ラブライブ! 警告とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
ラブライブ 著作権侵害に警告 | 2018/10/28(日) 18:08 - Yahoo!ニュース
3時間前 - 人気アニメ「ラブライブ!」が著作権侵害に警告し、悪質なものには刑事告訴も辞さないと強調。著作権侵害の商品がイベントや通販サイトを通じて販売される事例などが後を絶たないという。
ラブライブが著作権侵害に警告 | mixiニュース
3時間前 - 人気アニメ「ラブライブ!」および「ラブライブ!サンシャイン!!」が、著作権侵害に警告。 悪質なものには刑事告訴も辞さないと強調した。声優ユニットがNHK紅白歌合戦に出演するなど、絶大な人気を誇る「ラブライブ.
ラブライブ! 警告 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
人気アニメ「ラブライブ!」および「ラブライブ!サンシャイン!!」が、著作権侵害に警告。 悪質なものには刑事告訴も辞さないと強調した。声優ユニットがNHK紅白歌合戦に出演するなど、絶大な人気を誇る「ラブライブ!」シリーズだが、公式サイトが27日、著作権 ...
「ラブライブ」著作権侵害に警告|BIGLOBEニュース
3時間前 - 人気アニメ「ラブライブ!」および「ラブライブ!サンシャイン!!」が、著作権侵害に警告。 悪質なものには刑事告訴も辞さないと強調した。声優ユニットがNHK紅白歌合戦…( 2018年10月28日 16時20分41秒)
「ラブライブ!」が著作権侵害に警告「刑事告訴も」|BIGLOBEニュース
3時間前 - [36件のコメント] 早く終わりな / そりゃね / ラブライブに限らんけどyoutubeにはすぐ最新アニメupされてるけど、監視とかちゃんとやってんのかねえ / 「ラブライブ!」が著作権侵害に警告「刑事告訴も」(日刊スポーツ)大丈夫じゃないのでは ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもラブライブ! 警告に関連のある画像ばかりではありません。
ラブライブ! 警告の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

ラブライブ! School idol project』(ラブライブ スクールアイドルプロジェクト)は、アスキー・メディアワークス、ランティス、サンライズの3社によるプロジェクト「ラブライブ!シリーズ」の第1作。
主に基礎設定、複数のメディアで共通する設定を記述する。
各メディア固有の設定は別途記述する。
特記ない限り、付記された声優はテレビアニメにおける担当を指し、また声優の付記がないキャラクターは、アニメ・ボイスドラマ等、音声を伴う媒体での台詞が一切ない。
一部のサブキャラクターは、演出により顔の一部が描写されない。
音ノ木坂学院を舞台に活動するスクールアイドルグループ「(ミューズ)」を主人公としたシリーズ第1作であり、シリーズの人気を確立した作品である。
2010年6月から『電撃G's magazine』誌上で連載が開始され、同年8月にμ’s(当時は「ラブライブ!」名義)のファーストシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」を発売。
その最高位はオリコンランキング167位であった。
2011年に鴇田アルミ作画の漫画が『G's』誌上で連載開始となり、翌2012年にはμ’sの声優陣によるファーストライブが開催された。
こういったワンマンライブやリリースイベントなど担当声優による精力的な活動を通じて、CDもリリース毎に売上を伸ばしていったオリコンランキングの推移はμ's#作品を参照。

2013年には設定を一新したテレビアニメを放送、翌2014年にテレビアニメ第2期を放送、翌2015年に完結編となる劇場版が公開された。
テレビアニメ化後は女性ファンも増え オリコン 2013年4月14日、2015年5月8日閲覧。
、2015年初冬の5thワンマンライブではさいたまスーパーアリーナのスタジアムモードで2日間に渡って開催して延べ7万人以上の観客を動員するに至った他、第66回NHK紅白歌合戦に出場を果たすなど社会的な認知も上がっていった。
公野櫻子による小説シリーズ「School idol diary」が刊行されたのもこの時期である。
2015年末のファイナルシングル「MOMENT RING」発売、「最後のワンマンライブ」と発表された2016年4月のワンマンライブ開催以降も、『G's』誌上の連載やアプリゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』での新規カード追加、アーケードゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』の稼動開始、『スクフェス感謝祭』でのイベント出演など、作品・キャラクター・声優の活動は現在も継続中である。
本作に登場するキャラクターはほとんどが女性であるにも関わらず、女性ファンも多数付いた理由として、アイドル活動を通してぶつかる様々な壁を努力によって乗り越えて絆を深めていく、いわゆる「スポ根」的な青春ドラマの要素が本作にはあり、男女を問わず共感して応援できるコンテンツとして受け入れられたのではないかという点が指摘されている。
本シリーズの作品は実在の地域を舞台にすることが多く、本作でもμ’sが通う音ノ木坂学院が東京都の神保町近辺にあると設定されていることから、周辺の店舗や名所でのコラボレーションが盛んに行なわれた(詳しくは#コラボレーションを参照)。
また、主人公・穂乃果の実家のモデルとなった竹むらなど、コラボレーションは行われていないが、実在の店舗や名所がモデルとなったり劇中に登場したりすることもあり、取り分けテレビアニメに登場した際は、エンドクレジットで確かめることができる。
また、「Loveca(ラブカ)」または「Loveca+(ラブカプラス)」というポイント制度が行なわれていたのも、シリーズ中で本作品のみである。
このポイントは、商品に封入されるなどされたトレーディングカードに付属しており、集めることで希少な景品と交換できるものであった。
カード自体も、『G's』の読者投稿コーナーで採用されなければ獲得できないもの、複数の種類からランダムで封入されたものなどがあり、蒐集品の側面を持っていた。
以下、特に断りのない限り、以下の略称を用いる。
*ラブライブ! Scool idol diary – 小説*鴇田アルミによる漫画 – 漫画*テレビアニメ第1期・第2期および劇場版 - テレビアニメ*ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル – スクフェス*ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~ – アケフェス、スクフェスAC*ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS – スクスタ
引用:Wikipedia:データベース

ラブライブ! 警告のツイート

ラブライブ! 警告に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもラブライブ! 警告に関連のある動画ばかりではありません。

ラブライブ! 警告に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング