、三浦自身が見つけたものや見かけたもの(モニュメント、花、景色)や季節、チームメイトの山口俊・牛田成樹・加賀繁やトレーナー、裏方などといった三浦と交流がある人物、本拠地である横浜スタジアムの様子、自身が出演するメディアの情報、さらには飼っている2匹の犬(「ラブ」と「シュガー」と名づけている)の様子などが原則1日1回のペースで更新されている。
ブログに載せている写真はほぼ全て自ら撮影しているため、常に右端の同じ位置でフレームインしている。
登板した試合で勝利投手となった日は、既にブログを更新している場合でも勝利を表す白星(☆)を1個ずつシーズン勝利数の分だけ積み重ねて再度更新するなど、ファンとの交流を非常に大切にしている。
2011年には現役の野球選手として初めて競走馬「リーゼントブルース」を所有することとなり、日本中央競馬会の馬主登録も行った。
トマトが嫌いである。

引用:Wikipedia:データベース

三浦大輔 99.9最終回に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも三浦大輔 99.9最終回に関連のある動画ばかりではありません。

三浦大輔 99.9最終回に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング