ララベル 地方馬初とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
地方馬初の砂女王! 大井のララベルが叩き合いを制す!/JBCレディス ...
38分前 - 地方馬初の砂女王! 大井のララベルが叩き合いを制す!/JBCレディスクラシック. 2017年11月03日(金) 15時49分. 46 13. 真島大輔騎手騎乗のララベルがアタマ差 抜け出して優勝(撮影:高橋正和). 3日、大井競馬場で行われた第7回JBCレディス ...

■2017年11月13日
一夜明け、モズカッチャン陣営「レースが終わったらバクバクとカイバを食べています」
 第42回エリザベス女王杯(GI)を制したモズカッチャンはレースから一夜明けた13日朝、馬房で青草を頬張るなど食欲旺盛で元気な様子を見せていた。「いつもレースの日は朝からカイバを与えても食べようとしな

■2017年11月13日
【キャリア最多勝利】和田竜二騎手(3)『甥の岩崎翼騎手“あいつはこれから要注目です”』
▲インタビュー最終回。40歳を迎えた和田騎手が、自身のことや競馬界の未来を語ります“花の12期生”として1996年にデビューした和田騎手も今年で40歳。ジョッキーとしてまさに充実の時期を迎えています。

■2017年11月13日
タイム指数が低い人気馬は疑ってかかるのを忘れるな?/エリザベス女王杯
(c)netkeiba.com『エリザベス女王杯』の結果は、平均値ソートでいうと出走18頭中最下位になっていた△モズカッチャンが1着。2着にはこれまた平均値では12位同位に過ぎない△クロコスミア。3着

■2017年11月13日
公開時間変更のお知らせ
 本日12時公開予定の「LEGENDRACE」は、編集上の都合により、18時公開とさせていただきます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

■2017年11月13日
ミスシンザンとの記念撮影会も ホッカイドウ競馬最終日に開かれた応援ビアパーティー
 ホッカイドウ競馬最終日にあわせた「応援ビアパーティー」が9日夜、浦河町大通3の場外馬券発売所Aiba浦河に隣接する浦河ウエリントンホテルで開かれ、約450人が来場して大型スクリーンに中継される門別競

■2017年11月13日
4日間にわたるメルボルンCカーニヴァル終了、寒波やスタンド改築で動員数減
 11日の開催をもって終了した4日間にわたるメルボルンCカーニヴァルは、トータルで31万608人の観客を舞台となったフレミントン競馬場に動員した。 31万8854人を動員した前年に比べると2.6%、実

■2017年11月13日
ワグネリアンが無傷3連勝を狙う/東京スポーツ杯2歳Sの見どころ
 デビュー2連勝中のワグネリアンが登場。早くもクラシック候補の声が上がる大器、ここで重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。■11/18(土) 東京スポーツ杯2歳S(2歳・GIII

■2017年11月13日
エアスピネル、悲願のGI制覇なるか/マイルCSの見どころ
 秋のマイル王決定戦。GIにふさわしい好メンバーが揃ったが、前哨戦の富士Sを制したエアスピネルに注目したい。ここで悲願のGI初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。■11/19(日) 

■2017年11月13日
秋のマイル王を決めるマイルCS、2歳GIの前哨戦・東京スポーツ杯2歳Sに注目/今週の競馬界の見どころ
 今週の目玉は、日曜日に京都競馬場で行われるマイルCS(3歳上・GI・芝1600m・1着賞金1億300万円)。 スプリンターズSを連覇したレッドファルクス(牡6、美浦・尾関知人厩舎)、春の安田記念を制

■2017年11月13日
【エ女王杯】モズカッチャンが3度目のG1で初V またミルコが魅せたレース連覇!
 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都) またまたミルコが魅せた。5番人気のモズカッチャンが、ゴール前の接戦を制して新女王の座に就いた。M・デムーロはレース連覇を達成するとともに、G1・9戦連続3

■2017年11月13日
【エ女王杯】ミッキークイーン2年連続3着 最速の上がり繰り出すも及ばず
 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都) 後方から脚を伸ばした3番人気のミッキークイーンは2年連続の3着。直線大外からメンバー最速タイとなる上がり3F33秒7の切れ味で迫ったが、先行した2頭に首、

■2017年11月13日
【エ女王杯】ヴィブロス不発…直線伸びあぐねまさかの5着
 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都) 世界を制した決め手を発揮できなかった。1番人気のヴィブロスはまさかの5着。好位で運んだ道中は口を割って引っ掛かり、鞍上がなだめながらの追走。直線も最後まで

■2017年11月13日
【エ女王杯】クロコスミア逃げ粘るも2着 和田は悔しさにじませる
 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都) 前哨戦の府中牝馬S覇者で、9番人気のクロコスミアが直線入り口で先頭へ。勝ち馬に首差先着を許したが、内ラチ沿いを懸命に走り、2着に粘り込んだ。 「番手からの

■2017年11月13日
菜七子が騎乗停止明けに即V 今年13勝目をマーク
 12日の福島2Rで5番人気シトロプシスが直線大外から差し切り、藤田菜七子騎手(20)=美浦・根本=が今年13勝目をマーク。自身が持つJRA女性騎手の年間最多勝利記録を更新した。 「描いた位置より道中

■2017年11月13日
【福島記念】ウインブライト重賞V2 さらなる飛躍へ「まだ成長途上」
 「福島記念・G3」(12日、福島) 3歳馬ウインブライトが好位から抜け出してV。秋初戦の毎日王冠10着から鮮やかに巻き返し、スプリングS以来となる重賞2勝目を飾った。 前半5F通過61秒6の流れを3

■2017年11月13日
【黄菊賞】ジュンヴァルロ無傷の2連勝 次走はホープフルSへ
 「黄菊賞」(12日、京都) ジュンヴァルロ(牡2歳、栗東・友道)が無傷の2連勝。ハナに立つと、最後まで並ばれることなく逃げ切った。 「競馬を教えたかったけど、スタートが速く、外枠で結果的に逃げざるを

■2017年11月13日
【POG】ダノンフォーチュン極上の瞬発力魅せた 次走はG1も視野に
 「新馬戦」(12日、京都) 1番人気のダノンフォーチュン(牡2歳、父ディープインパクト、母ペニーズフォーチュン、栗東・大久保)が、極上の瞬発力を発揮してデビュー勝ち。 浜中は「調教同様、実戦でもいい

■2017年11月13日
【POG】フィニフティ断然人気に応えV 福永が追ってからの脚を絶賛
 「新馬戦」(12日、京都) ステファノスの全妹フィニフティ(牝2歳、父ディープインパクト、母ココシュニック、栗東・藤原英)が直線、鋭く反応して楽に抜け出し、圧倒的な人気に応えた。 福永は「追ってから

■2017年11月13日
【POG】プロディジーが決め手披露し上がり勝負を差し切る
 「新馬戦」(12日、東京) 好位で脚をためた7番人気のプロディジー(牝2歳、父ヴィクトワールピサ、母ベストオブミー、栗東・浜田)が、逃げ込みを図るハードカウントを首差とらえた。 「いい仕上がりでした

■2017年11月13日
【POG】エトナ指揮官もビックリの初陣V「私が一番驚いています」
 「新馬戦」(12日、東京) 指揮官もビックリの初陣Vだ。7番人気の伏兵エトナ(牡2歳、父ロードカナロア、母オレンジブロッサム、美浦・栗田博)が2番手から抜け出した。 19歳のルーキー・武藤は「成長力

■2017年11月12日
ブルーオーシャンが4歳女王に輝く/クインC・帯広
 12日、帯広競馬場で行われた第42回クインC(4歳・牝・200m・1着賞金100万円)は、第2障害を最初にクリアした藤野俊一騎手騎乗の1番人気ブルーオーシャン(牝4、ばんえい・松井浩文厩舎、積載重量

■2017年11月12日
【JC】キタサンブラック、レイデオロなど19頭が登録
11月26日(日)に東京競馬場で行われるジャパンカップの登録馬は以下の通り。【フルゲート18頭】外国馬アイダホイキートスギニョールブームタイム賞金上位馬キタサンブラックサトノクラウンレイデオロサウンズ

■2017年11月12日
【東京スポーツ杯2歳S】ルーカス、ワグネリアンなど9頭が登録
11月18日(土)に東京競馬場で行われる東京スポーツ杯2歳ステークスの登録馬は以下の通り。なお、このレースのに除外対象馬はいない。コスモイグナーツワグネリアンカフジバンガードケワロスゴールドギアシャル

■2017年11月12日
【マイルCS】レッドファルクス、エアスピネルなど22頭が登録
11月19日(日)に京都競馬場で行われるマイルチャンピオンシップの登録馬は以下の通り。【フルゲート18頭】優先出走馬エアスピネルサングレーザー賞金上位馬ネオリアリズムレッドファルクスサトノアラジンイス

■2017年11月12日
エリザベス女王杯ダイジェスト/勝ちタイムは2分14秒3(良)
2017年 エリザベス女王杯(GI・京都芝2200m/天気:晴/馬場:良/18頭立て) 1番クインズミラーグロが押してハナを切り、これに4番クロコスミア、15番マキシマムドパリ、16番ヴィブロス、5番

■2017年11月12日
【エリザベス女王杯レース後コメント】モズカッチャン M.デムーロ騎手ら
京都11Rのエリザベス女王杯(3歳以上GI・牝馬・芝2200m)は5番人気モズカッチャン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒3(良)。クビ差の2着に9番人気クロコスミア、さらにアタマ

■2017年11月12日
モズカッチャンが古馬を破って初戴冠! 鮫島師もGI初制覇/エリザベス女王杯
 12日、京都競馬場で行われたエリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m)は、中団の前でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の5番人気モズカッチャン(牝3、栗東・鮫島一歩厩舎)が、直線で内から脚を

■2017年11月12日
福島記念プレゼンター・蛍原徹さんのコメント
本日、福島記念のプレゼンターを務めた、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の蛍原徹さんのコメントは以下の通り。「福島記念のプレゼンターを務めさせていただき、ありがとうございました。とても緊張しました。松岡騎手

■2017年11月12日
木幡育也騎手、騎乗停止へ
東京8レースで、6番アキノバレリーナ(木幡育也騎手)が、3コーナーで外側に斜行したため、12番ノットオンリー(丸山元気騎手)がつまずいた。この件について、木幡育也騎手は2017年11月18日(土)から

■2017年11月12日
東京11Rの競走中止について
東京11レースで、7番ロサギガンティア(V.シュミノー騎手)は下記疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止した。 馬:右後肢跛行騎手:異常なし(JRA発表による)

【JBCレディスクラシック】ララベル地方馬初の同レース制覇 - サンスポ ...
【JBCレディスクラシック】ララベル地方馬初の同レース制覇
【JBCレディスクラシック】大井のララベルが戴冠 (1/3ページ) - サンスポ ...
11月3日(祝・金)の大井競馬7Rで行われた第7回JBCレディスクラシック(交流GI、3歳以上オープン、牝馬、選定馬、定量、ダート・右1800メートル、15頭立て、1着賞金=4100万円)は、真島大...- サンケイスポーツ- 3分前
地方馬初の砂女王! 大井のララベルが叩き合いを制す!/JBCレディス ...
地方馬初の砂女王! 大井のララベルが叩き合いを制す...- netkeiba.com- 9分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもララベル 地方馬初に関連のある画像ばかりではありません。
ララベル 地方馬初の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ララベル 地方馬初に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもララベル 地方馬初に関連のある動画ばかりではありません。

ララベル 地方馬初に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング