ワタナベマホトとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
「俺はロリコンだから今の彼女では興奮しない」年収約9000万が ...
2021/4/3 - 3月17日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたワタナベマホト(本名・渡邉摩萌峡)氏(28)。草創期から活躍し、ユーチューバーの“帝王”と ...

■2021年8月22日
「僕はそういう表現は使わないです」大谷翔平が“二刀流” という言葉を避ける“決定的理由”
 投げて、打って、走って、守って。メジャーリーグでの大谷翔平選手の勢いが止まらない。しかし、プロ入り直後は「二刀流なんて、ケガをする」「どっちも中途半端になる」「二兎を追う者は一兎をも得ずだ」「プロを

■2021年8月22日
大谷翔平(23)が語ったスケールの大きすぎる“理想の将来像” 「てっぺん…どこなんですかね」
 シーズン後半戦に入っても失速することなく、ホームランを量産し、勝ち星を重ね続ける大谷翔平選手。メジャーリーグ史に残るほどの活躍を見せる大谷選手は、自身の挑戦の道のりをどのように思い描いているのだろう

■2021年8月22日
実験部の女子学生が殺人犯とバッタリ遭遇したら、どう切り抜ける?
女子中学生探偵・写楽炎と後輩の「空手くん」の2人組が奇怪な事件に挑む、本格ミステリコミック「怪奇探偵・写楽炎」。 第4巻の発売を記念して、シリーズ傑作選を期間限定で公開します。 第1弾は「…

■2021年8月22日
《連続不倫訴訟》40代電通マンを“被害女性の会”が追い詰め、ついに初公判! X氏は直撃に「同時進行の恋愛の一環」――2021上半期BEST5
2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。裁判部門の第5位は、こちら!(初公開日 2021年4月17日)。***「夫が不倫していることも赤坂に別邸…

■2021年8月21日
がーどまん、マキヒカ…人気YouTuberらが実名告発「信頼関係は完全に崩れた」《Kiii大量退所の真実》
「抜けた理由なんですけど、ちょっと変わった理由でして……。簡潔に言うとですね、事務所の代表、社長さんですね。社長さんが代わりました。変な感じで代わったんですよね。しかも、急に代わったんですよ。(中略)

■2021年8月21日
《台場デート撮》Da-iCE花村想太と元NMB48“みるきー”渡辺美優紀が同棲交際 直撃に「言ってもいいくらい」――2021上半期BEST5
2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。男性芸能人部門の第1位は、こちら!(初公開日 2021年5月15日)。*** 5月6日の12時頃、東京・…

■2021年8月21日
「有給取って、近くまで来ました」とLINEが…職場でストーカー被害に遭った女性が語る“怖すぎる顛末”
 一日のうちの長い時間を過ごしている“職場”。現在は、リモートワークが普及して状況も変わってきているが、今もなお多くの人がひとつの職場で仕事をしている。 多種多様な人間が集まる職場には、あなたの味方も

■2021年8月21日
《外国人窃盗団の運転手》腹を空かせた迷い犬と無職の男が、コンビを組んで始めた仕事
傷つき悩む人々に寄りそう、一匹の犬がいた──。直木賞受賞のベストセラーを、『星守る犬』の名手が感動コミカライズ。土曜日更新。第2回は9月4日(土)17時に更新予定です。少年と犬星…

■2021年8月21日
恐ろしい本性を露わにし、愛人だった田代を斬り捨てた惣三郎。それを見た土方と沖田は……
河原に田代を誘い出した惣三郎は、刀を抜いて襲いかかってきた。田代は「隊士を斬ったのも、小柄を盗んだのもお前の仕業だろう。なぜだ!」と惣三郎に問いかけるが……。第53話は8月22(日)17時に更新予定で

■2021年8月21日
《現役早大生20歳》「AV女優だけど就活どうするの?」「ちゃんと納税してるの?」と聞かれ…デビューから1年で感じた心の変化
 昨年12月に文春オンラインでインタビューした早稲田大学在学中のAV女優・渡辺まおさん(20)。今年5月にデビューから1年を迎えた彼女は、大学3年生になり、自分のこれからの人生について改めてよく考える

■2021年8月21日
「ベンチの下には遺体が遺棄されていた」吠えると“何かが起こる”飼い犬には何が見えていたのか
 京都・蓮久寺の三木大雲住職のもとには、助けを求める人が絶えない。ポルターガイストに悩まされている、人形をお祓いしてほしい、さまよう霊を供養成仏させてほしい……。 そんな実話や自身の体験など、現代の怪

■2021年8月21日
路上動画でバズった人気歌手・優里(26)が「Juice=Juice」メンバーと“半同棲”熱愛《スクープ撮》――2021上半期BEST5
2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。男性芸能人部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年月日)。*** 10代を中心に爆発的な人気の広が…

■2021年8月21日
アンケートは「する」?「とる」?広まってきているのはどっち?《その道37年の辞書編集者に聞いてみた》
 日常で使う様々な言い回し。話していて、書いていて、ふとした瞬間に「あれ、これで言い方あっていたっけ……?」と疑念がよぎることはないだろうか。 そんな日常で直面する「微妙におかしな日本語」について、『

■2021年8月21日
岡田将生(32)が明かす“女子アナ恋人”への本音「頭がいいひとがいいですよね、僕アタマ悪いんで」《3人の元夫との交友録》
 今年、芸歴15周年を迎えた岡田将生(32)。甘いマスクで若い頃からイケメン俳優として人気を博していたが、ここへきて“実力派俳優”としても存在感が際立ってきた。今年4月から6月まで放送された「大豆田と

■2021年8月21日
「そうめんは飲み物」と断言 専門家に聞いた「そうめんが無限に食べられるレシピ」14選
 私は、ソーメン二郎。そうめん研究家です。奈良県桜井市の生まれで、親戚が三輪そうめんの製麺所を経営していました。小学生の頃は、夏のお中元シーズンになると贈答品として発送するそうめんの伝票に住所・名前を

■2021年8月21日
「汗でベトベトだった」セレブの醜悪な“少女性愛”が露顕したエプスタイン事件の破壊力《デジタル庁事務方トップ起用も見送りに》
 あのスキャンダルさえなければ、諸手を挙げて歓迎された数少ない菅義偉政権の人事だったかもしれない。新設されるデジタル庁の事務方トップの「デジタル監」に内定したと一時は報道された元米マサチューセッツ工科

■2021年8月21日
「ビートたけしの写真を切り出して…」映画『孤狼の血 LEVEL2』鈴木亮平の“ハリウッド俳優みたいな役作り”とは
 柚月裕子による同名原作小説を映画化した『孤狼の血』(2018)。広島の架空都市・呉原市を舞台に、違法すれすれの捜査を繰り返す一匹狼の刑事・大上(役所広司)と新米刑事・日岡(松坂桃李)が、暴力団組織同

■2021年8月21日
映画『孤狼の血 LEVEL2』の撮影現場はきわめてホワイト 白石和彌監督が取り入れた“リスペクト・トレーニング”って何?
 柚月裕子による同名原作小説を映画化した『孤狼の血』(2018)。広島の架空都市・呉原市を舞台に、違法すれすれの捜査を繰り返す一匹狼の刑事・大上(役所広司)と新米刑事・日岡(松坂桃李)が、暴力団組織同

■2021年8月21日
《兵庫「孫」殺害事件》 祖父母は都会から“子育て世代に優しい田舎”への移住組 「1対1の育児。孤独を感じていた」
 観光客用の貸ボートが浮かぶ東条湖やゴルフ場、キャンプ場のそばで、森林の中にひっそりとたたずむ五所ヶ池。池の周辺には民家が数軒あるだけで、夜は静寂に包まれ、足がすくむほど真っ暗だ。浅瀬もほとんどないた

■2021年8月21日
「おかしいやろ。ワシらに人権はないんか」ドキュメンタリー番組の撮影で直面した“ヤクザのリアル”
 ヤクザを主題にした作品では、彼らの人物像を“暴力に訴えてでも組織の秩序を重んじる無頼漢”として描くケースが多い。しかし、現実の彼らは「暴力団対策法」などのもとで人並みの暮らしを送ることさえ難しいのが

【今泉佑唯が独立】《釈放ワタナベマホト帰宅せず》白いワンピに ...
2021/7/4 - 女児の父親であり婚約者の元YouTuber「ワタナベマホト」こと、渡辺摩萌峡さん(28)は4月22日に、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)罪で略式起訴されて ...

■2021年8月22日
「僕はそういう表現は使わないです」大谷翔平が“二刀流” という言葉を避ける“決定的理由”
 投げて、打って、走って、守って。メジャーリーグでの大谷翔平選手の勢いが止まらない。しかし、プロ入り直後は「二刀流なんて、ケガをする」「どっちも中途半端になる」「二兎を追う者は一兎をも得ずだ」「プロを

■2021年8月22日
大谷翔平(23)が語ったスケールの大きすぎる“理想の将来像” 「てっぺん…どこなんですかね」
 シーズン後半戦に入っても失速することなく、ホームランを量産し、勝ち星を重ね続ける大谷翔平選手。メジャーリーグ史に残るほどの活躍を見せる大谷選手は、自身の挑戦の道のりをどのように思い描いているのだろう

■2021年8月22日
実験部の女子学生が殺人犯とバッタリ遭遇したら、どう切り抜ける?
女子中学生探偵・写楽炎と後輩の「空手くん」の2人組が奇怪な事件に挑む、本格ミステリコミック「怪奇探偵・写楽炎」。 第4巻の発売を記念して、シリーズ傑作選を期間限定で公開します。 第1弾は「…

■2021年8月22日
《連続不倫訴訟》40代電通マンを“被害女性の会”が追い詰め、ついに初公判! X氏は直撃に「同時進行の恋愛の一環」――2021上半期BEST5
2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。裁判部門の第5位は、こちら!(初公開日 2021年4月17日)。***「夫が不倫していることも赤坂に別邸…

■2021年8月21日
がーどまん、マキヒカ…人気YouTuberらが実名告発「信頼関係は完全に崩れた」《Kiii大量退所の真実》
「抜けた理由なんですけど、ちょっと変わった理由でして……。簡潔に言うとですね、事務所の代表、社長さんですね。社長さんが代わりました。変な感じで代わったんですよね。しかも、急に代わったんですよ。(中略)

■2021年8月21日
《台場デート撮》Da-iCE花村想太と元NMB48“みるきー”渡辺美優紀が同棲交際 直撃に「言ってもいいくらい」――2021上半期BEST5
2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。男性芸能人部門の第1位は、こちら!(初公開日 2021年5月15日)。*** 5月6日の12時頃、東京・…

■2021年8月21日
「有給取って、近くまで来ました」とLINEが…職場でストーカー被害に遭った女性が語る“怖すぎる顛末”
 一日のうちの長い時間を過ごしている“職場”。現在は、リモートワークが普及して状況も変わってきているが、今もなお多くの人がひとつの職場で仕事をしている。 多種多様な人間が集まる職場には、あなたの味方も

■2021年8月21日
《外国人窃盗団の運転手》腹を空かせた迷い犬と無職の男が、コンビを組んで始めた仕事
傷つき悩む人々に寄りそう、一匹の犬がいた──。直木賞受賞のベストセラーを、『星守る犬』の名手が感動コミカライズ。土曜日更新。第2回は9月4日(土)17時に更新予定です。少年と犬星…

■2021年8月21日
恐ろしい本性を露わにし、愛人だった田代を斬り捨てた惣三郎。それを見た土方と沖田は……
河原に田代を誘い出した惣三郎は、刀を抜いて襲いかかってきた。田代は「隊士を斬ったのも、小柄を盗んだのもお前の仕業だろう。なぜだ!」と惣三郎に問いかけるが……。第53話は8月22(日)17時に更新予定で

■2021年8月21日
《現役早大生20歳》「AV女優だけど就活どうするの?」「ちゃんと納税してるの?」と聞かれ…デビューから1年で感じた心の変化
 昨年12月に文春オンラインでインタビューした早稲田大学在学中のAV女優・渡辺まおさん(20)。今年5月にデビューから1年を迎えた彼女は、大学3年生になり、自分のこれからの人生について改めてよく考える

■2021年8月21日
「ベンチの下には遺体が遺棄されていた」吠えると“何かが起こる”飼い犬には何が見えていたのか
 京都・蓮久寺の三木大雲住職のもとには、助けを求める人が絶えない。ポルターガイストに悩まされている、人形をお祓いしてほしい、さまよう霊を供養成仏させてほしい……。 そんな実話や自身の体験など、現代の怪

■2021年8月21日
路上動画でバズった人気歌手・優里(26)が「Juice=Juice」メンバーと“半同棲”熱愛《スクープ撮》――2021上半期BEST5
2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。男性芸能人部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年月日)。*** 10代を中心に爆発的な人気の広が…

■2021年8月21日
アンケートは「する」?「とる」?広まってきているのはどっち?《その道37年の辞書編集者に聞いてみた》
 日常で使う様々な言い回し。話していて、書いていて、ふとした瞬間に「あれ、これで言い方あっていたっけ……?」と疑念がよぎることはないだろうか。 そんな日常で直面する「微妙におかしな日本語」について、『

■2021年8月21日
岡田将生(32)が明かす“女子アナ恋人”への本音「頭がいいひとがいいですよね、僕アタマ悪いんで」《3人の元夫との交友録》
 今年、芸歴15周年を迎えた岡田将生(32)。甘いマスクで若い頃からイケメン俳優として人気を博していたが、ここへきて“実力派俳優”としても存在感が際立ってきた。今年4月から6月まで放送された「大豆田と

■2021年8月21日
「そうめんは飲み物」と断言 専門家に聞いた「そうめんが無限に食べられるレシピ」14選
 私は、ソーメン二郎。そうめん研究家です。奈良県桜井市の生まれで、親戚が三輪そうめんの製麺所を経営していました。小学生の頃は、夏のお中元シーズンになると贈答品として発送するそうめんの伝票に住所・名前を

■2021年8月21日
「汗でベトベトだった」セレブの醜悪な“少女性愛”が露顕したエプスタイン事件の破壊力《デジタル庁事務方トップ起用も見送りに》
 あのスキャンダルさえなければ、諸手を挙げて歓迎された数少ない菅義偉政権の人事だったかもしれない。新設されるデジタル庁の事務方トップの「デジタル監」に内定したと一時は報道された元米マサチューセッツ工科

■2021年8月21日
「ビートたけしの写真を切り出して…」映画『孤狼の血 LEVEL2』鈴木亮平の“ハリウッド俳優みたいな役作り”とは
 柚月裕子による同名原作小説を映画化した『孤狼の血』(2018)。広島の架空都市・呉原市を舞台に、違法すれすれの捜査を繰り返す一匹狼の刑事・大上(役所広司)と新米刑事・日岡(松坂桃李)が、暴力団組織同

■2021年8月21日
映画『孤狼の血 LEVEL2』の撮影現場はきわめてホワイト 白石和彌監督が取り入れた“リスペクト・トレーニング”って何?
 柚月裕子による同名原作小説を映画化した『孤狼の血』(2018)。広島の架空都市・呉原市を舞台に、違法すれすれの捜査を繰り返す一匹狼の刑事・大上(役所広司)と新米刑事・日岡(松坂桃李)が、暴力団組織同

■2021年8月21日
《兵庫「孫」殺害事件》 祖父母は都会から“子育て世代に優しい田舎”への移住組 「1対1の育児。孤独を感じていた」
 観光客用の貸ボートが浮かぶ東条湖やゴルフ場、キャンプ場のそばで、森林の中にひっそりとたたずむ五所ヶ池。池の周辺には民家が数軒あるだけで、夜は静寂に包まれ、足がすくむほど真っ暗だ。浅瀬もほとんどないた

■2021年8月21日
「おかしいやろ。ワシらに人権はないんか」ドキュメンタリー番組の撮影で直面した“ヤクザのリアル”
 ヤクザを主題にした作品では、彼らの人物像を“暴力に訴えてでも組織の秩序を重んじる無頼漢”として描くケースが多い。しかし、現実の彼らは「暴力団対策法」などのもとで人並みの暮らしを送ることさえ難しいのが

〈ワタナベマホト逮捕〉その時、婚約者・元欅坂 ... - Yahoo!ニュース
2021/7/4 - 女児の父親であり婚約者の元YouTuber「ワタナベマホト」こと、渡辺摩萌峡さん(28)は4月22日に、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)罪で略式起訴 ...
略式起訴のワタナベマホト氏 酒と女で乱れてしまった「私生活 ...
2021/4/26 - ワタナベマホト氏の私生活写真 親しい後輩ユーチューバーはそう嘆く――。 ... 元ユーチューバーの「ワタナベマホト」こと渡辺摩萌峡(まほと)氏を児童 ...
ワタナベマホトの話題・最新情報|BIGLOBEニュース
ワタナベマホトの話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。2021/07/20 ... 枚送れば会える」ワタナベマホトは15歳の女子高校生に裸の写真と学生証を…

ワタナベ マホト(わたなべ まほと、1992年〈平成4年〉12月8日 - )は、日本の元YouTuber、ラッパー。
大分県米水津村(現佐伯市)生まれ、東京都西東京市育ち。
身長169cm。
本名は渡邉 摩萌峡(読み同じ)。
血液型はA型。
ラッパーとしては「BEMA」の名前で活動している。
YouTuberとしては「マホト」の名前で活動していた。
カイワレハンマー(現在は活動休止中)のメンバー。
元欅坂46メンバーでタレント・女優の今泉佑唯と婚約中。
*ラッパーとして活動する場合の名前はBEMA。
由来は「ワタナベマホト」から来ている。
また、YouTuberとして活動していた時の活動名は「ワタナベマホト」である。
*YouTuberとして収入が得られるようになってからは両親に仕事を辞めさせ、ワタナベが家族を養っていた。
*タトゥー愛好家でも知られており、顔の左頬にブラックライトで浮かび上がるタトゥーや、足の裏に「敗北者」の文字を入れている。
2007年(平成19年)、サシマン名義でニコニコ動画にてデビュー。
Stickamでも活動していた。
2008年(平成20年)2月20日、ニコニコ動画でアップロードしていた動画をすべて削除。
2月24日、「YOÙTHS」というユニットを同じくニコニコ動画で活動していた山下威豆三やokailoveらと組む。
10月16日「YOÙTHS」解散。
2009年(平成21年)7月31日、ニコニコ生放送でも活動開始。
2011年(平成23年)10月5日、活動拠点をYouTubeのチャンネル「SASHIMAN」(後の「MAHOTO」)に移行。
2013年(平成25年)、音楽グループ「カイワレハンマー」のメンバーになりラッパーとして本格的に活動を開始。
2014年(平成26年)7月12日、カイワレハンマー 1stアルバム「BegInner」でCDデビュー。
2015年(平成27年)3月26日、YouTuberグループ「ポンポンタイムズ仲間家」を結成。
2016年(平成28年)6月17日、YouTubeを新チャンネル「ワタナベマホト」に移行。
2018年(平成30年)11月、UUUMに移籍。
2019年(令和元年)6月19日、自身の不祥事(後述)により、YouTubeチャンネル上で、無期限の活動休止を発表。
カイワレハンマーも活動休止となった。
7月18日、UUUMのリリースで、同年12月31日までの謹慎、禁酒、UUUM内で補助業務活動を行う事が発表された。
2020年(令和2年)、2月14日以降動画投稿活動を再開することが発表され、2月17日、自身のYouTubeチャンネルにアップした動画で、YouTuberとしての活動再開、継続、UUUMに引き続き所属することを発表。
カイワレハンマーも活動を再開。
2021年(令和3年)1月21日、今泉佑唯との結婚と今泉の妊娠を発表。
同日に自身の2度目の不祥事(後述)が発覚。
1月22日、所属事務所のUUUMが契約解除を発表。
1月27日、YouTubeがコミュニティガイドライン違反によりワタナベのアカウント「マホトMAHOTO」を停止。
2月28日、自身のアカウント「ワタナベマホト」、「ポンポンタイムズ仲間家」の動画を全て消去した為、ワタナベのチャンネルは「MAHOTO」のみとなった。
3月2日、責任を取りYouTuberを引退する事を発表。
カイワレハンマーも再び活動休止となった。

引用:Wikipedia:データベース

ワタナベマホトに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング