ロールス・ロイス 14億円とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ロールス試される新車14億円 | 2017/7/2(日) 15:29 - Yahoo!ニュース
2時間前 - ロールス・ロイスは4年間を要したスウェプテイルを完成させ、価格は約14億円。「 ワンオフカーの王者」の真価が試される。
ロールス・ロイスの真価問う14億円の高級車 - ニュース・コラム - Yahoo ...
■1台14億円のクルマとはどんなクルマなのか 14億円の工業製品。何の価格かといえば1台のクルマだ。希少性の高いクラシックカーに付いた値段ではない。新車の話である。- 東洋経済オンライン- 12時間前
ロールス・ロイスの真価問う14億円の高級車 (東洋経済オンライン ...
2時間前 - 1台14億円のクルマとはどんなクルマなのか 14億円の工業製品。何の価格かといえば 1.
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもロールス・ロイス 14億円に関連のある画像ばかりではありません。
ロールス・ロイス 14億円の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ロールス・ロイス日本における正規代理店による表記。
英語圏では「ロールズ・ロイス」 と発音する。
(三省堂『固有名詞英語発音辞典』より)の起源は、1906年3月『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.21-50「創業から戦前」。
にイギリスで設立された製造業者であるロールス・ロイス社 (Rolls-Royce Limited) であるが、現在は相互に独立した以下の二社となっている。
#1973年に設立され、航空機エンジンや船舶・エネルギー関連機械などを製造・販売しているイギリスの工業メーカー、ロールス・ロイス(→ ロールス・ロイス・ホールディングス)#ドイツの自動車会社BMWが1998年に設立し、「ロールス・ロイス」ブランドの乗用車を製造・販売している自動車会社(→ ロールス・ロイス・モーター・カーズ)1906年3月に設立されたロールス・ロイス社 (Rolls-Royce Limited) は、航空機用エンジンや乗用自動車の製造を行うイギリスのメーカーであった。
1931年には同じイギリスのスポーツカーメーカーであるベントレーを買収『世界の自動車-22 ロールス・ロイス ベントレー - 戦後』pp.36-45「ベントレーマークVI Rタイプ」。
するなど規模を拡大し、特に乗用車製造においては高級車の代名詞となった。
しかしながら1960年代になると、乗用車製造における技術革新の遅れ、更には新たに開発・発売した航空機用ジェットエンジン「RB211」による損失の拡大などのために経営が悪化した。
そのまま1971年4月『世界の自動車-22 ロールス・ロイス ベントレー - 戦後』pp.5-13「はじめに」。
に経営破綻、イギリス政府によって国有化された。
1973年、国有会社となっていたロールス・ロイス社のうち自動車部門(ベントレーを含む)のみが分離され、イギリスの製造会社・ヴィッカースに譲渡された。
この再び民営化された自動車部門は、ロールス・ロイス・モーターズ (Rolls-Royce Motors) と命名され、ロールス・ロイス車の製造・販売を継続することとなった。
1998年、ヴィッカーズはロールス・ロイス・モーターズの売却を計画、最高額を提示したフォルクスワーゲンがその買収に成功した。
しかしながらこの際、ロールス・ロイスのブランド名やロゴタイプなどはBMWに譲渡されるという捩じれが生じている。
その後、フォルクスワーゲンとBMWの協議の結果、2003年1月からはロールス・ロイスの製造販売はBMWが、ベントレーの製造販売はフォルクスワーゲンが行うこととなった。
BMWは同年、ロールス・ロイス・モーター・カーズという自動車会社を設立、社屋や工場を新築し、独自に開発した「ロールス・ロイス」の製造販売を開始した。
一方、国有企業として残存したロールス・ロイスでは航空機用エンジンや船舶の製造などが行われていたが、1988年に再度民営化され、新生ロールス・ロイス(ロールス・ロイス・ホールディングス)として現在に到っている。
ロールス・ロイスは贈賄等でロビー活動をして汚職に関わり、数え切れないほど立件されている。
重大不正捜査局が中国とインドネシアで贈賄容疑を調べたが、それらは共通してオーストラリア利権のある地域である。

引用:Wikipedia:データベース

ロールス・ロイス 14億円に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもロールス・ロイス 14億円に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング