リクナビ 社長 謝罪とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
内定辞退予測の販売 社長謝罪 | 2019/8/26(月) 20:25 - Yahoo!ニュース
「リクナビ」運営会社、内定辞退率データ販売で謝罪
リクナビ、学生に謝罪メール | 2019/8/23(金) 22:05 - Yahoo!ニュース
就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが、学生の「内定を辞退する確率」を予測したデータを学生の許可なく企業に販売していた問題で、26日夜、社長が会見を行い、謝罪しました。 リクルート...- TBS系(JNN)- 10分前
リクナビ、学生に謝罪メール 内定辞退率予測データの販売で 記事に、「わし ...
「リクナビ問題」、社長が謝罪=新卒事業、抜本見直し...- 時事通信- 15分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもリクナビ 社長 謝罪に関連のある画像ばかりではありません。
リクナビ 社長 謝罪の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

リクナビは、リクルートグループ(リクルートキャリア、リクルートジョブズ等)が提供する就職ポータルサイトである。
大学新卒者向け、転職者向け、派遣希望者向けなど多様なサイトがある。
就職活動をする大学生の多くはこのサイトに登録していると言われ、全国各地で合同企業説明会などのイベントも開催している。
又、リクナビでしかエントリーを受け付けない企業(特に銀行・商社などの大手企業)もあり、その事が高い登録率を誇る要因になっている。
前年にMicrosoft Windows 95が発売され、日本でのパソコン普及率が急激に上昇していた1996年2月に「RECRUIT BOOK on the Net」としてサービス開始。
1997年に「リクルートナビ」(略称:リクナビ)に名称変更した。
スタート時は、リクルートブックの延長であると評価されていたが徐々に力をつけ、特に2000年代以降は、新卒採用において多大な影響力を持つに至った。
新卒採用においてはトップクラスのサイトであり、2011年からは厚生労働省の就職支援対象サイトとなっている - 厚生労働省・2011年1月7日。
2004年にヤフーと提携したことに伴い一時ブランド名を「Yahoo!リクナビ」に切り替えたが、2009年10月より新卒採用については「Yahoo!」の冠を外し「リクナビ」にブランド名を戻した。
その他のサイト(リクナビNEXT等)は引き続きYahoo!リクナビにて提供していたが、2012年12月18日で「Yahoo!リクナビ」全サービスを終了することに伴い、ヤフーとの合弁で展開していたショットワークス・シフトワークスを除く全サイトが「リクナビ」ブランドに戻ることになった - リクナビNEXT。

引用:Wikipedia:データベース

リクナビ 社長 謝罪に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもリクナビ 社長 謝罪に関連のある動画ばかりではありません。

リクナビ 社長 謝罪に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング