ローブ・デコルテとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
上賀茂神社正式婚礼衣裳 ローブ・デコルテ - 上賀茂神社の結婚式
ローブ・デコルテとは、夜会や晩餐会に着用するネックラインを露出させたドレスのこと。 日本では明治期に女性の中礼服に定められ、女性皇族の正装として新年の祝賀の儀等で着用されています。 ローブ・デコルテと上賀茂神社。皇族にならった挙式の背景に ...
皇后さま着用「ローブデコルテ」問い合わせ殺到 ウェディングドレス ...
19時間前 - 天皇陛下の即位祝賀パレードで皇后さまが着用されるとみられる女性礼服「ローブ デコルテ」が、結婚式の新婦のドレスとして人気を呼んでいる。昨春からローブデコルテ を貸し出している上賀茂神社(京都市北区)には今年5月の即位以降、 ...

■2020年4月29日
タツノオトシゴはイクメン


■2020年4月29日
マスク購入券、全世帯に配布へ 京都・福知山市、50枚入り1箱


■2020年4月29日
高校総体「分散開催」準備むなしく 史上初中止、開催予定地で落胆の声


■2020年4月29日
新型コロナで性的少数者が苦悩「感染したら性的指向や関係が公に」 パートナーと距離も、差別の問題浮き彫り


■2020年4月29日
選抜大会に続き総体も…高校生の「夢舞台」相次ぐ中止に涙


■2020年4月29日
宇治茶「お茶摘み」ピンチ 高齢化で人材難、新型コロナ追い打ち


■2020年4月29日
大型連休中、滋賀県への移動自粛呼び掛け 三日月知事、テレビCMや動画配信


■2020年4月29日
「道の駅」12ヵ所の駐車場閉鎖 滋賀県、5月6日まで


■2020年4月29日
地域の広場、赤れんがから板張りに 京都「あうる京北」改装


■2020年4月29日
コールセンターで従業員9人感染 ハッピー・ライフが事業停止、全員軽症


■2020年4月29日
タケノコのさんしょうあえ


■2020年4月28日
滋賀で退院女性が再び陽性に 新たに1人も感染、県内計95人に


■2020年4月28日
休業中のホテル、窓明かりで「ガンバロウ 日本」


■2020年4月28日
ロイヤルオークホテルが事業停止 新型コロナ影響で業績悪化、継続断念か


■2020年4月28日
ドライブスルー方式でPCR検査、京都検査センター29日に運用開始


■2020年4月28日
ウェブ授業対応で学生支援策 立命館は3万円、京産大は5万円支給へ


■2020年4月28日
IT企業で従業員新たに2人感染 10歳未満の女児も、京都府の28日夜発表


■2020年4月28日
新型コロナで苦境、芸術団体や楽団に総額3億円支援へ 稲盛財団


■2020年4月28日
勾留が長期化、2被告の保釈申し入れ 関西生コン事件で支援団体


■2020年4月28日
医療従事者に「感謝の意」青色照明に浮かぶ京都タワー


雅子さまの“2大夜会ドレス” 「饗宴の儀」ローブデコルテのフリルと ...
19時間前 - 10月22日夜、海外の賓客らを招いた祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が皇居・宮殿で行われた。「饗宴の儀」は、「即位の礼」の儀式の1つで、計4回開かれる予定だ。1回目の22日は、「即位礼正殿の儀」に参列した元首や王族など約400人が招待 ...
皇后雅子さま 初日の衣装は「ローブ・デコルテの長袖版」ティアラに ...
2019年5月1日 - 華やかで色鮮やかなドレスから洗練された印象へ5月1日午前0時、元号が平成から令和に変わり、皇后陛下となられた雅子さま.
森英恵デザインのローブ・デコルテ、26年前のご成婚の「祝賀 ...
1日前 - ご成婚後の「朝見の儀」には森英恵氏デザインのローブ・デコルテで。「納采の儀(一般でいう結納)」で贈られた織地を使用したドレスはシンプルなシルエットで、3代にわたって受け継がれた煌びやかなダイヤモンドのティアラ、ネックレスが映え ...
ローブ・デコルテの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ローブ・デコルテただし、明治以来日本語による表記法には複数例があり、例えば吉田健一が小説『瓦礫の中』で「ローブデッコルテー」と表記し、他にも「ロブデコルテ」、「ローブデコルテー」、「ローブ・デ・コルテ」など複数の表記法がある。
(仏:robe décolletée)は、ネックラインが深く大きくカットされ、肩および背中と胸の上部を露出した(デコルテ)ドレスのこと。
イブニングドレスの一種であり、女性の最も正式な礼装として扱われるもので、男性の燕尾服に相当する夜礼服である。
日本では、天皇の名のもとに授与させる勲章や褒章の授与式における服装を規定した「総理府告示:勲章等着用規定」において、女性が勲章等を着用する場合の服装はローブ・デコルテであることが規定されている。
ドレスとあわせ肘上まである長い手袋(オペラ・グローブ)を着用する。
単に「デコルテ」といった場合に、この衣装を指す場合もある。
欧米では、昼と夜の礼服が区別されている。
これは、欧米の晩餐会、舞踏会、演奏会、観劇(演劇、オペラ、バレエ、ミュージカル)などの夜の開催時間が日本に比べて遅く、平日でも勤務先から帰宅して軽く食事を済ませてシャワーを浴びて着替え、夜を楽しめる職住近接が出来ている都市空間であるためだ。
日本の大都市のように通勤時間に1時間以上もかかり、勤務先から直行する都市空間では、昼と夜を着替えて出席する事は帰宅の心配が不要の宮中晩餐会など、親善・外交に出席する場合以外は困難であるミュージカル・演劇(京劇、雑技を含む)の開演時間についてはJTBパブリッシングのタビトモの「ニューヨーク」「ロンドン」「北京」「上海」「ソウル」。
18世紀のフランスが発祥とされ、現代においても白人女性の最上位の夜礼服として用いられる。
胸や肩を大きく露出させることで着装者の肉体的な美しさを誇示する役目を果たす。
フランス語でローブは「ドレス」を、デコルテは「肩・胸・背中をあらわにした」という意味。
その2語を繋いだ「ローブ・デコルテ」は床につく裾丈で、襟元が広めに開いた胸元や肩、ときには背部も見せるドレスのことである。
日本では、1886年(明治19年)に女性の中礼服として採用され、以後社交界などで着用されるようになった。
第二次世界大戦後に、本来の女性用大礼服であったマント・ド・クールが用いられなくなると、ローブ・デコルテが大礼服に替わる公式な場における女性用の正装・礼服として用いられるようになった。
宮中行事では朝見の儀など昼間でも着用される。
令和元年に行われた「即位後朝見の儀」において皇后雅子によって着用されたことで注目を浴びた。
旧皇族の竹田恒泰は著書「日本の礼儀作法~宮家のおしえ~」において、皇室の晩餐会や儀式などの特別に改まった場面においてローブ・デコルテと併せてオペラ・グローブを着用し、ティアラ(小さな王冠)を付けることを基本としており、宮中ではこれを女性の最上級礼装としている、との旨を示している。
皇太子徳仁親王成婚の際、皇太子妃雅子のローブ・デコルテを手がけたファッションデザイナーの森英恵は「ローブ・デコルテは勲章をつけるためのドレスであり、肌を出し、皮の長い手袋を合わせる正装」『グレイスフル・ウエディング 1994年春夏』12pと述べている。

引用:Wikipedia:データベース

ローブ・デコルテに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング